日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

レイク・オブ・ザ・デッド

〇レイク・オブ・ザ・デッド(原題GHOST LAKE)
本編112分 画面サイズ16:9
監督 ジェイ・ウォールヘル
キャスト テイタム・アデア、ティモシー・プリンドン、グレゴリー・リー・ケニヨン、アジェル・スカイ・デッカー、チャック・フランクリン

670498d2-s.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
また、ちょっと、ゾンビから離れてたんで、

ゾンビを見たくなりまして、

レンタル屋に行きました。


やっぱ、オブ・ザ・デッドってついてれば、

ゾンビですよね。


 
オブ・ザ・デッドシリーズと言うか、

この系統は欠かさず見ております。

なので、棚にあるやつはほとんど見ちゃってるんですよ。



アレも見た、これも見た、と探しているうちに、

ようやく見てないのを見つけました。

身長より高い棚、手を伸ばしてようやく届く棚に。



いつも思うんですけど、何かの嫌がらせですかね?

高いところにDVDをずらずら並べやがって。

チビは、ホントに、こんな時にも不便です。



まあ、とにかく、ゾンビが見れるんで良しとして、

自分を慰めました。






さあ、始まりました。

いきなり、葬式やってます。

レベッカという20歳位の娘っ子の両親が死んだそうです。



何でかというと、ガス中毒です。

何でレベッカだけ助かったかというと、

夜遊びしてて、行きずりの男とナニをイタしてて、

帰宅が遅くなったからです。




いつも通り、冒頭につかみのシーンが入ってますんで、

きちんとつかまれてやりました。

おっさんの義務ですね。(・・。)ゞ テヘ



で、まあ、傷心のレベッカは湖のほとりにある別荘へ行くことにします。



行く途中で、イケメンを1人拾います。

スタンといいます。



スタンとはチューしただけで

追い返します。



会って、1時間もしないうちにチューをするんですから、

最近の若い子は、お盛んです



ちょっと、おっさんくさい事を言ってみました。



でもまあ、普通ならここでナニをイタす所なんで、

結構身持ちが固い女です。



それはそれとして、

翌朝レベッカがジョギングをしていると、

8-9歳くらいの少女がいて、親しくなります。



そろそろ、ゾンビ第一陣が出てきてもいい頃なんですが、

どうなんでしょうね。



オッ、光る男が釣り人を湖に引きずり込みました!

よしよし、仕込が着実に進んでますね。(o^∇^o)ノ

ゾンビは大量に出てこないと面白くないんで、

これからどんどん仕込んでくれることを期待しましょう。



夜になると、スタンが来たので、

いい雰囲気でべたべたします

もう1日たちましたんで、

そろそろいいんじゃないでしょうか?



そろそろつかみを再挿入しないと、

大分だれてきてますから。



今日は友達がほしいの、恋人は要らないわ。



恋人だって友達になれると、スタンは力説しますが、

うまくかわされてしまいます。

しょうがないですね、今回は我慢しましょう。



スタンくらいイケメンでもうまく行かないことがあるようです。



レベッカは念押しのために、

スタンを物理的にも冷やして治めさせるため、

湖で一緒に泳がせます。



スタンとしてはもうレベッカに用はないんですが、

ご機嫌をそこねると当初の目的が達成できないので、

仕方なく付き合ってやります。



でも、めんどくさいんで、

何かに足をかまれたなんて、大嘘こいて、

すぐに岸から上がります。



レベッカは何をしているかというと、

水死体を見つけて、大騒ぎしてます。



警察を呼んで、探してもらうと見つかりません。



こってり油を絞られますが、

いいことも教えてもらいます。

この湖では13年ごとに死人が出るんだそうです。



ほらほら、ようやく物語が進み始めた気がしませんか?

さっきの水死体と何の関係があるかは知りませんが。((^┰^))ゞ テヘヘ



レベッカが別荘に戻ると、

昼間会った少女が入り込んでいました。

さっき、警察に怒られたんで、

腹いせにこってりと油を絞ってやって、

車で家に連れて行ってやります。



ところが、家に入らないで、

墓地へ走っていくので、追いかけると見失ってしまいます。



こんな時は両親を探すとか、警察を呼んでくるとかして、

実は少女は死んでいて、なんて展開になるのが定石なんですが、

そんなこともなく、車に戻ります。



車に戻ると、ハンドルが濡れてます。

こりゃ変だと車内を見渡すと、

助手席にゾンビです!

しかも、さっき見た水死体です。



ようやく、ゾンビが出てきました。

待ちわびました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

開始44分にして、ようやくゾンビです。



だけど、チラッと映っただけで

レベッカがダッシュで逃げ出したんで、

すぐに見れなくなりました。



ここは、レベッカと格闘したり、

足のもつれたレベッカを追いかけてかじろうとしたり、

何かそうゆう演出が必要でしょうが!ヽ(`Д´)ノ



オブ・ザ・デッドを冠しているくせして、

ゾンビ演出が全くなってません。L(゚皿゚メ)」むきー



途中でスタンに会ったんで、

一緒に別荘へ走り戻ります。



中へ入ると、スタンが、

保安官は麻薬の密輸をやっているんだ、

僕の父親は、保安官かその仲間に殺されたんだ。(゚ロ゚;)



いきなりな告白ですが、

オブ・ザ・デッドと麻薬をどう絡めようというんでしょう。

サスペンスに持って行っちゃうと、

ゾンビの出番がなくなるんですけど。



それはそれとして、

レベッカ、今日はスタンに一緒に寝てほしいそうです



スタン、うれしそうです。

ようやく、当初の目的が達せられそうです。

イケメンのスタンとしてはここまで焦らされたのは初めてです。



ところが、レベッカはとんでもないことを言います。

でも、誘惑しないでね。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!



怒りが頂点に達しましたが、

目的を達成する前に自ら何もかもぶち壊すことは、

イケメンのプライドが許しません。



とりあえず、寝付くまで待ってから、

適当なメモを残して、さっさと帰ります。

全く、イケメンが誘ってやってんのに失礼な女です。



レベッカが起きると、

湖に沈んでいくボートが見えます。

あわてて、泳いで助けに行きます。



4人くらい溺れてるんで、

浮き輪を持ってくとか、ボートで行くとかしないと、

と思うんですが
、泳いでいきます。



当然、誰1人助けられません。

皆沈んだんで、今回も警察を呼びます。

今回もなにも見つかりません。

また、怒られちゃいます。



実況検分中に、昨日の少女が見えたので手を振ると、

保安官には少女の姿が見えないようでした。



ちょっと、スリラーっぽくなってきました

イヤイヤ、これは、オブ・ザ・デッドなんですよ。

ゾンビはまだなんでしょうか?



レベッカが別荘に戻ると、

昨日会った水死体ゾンビが普通の格好で訪ねてきます

気味が悪いんで中に入れません。



償いたい、償えばあいつは来ないと思ったのに、

水死体が1人であわててると、別のゾンビがやってきて、

水死体に触ると、ゾンビに変身します




さあ、襲え、いまだ、オブ・ザ・デッドだ!



2人して素直に帰っていきます。

あーもう、今襲わなかったらオブ・ザ・デッドにならないでしょうが!

やる気あるんですか?あんたがた!(`Д´) ムキー!



冒頭につかまれてから、

なかなかつかみに来ません。

オブ・ザ・デッドなつかみはいまだし、ですし。



翌日、レベッカは図書館で調べものです。

例の少女が来ます。

何でか知りませんが、今回は他の人にも見えます。



う~ん、謎が深まってきました。

あの少女は一体何者なんでしょう。






























イヤ、そんなことはどうでもいいから、

ゾンビを大量に出してください、

そして、がしがしやっつけて、スカッとさせてください。

お願いします。(´;ω;`)ウゥゥ




そんなお願いはスルーされているんですが、

いいことを発見しました。

この湖では13年ごとに人が死んで、

死体が見つかってないそうです。



う~ん、サスペンスですね、

どっかにシリアルキラーでもいるんでしょうか?




イヤ、そうじゃなくて、

ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ

ゾンビはまだですか~~~~?



とにかく、その死亡現場をスタンと一緒に見に行きます。

その途中で、新しいゾンビ2体がカップルを襲う場面に出くわします。



ようやく、ゾンビです。

ちょっと、メイクが甘いですが、

オブ・ザ・デッドらしくなってきました。



ゾンビはかじらないで

湖にカップルを引きずり込んじゃいました。



かじらないゾンビなんて、

ゾンビじゃないんですが、

新しい趣向でしょうかね。




ちなみに、スタンにはゾンビが見えないそうです

さすがに不審に思うレベッカ。



レベッカは自分が幻覚を見ていると思い、

別荘に戻ってから、薬を飲もうとします。



すると、またボートが沈むのが見えます。

こりゃあ、完全にキタなと観念してると、

今度はスタンにも他の人にも見えています。



警察が捜索すると、

ボートに乗ってた人と釣り人の死体が見つかります。

さらに、少女と身元不明の死体も見つかります。



少女の身内、爺さんと婆さんだけですが、へ、

死亡を告げに行く保安官。

何故か同行するレベッカ。

この女、自分が世界の中心だと思い込んでる節があります。



保安官が、死亡を伝えていると、

あの少女が出てきました。

びっくりしていると、

双子なの。



は?なんですって?

双子?

今までの思わせぶりな演出は?

双子で全てを説明したつもりですか?



イヤ、それよりも、オブ・ザ・デッドはどーなったんですか?

早く、大量出現、大量殺戮をしないと時間がなくなってしまいますよ。



兎にも角にも、夜になります。

生きてるほうの少女が、死んでるほうの少女に連れられて、

湖に入っちゃいます。



んで、その間に、スタンとレベッカがナニをイタします。



う~ん、どの辺に着地しようとしているのかが読めません。

なんたってオブ・ザ・デッドですから、

こっちとしてはゾンビが大量に出てこないと収まりがつきません。



あの少女が黒幕なんでしょうか?

何で、レベッカにしか見えなかったんでしょうか?

そういえば、保安官が麻薬をどーしたと言うのはどーなったんでしょう。



いろんな疑問が湧いてきますが、、

全てスルーされてきていて、

気持ち悪いことこの上ありません。



さて、レベッカは夜中に起き出して、

保安官のところへ行くなんてほざきます。

スタンにも一緒に行けなんて言います。



スタンとしては、当初の目的は達したんで、

こんな女どうでもいいんですが、

まだ使い道があると判断したのか付いていきます。



警察についたレベッカは、

身元不明の遺体をひっくり返して調べ始めます。

医者にも手伝ってもらい、背中に傷があるのを確認します。



スタンのところに行くと、

あなたはもう死んでるわ!背中の傷が証拠よ!Σ(゚д゚;)



ケンシロウばりのせりふですが、

急に何を言い出すんでしょう、この女は?

今までの伏線は全部スルーしといて、

いきなりコレですか。



当然ながら、きょとんとしていると、

なんでか、保安官がば~れ~た~か~と、

医者を撃って、湖に連れて行きます。



他の死体も全部起き上がって、

その辺にいた人を連れて湖に行きます。



ようやくゾンビが大量に出てきました。

7-8匹ですけど。

かじったりもしません。



しかもシルエットでしか映りません。

メイクの良し悪しも判断できません。



保安官がゾンビだかなんだか知りませんが、

死んでることにもびっくりデス。



ほら、もうワケわかんないでしょ?

見てる方だってワケわかんないんですから、

しょうがないですね。
(*⌒∇⌒*)テヘ



まあ、とにかく、スタンの容疑は晴れたみたいです

一緒に医者を助けに湖へ行きます。



着いた時には、溺死させられてました。

ホントにかじらないやつらです。



保安官ゾンビが言うには、

レベッカが時間通りに死なないと死の連鎖が始まるそうです。



ということは、死んでほしいんでしょうか?

死んでほしくないんでしょうか?


日本語は難しいです。



とにかく、雰囲気からレベッカを殺そうとしているのは分かりました

難しいことは考えないで、その線で行きましょう。



保安官、スタンに、もういいだろうその女を殺せと言います

さっき容疑が晴れたんですけど、

速攻で再び疑われるスタン



レベッカ、ダッシュで逃げます。

追いかけるスタン。

湖の中に飛び込むレベッカ。

追いかけるスタン。



スタンがもがき始めます。

少女のゾンビがスタンの足を引っ張っています。

やっぱりスタンは無実だったんです。



雰囲気から察したレベッカは、

スタンを助けようとしますが、

ダメだったんで、とりあえず1人で逃げます。



すると、先ほどのゾンビたちに囲まれてしまいます。

ここに至っても皆さんシルエットでしかありません

どーなっているんでしょう。



オブ・ザ・デッドじゃないのか、これは!

しかも、レベッカの髪がさらさらに乾いてセットしてあるじゃないですか!



あーもう、ダメダメ感が、加速度を増してきています。



場面が変わって、湖の岸辺。

少女ゾンビがアーとか言ってます。

あっ、溺死したはずのスタンが水中から出てきました。



保安官ゾンビとにこやかに会話しています。

愛する俺を殺したと思ってるから彼女はきっと自殺するさ。



あー、黒幕はスタンだったんですね。

イヤ、保安官か?

どっちでもいいんですが、

何でこんな手の込んだことをするんでしょう?



あの医者のように、ちょっと撃って弱らせといてから、

溺死させれば凄く簡単だと思うんですけど。



ところで、レベッカはどうなったでしょう。

こちらにも少女が現れます。こっちは普通の体です。

手を握り、どこかへ連れて行こうとします。



なんと、少女の手は死体のはずなのに暖かいです

少女は、私のほうが強かったの、幽霊は双子の区別は出来ないわ。

なんて言います。



えっと、よく理解できないのは、

きっと頭が少々不自由だからだと思います。



デビルマンみたいに、精神力が強いから乗っ取られなかった、

という感じでしょうか?



幽霊は双子の区別が付かないって・・・・

そんな理由でいいんですか?

あいつらはゾンビじゃないんですか?

幽霊なんですか?



スタンなんか、死体がちゃんとあるのに、

実体があって、ナニをイタしちゃうことまで出来るんですけど、

その辺の区別はどうしましょうか?



そんなことを考えている内に、

何か魂胆のあるレベッカは少女を伴って、

水中に潜ります。



しばらーく、少女が水を飲んで気絶するまで水中に留まってると、

ゾンビたちが水を吐き始め、倒れていきます。



どうやら、時間通りに死ななかったためのようです。

ゾンビ達は消えてなくなります。



何でかスタンだけは消えないで残っています。

少女に水を吐かせて蘇生させると、

スタンも水を吐いてもがきだし、逃げていきます。



さらさらに乾き、セットした髪で追うレベッカ。

追いついて、太い枝でぼっこぼこにし、

倒れたところにキックを連打し、湖に蹴り落とします。



まあ、こんな感じでおしまいです。




初めて、オブ・ザ・デッドに裏切られました。



ストーリーが破綻してようと、

ゾンビ化の理由が納得いかなかろうと、

ゾンビだけは大量に出てきたものです。



それが、今回はゾンビは両手で足りるくらいしか出てこないし、

どうも、ゾンビじゃないようだし、

幽霊とゾンビの区別をつけてないし、

純な心を裏切られたダメージは大きいです。



まあ、ストーリーは破綻してたんで、

その点ではいつもと同じでした。 ( *´艸`)クスクス





これはアレですね、



タイトル詐欺




これに尽きますね。



ということで、★3つです。

 

オブ・ザ・デッドに裏切られ、傷心な管理人にぽちぽちっと慰めをいただけないでしょうか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/01/24 10:01|ゾンビTB:0CM:6
コメント
ブログにコメントありがとうございました。

ブログを拝見させて頂いたのですが、めっちゃ面白ですね(^^
楽しく読ませて頂きました。
自分もB級映画大好きで、さらにゾンビ系だとテンション上がりまくりです(笑)
なので「~オブ・ザ・デッド」というタイトルを見ると必ず手に取るのですが、
毎回嫁さんの冷たい視線攻撃により棚に戻してしまいます(^^;

いまだに観れないB級映画を沢山レビューされているので、
これからも羨ましく思いつつ、楽しく読ませて頂きますね(^^
Toy's #-|2008/01/24(木) 12:37 [ 編集 ]
>Toy's様
 ありがとうございます。私もカミさんには、何がいつも面白いの?と冷たい視線を浴びてますが、気にしないで見ています。頑張りましょう。
B級映画大好き! #-|2008/01/24(木) 18:40 [ 編集 ]
 うーん、読んでいたらさすがに理解できなくて、
鬱が激しくなったのかと思ったら、
どうもそうじゃないみたいですね。
モンスターAM #-|2008/01/24(木) 21:31 [ 編集 ]
>モンスターAM
 すいません、余計な心配をさせてしまいました。実はかなり、簡略化して、本筋に近い部分だけを記事にしたんですけど、やっぱりわかんないですよね。
B級映画大好き! #-|2008/01/24(木) 21:54 [ 編集 ]
B級映画大好き様!! こんばんは。
これ TBさせて頂こうとしたんですが、ダメでした。(すみません 私の記事に原因があるんだと思います)
さて、本題ですが、この記事でこの作品のタイトル詐欺を改めて思い出しました。
コレを観たときはムカッとしたんですが、B級映画大好き様の記事を読んで、ああこの作品を観て本当によかったと思いました(笑)

追伸:こちらのブログは、ホラー好きの私にとって非常に楽しいので、誠に勝手ながらリンクさせて頂きました。ご迷惑でしたらお知らせください。

Lance #-|2008/02/03(日) 02:44 [ 編集 ]
>Lance様
 TB時々出来ないみたいです。FC2のサーバに問題があるんじゃないかとかんぐっております。何回かやれば出来るようなので、お暇な時にでもお願いします。

 リンクに関しては大歓迎ですので、あっちこっちにリンクしてください。私のほうでもリンクさせてもらいますので。
B級映画大好き! #-|2008/02/03(日) 11:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/73-984fab28

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。