日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

恐怖!キノコ男

〇恐怖!キノコ男(原題Fungicide)
本編83分 画面サイズ4:3
監督 デイヴ・ワスカバジ
キャスト デイヴ・ボナヴィータ、エドワード・ワスカバジ、デヴィッド・ウェルドン、ロレッタ・ワスカバジ、デイヴ・ワスカバジ

2_20071224094133.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 今回はまずお詫びです。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 モンスターAMさんからレビューリクエストを戴いてたんですが、いつも行ってるツタヤにその作品がなかったもので、現在捜索中です。

 ちょっと後になると思いますので、ご容赦ください。m(_ _)m

 

 

 さて、今回の作品ですが、先日、「怪奇!兎男」のレビュー記事へのコメントに、

 このタイトルがありまして、その時は、マタンゴみたいに、70年代の特撮作品かな~なんて思ってたんですが、

 ツタヤに行ったら有りまして、早速レンタルしてきた次第です。

 濃縮還元さん、モノを知らなくてごめんなさい。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 

 あらすじは、キノコ男が出てきてうろちょろしていると、やっつけられるという感じです。(≧ω≦)b


 いや~、今回もあらすじはとっても簡単ですが、見所満載でした。∑d(≧▽≦*)


 
 兎男はどちらかといえば、前半に見所が有ったんですが、

 こちらは後半に集中しております。(o^∇^o)ノ

 


 それでは、順を追って見所をご紹介して行きます。

 

 地下室でなにやら薬品実験をしているマッドな感じのメガネ男。

 あちらとこちらを混ぜて、ネルネルネルネを作製し、ついに出来たと叫んでいます。アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

 何が出来たかわかりませんが、子供用のお菓子を作って遊んでいるようにしか見えません。(゚m゚*)プッ

 

 で、またなにやら混ぜ合わせています。

 さっき出来たんじゃないなかなと思うんですが、(゚ー゚*?)

 今度は炭酸ジュースを2種類混ぜ合わせています。

 しかも、中に何か入った試験管で。(ノ´▽`)ノ


 混ぜ合わせていると、炭酸がふきこぼれていきます

 全く気にする様子がありません。

 マッド博士の名に恥じず、やってることの意味がさっぱり分かりません。(≧ω≦)b

 

 ここで真面目に推理してしまいました。

 実は、混ぜ混ぜ棒の代わりにしている試験管に入っている何かが主役なのでは?(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 はっはっはっ、もちろん違いました。

 ふきこぼれている炭酸が本体でした。Σ(T□T)

 新しい試験管に詰めてふたをして、大事そうにアタッシュケースにしまいこみました。

 

 最初に出来た!と叫んだのは何だったのか非常に気になりましたが、

 今後のあまりな展開にすぐ忘れてしまいました。┐('д')┌

 

 マッド博士には実は同居している年老いた両親がいます。

 いつも地下室にこもって何かをしている息子を、非常に心配している父親

 母親は、あの子の研究はきっと世の中の役に立つのよと、

 何を根拠にしているか知りませんが、母性にあふれた盲信をしております。

 

 ところで、気晴らしに1週間ほど遊ばせてあげましょう、高原のペンションを予約したから。

 もちろん、ママの支払いでね

 ということで、ロハで遊びに行くことになったマッド博士。

 まあ、いつでもママの支払いなんでしょうが。 ┐(´ー`)┌

 

 世の中の引きこもりキモオタを生産しているのは、まさにこんな母親だろうと思わせる母親です。

 こんな、いつまでも世話をしてくれる親が居れば、そりゃあ働かなくなるでしょう。

 

 マッド博士が向かうペンションには先客が訪れています。

 


 まず、デブがやってきました。

 こんこん、おじゃまします。

 台所の勝手口から入っていきます。

 

 女主人が出てきて、

 いらっしゃ~い、ここはくつろぐのには最適なところよ!

 デブも、ウン、ここならゆっくりくつろげそうだ

 どこからどう見ても、ただの台所なんですが、Σ(゚д゚;)

 どこからどう見ても、正面玄関じゃなくて、勝手口なんですが、Σ(゚д゚;)

 

 お二方とも、精一杯、避暑モードに入ろうとしていますので、

 邪魔しないことにしました。

 

 続いて、ハゲです。

 ペンションにガッツリぶつかって、車を壊しますが、

 女主人も、ハゲも特には言及しません。


 まあ、本筋には全く関係の無いところですから、いたしかたのないところでしょう。

 本筋とは何ぞやと言われると、非常に困りますが。(*´σー`)エヘヘ

 


 続いて、全ての元凶、マッド博士が到着します。

 先ほどの薬を持ってきてます。

 

 玄関で思いっきりずっこけます

 これがまた、ワザとこけたのがよく分かるほど、すばらしい演技です。(≧∇≦)b

 

 続いて、かばんを落として、中から試験管が転び出てきて

 中身をぶちまけます。( ̄□||||!!


 出てきた薬は、板の隙間から地面に流れ落ちて、

 そこにポツンとあったマッシュルームにだけかかります。


 よく知りませんが、マッシュルームというのは、ポツンと1つだけ地面に生えてるものなんでしょうか?

 もう、そこから疑問なんですが、次から次へと疑問点やら何やら出てきましたんで、忘れました。

 

 早速、1人、犠牲になるんですが、誰にも気付いてもらえません。

 大声で、ぎゃーぎゃー言ってたんですが、何でですかね?

 さっぱり分かりません。

 

 予約をしていた客が3人、全員そろいましたんで、

 女主人、みんなに楽しくなることを提案します。

 散歩です。

 

 大の大人が4人、がん首揃えて散歩です。

 美男美女がそろってればそれなりに絵になるシュチュエーションなんですが、

 うちの職場一の美男美女を連れてきたほうが100倍は絵になる状況です。

 仲良く散歩していると、鉈を持った男が襲い掛かってきました。

 便宜上ランボーと呼びます。

 

 お前らの所属部隊はどこか?と、

 明らかにプラスチック製の鉈の刃を握り締めながら、尋ねてきます。


 何でも、最後まで残れば賞金がもらえるというテレビ番組の参加者だそうです。

 他の参加者は見当たりませんが、カメラマンが1人付いてきてたので、きっとそうなんでしょう。

 

 カメラマンが何者かに引きずられてさらわれていきます。

 ランボーが助けに行きます。

 位置関係からすれば、全員が犯人を目撃できてるはずなんですが、

 誰も見てません。何ででしょうね?

 

 戻ってきたランボーは血だらけのテレビカメラを抱えていました。

 ついに、ただ事ではないことが表面化した瞬間です。

 


 ランボーは何を見たのかすっかりほうけているので、

 とりあえず撮影済みのテープを見てみると、

 大きな口が撮影されていて、そこから砂嵐になっていました。!!(゚ロ゚屮)屮

 

 さあ、ここから導き出されるものはなにか!

 ワンダホーという感想だけです。

 誰も何一つ推理しようとしません。!?(゚〇゚;)マ、マジ...

 いや、それより、警察を呼ばないのはなぜでしょう

 

 ワンカットごとに、疑問やら何やらが湧き出してくるんですが、

 誰も回答を与えてくれません。

 それより、次から次へと出てくる疑問が、前の疑問を忘れさせてしまいます。


 いつまでもくよくよ悩んでるのは良くないので、観客の精神的衛生面を考えての配慮でしょう。

 

 
 ここで、ランボーが暴れだします。

 こいつだ、こいつがやったんだ。

 女主人が夕食用に準備していったマッシュルームへ突っかかってきます。


 何とち狂ってんだということでみんなに抑えられます。

 

 一仕事終えて、デブが外にでると、木に大きなキノコが生えています。

腕人形肘から先くらいの長さ

 どっからどう見ても、布製なんですが・・・・

 キノコが振り向くと・・・って、キノコが動きました!


 そして、口!を大きく開けて、綺麗にはえそろった牙で、がぶっ!

 がぶっ・・・・・がぶっじゃないな・・・・

 なんだろう、え~と、口を擦り付けている?


 そう!口を擦り付けています。


 キノコの形をした腕人形が!

 あの、手を入れて、指で口をパクパクさせるヤツ!

 

 デブ、口を擦り付けられて、大出血です。

 ほうほうの体で、ペンションへ逃げ帰って、皆さんにキノコにかじられたと報告するんですが、

 えっ?きのこが?(゚m゚*)プッ。てなもんですよ。

 
 ちなみに、デブの怪我はみんな黙殺です。


 ところが、デブの足からマッシュルームが生えてきてます。

 ランボーが明らかに刃がプラスチック製の鉈でこそぎ落としてくれます。

 マッシュルームはキーキー鳴いています。


 


 ちなみに、ここまでキノコ「男」らしいものが出てきてませんので、

 きっと、ここからどんどん感染してマタンゴみたいになるのかなと推理したんですが、

 当然、そんな金のかかることはしません。

 


 ここで唐突に、腕人形キノコに食われる哀れな人が出てきます。

 どう見ても、Tシャツの胸の辺りに穴開けて、腕を出して、腕人形なんですけど。

 食われている人が誰かは、顔を見ただけでは判別できません。

食べられる人判別できません;`(;゚;ж;゚; )ブッ

 
 ペンションに場面が戻ります。

 ペンションの台所から場面がほとんど動かないのはどういうことでしょう?


 

 マッド博士、何を思ったか、突然外に飛び出し、叫びます。

 こっちに来い!俺はお前達の師だ!

 何を言っているのかさっぱりですが、

 マッドだということだけは再確認できました。

 引きこもっていると、ここまで社会性がなくなるものなんでしょうか?

 

 こんなのを野放しにしていると何をするか分からないですから、気絶させて、イスに縛り上げます。


 
 以下はマッド博士が気絶している時に見た夢です。

 腕人形キノコにご飯を食べさせ、┐(´ー`)┌

 腕人形キノコとテレビゲームをし、┐(´ー`)┌

 腕人形キノコとトランプをし、┐(´ー`)┌

 腕人形キノコを寝かしつける。┐(´ー`)┌


 マッド以上の形容詞が思い浮かばないんですが、

 どうしたらよいでしょう?┐(´ー`)┌

あーん


 ドアを開けると、キノコが迫ってきます。

 外から壁をどんどん叩く音、

 マッド博士が再び叫びます。


 研究が全て現実になった!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 すいません。もう推理さえ出来ません。

 何の研究をしてたんでしょうか。

 おそらく、この後の展開で明らかにされることは無いと思いますので、

 忘れることにしました。

 

 そして、ついに、キノコ男の登場です。

 ドアをぶち破って入ってきました。

 

 ホントに壊すと怒られるんでしょう。

 マジンガーZのぱりーんと割れるバリアーみたいな割れ方の、

 拙いCGでドアをぶち破ったことを表現しました。

 

 もう皆さん、恐慌をきたして逃げ惑います。

 キノコ男から。

キノコ男登場


 キノコ男、ひょこひょこ移動します。

 やっぱりあのコスプレだと、普通に歩くと足が見えてしまいますからね。


 胸の辺りから、牙の生えた口が出てきました。

 腕も生えてきました。

ボクシングキノコ


 そういえば、キノコって、口から栄養を摂取するんでしたけっか?

 多分違うと思いますが、もういいです。


 口が出来たんで、がじがじしながら追いかけます。

 腕が生えたんで、ボクシングで応戦します。

 

 デブには、どっからか出したパイプイスでぶちのめしてから、

 背中からマウントをとり、ばっこばこにしてから、

 スタンピングをかまします。


 ランボーにはなんか変な紐が出てくるスプレーで応戦します。

 

 なかなか倒せないことから、ランボーがついに、

 所詮キノコじゃないかと明らかに刃がプラスチック製の鉈で切りかかります。

 

 ここで約45分ですが、初めてまともな意見を聞くことが出来ました。(*゚▽゚)ノ

 そうだそうだ、たかがキノコに逃げることはありません。


 ん・・・・キノコ?

 あれがキノコ?

 どうやったら、あの明らかに布製なあれをキノコだと思えるんでしょう?

 タイトルがキノコ男だからかな?

 

 ん・・・・男?

 どの辺りが男なんでしょう?

 もう、疑問だらけです。

 もういいですけど。

 


 ちなみ、ここら辺りから、加速度的に面白さが増してきます。

 さて、鉈で簡単にやっつけることが出来て、死体?を外に投げ出すと、

 そこらじゅう、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男があふれています。

 どうする!


 どうもしません。


 

 唐突に場面が変わります。


 墓場を歩くキノコ男

 胞子を撒いて、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男を大量生産しています。

墓場のキノコ足のシルエットが・・・


 
 また変わります。

 ビールを飲んでる男を腕人形キノコが食べます。

 

 また変わります。

 車を運転する!布製キノコ男、女を食べます。

 

 ペンションに戻ります。

 先ほどまでのシーンはなんだったかさっぱりです。

 

 あっ、分かった、緊迫感をなくすためだ!

 んなわけないか。もういいです。

 

 マッド博士、またまた叫びます。

 実験は失敗だった!; ̄ロ ̄)!!

 さっき、成功したようなこといってませんでしたか?


 
 あ、でも、何の研究をしてたかちょっと言ってました。

 DNAがどーしたこーしたして、植物だか動物に言うことを聞かせるというようなことを
 
 言っておりました。

 マッドゆえに、なにをどうしたいのか、よく理解できませんでした。

 まあ、本筋には何の関係もありませんので、良しとしましょう。


 でまあ、とにかく大変だと皆さんの認識が一致するわけですが、

 さあ、何をするか!

 何もしません。ただ朝になるのを待っていました。Σ(・口・)

 

 で、その間に何かあるかというと、

 何もありません。Σ(・口・)

 すぐに朝になります。


 なんかもう、肩透かしされて、置いてけぼりを食らっている気分になってきます。

 

 朝になったので、みんなで脱出を図ります。

 マッド博士はお仕置きのために置き去りです

 外は、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男が大量にいます。

 どこを目指すかというと、不明です。


 みんなで外に躍り出て、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男と戦い始めます。

 経費節約のため、布キノコ男は一画面に必ず一体だけです。

 後は全部、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男です。


 
 さらに、銃を撃つ時の銃口の火花、これも陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG火花です。

 

 武器は、明らかに刃がプラスチック製の鉈と、その辺に落ちている枝と、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG火花を発する銃です。

 
 もう、サイコーですね。


 武器を動かすタイミングと、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男が倒れ、消えるタイミングが、ずれることずれること。


 
 しかも、ここが映画の見せ場だと言わんばかりに、延々と、

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男と、

 明らかに刃がプラスチック製の鉈と、その辺に落ちている枝と、陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG火花を発する銃の戦いを、

 ずれずれのタイミングで見せられます。

 

 始めは面白いんですが、あまりに単調なため、すぐに飽きてしまいます。

 時々、倒れた布キノコ男から足が見えちゃいますし。


 
 15~20分位戦った後、徒歩30秒ほどの距離の道路にようやく出ます。


 そこにあった車に乗り込んで逃げることにします。

 誰の車だとか、どうしてここにあるかとか、どうしてキーが刺しっぱなしなのかとか、

 いろんな疑問は、続いて訪れる疑問の前には蟷螂の斧です。

 そろそろ意味が分からなくなってきました。

 

 車に乗ると、でっかく「バルサミコ酢」と書いてあるビンがあります。

 5W1Hを問いたくなるのは我慢しました。

 

 ビンを陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男に投げつけると、

 大爆発を起こし、消滅します。

 ここでも5W1Hを問いたくなるんですが、どう対処したらよろしいでしょうか?

 

 ここで思い出したのが、女主人が趣味で貯めていた、樽いっぱいのバルサミコ酢です。

 何で?という疑問は、ここで初めて、登場人物が解消してくれました。

 

 趣味はとやかく言わないでおこう。

 男子たるものこれ位大きな気持ちで、常にいたいものです。(゚д゚)(。_。)ウン!

 


 せっかく、徒歩30秒ほどの距離を、

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男と10分以上格闘して、

 移動しましたが、また元のところに戻ることにします

 

 また、延々と格闘するのはちょっと避けたいところです。

 デブが俺に任せろといいます。

 とりあえず任せて走ります。

 あっさりとペンションに着きました。

 

 デブが何をするかと見ていると、

 うなりだして、しばらくうなった後、

 爆発!します。

 いや、まあ、なんだ、ウン、

 もういいです。

 

 で、地下室に有るバルサミコ酢の樽を見つけました。

 さて、どうするかというと、その場で爆発させます。

 地下室で爆発させて効果があるかというと、無いような気が強くしますが、

 やっちゃいました。

 

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG爆発が、

 ペンションの画の上にいくつか重ねられ、

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG衝撃波が駆け抜け、

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCG山の頂が大爆発し、

 陳腐で、ダメダメで、ぐだぐだで、小学生が作ったようなCGキノコ男が消滅しました。

 

 ふうやっと終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 スーパーが入ります。

 一年後。


 なにー!

 何をどうつなげる気だ!

 

 後は、ご自分の目でお確かめください。

 そんなのいやだという方は、メールフォームからメールください。

 個別に回答いたします。

 今日はもう疲れたんで勘弁してください。

 

 ということで★3つです。

 

キノコ好きな方、クリッククリック。よろしくおねがいします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト
2007/12/25 09:43|モンスターTB:1CM:27
コメント
 これのジャケットにひとことでも「マタンゴ」の名があったら、円谷英二に土下座しろ、と叫びたくなるのですが(笑)

 そうそう私がリクエストした作品はだいぶん前にWOWOWで放送されたっきりのものでして、レンタルにあるのやらどうなのやら全く不明です。すいません。私もレビュー書いているんですが、他人が書いたレビューを見たことがあまりないので、見たいなあと思ってリクエストしました。細かいことは気にしないでのんびり探してください。
モンスターAM #FhFdtYPg|2007/12/25(火) 15:09 [ 編集 ]
最高です!おかしすぎです!絶対に観ます!この博士、完全にアッチ側の人間で素敵ですよ。
miyo #-|2007/12/25(火) 16:29 [ 編集 ]
 さすがに配給会社もマタンゴの文字は入れなかったようですね。最後の良識ってとこですね。(笑)
B級映画大好き! #-|2007/12/25(火) 19:27 [ 編集 ]
 兎男がZであれば、こちらは間違いなく、Z以下です。お気をつけください。博士は全く空気を読まない発言ばかりです。ある意味素敵です。(笑)
B級映画大好き! #-|2007/12/25(火) 19:29 [ 編集 ]
B級映画大好きさんのレビューを読む限りでは、
あの「アタック・オブ・ザ・キラートマト」に
勝るとも劣らないユルさが感じられますね。

これは自分の眼で確かめないと(笑)
かからないエンジン #BPVKXLjE|2007/12/25(火) 21:37 [ 編集 ]
 ゆるい、なるほど、そういう表現もいいですね。ならば、ゆるゆるです。しまったところはありません。(笑) 
 かからないエンジンさんであれば、愛を持ってご覧になれるかもしれません。
B級映画大好き! #-|2007/12/25(火) 22:17 [ 編集 ]
お疲れ様です!!観てしまったんですね(笑)★3つありがとうございます!!突っ込み所満載ですよね(笑)自分はエンドロールのキノコとの戯れ?が好きです(笑)また何か見付けたら報告します☆
濃縮還元 #bZ7IKOS6|2007/12/26(水) 13:59 [ 編集 ]
 ぜひ報告をお願いします(笑)。つっこみどころ満載どころか、全編つっこみどころで、メモが追いつきませんでした。また謝りますが、エンドロールは勘弁させていただきましたので、見ておりません。
B級映画大好き! #-|2007/12/26(水) 19:56 [ 編集 ]
すごい、この映画、きのこきのこきのこきのこ・・・
ただの物好き #-|2007/12/28(金) 01:48 [ 編集 ]
 いくらなんでもですよ。ホントに。実際にご覧になってください。もう、とほほってなること請け合いです。
B級映画大好き! #-|2007/12/28(金) 17:55 [ 編集 ]
ご忠告を肝に銘じて観たつもりですが、いやー、まいりました。
すみません。セサミストリートの人形みたいな、カジカジされている人(?)冗談かと思ってました。かつてリアルタイム「死霊の盆踊り」でこの道に入ったのですが、あれがなんで伝説のカルトホラーとされているか、あらためて実感しました。
これ、ちょっとPCいじれて画像作れる高校生くらいのほうがきっと上手に作れそうですね。全く、このセカイにいると底をついた、と思ってもまだまだその底に深あーい穴があいていることを思い知らされました。(ちなみにこれみるまでは「兎男」が底だと思ったんですが。
今後もよろしくご指導くださいませ。
雪国のおばちゃん #-|2008/10/24(金) 23:01 [ 編集 ]
>雪国のおばちゃん様
 死霊の盆踊りは噂だけでまだ見たこと無いんですけど、キノコはかなりいっちゃってますよ。兎男はまだなんとなくましかなっという感じですよね。ちなみに、レビューで紹介していますゾンビVSヴァンパイアというのはかなりキてますんで、体調が良好で、気持ちがおおらかな時にでもご覧になってください。
B級映画大好き! #-|2008/10/28(火) 20:07 [ 編集 ]
これの一部がYoutubeにありましたが、大爆笑でした。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2009/12/26(土) 20:40 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 やっぱ、ここまで突き抜けてると紹介したくなるもんなんですかね?自分だけが苦しむのはいやだということかな?
B級映画大好き #-|2009/12/27(日) 14:30 [ 編集 ]
遂に見ちゃいました。
いやあ、これは突き抜けてますね。史上最低の映画でありながら、楽しんじゃいました(え)。

もうこれは「クソ映画」と批判できるものではありません。

ある種のコントですか?、と聞きたくなります。
特にキノコ男がパイプ椅子をタイタスという男の頭にぶつけた時のあの音。ドリフか!、と言いたくなります。ちなみに爆笑でした。まさかあの音で来るとは思いませんでしたから。
連続パンチもなってないです。しかもタイタス君は手を床に何度もたたいてギブギブしているし。格闘技選手という設定のはずなのにあれは何でしょう。
しかもタイタス君はキノコ男と何かと縁があるようで、便所で戦ったり、外で一人で戦ったりしてます。
そして訳の分からぬ自爆。

少佐の持っていた銃はどう見てもプラスチック製のおもちゃ。

とにかくこれはある意味楽しめる映画です!(おい)
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2010/04/20(火) 18:20 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 ここまで突き抜けすぎてると、もしかしてある意味天才監督なんじゃないかと思ってしまいます。これを楽しめるのであれば、かなり心と精神に余裕があるかと思います。次は、エドウッドに挑戦してみてください。
B級映画大好き #-|2010/04/23(金) 20:16 [ 編集 ]
今見てる(o^∀^o)
笑い過ぎて腹痛いw
制作費知りたいわ(笑
ガルシア #-|2010/07/14(水) 18:25 [ 編集 ]
>ガルシア様
 これを笑いながら見ることができるということは、かなりの上級者ですね。これからもますます道を究めてください。制作費はたぶん、練る練る練るねとキノコの布代くらいでしょうから数千円じゃないでしょうか。
B級映画大好き #-|2010/07/22(木) 18:56 [ 編集 ]
昨日に「メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス」を見て、今日はインド版パクリスター・ウォーズ「アーリャマーン EPSODE1 帝国の勇者」を見ました。
駄目映画を2日連続で見たのは今回が初めてです。

どっちもあっちょんぶりけですね(笑)

メガ・シャーク(メガロドンらしいですけど)と戦艦(アイオワ級と推測 ミズーリもこの型です)の対決シーンがありますが、何故か字幕では「駆逐艦」となってました。いやいや、戦艦です。しかも戦艦は今の地球のどこを探しても航行していません。
サメとタコの戦いはなんかしょぼかったし、アメリカの潜水艦のCG見ていたらどう見てもあれはソ連製だし、日本籍の潜水艦の名前として「タイフーン」というのが出てきますが、日本はそんなもの持ってませんし、あれはソ連の保有する世界最大の原潜です。

「アーリャマーン」ですが、これは深夜放送されていたのを録画してみました。Sumaステで、他のB級映画と紹介されていたのを見て、あまりの駄目駄目感に興味がありましたが、地上波で放送されるのを知って録画したのです。
誰だ?こんな映画を放送しようと考えた奴は。
さて・・・実際に見てみると。

爆笑です。面白すぎます。「恐怖!キノコ男」と同レベルと思われる駄目映画でした。他のB級映画がまともに見えます。
アーリャマーン役の俳優の顔はどう見てもボケ~っとして頼りなさそうですし、C-3POとR-2D2を足して3で割ったようなキャラは面白い恰好をしています。
インドは映画大国らしいですが、質より量ですね。質であればやはりアメリカとか日本でしょうな。

ただ、日本も第1作目の「スター・ウォーズ」公開直前に「惑星大戦争」なる東宝特撮映画を公開しているんですよね。こちらも駄目駄目映画でした。東宝特撮映画史上、「宇宙大怪獣ドゴラ」と並ぶひどさです。
まず音楽がゆるい。音楽何とかするだけでも違いますよ、そりゃあ。

尚、「アーリャマーン」は、「スター・ウォーズ」だけでなく、「インデペンデス・デイ」もパクッているらしいことが、本編を見ていて分かります。しかも、ちゃんと2に続くような結末を迎えているではないか!
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/04/06(水) 15:07 [ 編集 ]
You Tubeで31秒間の「アーリャマーン」の宣伝があるのでぜひ視聴してみてください。

なんと、これはインド史上最高の視聴率をたたき出した怪物番組を編集したのがこれらしいです。関西のお化け番組「探偵 ナイトスクープ」の方が遥かに良いと思います。
アーリャマーン役の俳優が自分でベストシーンをチョイスしたらしいですが、それであんな出来ですから、削除された数々のシーンはどんな出来だったのやら・・・

しかも、100話以上あるそうです。チビリます。

CGの出来を見ていたら、NHKの教育テレビで放送できるレベルです。

桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/04/08(金) 22:08 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 ユーチューブで予告編を見ました。天才テレビ君のほうがずいぶんましなような気がします。しかし、こんなのをテレビで流すって、日本にもすごいチョイスをする人がいるもんですね。インド映画というと、歌って踊るというイメージしかないんですが、おんなじような感じなんですか?あ、あと、さめとかタコとかワニとかイカは食いもんなのでモンスターに使われてもなーという感じです。
B級映画大好き #-|2011/04/10(日) 09:42 [ 編集 ]
>歌って踊るというイメージしかないんですが、おんなじような感じなんですか?

これは違いますね。歌って踊る代わりに、華麗なワイヤーアクション(もちろん皮肉ね)を展開致します。

C-3POみたいな奴が予告編で出ていますけど、あれはトボと言って、「アーリャマーン」をレビューする上では避けて通れません。
だっておもろいキャラですもん。気に入っている人だっているくらいですから。トボ、めちゃ強いです。

TSYTAYAとかにあったらぜひレンタルしていただきたいな~、と思います。トボ最高ですもん。トボ見るだけでも十分かもです。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/04/10(日) 17:20 [ 編集 ]
VIPから来ました!
VIPから来ました!
VIPから来ました!
名無し #-|2011/10/16(日) 22:27 [ 編集 ]
>名無しさま
 来訪ありがとうございます。ところで、VIPってどこですか?
B級映画大好き #-|2011/11/03(木) 12:50 [ 編集 ]
キャンプ・フィアーの桂殿のコメで存在を知り、早速調べてみました。
まずウィキペディアにはありませんでした、この時点で相当カルトな事がわかります。
次に他のレビューサイトを片っ端から見まくり、動画を発見したので観ました。
確かに「陳腐でダメダメでグダグダで小学生が作った様なCG」がてんこ盛り&布被っただけの実写キノコ男の嵐でした、しかもCGのキノコが赤青黄色緑とムダにカラフルで、これが陳腐でダメダメ感をさらに増幅させる事に成功しています。(褒めてます)

あとスタッフ&キャストを見てある共通点に気付きました。
以下スタッフ&キャストです。

恐怖!キノコ男(原題:FUNGICIDE)2005年アメリカ作品
スタッフ
監督:デイヴ・ワスカバジ
製作:デイヴ・ワスカバジ
脚本:デイヴ・ワスカンジ
撮影:デイヴ・ワスカバジ
音楽:デイヴ・ワスカバジ
製作総指揮:デイヴ&メアリー・ワスカバジ

キャスト:デイヴ・ボナヴィータ、ウェス・ミラー、デイヴ・ワスカバジ、エドワード・ワスカバジ、ロレッタ・ワスカバジ

皆さんわかりましたか?そうこの作品はワスカバジファミリーによって製作された事実上自主制作映画なのです!
まず家長であろうデイヴが一人7役という離れ業を演じてます。
メアリーはおそらく奥さんでしょう、エドワードとロレッタは実の子供か親族なのは間違いありません。
中身も凄いけど製作陣をこれだけ身内で固めた作品は初めてです、ワスカバジ一家とは一体何者なんだ?他に製作した作品あるのか?検索してみますわ。

この作品超観たいけど、オレの住んでる近辺にはレンタルしてない可能性大です。(泣)
こりゃあノートPC持参で遠征するしかないな。

しかしこんな作品があるとは、まだまだオレも青いなと痛感しましたよ。
でもこれってホラーなのか?完全にギャグだろ?大爆笑だよ!
ああ観てー超観てー!!!!!!!!
マローダー #-|2012/02/23(木) 22:25 [ 編集 ]
脚本がデイヴ・ワスカンジになってました、ワスカバジの間違いです失礼しました。
デイヴ・ワスカバジで検索したら、大量にヒットしたので驚きました。
キノコ男自体もカルト的な人気がある様ですね。

これって製作会社は何処なんだ?どう見てもワスカバジ一家による自主制作映画でしょう?
よくDVDがリリースされたもんです、しかし流通は殆どない様なので尼でも入手は不可能らしいです。
販売会社に直接連絡して買ったって人がいましたね。
それくらいしないとダメなんでしょう、どんだけマイノリティなんだよ?
マローダー #-|2012/02/24(金) 01:47 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
#|2012/09/03(月) 05:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【あらすじ】 植物学者サイラスの作った薬品が原因でキノコが進化し、人食いの化け物になった。 ペンション「森の隠れ家」の住人はキノコ達...
うまい棒めんたい味の如く映画を語る 2008/02/06(水) 16:30
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/42-c70dce13

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。