日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

悪魔の毒々おばあちゃん

○悪魔の毒々おばあちゃん(原題RABID GRANNIES)
本編90分 製作国ベルギー
監督:エマニュエル・ケルヴィン
出演:キャサリン・エメリー、キャロライン・ブラックマン、リチャード・コティカ、ダニエル・デイヴン



【レビュー】★★★(★3つ)
えーとですね、出てくる女性が、

子供から、タイトルどおりババアまでいるんですが、

あらかた美人です。



あ、もちろん、若い女性に限ってのことですよ。

ババアはババアです。(*`д´)b





あと、毒々シリーズを見て、

初めて、まともに見れるな~と

感じてしまいました。



B級的に鉄板な展開が多くてね。











齢90数歳の双子だか姉妹、

まあ、どっちにしても、

ババアズがいるんです。




しかも、どうも元貴族の家系らしく、

お金持ち。(≧ω≦)b





ぜひ、孫にしていただきたいところです。




さて、金持ちの年寄りには

筋のよくない親戚がいるというのが定番ですが、

もちろん、このババアズにもおります。




ババアズの誕生日を祝うということで、

続々と集まってまいります。




全員、そろそろ棺おけに入るババアズの

遺産目当てです。




一人くらい、いいやつがいても

バチは当たらないと思うんですが、

そろいもそろって筋がよくありません。




金の力って、

偉大ですね。
(゚◇゚)







皆さんが集まったので、

皆さんが一堂に会してお誕生パーティーが

開かれます。




遺産がほしくて、

皆さん、ババアズを褒め称えます。




しばらく、そんな感じの白々しい

やり取りがあって、本題に入ります。






自分たちのことは棚に上げて、

一族の鼻つまみ者がいるそうで、

勘当されてるそうですが、





そいつからバースデープレゼントが

ババアズに送られてきます。






ちなみに、なんで勘当されたかというと、

金遣いが荒い、

ということではなくて、





サタニストで、

毎晩毎晩、墓地でサバトをやってたからだそうです。





プライベートの趣味嗜好を捕らえて、

勘当するなんて、ずいぶんと心の狭い一族です。

別にいいじゃん、サバト位。o(´д`)o




それより、余命いくばくもないババアズの

より早い死を願っているようなその他皆さんの方が

人としていかがなものかと思いますがね。







ババアズの反応は、

やっぱ、

ばかな子ほどかわいいようで、





あの子は改心したのよ、

やっぱいい子だったわと

ちょーウエルカム状態です。





早速プレゼントを開けてみます。

中から出てきたのは、

2つの、木製小物入れでした。



ひとつだったっけか?




とにかく、木箱が出てきたんです。





管理人が、小学生のころ、

図工で作ったような、ぶっ細工で、

デザインセンスのかけらもない木箱が。





そんな粗末な品というより、

粗悪品でもババアズは大喜びです。




年寄りは、ばかな子ほどかわいいというのは

やっぱ、

鉄板のようです。






早速、木箱のふたを開けてみます。




中にババアズ向けのペンダントでも

入れてるかと思いきや空っぽです。





そこは、管理人でも、何か入れときますよ。(´ー`)┌




それでも、喜ぶババアズ。

いい子を演じてるその他の親族の

面目丸つぶれです。( ̄∀ ̄*)イヒッ





そういえば、

木箱から、何か煙のような物

出てきたような気がしたんですが、

気のせいですかね。





ババアズはすっかり有頂天になり、

かんぱーいとワインの飲み干します。





コナン君や金田一君が同席していれば

毒が入ってて、ババアズは一巻の終わりなんですが、

そこは、トロマなんで、そうは行きません。




いかせてなるものか。ヾ(。`Д´。)ノ彡☆






ということで、





先ほどの木箱から立ち上っていたらしい煙を含んだ

ワインで乾杯したババアズは、

もだえ苦しんだ末、脱皮します。





哺乳類だから脱皮じゃないかもしれませんが、

皮が頭頂部から二つに裂けて、

中から、なんていうか、まあ、




B級での悪魔っていえば、

やっぱこれでしょ!

って感じの、わかりやすい着ぐるみが出てきます。


悪魔の毒々おばあちゃん [DVD]
悪魔の毒々おばあちゃん [DVD]


ババアズがあっと今に、

アクマーズに変身です。





したら、早速、

凶悪なくらい爪が鋭く、長くなった腕を

にゅーんと伸ばして、





多分、一番気に入らなかったんでしょうね、

レズの姪っ子をがしっとつかんで、

ぎゅーんと引き寄せて、がりっごりっと一撃でしとめます。





ここから、いきなり

阿鼻叫喚の地獄絵図になっちゃうと

すぐに終わっちゃうんで、




ハイドアンドシークを始めます。





まあ、とにかく、皆さん、

三々五々逃げ回って、

いくつかの集団に分かれて部屋に篭城します。






ババアズは、声まねをしておびき寄せたり、

ドアをぶち破ってみたり、

脱出しようとしてふらふら歩いてるやつを追いかけてみたり、




よくある方法で

一人、また一人と

なぶるように殺していきます。




特にこれといって、

突っ込みどころがないです。(*⌒∇⌒*)テヘ♪






ああ、うん、そうだよね、そうするよね。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

ああ、やっぱ、そうやっちゃうんだ~、(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

って感じ。





トロマらしく、

どこか愉快な雰囲気で

殺されていきますけどね。




小さい子供を殺しちゃったのは

ちょっとやりすぎかなと思うけど。






で、生き残りのオールドミスもう一人

ババアズの弱点に、ついに気づきます。





あの、一族の鼻つまみ男が贈ってきた

木箱が怪しい!





見てるほうからすれば当たり前ジャン、

となるんですが、ババズの脱皮を見せられて

パニックな皆さんにとっては盲点だったんでしょう。





早速、木箱を取りに行きます。




木箱はすぐに見つかりました。




さあ、壊すぞとなったとき、

もう一人が余計なことを言います。




いや、ここで壊すとやばいかもしれない。




そんな悠長なこといってるから

殺されちゃうんです。




どこで壊すかというと、

聖堂だそうです。




自宅に聖堂があるってすげーな、おい。





でも、ババアズ、

聖堂に逃げ込んだやつ捕まえようと、

手突っ込んだり、足突っ込んだりしてたけど、




別に煙が出たりとか、

苦しんだりしてなくて、

なんともなかったぞ?






と、突っ込んだところで、

聞いてもらえるはずもなく、





オールドミスは

どうにかこうにか聖堂に着き、

がっつんがっつんと木箱を壊します。





木箱を壊すこと自体は

正解だったようで、






シャイニングな感じで

聖堂に押し入ろうとしていた

ババアズは苦しみだします。





そのまま溶け崩れるかと思ったら、

元のババアズに戻っちゃいました。(゚Д゚) ハア??




壊れた木箱を抱えて

逃げ出したオールドミスは

代わりに悪魔にのっとられましたとさ。




どんどはれ。






あーおもしろかった。・m・) プププ




ということで、★3つです。

日曜洋画劇場でも放送できません。



スポンサーサイト
2013/02/22 19:18|スプラッタTB:0CM:4
コメント
おもしろそー。
ビール片手に観たい感じですねー。

ところで
「トロマ」ってなんですか?
nyankomama #-|2013/02/23(土) 09:04 [ 編集 ]
何やらリアルタイムで巨額の遺産をめぐってなんだかんだしているご一族のようですね。
私もこれは楽しめました。
さて一難去ってまた一難、今年は当地比では大雪でなく助かりましたが、大移動後2年たち
やっと落ち着いたと思いきや前回ほどではないものの「細かい見直し」とやらで「またかよ」という計画を言い出したナニがいます。
でも上司なので「いやーそれはちょっと」と難色を示すのが精いっぱいでして、管理人さんもご存じでしょうが役所(ないし半分役所的な場)ってほんっとに上が言い出したらアウトですね。
私も脱皮してなにかいやなものに変身して恫喝したい気分です。
>nyankomama さま
「トロマ」は「毒々シリーズ」でかの「アルバトロス」と双璧をなすB,Zを量産する
足を向けて眠れないような会社です。(ですよね?上記の事情で自分の記憶や判断力に自信がなくなってきました)
雪国のおばちゃん #-|2013/03/03(日) 19:21 [ 編集 ]
>雪国のおばちゃん様
わざわざありがとうございます。
毒々シリーズはあまり観たことがなかったので
これからいろいろ観てみたいと思います。
トロマかぁ。知らなかったですわ。
あまり制作会社のことは考えたことがなかったので(--;)
nyankomama #-|2013/03/07(木) 16:41 [ 編集 ]
雪国のおばちゃん様
えーと、こないだまでの直属の上司はあんまりアホなことは言わない人で、チョットあれなこといいだしたときは理屈を順番に詰めて行けば納得してくれる人なんで割と楽でした。それより上はちょっと大変な時もありましたが。今の上司は、うーん、どうなのかなという感じです。あんまり腹を立ててもあれかな〜と思って笑ってやり過ごすようにしています。アレです、まずはご自愛ください。トロマノ説明有難うございます。
B級映画大好き #-|2013/04/18(木) 22:00 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/380-93487a17

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。