日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

インターメディオ

○インターメディオ(原題INTERMEDIO)
本編82分
監督 アンドリュー・ロウアー
出演 エドワード・ファーロング、スティーヴ・レイルズバック、セリーナ・ヴィンセント、アンバー・ベンソン 



【レビュー】★★☆(★2つ)
エドワード・ファーロング

出ているというだけ

レンタルしました。






あらすじは、18年前にとーちゃんたちが

落としていったヤクと金を

取りにいったんだけど、

逆恨みおっさんにつけ狙われて


あらえっさっさーって感じです。






ということで、まずは

とーちゃんたちが

ヤクの取引のために

地下道、廃坑のようですが、

降りていきます。





それを見ている、

男児と女児




で、まあ、とーちゃんたちは

逆恨みおっさんの

スーパーナチュラルなパワー
にやられて

戻ってきません。





そして、18年後。

すっかりおっさんになったファーロングと、

ムチムチの金髪ねーチャン。



インターメディオ [DVD]
インターメディオ [DVD] かなりまともなカットですね。こうゆう風に見える角度もあるよということです。



さきほどの女児と男児ですね。

どうやってうちに帰って、

どうやって生活してたのかは不明です。




気にしないことにしましょうね。(* ̄ー ̄)v




それにしても、

ファーロング、劣化し杉だってば。(゚ロ゚屮)屮

腹は出てるし、

顔はむくんでるし、

だみ声だし。




T2のときのイケメンぶりは

どこにいったの?




最初、気付かなかったよ。<(´ロ`')o







なので、もうあてにしないで、

ムチムチ金髪に注力することにします。(≧ω≦)b





早速、とーちゃんたちの行った

廃坑に行くことになります。





いっつも吸ってるヤクより、

上等なヤクが手に入るからだそうです。






ムチムチ金髪とファーおじさんは

一緒に暮らしてるらしいので、

恋人同士かなと思ったら、

それぞれにちゃんと別の相手がいるんで、

合計4人
で行くことになります。





ファーおじさんの彼女は

足を骨折しているのにです。

松葉杖です。




それで、

そんな設定がどこかで生きるかというと

そんなことはありません。

もちろん。




それはともかく、

廃坑をうろちょろしてると、

早速見つけました。



ヤクと金です。





今まで誰も言及してなかった、

男二人組み
がいて

山分けします。




したら、大変です!





逆恨みおっさんがスーパーナチュラルなパワーで、

ブルーザブロディ並みの

華麗なチェーン捌きの幽霊
を召還して、

今出てきたばっかりだというのに

男を一人殺します。





もう、パニックです。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ





われ先にダッシュかけます。




当然、右に行くか左に行くかでもめます。

幽霊が追いかけてくるというのに、

しばらーくもめてます。




ファーおじさんが

なんだかんだ言ってまとめ役かなー

なんて見通しは
砕け散ります。





ただただ、けんかしてます。

もう成人してんだから、

もう少し冷静にいこうよ。




と、ごちゃごちゃやってた割には、

あっさり入り口に着いちゃいました。




あれ?そんなことでいいの?




と思ったら、

入り口は、下水道のマンホールのようになっていて、

上に押し開けるタイプのふたがしてあります。





実は、そのふたの上に、

誰だか知らんが、

おっさんの死体が乗ってます。





ちょっと押し上げようとして、

いやーん、重くて、フタ開けらんなーい、

とか抜かして、




またケンカ始めます。

全員で怒鳴りあいです。





誰一人建設的な意見を出しません。





ということで、別の出口を探すことにします。




あっちに、確か休憩小屋があったはずだ。





アバウトが具現化したような地図を見て

休憩小屋を探します。




簡単に見つかります。



休憩小屋は地上につながる

つくりになってるんですが、

肝心の地上へのドアが内側から

板でガシガシに止めてあって
出ることが出来ません。





大の男が2-3人いるんだから、

それくらいの板ははがせそうなもんですが、

チャレンジもしません。





また、みんなで絶望してます。┐('д')┌







絶望してるところに、

また幽霊らしきのが現れて、

雑魚をやっつけて、

めでたくファーおじさんと

ムチムチ金髪だけに
なります。





とりあえず、休憩小屋にあった

寝室に立てこもる二人。




今度は、逆恨みおっさんが

つるはしを持って追っかけてきます。





幽霊よりはましかもしれませんが、

おっさんに初めてあった二人は、

この状況でつるはし持ってうろちょろしてるってことは

キ印に違いないと判断して、立てこもりを継続します。




たてこもり後、しばらくして、

ファーおじさんがようやく前向きなことをします。




バットがあったんで、

どうにか活用しようとします。




バットで壁をがっつんがっつんして、

穴を開けて、そこから出ようとします。




当然、でっかい音がするわけでして、

つるはし持った逆恨みおっさんが

飛んできます。






もう、ビビッて、

穴あけ作戦は中止です。





せっかく、バットがあるんだから、

武器にしろよ
、つるはしとも遜色ないだろうが。




この人たち、もうひと踏ん張りが出来ないです。




またなんか思いついて、

床板をはがし始めます。




隙間があったんで、

床下を這って逃げることにします。




しばらく、這いずり回ってると、

死体がごろごろしてる部屋に着きます。




こんなに、死体を溜め込んで何してんだろうとか、

いくら乾燥した気候とはいえ、ひとつも腐って無いなんてとか、

そもそも、この画で何を言いたいのかとか、

突っ込みどころは満載ですが、






ムチムチ金髪に注力すると

最初に決心したので、

気にしないことにします。




で、ムチムチ金髪が

さすがに錯乱し始めたんで、

ファーおじさんが歌を歌ってなだめます。





昔のファーロングならともかく、

声変わりをして、さらになんかやったような

だみ声
で歌われても、なんかなー。




でも、まあ、落ち着きます。




そして、ここまできても、

なんら打開策がありません。




何も考えずに、とにかく

逃げる方向で処理
してきたんで、

仕方ないでしょう。





で、ファーおじさん何を思ったんだか、

死体でバリケードを築くぞ、と

死体を積み上げ始めます。





どうやらこっちも錯乱してたようです。┐(´ー`)┌




しばらくたった時、

そーっとドアを開けて

ザ・いじめられっこな風貌のゾンビ

覗き込んできました。





ここに、ドアがあるんなら

さっさと逃げてりゃいいのに、

何でバリケードなんか築こうとしてんだ?




ちょっとトイレ行ってる間に

何か見落としたかもしれません。




そういえば、このゾンビ、

さっきからちょこちょこ出てたな。




こいつ何しにきたかと思ってると、

どうやら二人を助けてくれるようです。




ゾンビのクセに、のび太のクセに生意気なヤツです。




ともかく、二人はめでたく地上に出れました




当然ながら、乗ってきた車のキーはどこにもありません。




仕方なく、近くの建物に行ったら人がいたんで、

街まで乗せて行ってもらうことにします。




ちなみに、この親切な人は、

逆恨みおっさんです。




二人は、地下でちゃんと顔を見ることが出来なかったんで、

全然気付かないんですよね。





当然ながら、一服盛られたりして、

連れ戻されちゃいます。





アー、そうそう、

道中、逆恨みおっさんが

どうして自分が逆恨みしてるか

ぶっちゃけて
くれました。





目に入れても痛くないほど

かわいがっていた息子が

悪い女に引っかかって

ヤクの売人に仕立て上げられて殺されたから、



お前らみたいなヤク中は

必死と書いて必ず死なすだ!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆

割とまともなことをおっしゃってます。






でも、回想シーンでは、

どう見ても、自分の手で息子を殺してますけどね。





まあ、実際のところ、息子は、

ヤクの売人かつ、ヤク中といったところでしょう。

自業自得というヤツですね。




さらに、自分の手で殺したのに、

誰かに殺されたようなことにしてるあたりが、

逆恨みという二つ名にした理由です。





それで、ファーおじさんと、

ムチムチ金髪が連れ戻されたのは、

先ほどの死体部屋です。




また逃げます。



床板を外します。

廃坑に出るかと思ったら、

また床下になっていて、這いずり回って

最初に立てこもった寝室
に着きます。





確か、寝室でも床板をはがして、

そのまま這いずり回って

死体部屋に着いたはずなんだが、





死体部屋から床下に行って

這いずり回って、また同じところに戻るなんて、

不思議なつくりになってる小屋です。





それはともかく、

今度は逆恨みおっさんに見つからずに、

廃坑に戻ることが出来ました。




つるはし持って、逆恨みおっさんが追っかけてきました。



まずは逃げます。!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

逆恨みおっさんがアグレッシブに

つるはしを投げて攻撃してきました。





ファーおじさん、えびぞりで華麗にかわします。

なぜ、そこで、マトリックス風?(゚Д゚) ハア??





とまあ、マトリックスしたまではいいんですが、

そっから先に打開策がありません。




ここにいたっても、

立ち向かうということはしないですから。





ついに追い詰められます。

逆恨みおっさんのペンダントを

引きちぎります。





そういえば、このペンダントを使って、

いっつも幽霊を出してました。




古今東西、人を呪わば穴二つですんで、

今度は逆恨みおっさんが幽霊に

ボコられます。




で、めでたし、めでたしで、

金もヤクも手に入ったし、

ヒッチハイクで、二人で

手に手をとって、遠くに行くことにします。




やっぱ、アメリカ人なんで、

西を目指します。




日も暮れたし、モーテルに泊まります。

金髪ムチムチの全容が解明される

サービスシーン
となっております。




で、仲良くいちゃいちゃしてる二人を

窓の外から見ている血まみれの、

廃坑まではそれぞれのカレ、彼女だった二人。



キャー!こわーい!(/┏∇┓´\)キャー♪



ということで、ファーロングの劣化振りばかり

目が行きましたということで、★2つで。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ひとつポチっといっていただければなー


スポンサーサイト
2011/05/21 13:49|スリラーTB:0CM:3
コメント
掲示板にいやなタイトル書いてしまい、すみませんでした。
この道(?)の好きものでも私の場合「拷問系」みたいな、リアルに「イタイ」のは無理です。
で、これですが、これも見れません。あんなに可愛かったのに。まあ、その後映画雑誌などでヤクやってるとかいろいろ出てたんで想像がつきますが。あと「T2」を何回も見たものとしてはシュワちゃんの隠し子騒動はまだしも相手の「ただのオバサン」ぶりには自分のことは棚に上げて「げええ」となりました。あれじゃあ、妻はケネディ家の一員でおそらくすごくプライド高い(それが悪い、というのではないんですが)女性だけに絶対許せなかったんでしょうね。管理人さん、オンナって「なんで?なんでこのレベルに負けるの?」って思ったら最後だと思いますので気を付けてください。私はむろん「一緒にいてほっとする」とかそういう男性の言い分もわかるつもりなんですが。
いつものことながら本題からはずれた長文すみません。
雪国のおばちゃん #-|2011/06/02(木) 18:01 [ 編集 ]
あ~ありますよね、劣化。
柳楽優弥とか。

内容的にはねぇ。
なんでこうもメンタルが打たれ弱いのかなぁ…
観ててひたすら焦れったい。
いやそりゃあ日本のこのテの作品もそう言うキャラクター少なくないですけど、ねぇ…f^_^;

そらねぇべ、ってレベルでなぜヘタレかます?
千葉真 一 #-|2011/06/11(土) 09:39 [ 編集 ]
>雪国のおばちゃん様
 シュワちゃんの奥さんがケネディ一族ということだけは知ってたんで、よく浮気なんかするなーとは思ったんですよ。知事になれたのも、奥さんファミリーの後押しがおっきかったんだろうなーと想像もしてたんで。それに、浮気相手がどう見ても劣化したおばさんというのも???でしたね。まあ、奥様からすれば、何をどうしても許すことは出来ないだろうなーと思いましたね。チョー売れっ子のプレイメイトならもしかしたら許してたかも?なんて思いましたね。ちなみに、私は、女房ヤクほど亭主モテもせずの典型なんで、カミさんが負けることはありえないですね。

>千葉真 一様
 イヤー、ほんとソウですよねー。もう少し、ぐっと我慢して、冷静な判断下そうよ、いくらパニクッテルとはいえ、そりゃ無いでしょうと、私もいつもそう思いながら見てます。
B級映画大好き #-|2011/06/13(月) 20:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/334-b6fb3574

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。