日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

バタリアン4

〇バタリアン4(原題The Return of the Living Dead 4 : Necropolis)長ッ!
本編90分 画面サイズ16:9
監督 エロリー・エルカイェム
キャスト ピーター・コヨーテ、ジョン・キーフ、エイミー・リン・チャドウィック、コリー・ハードリクト

2_20071215000817.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 今回もWOWOWからのチョイスです。

 だ・け・ど・・・・・・・・


 バタリアンです。(≧∇≦)b


 知っている人は知っている。

 このブログを読む人なら100%知っている(知ってますよね?)、

 人気シリーズ

 バタリアンの

 パートです。

 

 パート5も録ってますので、後ほどご報告いたします。


 こんなのまでやってくれるんですね~、ビバ!WOWOW

 とまあ、宣伝はこれくらいにして、本題に入ります。


 


 このシリーズ、パート1を見たのは、中学生の時、普段はポルノしかやらない地元の映画館でした。

 正直、所々しか記憶に無いんですが、面白かったことを覚えています。

 ゾンビものを始めて見たのもこの作品ではなかったかと思います。

 これも含め、その後のB級人生のスタートを思わせるものばかり、中学生の段階で、

 わざわざ映画館で見てたんだな~と、

 今になってしみじみ思います。

 何見てたかは恥ずかしくてとてもいえません。勘弁してください。

 つーか、親がよく許したもんです。たいしたもんです。

 ありがとう!父ちゃん、母ちゃん。

 

 

 


 というワケで、欠かさず見てるこのシリーズ、

 パート4は2回目です。

 1回目はレンタルして見たんですが、もう一回見たくて、わざわざ録画して見たんです。

 やっぱいいですね、この映画は。

 

 さて、あらすじですが、ゾンビ開発会社のハイブラテック社に拉致された友人を助け出すために会社に侵入する同級生。紆余曲折を経て、ビル内がゾンビ=バタリアンだらけになります。果たして無事脱出できるのか?という感じ。


 いきなり、チェルノブイリです

 何をしてるのかといえば、バタリアン製造ケミカルであるところの、トライオキシン5を受け取りに来たのです。

 もちろん、密輸です。

 


 何で、こんなものがこんなところにあるかは、たぶんパート3で説明がなされていると予想しますが、

 残念ながら、全く記憶にありませんので、

 そんなもんだと納得してください。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 

 でまあ、早速間抜けなロシアンマフィアがバタリアンになり、ガブッとやって、バキューンとやられます。

 何とか無事にアメリカのハイブラテック社に持ちかえったようです。


 

 ハイブラテック社のラボで、マッドな感じの方が、トライオキシン5で精製されたガスを千切れた腕に振りかけています。

 さっきの密輸をやっていたヤツです。

 おっ、腕が動き始めました!

 にんまりと笑ってます。マッドです。

 見立ては間違っていませんでした!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆


 部分実験が成功しましたんで、今度は大掛かりな実験を始めます。

 北斗の拳に出てきそうな、いかにも悪そうな顔をした死体がカプセルに入っています。

 例のガスを振りかけると、動き始めました。

 大成功です!

 化学の勝利です!v(*'-^*)-☆

 


 優しいマッド博士は餌を上げます。

 バタリアンの餌といえば、例のアレです。

 脳みそですね

 4つほど、ぷりぷりとした脳みそをあげました。

 妙に固そうな食い方をします。

 脳みそはプリンのように柔らかいものと思ってましたが、

 燻製にでもしてたんでしょうか?

 


 例のガスをそのままにしておくとやばいので、排気します。

 ところが、排気の管が壊れてて、壊れていたそばにいたホームレス×2と、

 ホームレスのディナーになってた犬か何かの丸焼きがバタリアンとなります。

 こう書くとあっさりしてますが、すっかりローストされた丸焼き犬が動く姿はとてもユーモラスでした。(゚m゚*)プッ

 


 パート1ではガスでもかなり広範囲に影響があったような気がしますが、こいつら以外はバタリアンとなりませんでした。

 きっと、消費期限が改ざんされてたんでしょう。

 今や日本でもかなりいい加減にされてますから、ましてやロシアなら三回転ひねり半位のいい加減さでしょう

 

 

 バイクで遊んでて、ごったりこけて、頭を打ち、病院に運ばれたはずが、ハイブラテック社に運び込まれた友人を助けに、会社ビルへ乗り込みます。

 メンバーは、主人公(男)、黒人、男×2、めがねっ子です。

 ビル内には、警備のバイトの黒髪女がいます。

 


 黒髪女の指示に従い内部を移動していると、

 主人公の弟がうろちょろしてました。

 何のために、どうやって侵入したのかさっぱり分かりません。

 いつも同じフレーズで申し訳ないんですが、m(_ _"m)

 当然、何の説明もありません。

 


 当初のメンバー+弟で進んでいると、武器庫に出ます。

 そっから、先に進むと例のマッド博士に見つかってしまいました。

 今まで黙ってましたが、実は主人公のおじさんです。

 


 余談ですが、公園の樹木の説明板を読んでて、実(み)が辛いと書いてあるのに、

 実(じつ)は辛いと読んでしまい、カミさんに大笑いされた経験があります。

 あの頃からかなりなめられてます。

 余談でした。

 


 それで、マッド博士を脅して、友人のところへ案内させます。

 バタリアン収容所を通り抜けて、見つけます。

 10年前に、バタリアンは根絶したとなっているそうですが、

 かなり大量に保管しています。

 アメリカの刑務所のような感じです。

 

 友人を助け出したら、近くの部屋でゾンビ胎児らしきものの標本を見つけます。

 収容所の近くになんでこんな部屋があるか分かりませんし、

 これがなんなのかの説明は、

 大変申し訳ないんですが、m(_ _;m)三(m;_ _)m

 当然、何の説明もありません。

 


 救出チームの皆さん、ここで何をやってんだとマッド博士を問い詰めます。

 マッド博士いわく、

 我々はクローニング技術を確立しつつある!

 目的は世界制覇だ


 は?

 何を言ってるのかよく理解できませんが、

 ショッカーと同レベルということだけはなんとなくフィーリングで感じ取りました。


 バタリアンとクローンがどうしても結び付けれません。

 パタリアンでどうやって世界制覇をするのかがさっぱり分かりません。

 どなたか分かったら教えてください。

 

 
 とりあえず、マッド博士がそう信じているということだけは確かなので、

 そっとしておくことにして、先に進みましょう。

 

 

 友人を助け出す際に、警報が鳴っちゃったんで、黒髪女が止めようと色々いじくった結果、

 システムをぶっ壊し

 バタリアンが全部開放されます

 

 いやもう大騒ぎです。

 見ているこっちは面白いんですけど、ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ ウキャキャウキャキャ

 中の人達は大慌てで逃げてきます。


 救出チームはエレベーターへ逃げ込むんですが、その際男×1が犠牲になります。

 友人がちょっとかじられるも何とか逃げ込みます。


 逃げる途中に、二手に分断されてしまい、

 主人公、黒人、男×1チームと、友人、弟、めがねっ子チームに分かれます。

 

 あっちでもこっちでも、脳みそ~(ブレイ~ン)の大合唱の中、


 主人公チームは、事故死したはずの主人公の両親が実験体にされてるとマッド博士が口を滑らせたので、

 両親を助けに行きます。

 死んでることは間違いないと思うんですが、何でそんなに無理をするんでしょう?

 は水よりも濃いってヤツですかね?

 

 ともあれ、両親を救出に向かいます。

 出てきます、出てきます。

 わらわらとバタリアンが。

 まあ、ぶっちゃけゾンビなんで、動作はのろい、頭をつぶされればホントに死ぬということには変わりありません。

 数では圧倒的ですが、マシンガンでどんどんやっつけていきます。

 このシーンが、スカッとするんですよね。ヾ(=^▽^=)ノ

 ゾンビ映画の醍醐味です。

 もっとやってくんないかなーと見てると、弾切れです

 


 あーもう、予備の弾位持って来いよと思うんですが、中の人はそれどころじゃありません。

 今度は肉弾戦です。

 とろいはずのバタリアン。

 というかさっきまで、のたのたしてたはずが、なかなかいいフットワークで、ジャブをかましてきます。

 主人公チームたじたじです。

 今の内にかじれば面白いのにと思うんですが、かじらないで、パンチで応戦するバタリンアンズ。

 


 ここで、発見したのが、メイク。

 いつになく、ばたばた動くバタリアンですが、動く時に服から見える体の部分もしっかりとメイクがしてあります。

 いい仕事してますね~。

 その辺の映画なら首から下は完全に地肌なんですが。

 


 どうにかエレベータに着くも、男×1がガブリとやられ、哀れジ・エンド。


 2人になった主人公チーム、

 両親を発見します。


 マッドマックス風のコスチュームに、丸坊主、

 父は両手がガトリングガン、

 母は両手が円形のカッター、と

 かなり凶悪ないでたちになってます。


 
 人相もかなり変わってるように感じますが、主人公は一発で両親だと見抜きます

 血は水よりも濃い、親子の情愛は不滅ですね。(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

 

 

 あ、こりゃダメだと即座に悟り、さっさと逃げ出します。


 大変な思いをして、友達を犠牲にしてやってきたのに、そりゃ無いでしょと思うのが人情ですが、

 自分の命がかかってるので仕方ありません。

 ダッシュで逃げます。親子の情愛は幻だったようです

 


 当然ながら、どっからか湧いてきたバタリアンズが来てますので、

 下ではなく上に逃げ、屋上からロープで下に降ります。

 いきなり高層ビルの屋上からロープ一本で降りてくのはかなり度胸がいると想像しますが、

 特に何事もなく地上へ降り立ちます。

 何事もチャレンジしてみるもんですね。脱帽です。

 


 一方で、友人チームはとにかく外を目指して、車をかっぱらいます。

 敷地の外に出るべく車を走らせていると、せっかく助け出した友人が

 脳みそ~となっちゃいます。

 

 すでにかじられてるのでって、

 頚動脈の辺りをがっつりかじられて無事なのも不思議ですし、

 見てる方は、あ~こりゃもうダメだなと思ってるんですが、

 中のめがねっ子は大慌てです。

 慌てすぎて他の車に突っ込んじゃいます。

 

 気が付くと、バタリアンズが迫ってきてます。

 弟は自作の火炎放射器で、めがねっ子は正確な3点射撃で応戦します。

 2人ともなかなか上手いです。

 特に、3点射撃はコツを教えてもらいたいくらいです。


  
 気づいた方もいらっしゃると思いますが、助け出した友人がいません。

 どこにいるかというと弟の後ろです!

 弟はガブリとやられ、哀れ若い命を散らします。

 呼ばれもしないのに来たほうが悪いような気もしますが、
 
 ご愁傷様です。


 めがねっ子は弾が切れたので自作火炎放射器で撃退します。


 すると、主人公達も助けた黒髪女の車が来て拾ってくれます。


 ようやく助かりましたね。

 密かにめがねっ子には助かってほしかったんでホッとしました。

 

 

 ところで、マッド博士は何をしているかというと、

 重武装の両親に例のガスを浴びせて、バタリアン化させてました。

 バタリアンズが暴れてる中どうやってあんなところまで行ったかは謎ですが、

 行っちゃってるんで、受け入れることにしました。▼*゚v゚*▼テヘッ

 

 ということで、主人公達の車の前に、ガトリング砲父が立ちふさがります。

 


 ここで、主人公の顔をを見た父が息子を思い出し、躊躇うなんてよくありますよね

 


 残念。そんな映画じゃありません。

 躊躇なくガトリング砲が炸裂します。

 いくら死んでるからって、息子にそれは無いでしょうと、

 父になっている管理人は思うんですが、

 まあ、しょうがないですね。もうそろそろが尽きますから。

 


 手榴弾でボーンとなって片腕が千切れて動かなくなりました。

 まだ、動きそうですがとりあえず逃げましょう。

 

 

 今度はバタリンアン化した友人が来ました。

 両手がカッターの母も来ました。

 ゾンビのくせして、フットワークが軽くぺらぺらしゃべります。

 この友人は。

 こういうやつ、昔の知り合いでいます

 大嫌いです。こういうやつ。“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 結局、手榴弾で粉々にされます。

 いい気味です。

 オッとすいません、私情が入ってしまいました。すみません。

 


 母はめがねっ子の策略により、感電して、倒れます。

 

 

 ようやく公権力が介入してきます。

 SWATが戦車を連れてきます。

 バタリアンズを撃ち倒していきます。

 頭が破壊されてませんが、倒れていきます。

 そろそろ予算が尽きてきたんでしょう。

 大目に見てあげましょう。

 


 安心したところを、まだ片腕無事だった父がガトリング砲を乱射します。

 油断してはいけません。

 男の子に最後(最初かもしれません)に立ちはだかるのは父親です。

 さあ、立ち向かいましょう

 

 

 いや、でも、ガトリング砲正射に立ち向かうのは勇気じゃなくて、蛮勇ですよね。

 とりあえず隠れましょう。

 誰かが何とかしてくれますから。

 

 

 念願かなって、SWATの戦車が応戦してくれました。

 父は粉々です。

 ようやく父を乗り越え?たみたいです。

 


 大変です。

 助けてくれた黒髪女が撃たれてて、死んでしまいました。

 マッド博士は例のケミカルを持って逃げ出すし、

 しっちゃかめっちゃかです。


 パート5に続く。


 ということで、★2です。

 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト
2007/12/17 10:08|ゾンビTB:0CM:8
コメント
 こんなものやっていたんですね。
しまった。見逃してしまった。
真冬のホラー特集もハードディスクの
余裕がなくてとれずにいます。
悔しい。

 この場を借りて私もリクエスト。
「片腕カンフー対空飛ぶギロチン」の
レビューを是非。私も書いてますけど、
別な観点からのものも見てみたいのでお願いします。
モンスターAM #-|2007/12/17(月) 18:21 [ 編集 ]
>モンスターAM様
 片腕カンフー対空飛ぶギロチンですね。お任せください。でも、なんかタイトルからして怪しいですよね。頑張らせていただきます。(笑)
B級映画大好き! #-|2007/12/17(月) 19:55 [ 編集 ]
なんか好きです。


でも個人的には3に相当するリターンオブザデッドがとても好きです。
コレは結構いい #-|2008/01/16(水) 12:40 [ 編集 ]
4は、ゾンビ映画らしくて、確かによかったですね。3は好きな人がたくさんいますよね。
B級映画大好き! #-|2008/01/16(水) 19:40 [ 編集 ]
確かに説明無しでどんどん進みますよね、こういう映画って。ほんとに脚本あるのか?と疑ってしまいます。
その場の思いつきで作ってる気さえします。ま、そこがB級のイイ所。
っていうか、突っ込み満載で面白いレビューでした( *´艸`)
余談ですが、二十歳ぐらいまで月極を「げっきょく」と思ってました・・。
りとら #-|2011/01/04(火) 21:28 [ 編集 ]
>りとら様
 こうゆう、いけいけどんどん、レッツゴーは結構すきなんで、突っ込みつつも、まじめに見ちゃうんですけどね。ともあれ、ほめていただきありがとうございます。
B級映画大好き #-|2011/01/08(土) 15:44 [ 編集 ]
ただでさえ力の弱いゾンビが、重いガトリングガンなんか搭載して大丈夫なのでしょうかねえ?それに、ガトリングガンは毎分数千発をぶちかます化け物砲ですから、人間に装備してもたちまち弾がなくなっちまいますよ。

ガトリングガンと聞くと、どうしても「アバター」の巨大ヘリ<ドラゴン>の前部の左側についている連装ガトリングガンを思い出します。
「アバター」最高です!
BD&DVDの限定版のみならず、BD3枚組(エクステンデッド・エディション)、更にWOWOWで放映されたのをダビング用BDにダビングしています程です。

映画館に見に行きたかったのですが、大学受験のせいでおっつぶれた次第!(プンプン)
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/04/08(金) 23:23 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 映画よりも大学受験のほうが大事だと思いますが・・・。まあ、それはともあれ、好きなものがるのはいいことです。私も、スペースヴァンパイアがBD化されればほしいなーと思っております。
B級映画大好き #-|2011/04/10(日) 09:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/33-b6da2e92

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。