日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

NeXT

○NeXT(原題DEAD LINE)
本編90分
監督 セルジオ・エスケナジ
出演 アンドレス・バッグ、ヴァージニア・ラスティグ、オリバー・コルカー、クリス・ロンゴ



【レビュー】★★★(★3つ)

久々にヒットでした。ヾ( ̄ω ̄〃)ノ





画質、内容ともに

すっごく、クソでした。(`Д´)

どうしても耐えられなくて、

途中で1日ほど休憩を入れたくらいです。





超銀河グレンラガン級の

スーパーヒットです。(≧ω≦)b





休日のうららかな午後を

台無しにしたい人

ぜひご覧になってください。(゚ー゚)(。_。)ウンウン








えーと、これ、

ゲオでレンタルしてきました。






寒いし、雪が積もって

道路がつるつるという状況が

かなり改善されたことから





引きこもり状態から

少々脱出して、実店舗に行ってみたんです。





ホントは、シンケンジャーが見たくなって

行ったんですが、残念ながらレンタル中でした。





NeXT [DVD]
NeXT [DVD] この色調のジャケ

大体はずれというか、

管理人的には当たりと言うか





まあ、つまり、そんな感じで

クソなことは間違いないんですが、

念のためジャケ裏の解説を読みます。






アパートの住民が

次々と殺人鬼に殺されていく。




殺された人の部屋は

主人公と同じ階の3つ向こうの部屋



次は2つ向こう。



どんどん殺人鬼の狙う部屋が

自分の部屋に近づいてくる。


恐怖におののく主人公。






まあ、とりあえず、

友人のアパートにでも世話になれよって

アドバイスが、思わず口をつきます。┐(´-`)┌





ちなみに、ポスレンの解説は、

主人公が引きこもりで盗聴魔。







ジャケ裏もポスレンも

ウソです。






結論から言うと、

おかしくなっちゃった幻魔大戦並み

妄想大戦です。対戦でもいいけど。






まず、お風呂に入ってる

顔が毛むくじゃらのおっさん
が出てきます。





年頃の娘さんなら、

この時点で停止ボタンを押すような

シーンです。




年頃の娘さんが、

こんなタイトルを手に取るとは思えませんが。テヘヘッ(*゚ー゚)>





なぜか、浴槽の縁に

コードレス電話を置いてます。





浴槽の横に机を置いて

そこに電話を置くのなら分かるんですが、

湯がかかってショートしそうなところに




しかも、あーもう、

これ落ちるから、今落ちるから!


今から、この電話で何かやるから!





って主張がビシバシと伝わってくるほど

不安定な感じにおいてあります。




顔モジャが、案の定落とします。

浴槽ではなくて、床のほうへ。





したら、どっかと混線したみたいで、

会話が聞こえてきます。





男と女の会話です。

男と女という表現をした以上は、

何を目的としている会話かはお察しください。






モジャが次の日に新聞を見ると、

昨夜電話で聞いた名前と

同じ名前の売春婦が殺されていました。





昨日の夜の殺人が、

次の日の新聞に載るなんてことは

締め切りの関係でありえないんですが、

数日後だったのか?






まあ、とりあえず、びっくりするモジャ。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ






警察に駆け込まず、

男の友人と、女の友人を呼びつけて

自説を披露します。( ̄^ ̄) エッヘン






コードレス電話に混線したから

絶対に、自分のアパートの住民が

殺人犯だ!( ̄^ ̄) エッヘン





いや、被害者のほうのコードレス電波を

拾ってるかもしれねーじゃん。





まあ、どっちにしても、

警察に話せばいいほどの

犯人解明のための有力情報

だと思うんですがね。







モジャは、怖がってんだか

自説を自慢したいんだかわかんないけど、

友人二人は、アーあ、ついにイっちゃったよ

って顔で見てます。




うーん、確かにイっちゃてるような顔してます。






モジャが帰って、友人の二人だけで話します。




お前、モジャのことが好きなのか!

モジャの女房が男と逃げたから

うまく取り入ろうとしてるんだろ!





アンタが私のこと好きなのは分かってるわよ!

惨めな男ね!






よく分かりませんが、3角関係的な

友人関係のようです。




モジャは犯人探しを始めます。

まずは、見た目が怪しそうなやつを探します。(゚Д゚) ハア??





早速見つけました。

なんとも怪しいです。





怪しい、怪しいと念じてたら

またもや電話が混線して

同じような会話が交わされた後に

外出しました。





もう、決定です。

モジャは怪しい人のあとを付けます。






うまくまかれましたが、

またもや売春婦殺害の

記事が新聞に載りました。





間違いないです、ヤツです。

犯人は。







念のため、外出から帰ってきた

怪しい人をこっそり部屋までつけたら、

人の手が飛び出しているカバンを持っているのを

目撃しました。




もう、間違いないです。

犯人はこいつしかいません。









ここまでくれば、

あとはもうやることは一つです。






証拠を固めて、

犯人はお前だ!と宣言してやるのです。





でも、一人じゃ心細いようで、

女友達を巻き込むモジャ。




モジャのことが好きな女友達は

どう見ても妄想入ってるんで、

最初は嫌がってたんですが、


結果的に手伝います。







怪しい人が外出した隙を狙って

空き巣を働いて

証拠を見つけようとします。




イっちゃった人に

見つけられるような所に

うかつな物を置いとくワケもなく、

なーんも見つかりません。






でね、あとね、正直に言いますけど、

この後の展開の細かいところを忘れました。(・・。)ゞ テヘ






確か、空き巣のあとに部屋に戻ると、

娼婦の死体があって、

とりあえずバスルームにしまっといたら

警察が来て、むっちゃあせりまくり。






ちなみに、警察は、

モジャの奥さんを連れて逃げた男の

奥さんが捜索願を出していて、

聞き込みに来たのです。




しかも、警察がトイレ貸してときたもんだ。





アー、もうおしまいだ。

殺人で逮捕されると思ったら

何でか、ふーすっきりした、

じゃあねときたもんだ。





モジャが何でよ?って

バスルームに行くと

ちゃんと死体があるし。





とりあえず、埋めてきます。







うまく作ってあると、

ここらあたりから

オチが推測できるかもしれませんが、

ただ、ワケが分からんだけです。





モジャがてんぱってると

男友達が来て、

好きなんだ!ブチューと

接吻をかまします。Σ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!





何をやりたいのかわかりませんが、

気持ち悪いことだけは分かりました。





さらに、てんぱってると

今度は殺人鬼から電話がかかってきて

モジャのことをよく知ってるような口ぶりです。






モジャは自分のことを知られたと

さらに、てんぱり始めます。






ひたすら、てんぱってると、

モジャのことを好きな女友達が来ます。





そして、モジャの言ってた

売春婦殺害の記事なんて

どの新聞にも載っていないと

ネタ明かしをします。





モジャのてんぱり具合から

まあ、そんなこったろうと

誰もが思うところですが、





当のモジャは自分がキ印かどうかの

瀬戸際なので、自分の言動の

確実性を主張します。




そこで、埋めてた娼婦を

掘り起こしに行きます。




当然ながら、

死体のあった形跡さえありません。





ますます、てんぱるモジャ。




その後のいきさつは

記憶から消えてしまってますが、

モジャの部屋の冷蔵庫を開けると、





男と逃げたはずの妻の生首と、

妻を連れて逃げたはずの男の生首

ありましたとさ。



どんどはれ。(*`▼´*)b





結果からすれば妄想大戦なんですが、

見せ方が非常に拙いです。

ということで★3つです。



スポンサーサイト
2011/02/11 14:43|サイコTB:0CM:2
コメント
いわゆる“SAWフォント”ですね?(;´∀`)
白地のジャケに意味ありげな文字、
良質なスリラーと思わせといてどん底に落とす、
れっきとした詐欺ですね、これわw

でも、レビュー見る限りは面白そうじゃないですか(*゚ー゚)
モジャさんのテンパり具合とか楽しそう・・(*゚ー゚)

いわゆる最近流行の
「犯人は私でした」オチですね。
最近、どのサスペンス観てもこのパターン・・・
ここはひとつ、原点に返って、
「一番怪しい奴が、そのまま犯人」にすれば、
また観客を騙せるかも( ´ー`)
りとら #-|2011/02/11(金) 20:36 [ 編集 ]
>りとら様
 そうそう、ソウフォントです。あんな感じとしかいえない、ボキャブラリーの貧弱さに涙が出てきます。最近のはあまり見て無いんですが、ということは、この手のはどんどん、犯人はワタシでしたパターンが増殖するということですね。うーん、しばらく、この手のは自粛しようかな。
B級映画大好き #-|2011/02/12(土) 12:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/325-b7ff616a

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。