日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

B.C. -紀元前X年-

○B.C. -紀元前X年-(原題HOMO SAPIENS)
本編94分
監督 ジャック・マラテール
出演 フィリップ・トレトン


【レビュー】★★☆(★2つ)
えー、いまさらデスが、

いつもですね、

★の数で評価しているわけです。




アッチョンブリケなのが★3つ、

ちょっとアッチョンブリケが★2つ、

あんまりアッチョンブリケでないのが★1つと。





すいません、テキトーです。(・・。)ゞ テヘ





まさか、星の数を参考にしている人は

いないと思いますが、

最近めんどくさいんで、

相当でないと★2つにしてます。<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!




だって、まともなのをほとんど見ないから、

基準が融解してきちゃったんだもん。・(´、`;)







ということで、

本作ですが、

ポスレンの解説では、

アクションアドベンチャーとあります。





ウソです。 σ゚ロ゚)σ





子供手当て3万円と言って政権とっといてからに、

今年だけ半額にして、

来年は満額ですよとフカシこいてる

どっかの国の政府並みのうそつきです。






じゃあ何かというと、

後半にいくに連れて

外人らしく手を抜き始めて、

テキトーになって行くNHKスペシャルです。



紀元前
ジャケからは

ハングリー?かっぷぬーどー!日清!ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!


を想像し、





タイトルからは、

あのメジャーなヤツを想像しますが、

どっちとも違います。




なんといってもNHKスペシャルですから、

きちんと学術研究の結果に基づき、

製作している感じがします。





猿人から、類人猿、

現生人類への進化。




狩猟採取から農耕への

変化の経過を丁寧に見せてくれます。






ほんとにこうだったのかどうかは

ちょー怪しいと思いますが。






というのも、

紀元前○○年ごろに徐々に広まって云々

ではなくて、

ほとんど個人というか個猿にフォーカスして、

効率的な狩猟の発明、

絵画の作成、異なる種との交流、

農耕の開始、このころには現生人類ですが、

を見せてるんで。






要するに、隣の佐藤さん

マンモス狩りを思いつきましたとか、

隣町の高橋さんが人類で初めて絵を描きましたとか、

そんな風に言ってるんですよ。






ミクロ的に言うとソウかも知れませんが、

特に根拠とかが示されないので、

テキトー感が非常に漂うんですよ。





あとはですねー、

アジア方面ではホモサピエンスとネアンデルタール

との混交が進んでいろんな人種が増えたと言ってるのに、

ヨーロッパ方面では種が異なるのでネアンデルタールの血は

絶えたってんですよね。




俺らは猿との混血かい!




まあ、それはさておいて、

おかしなおかしな石器人的なのを

期待してたのに、NHKスペシャルでガックリきたんで、

★2つということで。


スポンサーサイト
2010/12/31 17:19|アクションTB:0CM:1
コメント
『AO -最後のネアンデルタール人』を上映致します!

ネアンデルタール人をテーマにした日本未公開の映画『AO -最後のネアンデルタール人』を
京都ヒストリカ国際映画祭にて上映することが決定致しました! 是非お越しください!

フランス|2010|84分|ジャパン・プレミア
英題:AO THE LAST NEANDERTHAL
監督:ジャック・マラテール
出演:サイモン・ポール・サットン、アルナ・シールズ


【みどころ&あらすじ】

絶滅してしまったネアンデルタール人の血は、我々ホモ・サピエンスのなかに流れているのか。歴史学上の謎を、ロマンチックなストーリーで読み解く作品。

30万年以上もの昔に地球上を支配していたネアンデルタール人。ところが3万数千年前、彼らは絶滅危機に晒されていた。群れが襲われ、妻と生まれたばかりの娘をも失い孤立したネアンデルタール人・アオは、生き別れた双子の兄弟に再会すべく北から南への大移動を決意する。旅の途中、アオはホモ・サピエンスの美しい娘・アキに出会う。


詳細はこちらから→ <A HREF="http://8628.teacup.com/toraijin/bbs?M=JU&JUR=http%3A%2F%2Fwww.historica-kyoto.com%2F">http://www.historica-kyoto.com/</A>
ヒストリカ #-|2011/11/12(土) 09:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/319-37f69a6d

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。