日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

口裂け女2

○口裂け女2(原題同じ)
本編98分 画面サイズ16:9
監督 寺内康太郎
キャスト      飛鳥凛、川村ゆきえ、岩佐真悠子、斎藤洋介、中野英雄

口裂け女2

【レビュー】★☆☆(★1つ)
やっぱ、金がかかってるんだか、

割とちゃんとしてましたよ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン




まあ、おおよその人が名前を知ってる人が出てるし。

川村ゆきえと岩佐真悠子のことなんですけど。






知らない?(A゚∇゚)ハテッ?





ほかの人のレビューを読んでたら、

川村ゆきえの谷間が見えるシーンΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!があるそうです。

ぜんぜん気がつきませんでした。テヘヘッ(*゚ー゚)>



興味のある方はどうぞ。

管理人はとても興味があります。




内容としましては、

なぜ、口裂け女は生まれたか?

という感じですね。



ビギニングはリリースされてるんですが、

ビギニングでも良いような内容かと思いました。





ただね~、主演の女の子がね~、

上記のお二人は姉の設定なんですが、

姉に比べて、ぜんぜんかわいくないんですよ。(゚-゚;)ウーン





誤解の無いようにいっておきますが、当社比です。(*'-')b




なんかもうね、それだけで見る気半減。




しかも、実際の事件に基づいてるとか、

日本のちょっと田舎の都市とか、

なんか妙によくできた日常描写とか、

現実に近い感じがして、

すごく、いやです。(TmT)





昔、上司の上司の上司みたいな人に言われたんですが、

君の趣味は何だねと聞かれ、

映画(DVD)鑑賞ですと答えたら、

うん、そんな現実逃避はいけないね、

と、一刀両断されました。





まあ、それはその方の価値観なんでいいんですけど、

その後、自分の趣味が如何に良くて、

それをお前らも実践しろと強要してくるので、

うざいなーと思ったことがあります。




管理人の場合は、

ありえないものを見たくて、

映画を見てるんで、

現実感の強いものを見ると、

いやんばかんになっちゃうということです。




で、ですね、

主人公たる末っ子は高校生でして、

こう、甘酸っぱい思いもしちゃったりなんかしちゃってる、

10代を満喫している女子だったりしちゃってるんですよ。






ぶっちゃけちゃうんで、

あれなんですけど、

この子が口裂け女になっちゃうんですね。





こんないい子がどうして?

とまあ、事件が起きるとどうしてもそうなるんですが。





管理人の場合は、

やっぱり、と言われておしまいですが。






一番上の姉、川村ゆきえですが、






グラビアのときと違って、

清楚と言うか質素な服を着ていても、

なかなか色っぽいです。





すいません、話がそれました。






今度結婚するんですよ、

まあ、元彼もいたりするんですよ。




そいつが、また、

見た目が好青年風なのに、

ストーカーチックなやつで、

結婚式の当日の夜に、

彼女らの家に入り込むんですよ。





あっと、舞台は1978年ということなので、

このころは自宅で式を挙げるところがまだ多く、

川村ゆきえも例に漏れずということですね。




でも、まあ、新婚旅行にでも行ってたんでしょう、

お目当ての川村ゆきえはいなくて、

主人公たる末っ子しかいなかったんで、

しゃーなかったんだか、

害基地ならではの論理展開でゴーサインを出したんだか、

短刀で、顔の左側を、

唇からほほまで切り裂いちゃうんですよ。







そりゃー悲鳴を上げますわな。

駆けつける母親。





母親へ、ばちんと額を切りつけ、

倒れたところに、

口へ短刀を押し込み即死。





さらに、猟銃を持って駆けつけた父親が、

その光景を見て、反射的に撃ち、

元彼の首から上は木っ端微塵と、

散弾銃でなくて、ライフルのような破壊力を披露します。




このあたりのシーンは素敵でした。O(≧▽≦)O






正当防衛とはいえ、

人殺しの父親を持つ嫁なんてだめだと、

川村ゆきえは、婚家に入れてもらえず、

姉妹3人で暮らすことになります。




末っ子は学校ではいじめられますし、

顔は元には戻らないと医者に太鼓判を押されるし、





川村ゆきえは近所中から、

淫乱女の烙印を押されるし、





岩佐真悠子は、

うん、特に何も無く、順調だな。

なんでだ?





耐えられなくなった父親は自殺しちゃうし。

もうさんざんです。

岩佐真悠子以外は。





ここらあたりまでで、

半分以上の尺を使ってますが、

なんかこう、ホラーらしくなりません。





が!、ついに、殺人が起きます。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪





末っ子の親友というふれこみだった女子二人が、

手のひらを返した直後に惨殺されます。





犯人は、お前だ!




と思ったんですが、

赤いコートの女といううわさが、

まことしやかにささやかれていて、

末っ子が、赤いコートの女を見たりするんで、

怨霊憑依説を支持してたりしちゃったりして。(='m') ウププ





今度は、甘酸っぱい関係だった先輩が、

こう、なんていうか、

大人の階段上る彼女ができたもんで、

末っ子にだめ出ししたら、

いきなり赤いコートの女が現れて、

先輩を裁縫バサミで惨殺しちゃうんですよ。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮





なんと!

そのとき近くにあった鏡に映ったのは、

血まみれの末っ子の姿でした。





よくあるパターンなんですが、

ぜんぜんそのことに思いがいたらなかったんで、

B級好きとして、まだまだだなと反省した次第であります。(・o・)ノ




鏡の件で、自覚もした末っ子は、

証拠の隠滅にかかります。




先輩の死体をどこかに隠し、

シャワーで血を流し、

血まみれの服はクローゼットに隠し

どこかで燃やしたほうがいい気もしますが。





凶器の裁縫バサミは愛用の品なので、

きちんと手元に置いときます。





ところが、クローゼットなんかに隠すもんだから、

岩佐真悠子が見つけちゃいます。




一連の殺人は末っ子のせいだと決め付けます。(。▼皿▼)σ



見てるほうは、なんとなくそれで納得するような、

流れに作ってあるんで、うまいなーと思うんですが、

ちょっと客観的に見たら、

服一着だけで決め付けるのはどうかと思います。





姉二人が事後策を協議します。




なんと、川村ゆきえは妊娠が判明しており、

別居中の夫から、同居の固い約束を取り付けたばかりです。




ここんとこ不幸でしたが、

ようやく光明が見えてきたところでした。




また、うちから人殺しが出たなんて、

そんなこと言える訳無いでしょ!

私に任せなさい。




断言する、川村ゆきえ。




あー、こりゃ絶対何かします。






末っ子は末っ子で、

どうやら服が見つかったらしいと感づきます。





翌朝、微妙にぎこちない朝食シーン。




末っ子ちゃん、お茶どーぞ。




姉さん、ありがとう。

ごくごくごく。




ゴハッ!げぼっげぼっ!((o(;△;)o))




いきなり血を吐く末っ子。




殺鼠剤入れといたの、

と、川村ゆきえ。




背中に隠してた裁縫バサミに手を伸ばすも、

息絶える末っ子。





微妙に迷いながらも、

昇進の話が来てた岩佐真悠子も、

キャリアをつぶしたくないんで、

隠蔽を手伝います。




遠くの山中に末っ子の死体を埋めてきます。





イヤー大団円です。ヽ( ´¬`)ノ







と思ったら、どうやって出てきたんだか、

土まみれの末っ子がよたよた歩いて、

岩佐真悠子のところに現れます。∑(゚□゚;)





ようやくホラーらしくなってきました。




口に裁縫バサミを差し込んで、

一撃必殺です。





また、よたよた歩いて、

川村ゆきえの番です。





こちらはソウ簡単にはいきません。

すでに、妻であり、

母でもありますから。




ただ、いかんせん、

日本人ですんで、

あちらのマッチョ女と違って、

体力に物を言わせた反撃はできかねます。




とりあえず逃げます。

おなかの子を守らなければなりませんし。





追いかけます。




田舎なので、

通りには人が歩いてません。





シャッター商店街にたどり着きます。

さすがにいくらか人が歩いてる通りが見えます。




安心したら、追いつかれました。




裁縫バサミで、めったざしです。∑(゚□゚;)




直接の描写が無いんですが、

シャッターを背にして刺されてて、

さすたびにシャッターを切っ先が貫くんですよ。




高さからして、

どうも腹部を集中的にさしております。(TwT。)






遠目にそれを見つけた子供がいて、

その子を見つめる末っ子、

そして、くぱぁと口が裂け、

口裂け女に変身完了です。





ということで★1つです。







忘年会の季節でございます。最近、酒はあまり飲めなくなる、ダイエットの結果としてあまり量を食べられなくなると、会費の元が取れなくて、なんとなくアッチョンブリケであります。
スポンサーサイト
2009/12/15 10:44|スリラーTB:0CM:3
コメント
本日何年ぶりかって大雪で都市機能マヒ状態です。雪国なのに最近あまり大雪が降らず皆油断しておりました。私も出勤に普段の3倍の時間がかかり雪道運転の恐怖で
リアルホラーです。
で、私も同感で小説とか映画とか洋モノ中心なんです。同じBでもトムだのジェリーだのが高校卒業のパーティーでハッパ吸って不純異性交遊に励んでたりするのは
「まっ、こんなもんか」で良いのですが(?)和モノはあまり見ません。そこらを歩いているようなメタボなおじさんや自分のようなくたびれたおばさんとか、実際そこらのコンビニにいそうなニイちゃんやネエちゃんなんか出てくると「何がかなしゅうて」とウツになります。
現実では、息子たちやら姪やら甥やらがやれお年玉だ、クリスマスだとぬかしーの、ボーナスは「あうあ~」だし、「現実逃避のドコが悪い!!」と街宣車に乗ってそのエライ人のところに行きたいくらいです。
雪国のおばちゃん #-|2009/12/17(木) 10:29 [ 編集 ]
えりりんの「口裂け女」は堪能したのでこっちも1.2続けていきたいですねぇ。by都市伝説大好きっこ
やまね #-|2009/12/20(日) 22:16 [ 編集 ]
>雪国のおばちゃん様
 当地方もすっかりと、道路がつるつるです。真昼でも氷点下と、もう春まで溶けることはなさそうな勢いです。運転には慣れてきてるんですが、いかんせん、もともとの技術がアレなので、トロトロ運転のため、結構幅寄せされます。

>やまね様
 都市伝説って、ジーパーズクリーパーもでしたっけか?あと、洋物ですが、いくつかの都市伝説を題材にしたホラーを見たことがあります。内容は覚えてません。ティーンエージャーがワーワーキャーキャー言いながら殺されるという、ショッキング(笑)な内容だったなーといううろ覚えです。
名無し #-|2009/12/21(月) 19:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/260-d28d5811

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。