日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

怪異伝承 鬼殻村 ~THE ONI-GARA~

○怪異伝承 鬼殻村 ~THE ONI-GARA~(原題同じ)
本編80分 画面サイズ16:9
監督 松村仁史
キャスト 池田駿介、みぶ真也、木島さやか、ひがきえり

ジャケ  

【レビュー】★★★(★3つ)
久しぶりの邦画です。

確か。




予想にたがわぬ、アレな出来でした。(>▽<)b

B級好きな方にはお勧めしときます。 σ゚ロ゚)σ





最初に、多分、キタイダー01をやった人が、

本編には出てこないけど、解説者として、

怖いですね~恐ろしいですね~と、

エドウッド的なアングルでやります。




これでもう、だめだめな感じが、

よりいっそう高まってきました。(○`ε´○)ノ





さあ、始まりましたよ。




予想にたがわぬグダグダな導入部分が展開されます。




まず、マイク壊れてんなら直せよといいたくなるというか、

つい、画面に向かって突っ込んでしまったくらい、

セリフがほとんど聞き取れません。(-ω- )o<





画質も、PS3のアップコンを使用してさえ、ざらざらです。( (ミ´ω`ミ))




なので、かすかに聞き取れる単語と、

服装ジェスチャーで判断しました。




かねてからやりたかった現地調査について、

ようやく地元の同意を得ることが出来たので、

喫茶店でそのお祝いをやっている場面のようでした。





こんなところでも白衣を着ているおっさん、

女子は商売女のような格好していて、

昼間っから酒を飲んでるんで、

皆さん、どこかの大学の学生と、

指導教授のようです。






現地に赴きます。



山に登って、

を探すらしいです。




なぜにそれを探すのかは、

さっぱり分かりません。∑d(≧▽≦*)

セリフが聞き取れないんで。




先ほどの喫茶店ではもりもりと学生がいたんですが、

ここでは4-5人になってます。



さらに、一人、キャバ嬢の格好、

ヒールで来てるふざけた女がいます。
キャバ



ここまで来て、

痴話げんか始めたり、

氏ねデブとか言い始めたり、

なぜ、ここで?というやり取りを、

グダグダとやって、頂上にたどり着きます。




さあ、ついたぞ、ここが頂上だ。( ̄^ ̄)




どう見ても、原っぱなんですけど。(≧▼≦;)

頂上なのに、向こうにさらに斜面があるんですけど。




さらに、どこに目指すものがあるかも皆さん分からないようで、

しばらーく、うろちょろしてます。




教授、ありました!




大きい声だしたんで、

久しぶりにまともに聞き取れました。∑q|゚Д゚|p




30センチほどの高さのに、

紙垂(神社によくある和紙で作った飾り)がついていて、

その周りを細いしめ縄で囲ってあります。




祠というより、御神体そのもののような気がしますが、

まあ、この周りの空間を含めて祠ということで納得しときましょう。




しかし、気に入らない点は、

誰もまず来ないらしいのに、

紙垂が新品なことです。



ここはやっぱり、

黄ばんで古くなってないとだめでしょう。(`(エ)´)ノ_彡☆




まずは、調査です。




ここに来る前に、

祠には絶対に触るなといわれてたのに、

教授、早速、カリカリと削って、

標本採取です。




いいかね、我々は研究者だ。

これくらいは当然許される範囲だ。



だから、先生と呼ばれる人は、

常識に欠けるとか言われちゃうんですが、

それをやらないと先に進まないんで良しとします。




女子学生が男の亡霊を見ます。

そしたら、口裂け女になって、!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???


教授ののどに噛み付きます。



止めに入った連中にも噛み付きます。



ウキャーとか言いながら、≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

山の中に消えてく、口裂け女。




報いを受けた教授は息絶えるんですが、

何をどうしたんだが、

遺体を下までもって降りるぞとなります。



普通に死んだんならとにかく、

異常事態なんですから、

後にしましょうよ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン





管理人もよく言われるんですが、

こいつらも状況判断が出来ないようです。




えっちらおっちら運んでると、

ウッキャーと口裂け女が戻ってきます。*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ



キャバ嬢を除いて皆さん噛み付かれます。

3人ほどですが。




致命傷に至る前に、

こんなこともあろうかと作っておいた杭で、

口裂け女の頭をでんびから貫いて倒します。



工事現場で使うような、

真四角な杭をどこでどうやって作ったんだかは、

不問に付してやりました。



ふーやれやれと思ったら、

今度は教授です。

顔が、いつも同じ比喩ですみませんが、

クリンゴンみたいにごつごつした顔での復活です。




たたりじゃ~、なんとか様のたたりじゃ~、

という、昔の角川映画のCMを思い出しました。




同じく、皆さんをかじろうとします。

スコップで、がっしんがっしんして、

スウィートホームにします。



切断部分をなめるように映してくれて、

いいものおがませてもらいました。



ここらあたりから、

狂気が充満してきた感じで、

わくわくしてきました。((o(^∇^)o))




スコップでがっしんがっしんした奴は、

皆さんには見えないものが見えるようになったみたいで、

お前は誰だ!σ゚ロ゚)σとか言いながら、

山の中に突進していきました。




しゃあ無いんで、

残った人たち、キャバ嬢込み3人、

だけで下山することにします。
3人



たたりであることを表現するために、

だと思うんですけど、

道がループして何回も同じところをぐるぐると回ります。




画面上は真昼間なんですけど、


日が暮れてきた、大変だどこかで休まないと、

と騒ぎ始めます。




山小屋を見つけて、入り込みます。



1979年に同じようなことが起きた

ということが山小屋の中で明らかになります。




キャバ嬢がここに来る前に、

地元の新聞を丹念に調査した結果、

事前に分かってたそうです。





なら、さっさと、みんなに言えよ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆





それはそれとして、

疲れたんで、寝ることにします。




大変です、

さっきいなくなった、がっしんがっしんが、

クリンゴンになって山小屋に突入してきました。
(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

くりんごん


鍵がかかってるドアから入ってきました。

壊したわけでもないし、

どうやってあけたのかは不明です。



大丈夫です。

こんなこともあろうかと用意しておいた、

で腕を切り落としてやると、

退散しました。



山小屋ならまあ、鉈くらいあるでしょうから、

突っ込まないでおいてやります。




ふーやれやれと寝なおします。




ふと目を覚ますキャバ嬢。

あとの二人のうち一人がクリンゴンになって、

もう一人の臓物を食らってます。





キャバ嬢、逃げます。

さっきは、がっしんがっしんが出入りできたドアですが、

キャバ嬢がやるとびくともしません。




大変だ、最初に山小屋に来たときに使った、

裏口から出るしかない!




いつの間にか、まったく開く気配の無かったドアから、

うまいこと逃げ出しました。(@゜Д゜@;)あら・・・?





途中でがっしんがっしんにも会って、

半狂乱で逃げます。




さっきはループしてたのに、

今度はちゃんと道路まで出れました。







え~、今回の調査に際して、

地元と教授を仲介してくれた人がいまして、

なかなか下山してこないみんなを心配して、

迎えに来てくれてました。




ダッシュかけてくるキャバ嬢、

もう一人男がいます。(・・?..)?アレェ 




あ~、そういえば思い出しました。

今回の調査に当たり、

記録係として、プロにビデオ撮影をお願いして、

同行していたんでした。(´Д`)




最初のころは映ってたんですが、

途中からさっぱり出てこなくなったんで、

無かったことになってたんだと思ってました。




道理で、途中でブレアウィッチ風のビデオカメラ視点になったり、

第三者視点に戻ったりしてたんですね。




二人の後をえらい勢いで追いかけてくる、

クリンゴン×2。




ようやく車に乗り込み、

クリンゴン×2を振り切って逃げることに成功します。




いったい、何があったんだ!?




カメラマンが説明します。

あーで、こーで、

それに、ここに来る前に死んだキャバ嬢が、

いるかのようにみんな振舞ってたんですよ。(゚口゚;)





そういえば、冒頭のお祝い会で、

アル中で倒れた女がいたんですが、

あれがキャバ嬢だったんですね。




もう、日本人でさえ、

顔の判別が難しくなってます。(;^ω^A





で、キャバ嬢が実は幽霊?だったことが、

主題、あったとしたらですが、と、

どう絡んでくるかというと、

理解の外にありますので、

そこは頭の良い方が考えてください。




ここで終わります。

と思ったら、
スタッフロールが少し流れたら、

また、始まりました。




冒頭の喫茶店です。

教授がみんなに何かを語ってます。



例によって、ほとんど聞き取れませんので、

聞き取れたところをつなげると、

僕って頭いいんだよね、
ということのようでした。





で、またスタッフロールが始まります。

教授の自分語りの位置づけは不明です。o(´^`)o




この前、ミクシィでB級映画のレビューをされてる方の日記を見たら、

特典映像にたいそう良いものがあったとありまして、

それ以来、特典映像は欠かさないぞと誓いまして、

特典映像がありましたんで、見ました。




総監督だか、特技監督だかを勤めた人が、

主催する専門学校の宣伝でした。(/≧◇≦\)アチャー!!






やられました。

こりゃあ、どう見ても、

特典映像がメインでしょう。


製作者からすると。






だへんで、本編があんなんになるんだべな。(゚ー゚)(。_。)ウンウン




ということで★3つです。



クリスマスに向けて、うちの子達はプレゼントにはあれがいいこれが良いと騒いでおります。誰か管理人にもプレゼントください。いい子にしますから。
スポンサーサイト
2009/12/08 12:59|ゾンビTB:0CM:4
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/12/08(火) 23:08 [ 編集 ]
> さすが、B級作品のツッコミ所をよく分かってらっしゃいます(笑)

コメントありがとうございます。出演者からコメントいただくなんて初めてで、びっくりしました。ブログを少し拝見したところ、この手のジャンルがメインのようですね。B級というか、この手のジャンルはそれだけで避けて行く人がいるもんですが、こんな楽しみ方?もあるんだよと紹介し、たくさんの人の目に触れさせたいということでブログやってます。いや、ほんとに、いろんなこと書いてますけど、楽しいんですよ、こういうのを見るの。
B級映画大好き!? #-|2009/12/09(水) 10:53 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/12/10(木) 02:57 [ 編集 ]
>阿見様 
 画像のご提供ありがとうございます。該当記事に使わせていただきます。私のような者は、外部から気楽なことをいっておりますが、実際に製作に携わっている皆様は大変な苦労をなさっているものと思っております。それでも、作品を作り続けておられる熱意と努力に敬意を表したいと常々感じております。また、作品の質に納得していないわけではなく、世に出た、その作品のすべてを受け止めて、その上でどう楽しむかということで、私はこのブログでいってるような楽しみ方、そうは見えない部分もあるかと思いますが、をしているわけです。その意味では、作品の出来には十分に納得しております。ちなみに、WHDジャパンの商品は好きです。今後も、私のようなもののためにお仕事がんばっていただきますようお願いいたします。また、松村様にもよろしくお伝えください。
B級映画大好き!? #-|2009/12/13(日) 11:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/257-7244327f

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。