日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

GAME【ゲーム】

○GAME【ゲーム】(原題BURIED ALIVE) オチがモロばれ(´Д`|||)
本編94分 画面サイズ16:9
監督 ロバート・カーツマン
キャスト トビン・ベル、リア・レイチェル、エリン・ロキッツ、ジェルメーヌ・デロン


【レビュー】★★☆(★2つ)
えーと、★2つナノは、

ワイド画面対応、画質がきれい、

その部分が、世間的な方向でプラスに働いたからです。

内容とは関係ございません。あしからず。(>▽<)b





だって、トランスフォーマーだもん。(´m`)クスクス




ゲーム

ジャケがあの人ですし、

あれのようなデザイン、

もちろん、そんなのを期待してましたよ。



トランスフォーマーだと知るまではね。(*゚ー゚)>



イヤー、再生したときに、

トランスフォーマーと出てきたときには、

びっくりしました。

視聴意欲も増しましたけどね。




トランスフォーマーの解説文です。


再び始まる死のゲーム…。
大学生のゼインは、仲間と週末を過ごすため、荒野に佇む一軒家を訪れた。
そこは、かつて謎の死体がいくつも発見されたと噂されるほの暗い屋敷。
異常なまでの静けさに包まれたその屋敷には、
正体のつかめない不気味な男の影が潜んでいる。
不審に思いながらも扉を開けたゼインたち。しかし、気が付くと、
いつしかこの屋敷を抜け出せなくなってしまっていた。
「ようこそ、死のゲームへ。」
眼前には、血の色に染まったバスタブ、斧、そして大きな木箱。
一体誰が、何を試しているのか。
何も理解できないまま恐怖に怯える彼らに、何者かが仕掛けた、
恐るべき死のゲームが始まるのだった…。




例によって、ほとんどウソです。( ´艸`)

ウソはいけません、ウソは。




大学生たちが登場人物です。



ニコラスケイジのようなハゲ

いけてないオタク

イケメン

リプリーのような面長のソバージュ女、

おっぱい

おっぱいの無い黒髪女

の5にんです。




この大学には、スカル&ボーンズのような、

秘密クラブがあるようで、

おっぱいと黒髪の入クラブ試験のために

ハゲの親所有の郊外の別荘に、

がん首そろえて赴きます。




別荘に行くまで、行ってからもですけど、

ハゲのルーツがさかんと語られます。



まあ、あんまり気にしなくていいです。(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン



よくわかんないけど、

じいさんが一山当てたんで、

孫は左団扇でぶらぶらしてても生きてける、

非常にうらやましい身分だと認識しとけば十分です。




後は、おっぱいと黒髪の独壇場です。



リプリーが、クラブに入るための試験と称して、

羞恥プレイをいろいろと強要しますから。



おっぱいは、やっぱ、おっぱいで勝負です。

出し惜しみしません。∑d(≧▽≦*)



黒髪は、おっぱいが無いんで、全裸で勝負です。

こちらも出し惜しみしません。∑d(≧▽≦*)




合間合間に、ジャケのあの人が、

学生たちを脅かしに来ます。



まあ、そんな風に進むんで、

半ばあたりを過ぎたところから、

この映画のジャンルはなんだろうと、

考え込んでしまいましたが、?!(・◇・;)

ついに出てきました。



怨霊です。(*`д´)b




クリンゴンのような顔をした、

ババアのようです。



黒髪が一人で下着姿で、

セクシーダンス
を披露しているときに、

後ろからそーっと忍び寄ってきます。



それ行けやれ行けドンと行け。



おっぱいがそれを見つけて悲鳴を上げます。



怨霊が、おわっ、ちょっ、おま、Σ(ロ゚ ノ)ノビクッ!

そんなでかい声出すなよって感じで、

えらことビビります。




ビビる怨霊というのははじめてみました。




相当ビビったんだか、

しばらく出てこなくなります。




それでも何とか仕事をこなそうとします。




お宅、イケメン、おっぱい、

ジャケのあの人がやられてます。



もちろん、びびった一件から、

対人恐怖症になったんで、

見えないところからを投げたり、

後ろから襲ったりと工夫を凝らしてます。





さすがに、最後くらいは出ないとと思ったんでしょう。

あちらには自己啓発セミナーがたくさんありますから、

そのあたりを利用して、人前に出ても、

堂々と振舞えるくらい自信を回復
してきたようです。



正面きって現れました。




さらに、セミナーでいろいろ学んできたんでしょう。

オノ一辺倒から手段を変えます。



スコップで殴りに来ました。

ハゲとリプリーは昏倒してしまいます。



この隙に、黒髪はダッシュかけて、

一人で逃げ出したんで、無事でございます。




それで、ハゲとリプリーをどうするかというと、

地下室に埋めてあった棺おけに押し込みます。



二人は気がついたんですが、

助けてーというばかりで、

出ようとしません。



早く出ればいいのに。( ´,_ゝ`)




その間に怨霊は、

ふたを閉めて、土をかぶせます。

で、終わり。



羞恥プレイと、怨霊の自己回復の物語でした。





ということで、いつもやってる検証作業です。

再び始まる死のゲーム…。
今回初めてです。

大学生のゼインは、仲間と週末を過ごすため、荒野に佇む一軒家を訪れた。
あってます。

そこは、かつて謎の死体がいくつも発見されたと噂されるほの暗い屋敷。
そんな噂はありませんでした。

異常なまでの静けさに包まれたその屋敷には、
正体のつかめない不気味な男の影が潜んでいる。
誰もいません、無人です。

不審に思いながらも扉を開けたゼインたち。しかし、気が付くと、
いつしかこの屋敷を抜け出せなくなってしまっていた。
特に不審に思ってませんし、出たり入ったりしてます。

「ようこそ、死のゲームへ。」
パクリ過ぎです。

眼前には、血の色に染まったバスタブ、斧、そして大きな木箱。
一体誰が、何を試しているのか。
誰も何も試してません。演出の一環です。

何も理解できないまま恐怖に怯える彼らに、何者かが仕掛けた、
恐るべき死のゲームが始まるのだった…。
ノー天気で、恐怖におびえたのはラスト数分です。
ゲームは誰もしてません。





ということで、★2つです。





ついに最低気温が氷点下になってきました。毎年この季節になると、ここに住んでることを後悔します。寒くなければほんとに住みやすくていいところなんですけどね。
スポンサーサイト
2009/11/14 12:12|未分類TB:0CM:4
コメント
パッケージの裏のあらすじと実際の内容が偉い違いますな。

怨霊が女の悲鳴でビビったという文を見た時は、思わずプッと吹いちゃいました。

・・・それよりですね。
>見えないところから斧を投げたり、
後ろから襲ったりと工夫を凝らしてます。

というところですが、何でこの時点で逃げ出さなかったんでしょう。
相当な肝っ玉の大きさをした連中なのか、あるいは目と耳が節穴なのか。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2009/11/14(土) 15:32 [ 編集 ]
 同名異題(g@meと表記)の日本映画がありますが、
これも酷かったです。藤木直人の棒読み台詞と
仲間由紀恵の過剰演技がすべてをぶちこわしていました^^
ミスキャストってこういうことだったんだなあという映画でした。
モンスターAM #-|2009/11/14(土) 15:54 [ 編集 ]
SAW?これはSAWなの?
そして「イケてるオタク」を見てみたいものだ、と思いました。あまり見かけないもんね。
さて、明日からまた「死のゲーム」が始ります。会社さぼりたいなぁ。
やまね #-|2009/11/15(日) 18:31 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 目と耳が節穴かつティースプーン1杯並の脳みそに一票です。

>モンスターAM様
 あーみました。やっぱり、世間とズレがあるのか結構面白かったです。普段、質のよいものを摂取してないとこうなるんでしょう。しかも、仲間さん、SHINOBIよりも演技うまいなーと感心してたりしました。

>やまね様
 あ、すみません、「いけてない」オタクです。こちらははいて捨てるほどいますし、私は鏡を見ればそれですむほどです。
B級映画大好き!? #-|2009/12/02(水) 18:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/253-66cdc2ce

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。