日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ディセント

〇ディセント(原題THE DESCENT)
本編99分 画面サイズ16:9
監督 ニール・マーシャル
キャスト シャウナ・マクドナルド ナタリー・メンドーサ アレックス・リード サスキア・マルダー マイアンナ・バリング ノラ=ジェーン・ヌーン オリヴァー・ミルバーン モリー・ケイル

ディセント

【レビュー】★☆☆(★ひとつくらい)
惨めなチューリップさんにずいぶん前からリクエストいただいてました。

で、WOWOWで録画してたんですが、

この前ようやくみ終わりました。



6人くらいのおば・・・お姉さん方が、

暗いよー、狭いよー、怖いよーってする映画です。。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

このフレーズが分かる方は、30代以上かと推察します。



もう少し詳しく言いますと、

6人くらいのおば・・・女性グループがいます。

ファミレスでだべりながら、

なんて怠惰な暮らしはしないで、

時々、みんなで激流川くだりとか、

洞窟探検をしちゃったりなんかしてる、

アグレッシブかつビビッドな方々です。(*゚▽゚)ノ



今回は、1年前に、交通事故で、

夫と娘を亡くした主人公を、

冒険の刺激で元気にさせてやろうと、

洞窟探検を企画します。



山奥の山奥、もし出らんなくなったら、

誰か探しに来てくれんのか
というほど、

山奥の洞窟へ赴きます。



まあ、ぶっちゃけ、誰も探しに来ないんですけどね。\(^▽^)/




洞窟と言っても、

横穴ではなく、

ハングした壁の縦穴を十数メートルほど降りた先の、

小さな横穴を這いながら進んで、広いところに出て、

を繰り返すことで進んで行きます。



こんなときのリーダーは、

三白眼の気の強そうな方です。ヾ(▼ヘ▼;)



這って進むのがやっとの、

狭い横穴を、ずりずりと進みます。



気持ち悪くなって来ました。(TmT)ウゥゥ・・・

胎内回帰願望の強い人は、

狭いところが好きらしいんですが、

大嫌いです。



もう、見てるだけでパニックを起こしそうです。ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ



そのうち、1人が引っかかってパニックを起こしました。

うん、うん、その気持ちよく分かるよ。



なんて見てると、だんだんパニックが移ってきて、

呼吸ができなくなってきたんで、(*´σー`)エヘヘ

いったん視聴を中止します。




2-3日して仕切りなおしました。



引っかかった人は助かるんですが、

岩盤が落ちて、今来た道はふさがれてしまい、

いろんな装備も岩の下になってしまいました。



皆さん、割りと安心してます。

それもそのはず、こんな冒険をする人は、

ちゃんと地元の役場に届け出て、

マップ完備の洞窟にしか行かないからです。



ふーやれやれ安心です。



三白眼いわく、

役場に届けてるわけ無いし。=*^-^*=

だって、ここ、前人未到の洞窟で、

マップなんか無いし、

地図にものって無いし、


これからどーすんよのって感じなのね~=*^-^*=



皆さん大恐慌を来たします。

管理人ならその場で発狂するでしょう。



あんた、ナニ考えてんのよ!

と、大ブーイングです。



何を考えてそんな事をしたんだか不明ですが、

皆さんのブーイングは、がん無視の方向で、

とりあえず、空気の流れのある方向へ進んで行きます。



ちょっと休んでる時に、

1人が、なんか白い生き物を見つけちゃいます。



ちょっ!あれ!な、なんかいたってば、(;゚〇゚)ノ))

まじだって、なんか白くて、

大きくて、こっち見てたんだってば、(;゚〇゚)ノ))

ふじこ、ふじこ!(;゚〇゚)ノ))



みんなにナニ言ってんの、とたしなめられ、

先に進みます。



はい、大量出現。

奇声をあげる、白いゴブリンに囲まれます。




日の光りが当たりませんので、

皆さん一様に色白で、

ぬめぬめしてて、
┏(|||`□´|||;;)┓

生肉大好きで、



アレだ、ぬめぬめしてるだけで、

もうアウトだ。


こっちくんな。Σ(゚皿゚)



哺乳類じゃなくて、両生類って感じです。



まあ、皆さん、なんだかんだ言って、

女子ですんで、対抗するなんて男らしいことはしません。



てんでバラバラにダッシュかけて逃げます。



1人は、さっき、ちょっとしたことがあって、

自力歩行が困難でしたんで、

さくっと、いただかれました。



まずは、2人で逃げた人たちですが、

白いぬめぬめした生き物が、

どうやら音で獲物の位置を把握しているらしいと気付きます。



息を殺して、じっとしてると、

通り過ぎたんでセーフ。



その間、三白眼が、

大声でみんなのこと呼んでたんで、

白いぬめぬめした生き物がそこへ集まっていくんですが、

アイツ前から気に入らなかったんだ、

ってにべもありません。



女は怖いというフレーズでまとめておきます。



三白眼、どうするかと言うと、

ピッケルのような武器で立ち向かいます。



がっしん、がっしん、スプラッタにしていきます。



きっと、ここまで抵抗する獲物は初めてだったんでしょう。

白いぬめぬめした生き物は退散して行きました。



ンで、勢い余って、

戻ってきた仲間1人の首筋にぐっさりやっちゃいます。



えっと、助けません。

そうゆうキャラではありません。(>▽<)b



自分のしでかしたことにちょっとびびってましたが、

面倒を背負い込んで生存確率が落ちるとまずいという判断でしょう、

その場から立ち去り、出口を探します。



先ほど、じっとしてて助かった2人ですが、

移動を始めたとたんに、

たくさんの白くてぬめぬめした生き物に囲まれて、

おいしくいただかれちゃいました。



後、残るは、夫と娘を亡くした主人公と、三白眼です。



主人公はくるくる迷ってる内に、

池で滑って気を失います。



気が付いたところに、

白くてぬめぬめした生き物が寄ってきたんで、

じっと息を殺して、いったんやり過ごしてから、

鹿の骨か何かで、殴打しまくって、殺します。



おっぱいがアッたんで、雌かと思います。



たくさん白くてぬめぬめした生き物がいるということは、

ちゃんと、オスとメスがいて、繁殖してるんでしょうね。

気持ち悪いです。



このへんからエンディングのシークエンスまで、

もう少し何かあったような気がしましたが忘れました。











あっ、思い出した。

さっき、首筋を刺されて虫の息になってた女を主人公が見つけます。



三白眼にやられたの、

あいつを信用しちゃダメよ。



なんたって、あんたの死んだ夫とできたんだから。

あら、知らなかったの?(^w^)




まあ、それはいいから、

一思いに楽にしてちょうだい。



今わの際に、

人のことを心配してんだか、

井戸端会議レベルで、私はいろんなこと知ってんのよって自慢したいんだか、

よく分かりませんが、

主人公は、あんまり躊躇しないで、

頭をごったり割って、楽にしてあげました。




続いて、三白眼との決戦です。

主人公が不倫の証拠を突きつけると、

三白眼がちょっと躊躇したんで、

その隙に、膝を思いっきり砕いてやって、逃げます。



周りからは、白くてぬめぬめした生き物が大量に迫ってきてます。



囮にも使えるし、怨みも晴らしたし、

一石二鳥です。




あっ、出口です。O(≧▽≦)O

ようやく見つけました。

幸い、入ってきたところのすぐ側です。



車に乗って、ダッシュかけます。

ふーやれやれ、ひと安心。


と思ったら、隣に、

恨めしそうな顔をした三白眼が!




はっと気が付くと、

まだ、洞窟の中です。




絶望的な気分になって、おしまい。


ということで、★1つでいいかと思います。






なんと、パート2が製作中だか、公開予定だそうです。主人公が助かって、外に出れたということにしてるそうです。よくある改変ですが、なんだかなーという感じです。
スポンサーサイト
2009/06/13 13:18|パニックTB:0CM:9
コメント
大好きな映画です。
この閉塞感とグログロっぷりは好寄者にはたまりませんね。

2でのラスト改変については、ちょっと厳しいところですねえ。
出来がよければOKなんですが、監督も変わっちゃうみたいですし
かからないエンジン #BPVKXLjE|2009/06/14(日) 09:12 [ 編集 ]
こんばんわです。
観ましたよ、これ。期待していた通りの、スプラッターがありましたね。
たぶん、普通にあの状況なら発狂しちゃいますよね。

あれ?おばさんでした?まぁ、年齢的にはそうなんでしょうが、そこまでおばさんっぽい感じはしなかったかもです。
あと、パート2は観たいですよね。
茶栗鼠 #-|2009/06/14(日) 22:24 [ 編集 ]
>かからないエンジン様
 どうも、お久しぶりです。私は閉所恐怖症なので、もうたまりませんでした。それはともかく、ラストのあの絶望感がホラーだと思うんで、改変はあまりな~というのが率直な感想ですね。

> 茶栗鼠様
 外人はどうしても年齢以上に老けて見えるんで、ほとんど一律におばさん認定してます。あとは、単純に好みが1人もいなかったという点につきますね。ラストの改変はちょっとな~と思ってますけど、ただのB級好きとしては2は見たいですね。英検頑張ってください。
B級映画大好き! #-|2009/06/17(水) 17:51 [ 編集 ]
今月、WOWOWで「ディセント2」が放映されますね。

番組表一覧の写真を見てギョッ。サラさんの顔が血まみれじゃないですか。よく見ると引っかかれた後があったので、多分、例のホワイトゴブリンと格闘した後、「フッ。」と一息ついた後かも。
救助隊と一緒にまた洞窟に入るらしいですが、銃とかナイフは持参していますかね?
「信じられないから武器はいらないいらない。」と言って持っていかないのでありましょうか?手榴弾を投げるシーンがあったら爆笑もんですよ。落盤で死んじゃいますから。

サラさん脱出したんですね。えらいです。あれからよく脱出できたもんです。ゴブリンさんが出口まで案内してくれたんでしょうか?
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2010/07/29(木) 15:49 [ 編集 ]
今月じゃなくて8月でしたね。すみません。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2010/07/29(木) 15:50 [ 編集 ]
>桂枝芽路様
 お久しぶりです。いやーあれは、どうみても脱出できてなかったでしょう。そもそもパート2を意識していない潔いつくりだったのに、うっかり売れちゃったもんだから、得意のなかったことにってやつだと思います。
B級映画大好き #-|2010/07/31(土) 17:47 [ 編集 ]
今日、「ディセント2」を見終わりました。
ゴブリンは前作ほどは大量に出現してはいないっぽいですがスプラッタ描写は相変わらずでした。
ただ、いくつか突っ込みどころもあったんですがね(笑)。

女3人、男3人で洞窟に入っていきますが、途中で前作で殺された女性たちが何人か出てきます。
前作同様、吐き気が起こりそうで起こらないでなんとか全部見ました。

ラストについてですが、あの人の行動がさっぱり理解できない。あっ、主人公の行動ではありませんので。
あのラスト、あんまりです。監督、何考えてんでしょう。ハッピーエンドでいいじゃん。というか意味不明。

尚、本作では漢と言える男が1人出てきます。ただ、その男の努力は徒労に終わりますけどね・・・。助けられた方が努力をぶち壊しにします。
ぶち壊し行為に「おいおい。」と思っていたら、やっぱりゴブリンにやられました。

自分としてはホラー映画というよりモンスター映画の位置づけです。

それから、意外な展開が待っています。デブ男がゴブリンにやられそうになっている時です。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/03/22(火) 23:08 [ 編集 ]
>桂枝芽路様 
 ラストは、私も何でやねん、って突っ込みましたね。複線なしなんで、あいつの行動理念が理解不能でした。まあ、確かに、女はモンスターという位置づけなら、ゴブリンも含めて、モンスターで賛成しマース!あと、例によって、細部は全然覚えて無いもんで、ラストの1行のことが何のことかわかんないです。
B級映画大好き #-|2011/03/23(水) 19:03 [ 編集 ]
最後の一行は、膝を主人公に刺されて囮にされた三白眼が出てくることです。名前は確かジュノでしたけど、囮にされたのにうまく生き延びて、明かりも何もない中をゴブリンの巣食う洞窟をほっつき歩いていたようです。
尚、デブ男とはひげもじゃのデブの高齢の保安官のことです。最期は悲惨でしたね。自業自得というべきか、不運というべきか。

やっぱりあの女性保安官は生き残らせるべきですよね。伏線も何もないし、あの男の行動理念が理解不能です。
どうせ「うわあ!」とならせるならスマートフォンが本部に通じてGPS捜索でヘリコプターが野原に助けに来て飛び立って助かったあ、と思った時に窓の外にゴブリンの顔が現れるところでおしまい、ということにすればよかったのでは。
まあ、自分としてはそのままハッピーエンドで終わらせますけどね。いかにバッシングされようともです。
桂枝芽路 かつらしめじ #-|2011/03/23(水) 22:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/230-c378056a

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。