日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ダ・ヴィンチ・ウォー

〇ダ・ヴィンチ・ウォー(原題THE DAVINCI CURSE)
本編91分 画面サイズ4:3(上下に黒帯のあるヤツ)
監督 マーク・ポロニア , ジョン・ポロニア
キャスト ブライアン・バーリー , ボブ・デニス , デーブ・ファイアー , ブライス・ケネディ



【レビュー】★★★(★3つ)
前回の記事でトランスフォーマーと言ってからご紹介しました。

色々と誤解があったので訂正しておきます。m(o・ω・o)m



あの、乗り物がロボットに変形する様を見事なCGで表現した作品ではありません

映画配給会社のことです。(o ̄ー ̄o)



時々、トランスフォーマー配給の作品を紹介していますが、

アルバトロスと同じようなところ言えばお分かりいただけるかと思います。(>▽<)b



特徴は、かなり確信犯的な、ジャケ詐欺というところです。




で、今回のAMGも同じようなもんです。( ̄▼ ̄)
ダビンチウォー 右下のおっさんたち出てきます。



さて、この作品ですが、

ダビンチといえばテンプル騎士団なんだというのが前提にアルようです。



察するに、ダビンチコードが流行った頃にリリースというか製作されたんでしょう。

アタリマエですが。



テンプル騎士団といえば、

ミキストリで、ハーピーをぶち殺してなんか悪いことしてた、

中世の騎士団という程度の認識しかありません。



なので、冒頭で詳しく説明してクレました。

とっても勢力が強くて我が夜の春を謳歌してたんだけど、

ある日首領が殺されちゃってちりじりになっちゃいました。

チャンちゃん。ということだそうです。(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン



そして、時代は下り、第二次大戦中、

日本から言うと大東亜戦争と呼ばれていた戦争の只中。



要するにヒトラーが絡んでますよということですね。



負傷したドイツ兵捕虜を連れた、連合国軍という名のアメリカ兵の小隊。



とっても健康状態が良くてぷよぷよしていて、

首筋にちょっと赤絵の具が付いている程度で、

どの辺りが負傷しているのか最後まで不明な捕虜です。



小隊は団塊のサバゲーごっこレベルです。

メットのあごひもはちゃんと締めろよと、

終わるまでずっとつっこんでいたくらい、

服装関係にだらしの無い連中です。┐('~`;)┌



もちろん、銃の構え方はへっぴり腰、

自動小銃とはいえ片手で撃つなよと、言い続けてしまいました。



さて、そんなサバゲー、下手の横好き親父たちがやってきたのが、

森の中の教会です。



何のために来たのかは知りません。


エスパーじゃないんで、説明がされないことまで分かるわけがありません。(゚┏ε┓゚)



あえて、行間を読めば、

何らかの作戦行動中という程度の予測は立ちます。



その教会には盲目の神父、ファーザーと呼んでたんで、

カトリックの教会なんでしょう、がいました。



とりあえず、そこに泊まることにしたんですが、

なんだか物騒なことがおきたんで、

速攻で脱出しました。



その間に小隊の誰かが1人死んだようです

うとうとしてて、はっと気がついたら、

だれそれが死んだと言ってたんでそうなんだと思います( ≧∇≦)ノ



ということで、どこに行くんだか知りませんが、

森の中を歩いていると、

もやもやっとした、上半身だけのゴースト?死霊?が現れて、

ばしゅんびしゅんってかんじの安っぽい効果音が入って、

皆倒れこんじゃいます。



気が付いた皆さんに、

空から軍服や軍靴、メガネといったものが降ってきます。



皆さん特に意に介することもなく前進します。

上を見上げることもしません。



何のための演出なのかは皆目見当が付きません。(´ー`)┌フッ



もう少し進むと、どうやら爆撃を受けたか、

かなり大規模な爆破工作をされたらしい跡につきます。



皆さんの会話からかなりの洞察力を駆使して、

ここを爆破するのが任務だったらしいということを読み取りました。



じゃあもうやること無いじゃん。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪



でも、まあ、せっかく来たんだしということで、

かなりの爆発で、すり鉢状になっているというのに、

全く無傷の地下室とその入り口を発見し、
地下に降りていきます。



ウケケケとかウキョキョキョとか、

不気味な声が聞こえたからと、

年頃のお嬢さんのような理由でダッシュで飛び出てきて、

あらん限りの手榴弾を地下室に放り込んで、

怖いからと、出てきた教会へダッシュで帰ります。.....∑ヾ(;゚□゚)ノギャアアーー!!



やっぱ、サバゲー好きなだけの団塊世代は、

どんな場面に行っても役に立ちません。

役に立つ気が無いとも言えます。



帰ってきたら帰ってきたで、

神父に、いろんなトラウマを刺激されて、

めそめそし始める皆さん。
・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!



国に残してきた彼女が寝取られてるとか、

パパが厳しい人だったとか、

婚約者が黒人だからやめとけとか、

お前ゲイだろうとか、

何で知ってんのよということをネタにしてます。



何のために神父がこんなことをやっているかは、

知るすべがありません。┐( ̄ヘ ̄)┌



盲目のはずなんだけど、

途中から目を明けてしっかりと見てるし。



さすがに切れた1人、ゲイなんですけど、

撃つんですけど、あたりません。

銃声を聞きつけた残りも来て撃つんだけどあたりません。



神父は、昔よくやられていた早送りですばやさを演出する手法で、

高速移動し、
しばらく鬼ごっこをします。~~~~~(/´□`)/アーン!マッテェー!!



そういえば、リアル鬼ごっこをようやく見ました。

原作とは全く違うそうですが、

主人公をわざわざ呼び寄せる理由がさっぱり分からないし、

美形が1人もいないんで、画的につまらなかったです。

ア、アナウンサー役のお蝶婦人はきれいでした。




それで、物陰に隠れていた神父は不意を付いて現れて、

ゲイの肩をつかんで、目と口から電撃ビリビリ~とします。(*゚ー゚)ノWWWWWWWWWW☆


03.jpg
スペースバンパイアのビリビリ~を10分の1くらいの規模にした感じです。



ここで少し感心したので、

神父の腕が筋肉繊維をむき出しにしたような怪物の腕になっていたところです。

神父が只者では無いことをビジュアルで示唆しています。

誰にでも褒めるべき点はひとつくらいあるのものです。



で、ゲイがどうなったかと言うと、

ちょっとしびれたくらいで、

命どころか行動にも支障がありません。
ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!



この後懲りずにビリビリーとやるんですが、

同様の効果で、何のためにしてんだかさっぱり分かりません。



それどころか、ビリビリ中は自分もびりびりしてるもんだから、

隙を突かれて頭にナイフを突き立てられてやられちゃいます。



したら、なんかもやもやしたものが神父の体から出て来ました。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮



我こそは、ダビンチの呪いだか怨霊だか、なんかそんなもの!∑d(≧▽≦*)

と名乗りました。



ナチスは我を利用しようとしたが、

そうはいかん、今こそ我が支配者だ!( ̄^ ̄)



あ~ようやく安心しました。

ようやく、ダビンチが出て来ました。




冒頭以来、テンプル騎士団は出てこないし、

タイトルのダビンチも出てこないし、


どうしようかと思ってたところです。



そういえば、この手のには聖杯も付き物だと思ってたんですが、

全然出てきません。


とりあえず、現時点ではダビンチが出てきただけでも良しとしましょう。



あんた、ここで何してたの?

なんて野暮なことはいいっこなしにしました。



また、ビリビリするかと思ったら、

もやもやが上半身だけのスケルトン風の筋肉繊維の化け物になって、

腕の横なぎ一閃で、そばにいたヤツの首をもってイキました。

見た目どおりの凶悪なヤツです。

ようやくのグロ画像にも安心しました。



かなりヤバメの姿になったんで、

皆さんダッシュで逃げます。ニガサン!!≡≡≡ヘ(;- -)ノ 。。。。゛(ノ;><)ノ ゛(ノ;><)ノ



ふわふわ、ふよふよと追いかけるダビンチ。

銃で応戦する皆さん。



CGに立体感が全く無いんで、

応戦が大変そうです。



当然ながら、銃は効きません。

ほっぽってあったドイツ兵捕虜にビリビリします。




生き残りの皆さんは助ける気が無いんで、

好きなようにさせて、その間に休んでます。



かれこれ4-5分ビリビリされます。



その間に対策を考え付きました。

ここは教会だ。

キリスト教の精神は、お互いを信じあうことだ。

憎しみからは何も生まれない。
(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)



まあ、そうかもしれませんが、

今この状況でそれがどうなるというんでしょうか。



目をやるのは、棒の先に十字架が付いた、

司教がよく持っている杖のようなもの。



もしかしたら、十字架を見せることで、

ダビンチは改心するとかの設定なんでしょうか。



それなら、そもそも教会にいることからおかしいですし。

どうするつもりなんでしょう。



十字架杖で、ダビンチを、ブスっと刺しますΣ(゚д゚;)

ンで、死ねといわんばかりの表情で、

ぐりぐりとやります。



前口上とのつながりを見つけることは常人には困難です。



ダビンチは素直に、あっさりと消滅します。



ふーやれやれです。

あんだけビリビリされていたドイツ兵捕虜は生きてました。∑(-x-;)

ビリビリは何の意味があるんだか。

低周波治療器の方がまだ威力がありそうです。



ドイツ兵を逃がして、終わりです。


メーカーの解説文です。

ダ・ヴィンチによって巧妙に隠され、テンプル騎士団が守護した秘宝=聖杯。持つ者に永遠の命をもたらす、この遺物を手にせんと、ヒトラーの軍団ナチスが動き出した。もし、奴等の手に聖杯が渡れば、世界は圧倒的な悪に支配されてしまう。それを恐れたアメリカ軍は精鋭の兵士に 密命を下す。「聖杯を奪取せよ」と…。しかし、彼等は知らなかった。聖杯には人知を超えたパワーがあり、決して人間が手を触れてはならないと(いう)事実を―。
                

単語は作中に出てきてますが、聖杯は出てきません。

主に大きい字のところが嘘です。全部嘘と言ってもいいですけど。

こんなストーリーだったとは思いもよりませんでした。

やられました。



ということで、★3つです。



ネガティブハッピーチェーンソーも見ました。女主人公の子がすっげー美人でもうそれだけでおなか一杯になりました。実写版ドラゴンボールに出てるそうです。見ませんけど。




スポンサーサイト
2009/03/22 19:02|SFTB:0CM:4
コメント
何処も彼処も拍手したい程のトランスフォーマーっぷりですね(笑)ダヴィンチさんの怨霊になる程の恨み、何だったんでしょうね。これも所謂「ダヴィンチ・コード」なんでしょう(ー∀ー)
miyo #-|2009/03/24(火) 15:25 [ 編集 ]
>miyo様
 どういった恨みだったんでしょうね。いきなり名乗られたんで、面食らってしまい、詳しくお聞きするのを忘れてしまいました(笑)。名乗らないと分かってもらえないというのもちょっと悲しい気がしますが。
B級映画大好き! #-|2009/03/29(日) 12:07 [ 編集 ]
ダビンチって絵描きさんなのに、近頃は崇高な使命を背負わされて若干荷が重いのでは?と思います。まぁ、故人なのでいいのか…
やまね #-|2009/03/29(日) 20:46 [ 編集 ]
>やまね様
 例の映画以来大変ですよね。たまには、レンブラントとかゴーギャンとかに背負わせてもいいんじゃないんですかね。何した人か知らないけど。
B級映画大好き! #-|2009/04/05(日) 15:49 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/221-99d29b25

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。