日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スケルトンライダー

〇スケルトンライダー(原題BONE EATER)
本編98分 画面サイズ16:9
監督 ボブ・ロバートソン
キャスト ブルース・ボックスライトナー、ウィリアム・カット、マイケル・ホース、ギル・ジェラルド


【レビュー】★★☆(★2つ)
タイトルの元ネタがあまり面白そうじゃないんで、

自分の中でスルーしてたんですが、

どなたかのブログで、おっぱいの大きいねーちゃんが出てくるとあって、

すいません、見ちゃいました。



いや、確かにおっきいです。

走るとブルンブルン震えます。

肌はきれいだし。



ただ、あまり好みの顔じゃなかったし、

サービスシーンは皆無でしたんで、

コアレーティング厳しさを増しているようです。



内容としては、まあ、日曜洋画劇場レベルで、

まあ、そこそこ、というトコロでした。

ストーリー、演技共にということです。



冗長な部分がほとんどなく、

イベントが連続で起きて、

ロープレをやっているような感じでした。



展開としては、ありがちです。

悪徳土建屋が開発をごり押しして、

先住民の聖地をぶっ壊して、

悪いやつが出てきて、

被害がたくさん出て、

悪いやつをやっつける。



特筆すべき展開はなにもありません。

だからこそ、逆に、安心して楽しめる感じです。



あ、そうそう、これですね、

実はアルバトロスなんですよ。

でも、オーソドックスなつくり、

画質は良、

だめだめなCGを暗さでごまかしてない、

むしろCGは頑張っていると、

アルバトロスに何かあったのかという、

らしく無い作品なんですよ。



さて、オープニングはこうです。

悪徳土建やなので、徹夜での作業を命じています。

土方が3人ほどなのは、予算の都合のご愛嬌です。



何かを掘り当てます。骨と、古い斧のような道具です。

通常、建設工事の際に遺跡等が出てきたら、

役所に届けて、遺跡等の調査が終わるまで建設はストップということになってます。



悪徳土建やなので、そんなの無視です。

ぶっ壊して埋めちゃえとなります。



ジャンじゃジャーん、

ジャケットの骸骨お化けの登場です。

スケルトンライダー



彼の特殊スキルは、砂化です。

彼に触れられると、生体は砂というか塵になっちゃいます。



ひとまず、3人はお陀仏です。サラサラです。



場面変わりまして、

帰省してきたらしい娘を迎える、

父親たる保安官です。



この娘が噂のボインちゃんです。

谷間もあらわです。



会話から察するに、

分かれた女房について行って、

都会で生活してるんだけど、

夏休みなので、しばらくぶりにパパに会いに来たという感じです。



ちなみに17歳だそうですが、

地元に21歳の彼氏がいます。

年の差というか、これくらいの年齢では、

まあ、こんなものなんでしょうか?



とりあえず、彼氏の影がちらほらすると、

父親である保安官は面白く無いようです。



娘の近くに男がちょろちょろするのは、

洋の東西を問わず、父親にとっては我慢しがたいことですね。



さて、現れた骸骨お化けは、

なんでか知りませんが、

悪徳土建屋の関係者ばかりを襲います。

一部違うのも混じってますが。



おかげで、土建屋の社長は怒り心頭です。

開発をやめろーとピケを張っている先住民の仕業だと、

保安官に逮捕を要求します。



この社長、出てきた瞬間に死亡フラグがビシッと立つ容貌と態度です。

分かりやすくていいんですけど、

ここまで露骨だとなんかなーという感じがしました。



ちなみに、現時点では、先住民のせいだと言う証拠は何も無いので、

当然、要求は却下されます。



あっちこっちに手を回して、

保安官に圧力をかけるのが、

悪徳土建屋らしくてグーです。

角栄みたいです。



保安官は先住民からボーンイーターという怪物の仕業だと教えてもらうんですが、

例によって、今は21世紀だよと、18世紀でも19世紀でも進歩派を気取る人々が使う、

定番フレーズで一顧だにしません。



保安官は先々代酋長の孫という設定なのに、

先住民の言い伝えに無関心なのはちょっといただけません。



さて、骸骨お化けは無目的に、そんな感じもあるんですが、

人殺しをしているわけではありません。

ちゃんと、殺した現場から、骨を回収して吸収しております。



それが何かと言うと、よく分かりません。

6人の背教者がどーしたこーしたというセリフがあるので、

おそらくそいつらの骨を集めてるんだと思います。



それと、後二日で来る日食までに全部骨を集めると、

骸骨お化けは無敵になるそうです。



ここら辺は、中の人たちもあまり気にして無い設定なので、

無視していただいても構いません。

カタルシスを生み出すものではありませんので。



言い忘れましたが、

骸骨お化けのCGは良く出来ています。

プレステ2並です。

よく動くし、先述の通り明るい場面での出番がほとんどで、

暗くしてごかまそうとしてません。



先住民の伝承にある化け物なので、

当然、退治というか封印方法も伝わっております。

冒頭に出てきた斧のようなアイテムがそれです。



斧を誰が持っているかと言うと、

めぐりめぐってボインちゃんの彼氏が持ってました。



しかし、彼氏が骸骨お化けを倒すかと言うとそうではありません。

斧は保安官に取り上げられて、

ボインちゃんをつれて逃げる役目をおおせつかります。

素直に従っちゃったりします。



命の危険は無いし、うるさい親父がいなくなるチャンスなんで、

願ったりかなったりなんですが、

ちょっとカタルシスに欠けるような気がします。




ここは、親父に隠れてついて行って、

もうちょっとのところで殺された親父に代わって、

骸骨を倒すという展開だと、

なんか、アクションっぽくていいんですけど。



そんなこともなく、とっとと逃げ出します。



親父は斧を持って草原をひた走ります。

どこに行けば骸骨お化けが出てくるということではなくて、

俺を撮れ!ってところのようです。



充分撮ってもらって満足したところで、

骸骨お化けと対峙します。



充分撮ってもらったんで、

もう未練はないらしく、


さくっと骸骨お化けを封印しちゃいます。



もっかい骸骨が出てきてもう一波乱とか、

2に繋げるような実はまだ封印し切れて無いよーとか、

そんな展開は一切なし!



そりゃあもう、あっさりと終わります。

引き際の悪いエンディングに見慣れてる身としては、

えっ?それでいいの?って感じです。



全体として、ダメージが少ない作品です。

ということで、★2つです。




今年最後のアップとなりました。また、よろしくお願いします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/12/31 18:14|モンスターTB:0CM:4
コメント
あけましておめでとうございます。B級映画大好き!様。
去年の最後のレビューのスケルトンライダー。
自分も見ましたよ(笑)あっさりのエンディングは
かなりの衝撃がありましたよね^-^
今年度も、楽しいレビューを期待してますネ★
B級映画の掘り出し物が、見つかる事を
応援しておりまする@-@
ではでは、また遊びに来ますッ!!!!
今年もよろしくお願いいたします^0^
ゆうじろう #-|2009/01/01(木) 23:42 [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
「砂化」の能力自分も欲しいです。
「お、お客さん、私に近寄ると砂になっちゃうんですよ~」
といって逃げ回りたいです。っていうかわざと触っちゃったり。
「毒殺」とかが一番陰湿でてっとり早いと思うのですが見せ場がないんでしょうね…
今年もレビューを楽しみにしています。B級さんが書くと面白そうですが実際見るとアレなんでしょうね…
森乃やまね #-|2009/01/02(金) 00:13 [ 編集 ]
今年もよろしくお願いします。

お久しぶりで~す。
この映画とうとう見ちゃいましたか(笑)
ものすごいバリバリCG、二重写しでスケルトン浮きまくり。
全編苦笑いしながら見ちゃいました。
もうちょっとマシなものを想像していたんですが、
私が甘かった・・・・(^^;;

今年もレビュー楽しみにしてます(*^^*)
アシュレイ #-|2009/01/04(日) 13:10 [ 編集 ]
>ゆうじろう様
 明けましておめでとうございます。B級の掘り出し物探しに精を出したいと思います。

> 森乃やまね様
 明けましておめでとうございます。誉めていただきありがとうございます。ウン、見るのはあまりお勧めしません。ホントにアレですから。

>アシュレイ様
 明けましておめでとうございます。いやー、結構ましなほうですよ。私がいつも見ているのに比べたら(笑。私も、今年もレビュー楽しみにしております。
B級映画大好き! #-|2009/01/07(水) 21:21 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/210-5fc1624f

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。