日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

超忍者隊イナズマ!! SPARK

〇超忍者隊イナズマ!! SPARK (原題同じ)
本編47分 画面サイズ16:9
監督 渡辺勝也
キャスト 山崎真実、 高橋光臣、橋本淳、松本寛也、菊地美香、載寧龍二、別府あゆみ、水木一郎、西田健

イナズマ

【レビュー】★★★(★3つ)
まあ、なんてゆうか、ボウケンジャーが好きじゃないと、

ついていけないですね。



しっかりとついていけましたけどね。



基本的に主演の山崎真実が目当てだったんですよね。

ボウケンジャーでくノ一役で出てるときから、

かわいいなーと思って見てたんですよ。



相変わらず、いまいち滑舌が悪くて、棒読みなんですね。

見てるこっちが恥ずかしくなるような演技で、

背中がむずがゆくなりながら見てました。



主演の山崎真実扮する特撮もののヒロイン、

名前は忘れました。

お父さんがテレビ局の偉い人で、

あからさまにコネで主役の座を射止めております。



ちなみに、お父さんはハムスター館長です。



ほっとけない性格だそうで、

やらなくていい人助けをして、

撮影を台無しにしまくります。



ところで、何の撮影をしているかと言うと、

空前の大ヒットを飛ばした前作超忍者隊イナズマの第2弾だそうです。

今回も役員会では大好評だそうです。



前作はホントにそのタイトルなんですが、

ヒットを飛ばしたかと言うと、ちょっと怪しい気がします。

見て無いからなんともいえませんが。

でも、まあ、そこそこ売れたんでしょうね。

こうして2作目が作られるんですから。



んで、撮影をだめにしちゃったんで、

監督であるデカレッドにこってりと絞られ、

敏腕プロデューサーであるところのデカピンクに説教くらいます。



さらに、実は未来なので、

テレビ局にタイムマシーンがあります。

タイムマシーンがテレビ局ごときにある理由が分かりません。

古典SF好きとしては、タイムパトロールに通報したくなります。

タイムレンジャーに謝ってきてほしいです。



山崎真実ちゃんは基本ドジっ子なので、

見事に間抜けなことをして江戸時代にタイムスリップします。



前作では江戸時代の人が変身してたようで、

その人たちが出てきます。

マジレッドとマジイエローです。



さらに、ボウケンレッドが侍姿で出てきます。

実は忍者です。

この人は比較的芝居がうまいんで安心できます。



さて、ここの所江戸では怪奇事件が起きてます。

参勤交代で江戸に詰めているお殿様が消えているのです。

マジレッドとマジイエローが変身して、

変身と言っても、忍者装束にマスクがシャキーンと閉じる位ですけど。

現代的な忍者キャプターだと思っていただければ大体オーケーかと思います。




で、武家屋敷乗り込むと、鎧装束で顔がロボットなヤツが2体出てきて、

お殿様を溶かしたとこでした。

あっさり逃がします。



後は、シスコンボウケンレッドと、山崎真実ちゃんの、

見ている方が恥ずかしくなる古典的少女漫画風のさぐりあいというか、

恋愛模様
が繰り広げられます。



そうこうしている内に、

鎧武者の狙いが分かります。

もうそれしかない展開ですけど、

銀河の彼方、ってどの辺を指すのかずっと疑問に思ってるんですけど、

ようするにエイリアンで、たった2体で日本を壊滅させるためにやってきたそうです。



既に、仙台の青葉城が一撃で破壊されてます。

それで、日本の守りの要ということで江戸城を破壊しようとしているそうです。

何人もお殿様を溶かして、江戸城が守りの要という情報を得たそうです。



さあ、そうはさせじと頑張るのがマジレッドとマジイエロー、

と思いきや、金閣銀閣的ひょうたんに吸い込まれて何の役にも立ちません。



ボウケンレッドの出番ですよね。

どこでかはよく分かりませんでしたが、

姉さんをエイリアン2人組みに殺されていたんで、

やる気満々です。



上空数十メートルにあるであろうユーフォーにジャンプ一番飛び乗り、

ユーフォー上でちゃんばらします。

いかんせん、生身ですので、あっさり退けられ、

止めを刺されそうになります。



間一髪で助けに入ったのは山崎真実ちゃんです。



前作を見ている人には既にお分かりの設定だったようですが、

変身して強くなるのは不完全なタイムトリップの副作用だそうです。

山崎真実ちゃんもそれを利用して、超忍者隊に名実ともに仲間入りしたのです。



立派に見栄を切り、戦いを挑みます。

これがまた強いんです。

先輩忍者隊2人を助け出し、

3人でエイリアンを追い詰めます。



一体を倒します。

ところが、もう一体はユーフォーで逃げちゃいます。

どうするかと思ったら、

みんなオラに元気を分けてくれ!です。



忍法の一種らしいんですが、

山崎真実ちゃんが巨大化します。

全長30メートルといったところです。



そして、飛びます。

これも忍法です。

そのまま大気圏外に出ます。

もう何でもアリです。



ユーフォーに追いついて、

とどめはかめはめ波でした。



水木アニキのライブがあって、

恋仲になったボウケンレッドと山崎真実ちゃんは、

仲良く現代に戻ります。



タイムパラドックスという言葉が頭をよぎりましたが、

特に何も起きて無いというデカピンクの一言で済まされた模様でした。

イヤ、そんなことはねーだローというのは、

頭の固いおじさんのセリフのようです。




さらに、これだけでは済みません。

劇中劇でマジピンクが出てたんですけど、

これがボウケンレッドの姉さん役もやっていて、

ボウケンレッドが姉上のように可憐で清楚でなんて言ってるところに、

マジピンクをさらに思いっきりはじけさせたハイテンションで出てきたもんだから、

イヤ、そうゆうのも好きだからいいんですけど、

シスコンボウケンレッドが精神崩壊を起こしそうになったところで、

ようやくおしまい。





特撮戦隊ものは欠かしません。

2次創作大好きです。

そんなオタク体質の方には思いっきりツボに入るんでしょう。




まあ、かなりツボには入りましたけどね。

でも、47分が長く感じました。



一般の方はとても受け付けないだろうということで、

★3つです。





ボウケンレッドはかっこいいんで、もっと活躍してほしいですね。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/12/02 20:31|SFTB:0CM:6
コメント
うわ~これ面白そうですね。
戦隊者に出ていた人達終ったらどうしてるんだろうと思っていたらこんなことしてるんですね。
おもしろそ~。
機会があれば是非みたいです。
虎龍 #-|2008/12/02(火) 21:49 [ 編集 ]
またスパムにかもされてますね。
絶滅してほしいです、こやつら。

この前の日曜の朝、
ダンナがゴーオンジャー観てるので
何してるのか聞いたら
仕事仲間からかわいい子が出てるんで毎回観ていると聞いてきて
自分も見てみようとしたらしいです。
55のオッサンがゴーオンジャー観てるのも変な感じでしたが
(別に戦隊もの好きでもないのに)
教えてくれた人が
結婚はしてるけど子供のいない40代というのも
変な感じ。(o゚∀゚)ブハッ∵∴

しかし、昔の戦隊ものからしたら
ずいぶん進化したものだと感心しました。
アメリカの変な映画より
特写がすごいですよね。

女の子が変身してでかくなったら
エッチはできるのだろうかとふと思ってしまいました。w
nyankomama #-|2008/12/05(金) 11:21 [ 編集 ]
戦隊者の役者さんってみんなあんな風なんでしょうか?「オーバー・アクション」っていうか…「七瀬ふたたび」をみててひとりだけ浮いている役者さんがある意味面白かったです。…もしかしてわざとなんでしょうかね。そのへんが分からなくてむずかゆかったです。
森乃やまね #-|2008/12/06(土) 20:17 [ 編集 ]
>虎龍様
 戦隊ものに出てた人を他のところで見ると、和むんですよね。頑張れって思います。

> nyankomama 様
 スパムはもう勘弁してほしいです。いっつも同じ所からやられてます。女の子が大きくなったら・・・おっぱいも大きくなっていいかもと思った私は心の汚れたおっさんでした。

> 森乃やまね様
 やっぱり、普通のドラマに出ると浮いてしまうんですかね。でも、頑張ってほしいです。
B級映画大好き! #-|2008/12/06(土) 21:45 [ 編集 ]
見るなら前作のイナズマを見ましょう。
Sparkはやめといた方がいいです。
前作とは違って信じられないくらいつまらないですから。
捨てハン #-|2008/12/13(土) 10:15 [ 編集 ]
>捨てハン様
 そうなんですか。前作が人気あったから2作目が作られたんだろうけど、この出来はどうなんだろうと思ったんで、そうゆうことなんですね。情報ありがとうございます。
B級映画大好き! #-|2008/12/24(水) 19:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/206-7b27c41f

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。