日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

髑髏戦士 スカルソルジャー 復讐の美学

〇髑髏戦士 スカルソルジャー 復讐の美学(原題同じ)
本編91分 画面サイズ4:3
監督 京本政樹
キャスト 京本政樹、潮健児、浜田朱里、繁田知里、桑田健作


【レビュー】★★☆(★2つ)
いきなり若い娘さんのシャワーシーンです。

京本政樹が出てくるとは知ってたので、

若い娘さんと思わせて実は政樹ちゃんという展開を予想して少し身構えてしまいました。



でも、ちゃんと若い娘さんだったので安心しました。

その後ちょっとだけアダルチっくな展開があります。

まあ、つかみだと思って黙って見ていましょう。



パパ~とか言ってたので、愛人と金持ちおじさんという構図で間違いないです。



さあ、そこにジャケの人が登場です。

スカルソルジャー

怪奇ふうな味付がしてあって、

決して嫌いなデザインではありませんが、

もう少し垢抜けないかなーという感じです。

黄金バットみたいな感じの方がかえって面白いかもしれません。



指先から圧縮空気を噴射して、

おっさんの額を貫き、殺します。

そして、マンションから数十メートル下へ、

とおっとばかりに飛び降ります。



おおっ、侵入する時は屋上からロープで降りてきたけど、

やっぱり仮面ライダー的にかなり強靭な改造が施されているんだ!



トラックの荷台のふかふかのクッションに着地しました。

なんかへぼい感じが強烈にしてきました。



さて、当然ながら、スカルソルジャーの中の人は、

京本政樹なんですけど、

普段は何をやって暮らしているのかさっぱり分からない、

なのに、悪魔くんのメフィストのような執事がずっと世話をしています。



ちなみに、ホントに、メフィストをやった人が、

メフィストのご面相で
出てきてるんで、

不気味なことこの上ないです。



他にも、多分、京本さんの人脈なんでしょうけど、

結構普通の人でも知っている人ばかリ出てきます。

なので演技面では安心してみてられます。



ヒロインは、かなり大根ですけど。



それで、スカルソルジャーが何をやろうとしているかと言うと、

タイトルを見れば一目瞭然です。

復讐です。もう、それだけのために生きてます。

美学は感じ取れませんでしたが。



簡単に申し上げますと、

巨大企業と政府とが結託して、

強靭な肉体と回復能力を持ったスカルソルジャーを量産して、

量産して・・・・?

すいません、それで何をしたいのかを確認し忘れてました。



とにかく、スカルソルジャーを量産しなきゃないんで、

技術を安定させるために実験を繰り返して、

その実験体の1人が京本さんの妹だったんですよ。

もちろん、殺されてます。



京本さんはもと刑事でしたんで、

たぶん、そのコネをフル活用したと思うんですが、

あっという間にスカルソルジャー研究所を見つけ、

あっさり乗り込んじゃいます。



そこで、あっさりつかまって、

悪の組織に改造・・・・

じゃなくて、スカルソルジャーの素、

の廃液
の中に漬け込まれちゃいます。



これで、悪の組織はもう死んだだろうということで帰っちゃいます。

ところがどっこい生きてるんですよね。



そこへなぜか現れた執事メフィスト。

メフィストと言うと、魔界医師のほうが自分の中でポピュラーなもんで、

すっごく違和感があります。

ノベライズもいいんですが、コミック版魔界都市ハンターの彼も結構好きです。




で、メフィストが京本さんを背負って、

スカルソルジャーの素を作ったというか、

製作責任者の博士のところへ連れて行きます。



おおっ、スカルソルジャーの素(の廃液)に浸かって無事なんて!

こいつこそ、唯一の成功例だ!



プロトタイプさえ無い研究ってどうかと思いますが、

上司に報告すること無しに、スカルソルジャーアーマーもプレゼントして、

メフィストともに逃がしてやります。



で、京本さんはどうやってか知りませんが、

スカルソルジャー計画の首謀者達を殺して歩いていると、

そうゆうワケなんですよ。



3行くらいにまとめるつもりが、

結構長くなってしまいました。

まあ、いっか。



スカルソルジャーができるまでは、

正直どうでもいいんですよ。

お伝えしたかったことは、

敵役になる人のイカレ具合です。

全部持って行ってくれてます。




よく見る人なんですけど、

名前を知りません。

仮面ライダーカブトの相棒のちょっとドジな青年のお父さん役をしてた人です。



カブトの劇中でも結構いかれた演技をすることがあったんですが、

本作の中でははじけてます。



ぎらぎらした目をして、

和装で総髪。

仕込み杖を持ち歩いてます。



躁らしく、常にハイテンション。

さらに落ち着きがなく、ぴょんぴょん跳ねている。



若い頃は行動右翼とか言う設定でして、

まあ、街宣車で演説ぶってる人で、

線の向こう側に行っちゃった人です。



どうやらかなりの金持ちらしく、

スカルソルジャー計画の中枢にいるくらいですから、

政府との結びつきの強い旧財閥系の頭首かなんかでしょうけど、

豪邸に用心棒と召使いをたくさんつけて、妹と2人だけで暮らしてます。



重度のシスコンらしいんですが、

妹がちょっとでも逆らうと、鞭でシバキまくったりします。

イカレ具合のよく分かる描写で、なかなか見ごたえがあります。




時々、白装束で総髪を振り乱して、

京本さんと剣戟を繰り広げます。

結構強いんですよ。



イかれちゃってるんで、

卑怯なことも何のそのですから、

ラストでは、一対一の勝負だなんて呼び出しておいて、

自動小銃で武装した連中に襲わせてもなんとも思いません。



特にこれと言って盛り上がりもなく、

スカルソルジャーが武装した連中を全滅させて、

イカレさんと一騎打ちです。



結構強いです。

殺陣も美しく、白装束と怪奇風コスチュームで、

一種独特の雰囲気をかもし出してます。



ふとした隙を突いて、

イカレが銃で京本さんに止めを刺そうとしたとき、

妹が間に飛び込んできます。



微妙に躊躇無しに撃ったような気がしましたが、

イカレは妹を撃ち殺してしまいます。

そこを京本さんがビシッと決めて、

イカレは倒されます。



いくつかの犠牲を出しながら、

復讐を果たした京本さんは、

普通の生活に戻っていきます。



それでいいのか?



ということで★2つです。









まっとうといやー、まっとうな内容だったんで、いまいちつっこみどころが・・・(;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/11/25 19:59|SFTB:0CM:4
コメント
敵役の人は本田博太郎さんという俳優さんです。
イカレ演技は京本政樹さんの演出?だそうで、本田さんは昔は爽やか系の演技の方でしたが、この作品を機にイカレ演技が開花し、ご本人も相当喜んだとか。ここ数年もよくいっちゃってる系をよく演じていますので、機会があればチェックしてみてください。
失礼しました。
川 #xVXgowxI|2008/11/26(水) 06:26 [ 編集 ]
本作とははずれますが、私が仕事帰りに寄る、TSUTAYAでないほうのマニアックな店で
「ゾンビ・オブ・ザ・デッド 沼からきた緑色のやつ」というのをこのブログで取り上げられている別のと間違えてみちゃったんです。
いやー、すごうございました。もう何と言っていいやら突っ込めないポイントが全くない。
人の数だけはかき集めているんですが、どいつもこいつも個性が全くなくて誰が誰やらわからない。その上、数か所で起こっている事件を飛び飛びにつなげていくものだから何が何やら・・・ゾンビや人間の動きも妙に不連続で、とろーんとしているかと思うといきなり思い出したように素早く動いたりするし、へんな「タメ」が入ったカンフー始めたり。
実は私も「ヴァンパイヤvsゾンビ」見たことあるんです。そんなことはめったにないのですが
睡魔に負けました。あれといい勝負です。今回はあまりにびっくりしてあっけにとられてしまい、寝ませんでしたが。
機会があったらぜひ記事にしてください。B級映画大好き様のお料理で美味しく味わい直しとうございます。
雪国のおばちゃん #-|2008/11/27(木) 22:32 [ 編集 ]
筋をちゃんと覚えてるのがスゴイです。
最近一時間の刑事ドラマとかでも途中でわからなくなるので
しょうがないから主人公のキメのポーズや
ヘアスタイルをいちいち変える美人の髪型だけみたりして。
なんか間違ってる…
きのうは食べかけのバームクーヘンを膝に落としたまま
テレビの前で夜明けを迎えました…
森乃やまね #-|2008/11/29(土) 08:58 [ 編集 ]
>川 様
 コメントありがとうございます。なるほどそうゆう経緯があったんですね。あのイカレ演技は結構すきなんで、これからは気をつけて探してみたいと思います。

>雪国のおばちゃん様
 緑色のやつはぽすれんで予約していますので、そのうちご紹介できると思います。タイトルがアレなんで、もしかしたらと思ってたんですけど、やっぱりそうゆうやつなんですね。見るのが楽しみです。

> 森乃やまね様
 前はノートに突っ込みどころとか粗筋をメモりながら見てたんですが、ちかごろは面倒くさくなったし、酒を飲みながら見てるんで、実は結構いい加減です。そんなに外してないとは思ってるんですけど、いくつかエピソードを落としていることは確実です。老婆心ながら、寝る前には必ず歯磨きをしたほうがいいですよ。私は、しなかったもんだから、治療に数十万円かかりました。
B級映画大好き! #-|2008/11/29(土) 15:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/204-621b28fa

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。