日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

1942 怨霊

〇1942 怨霊(原題同じ)
本編85分 画面サイズ4:3
監督      ケルヴィン・トン
キャスト 鬼塚俊秀、大川聖一郎、千廣哲也、ハラ・フミカズ

1942.jpg
ジャケはイメージであり、内容物とはほんの少ししか関連がありません。
まあ、そんなもんです。


【レビュー】★★★(★3つ)
なんか久しぶりに邦画でございます。

そして、

久しぶりに、

ようやく、

★3つです。




イヤー、つらかったです。

マジで、常人には耐えられないレベルだと思います。

B級を世に広めるという崇高な使命を自覚しなければ、

とっとと停止ボタンを押していました。



おっさんが4人、

そのほかに、なんかいっちゃったような感じのおばさん。

登場人物がそれだけ。



舞台は、大東亜戦争、太平洋戦争、第2次世界大戦と、

色々な名を持つ戦争の末期、

マレーシアです。



作戦中に部隊から離れた4人の兵士が、

部隊の後を追い、密林やら荒地やら湿原やらを歩いていく。

そして、舞台演劇のような台詞回しで、

同じようなことを繰り返していきます。



そう、舞台演劇は見たこと無いんですが、

CMとかで見る舞台の劇団員のようなしゃべり方なんですよ。

きっと、舞台でいくらか修行を積んで、

よーし、映画もやっちゃうぞって、

同じテクニックでやっちゃたって感じです。



なんか違和感があるんですよ。





いっちゃった感じのおばさんは、

時々出てきます。

あきらかに悪霊扱いです。



イヤ、まあ、タイトルがタイトルだし、

こっちもそのつもりだったんですが、

ホントに、ただのいっちゃったおばさんであることが、

ラストで判明します。

こいつらをつけまわしていた理由は不明です。



主人公である比較的ハンサムな兵士は、

ハンディビデオカメラ?、フィルムカメラ?

それとも8ミリ?を持って歩いている記録係です。



撮っていると、時々、兵士の歩いてる姿が映るんです。

肉眼だと当然見えません。

これが何かと言うと、よくわかんないんですが、

主人公は捜している部隊だと思い込み、

カメラに映る兵士の歩いて方向へと歩を進めます。



以降、その繰り返しです。



で、オチは、なんと現代、21世紀のマレーシアに着きました。

ちゃんちゃんというものです。



さっぱりです。




マレーシアで日本陸軍が蛮行を働きました。

なんて、国辱もので無いところは感心しましたが、

いくらなんでも、こんなストーリーがなく、

何を表現したいのかさっぱりなことを、


わざわざ海外でやらないでほしいです。



ちなみに、最初のレーベル、ライオンがガオーとかするところだけは、

とても怖い雰囲気になっておりました。

それだけです。

あとはのオンパレードです。



とても時間経過に従ったストーリー紹介が出来るレベルではありませんでした。

ということで、★3つです。



イヤ、ホントに、勘弁してほしかったです。自分でもなぜか分析できませんが、すっごく疲れました。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/11/01 18:16|タイムトラベルTB:0CM:2
コメント
短いのが救いの一本ってありますよね。
自分なりに納得できない作品は苦痛です。
っていうか映画の怨念に取り付かれないようにしてください。
わけがわからないのは案外本物かもしれません。コワッ
森乃やまね #-|2008/11/04(火) 21:23 [ 編集 ]
>森乃やまね様
 あんまり脅かさないでくださいよ。へたれなんですから。でも、まあ、まだ特に悪いこともおきてないようなので、本物ではなかったということで。そうゆうことにしときましょうよ。
B級映画大好き! #-|2008/11/20(木) 20:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/201-8266d686

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。