日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

デビルズ・メイド 死霊家政婦

〇デビルズ・メイド 死霊家政婦(原題Stitches)
本編81分 画面サイズ4:3
監督 ニール・マーシャオール・スティーブンス
キャスト エリザベス・インス、テブラ・メイヤー、ロバート・ドノヴァン、アレックス・ビアボディ


【レビュー】★★★(★3つ)
さて、今回は少し流行の盛りを過ぎましたメイドであります。

メイドと言うと、やっぱメイド喫茶でしょうか。

お帰りなさいませ~ご主人様(ハート)

って、若くてかわいい女の子が、かわいらしく言ってくれる、

そんなシーンが目に浮かびます。



でも、行ったことないんでホントのところはよく分かりません。

メイドキャバクラなるものがあったんですが、

一度も行けないままつぶれてしまいました。



ということで、若くてパツキンのねーちゃんの、

メイドコスプレを期待じゃなくて

想像してワクワクしながら見ました。



イキなし、ミシンを踏んでいる、

角の生えた悪魔が出て来ました。

般若を想像していただくとイメージが近いです。

死霊家政婦 こんな比較的美人な人は出てきません。



ミシンで何をしているかと言うと、

人間の皮を縫い合わせて手袋を作ってました。

ちなみに周りには人間の皮らしきものが一杯ぶら下げられております。




いやー、出だしから中々いいですね。

きっとこの悪魔が色々やらかしてくれるんでしょう。

やめりゃーいいのに、必ず期待を抱いてしまうんですよね。



悪魔が人間の皮でできた手袋を装着し、

なんか、ラバーマスクみたいなのをかぶりました。



そこら辺に普通にいるババアが出来上がりました。



まさか、こいつがメイドでしょうか?

パツキンじゃねーのかよ。ちっ!



いやいや、待て待て、これから出てくるかもしれないから。

最近よく読んでる自己啓発の本に、

なんでも良い方向に考えることとあったので、

自分に都合のいい展開になると根拠もなく信じるようにしてます。

だから、今回もポジティブに捉えることにしました。




きっと、パツキンのぼっきゅっぼんなメイドが出てくるに違いない。



場面は見るからに因業ババアなデブ女の営む下宿です。

下宿人はヤンエグって感じの若い男、

ヤンエグって表現の是非は置いときましょう。



第一線を退いた感じのロマンスグレー。

若夫婦おとなしめの若い女教師。


全体の雰囲気は近代英国って感じです。



この下宿に、先ほどの悪魔ババアが新しい下宿人としてやってきます。



メイドはどこ行ったかというと、

いましたよ、いました。

やっと出て来ました。



因業ババアの姪らしき、

おどおどしたさえない黒髪女。



これ以上人は出てこなそうなので、

パツキンでぼっきゅぼんなメイドがけしからんメイド服で大挙して登場するという、

ポジティブシンキングは発展的に解消して、

物語の行く末を見守ることに注力することへ方針転換しました。



第一の犠牲者はヤンエグです。

着いたその日に刈り取っちゃうという、

近年まれに見るスピーディーな展開です。

B級的に。




悪魔ババアが部屋にヤンエグを招き入れます。

悪魔が存在する証拠を見せてあげましょうか?

まあ、悪魔なんていないけど、もし証拠を見せたら何でもあげるよ。

じゃあ、私の服を脱がせて。



えっと、ババアのヌードが悪魔級どころか、

魔神級の破壊力を持っていることは想像に難くありませんが、

いきなし、それですかい!




すっごくいやそうな顔をしながら、

ババアの服の背中のボタンを外すヤンエグ。



まあ、そうしないと話が進みませんが、

管理人なら即座にごめんなさいをしちゃうシュチュエーションですね。



悪魔ババアはかぶっていた皮を脱いで、

悪魔の姿をヤンエグに見せます。



ヤンエグは腰を抜かすほどびっくりしちゃいます。

で、どうなるかと言うと、なんていうか、

10センチくらいの人型をした刺繍の中に封じ込められます。



悪魔ババアはこの要領でどんどん魂を集めます。



続いては、因業ババアです。

因業ババアなので、お金が大好きです。

悪魔ババアがお金の相談を持ちかけると、

そりゃあもう大喜びで乗ってきます。

で、うまいこと言って刺繍の中に入れちゃいます。



次は若夫婦の夫です。

どうやるかと言うと、

おとなしめの女教師に化けます。



どうやら誰にでも化けることができるようです。

わざわざババアの皮をかぶる理由がさっぱり分かりません。




何はともあれ、色仕掛けです。

まあそこそこの女教師にいいことしてあげるからいらっしゃいと言われれば、

むげに断るわけにも行きません。



夫はこっそりと女教師の部屋に行き、

覆いかぶさります。



ところが、先ほど誘ったのは悪魔ババアの化けた女教師ですから、

本物の女教師は、すわ貞操の危機と大暴れです。

とどめに、こんなこともあろうかと常に枕の下に入れていた銃で、

夫の腹を撃ちぬきます。



何でそんなにというくらい血が飛び散ります。

まあ、それはいいとして、おたおたしているところに悪魔ババアが現れて、

後は任せて少し休んでなさいと言って夫を連れて行きます。



悪魔ババアは夫に、このままだと出血多量で死んじゃうんだけど、

治してやったら何でも言うことを聞くかい?

うん、なんでも聞くから治してちょうだい。

で、めでたく刺繍となる夫。



さて、悪魔ババアは大忙しです。

今度は若夫婦の妻に化けます。

自室で震えてる女教師のところに行きます。



あんな夫死んで清々したわ。

私のことは姉だと思ってね。

さあ、証拠隠滅を図りましょう。



適当なこと言ってると、

いつのまにか百合シーンに突入しておりました。

この辺でビールを取りに中座したんで、

詳しいことは分かりませんが、

戻ってきたら、女教師も刺繍になっておりました。



えっと、あとは若夫婦の妻ですね。

夫に化けた悪魔ババアにそそのかされて、

因業ババアの溜め込んだ小金を盗もうとします。



そこに因業ババアに化けた悪魔ババアがやってきて、

やいほいかいほいして、刺繍にしちゃいます。



さて、あとはロマンスグレーと黒髪女です。



何か起きていることに感づいたロマンスグレーは、

黒髪女を連れて逃げようとしますが、

当然、悪魔ババアにつかまってしまいます。



オレはどうなってもいいから、黒髪女は助けてくれ!

見た目に違わず、いいことを言う人です。



ところがどっこい、黒髪女は既に悪魔ババアの仲間になってたもんだから、

かっこつけたはいいけど、ありゃりゃんぱで、

刺繍じゃなくて、使い魔にされてしまいました。



黒髪女はというと、当然ですが、刺繍になっちゃいました。



悪魔ババアが下宿を後にしておしまい。



メイドぽいのは、黒髪女だけで、

どの辺りが死霊家政婦なのか、

中身も見ないで邦題をつけたのがばればれな一品でした。




ああ~、パツキンでぼっきゅぼんでけしからんメイド服で若くて美人なメイドが大量に出てきてほしかった・・・・・



ということで★3つです。





久しぶりに、少し詳しめにしてみました。いかがだったでしょうか。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/09/08 19:43|スリラーTB:0CM:7
コメント
 お久しぶりです!
  
 邦画なら、メイドさんとかうじゃうじゃ出てくるようなモン(喩えそれが視るに耐えなくても)ありそうですけど、洋画でメイドさんは希少価値高いですよね~^^ 
 
 以前、それと同じようなパッケージの映画を観ましたが、それもまたアレでしかもアッチの方の映画で困ったことがありました。少しもツボに入らないと、期待はずれが続くと、拷問ですよね。
 司書系は好きですが、眼鏡がないとこっちの管轄ではないっぽい(ダメ人間)のでキツそうです。

 
茶栗鼠 #-|2008/09/08(月) 23:00 [ 編集 ]
こんばんは(^~^)
結局、悪魔は一体なにがしたかったのでしょうか?
サッパリ解りませんね。。
こんな映画を見せられるのは拷問ですね。。
それが悪魔の狙いなら、狙い通りになったでしょう。。
僕ならDVDを河に投げ捨てますね。
でも部屋の帰ったら、DVDが戻って来てるのでしょうね。
そんな嫌がらせな映画だな・・・っと感じました。。
何が言いたいのか僕も解らなくなりました(笑)
応援のポチッと☆☆
オーラ・スピリット #-|2008/09/08(月) 23:49 [ 編集 ]
(。・ω・。)ノ" コンチハ

その悪魔は
ひょっとして悪魔界の手芸屋さんなのでしょうか?w
ミシンを踏んでるのといい
刺繍にいれちゃうのといい・・・

内容のない映画は
なかなか観るのがきついですよね。
修行だと思ってがんばってください。w
nyankomama #-|2008/09/09(火) 14:33 [ 編集 ]
え~っと・・まずはお久しぶりです。

メイド・・ちょっと刺繍して手仕事してるからメイド?

あと、タイトルって、つける人が別にいるのかしら?と真剣に考えました。なかなかいいセンスです。あとジャケット写真って、明らかに別撮りみたいですが、コンビニに並んでるちょっとぶ厚い漫画の仕様と同じだと思ってしまいました。カバーかかってるから中身見れないので、つい表紙イラストに騙されて買ってしまって、中身の絵がすんごいかけ離れていて、ショックだったのを思い出しました。
樹 魚月 #SCHLwbfo|2008/09/09(火) 19:31 [ 編集 ]
> 茶栗鼠様
 お久しぶりです。いやー、メイドらしき人は出てきたんですけど、メイドは出てこなかったんですよね。やっぱ邦画でメイドものを探して、口直ししたほうがいいですかね。あ、ちなみに私も司書系のめがねっこは大好きです。

>オーラ・スピリット様
 ほんと、何をしたかったのか。これだけ見せ場が無いと、ある意味凄いですね。感心してしまいます。

>nyankomama様
 ババアだし、手芸屋さんかもしれませんね。手芸屋さんの仕入を延々と見せられるって・・・人生全て修行ですね。

>樹 魚月様
 お久しぶりでございます。絶対、タイトルをつけた人は仕入とは別の人だと思いますよ。ここまで中身と合致しないのは、アルバトロスでさえないですからね。ジャケと中身が違うのは良くあるんで、慣れて来ましたけど・・・
B級映画大好き! #-|2008/09/10(水) 20:03 [ 編集 ]
実在の殺人鬼エド・ゲインも太刀打ち出来ない程の洋裁ぶりですね。ミシン使ってるシーンを思うと結構ツボで見所な感じがしますが。
メイドというかデザイナー?コスプレイヤー?
miyo #-|2008/09/11(木) 16:09 [ 編集 ]
> miyo様
 残念ながら、ミシンを使用しているシーンは30秒くらいです。後何をやっているかと言うと、よく分かりません。多分、刺繍屋さんなんだと思います。
B級映画大好き! #-|2008/09/20(土) 11:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/189-a41278a9

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。