日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ドラゴン-竜と騎士の伝説-

○ドラゴン-竜と騎士の伝説-(原題George and the Dragon)
本編94分 画面サイズ16:9
監督 トム・リーヴ
キャスト ジェームス・ピュアフォイ、パイパー・ペラーボ、パトリック・スウェイジ、ジャン・アレジ

ドラゴンこんなにどらごんはでてきません

【レビュー】★☆☆(★1つ)
これはですね、

いつも行ってるカイロプラクティックの先生が、

いや~、エラゴンと同じ並びにあるんで、

面白いかと思ったんですけど、

だまされましたね~、と言っていた、

いわくつきの作品です。

 

この先生、映画見るのが好きで、

行くと、いつもあれは面白かったですよとか、

教えてくれるんですよ。

 

で、だまされちゃったというのに、

興味を引かれるわけですよ。

 

普通の人の言う、面白くないのレベルを、

ちょっと確認しようと思いまして、

チョイスいたしました。

 

始まると、いきなり、

画質が良いじゃないですか。

 

これにびっくりです。

お前、うちのビデオカメラより安いので撮っただろう、

というような画質を見慣れているもんで。

プレステ3で見てるんで、

アップコンのせいかもしれませんが。

 

そして、さらっと登場人物の紹介があったら、

すぐに、ドラゴンが出てきました。

 

フルCGのなかなか見事なドラゴンです。

 

見事に見えるのは、

あんまりなのを見慣れているセイかもしれませんけど。

 

で、このドラゴンが水遊びをしていたお姫様、

胸がぺったんこなんで子供かと思ったら立派な大人でした、

をがぶっといきます。

 

ありゃ、もう食われちゃったよ。

おんなっけ無しですか?なんて、

いつもの思考パターンでしばらく見ました。

 

その間に、主人公である、

十字軍帰りの騎士が故郷のイングランドに帰り、

王の命を受け、お姫様の婚約者と共に、

お姫様を捜索に行きます。

 

この婚約者がですね、

腕の立つ騎士なんですが、

どうやら王の地位ほしさに結婚するようで、

姫の愛なぞ要らんと言ってるんですよ。

 

悪いやつですよね~。

ところがですね、主人公とは妙に馬が合い、

仲良しになっちゃうんですよね。

 

主人公と話しているときは、

とってもナイスガイです。

 

きっと何か誤解があって、

姫様とは最後に相思相愛になるのかな?

と思って見ることにしました。

 


さて、仲良しになった騎士と婚約者ですが、

蛮族の襲撃を受けて、分断されてしまいます。

 

分断されたといっても、

馬で3分ほどの距離なんですけどね。

 

それで、二日間くらい分断されたままなんですよね。

 

その間に、騎士のほうは、

姫を見つけちゃいます。

 

ドラゴンに食われたんじゃなくて、

なんだか知りませんけど、

ドラゴンの巣に連れてこられてました。

 


あんまり人里離れていないところなようなんですが、

いままでドラゴンは目撃されたことも無く、

巣も見つかっていないところに、

いろんな限界を感じてしまいます。

 

まあ、それはさておき、

姫を見つけたはいいんですが、

このお姫様、ドラゴンの卵の保護者気取りです。

 

なんか知りませんが、

ドラゴンに頼まれて、

ドラゴンの巣で卵のお守りをしているようです。

 

卵に名前までつけちゃって、

どうやってドラゴンと意思疎通したのか

それが気になるところですが、

完全スルーされてしまいました。

 

で、お姫様を王様のところに連れてかなきゃ無いんですが、

卵も連れてけと、

お姫様らしいわがまま振りを発揮します。

 

持っててどうするかと言うと、

そだてるんでしょうね~やっぱり。

そっから先どうするかは知りませんが。

 

んで、卵を馬車に積んで、

えっちらおっちらです。

 

ところで、ドラゴンが冒頭に出てきてから、

全く影さえ見せません。

いつも通り、いやな予感が走ります。

 


ここで、さらに、盗賊が追いかけてきます。

 


艱難辛苦汝珠にする。

言葉にするとこんなカンジでしょうか。

よく分かりませんが。

 

 

すいません、また、飲みながらしゃべってるんで、

時々自分でもワケ分かりません。

 


で、お姫様のいとこのいる修道院に着きました。

なんで、こんなところをめざして、

お城に行かないかと言うと、

そんなことは知りません。

 


ここで、婚約者と再会します。

ところが、騎士と結構仲良しになっちゃてるし、

どうやら、もともと婚約者のことが嫌いなようで、

結婚なんかヤーだよと、

あっち向いてホイしちゃうお姫様です。

 


さあ、収まらないのは婚約者です。

さっきまで結構ナイスガイな感じだったんですけど、

結婚式を強行して、

王様は亡き者にしちゃえと、

悪だくみが炸裂しちゃいます。

 


どこだか知りませんが、

廃墟みたいなところにお姫様をさらってって、

結婚式を強行します。

 

ここに割って入るのが騎士です。

あんな胸がぺったんこな緒姫さまなんかほっときゃいいのに、

やっぱ騎士ですから、お姫様を守るのが仕事です。

 

この前まで仲良くしてたのに、

本気で戦います。

 

ところが、ここに盗賊が紛れ込んでくるから、

さあ大変です。

とりあえず、共同戦線を張ります。

 


ところで、ドラゴンがまだ出てこないし、

卵も孵らないんですが、

どげんしたらよかとですか?

 

とりあえず、盗賊と乱戦していると、

王様が戦力にならないような一般市民と共に、

なだれ込んできます。

 

そんなこんなしていると、

ようやく卵が孵りました。

 

よし、ドラゴンなんだから、

火でも吹いて、盗賊一掃だ!

 

まあ、ひよこみたいなもんなんで、

歩くのがやっとです。

 

しかも、卵から出てすぐに、

いなかったことにされて、

全然出てこなくなります。

 

そうこうしている内に、

ようやくドラゴンの登場です。

 


でも、特にこれといって何もしません。

ドラゴンを出すだけでも大変なのか、

盗賊はただ逃げ出し、

ドラゴンは、また、しばらく画面から消えちゃいます。

 

いろいろあって、

騎士がドラゴンスレイヤーとして皆さんに祝福されます。

 


ところが、お姫様が保護者気取りで、

ドラゴンを殺されちゃったんで、

ぶー垂れて、馬で駆け出しちゃいます。

 

王様の許しを得て、

騎士が追いかけます。

 

ようやく追いついて、

実は殺して無いんだよ、

ドラゴンのことはボクと君の秘密だよなんてほざいて、

お姫様のハートをげっちゅーしちゃいます。

 

めでたしめでたし。

 


まあ、あんなぺったんこでわがままなお姫様なんて、

どうでもいいんですけど、

映像が綺麗で、まあ、それなりに面白くて、

あんまりドラゴンは関係ないけど、

ラブコメ調が嫌いじゃないんで、

★1つです。

 

比較的普通の映画なんで、

面白おかしく出来ませんでした。

 

カミさんよりは広い心でお許しください。

あんまり広くないかもしれないけど。

 

 

 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ

 

 

 

スポンサーサイト
2008/05/20 22:18|アクションTB:1CM:6
コメント
貧乳こそ正義!!
オットコライダー #-|2008/05/21(水) 16:09 [ 編集 ]
>オットコライダー様
 すいません、私はやっぱり大きくないとダメなもんで・・・・。もちろん人の趣味にけちはつけませんので、ご容赦ください。
B級映画大好き! #-|2008/05/22(木) 18:13 [ 編集 ]
私は割と好きですよ(^^)特にこれといって大きなツッコミ所がある訳でもないのですが楽しく制作しました!感が好感持てるかなぁ…と。そんな好感度がラストシーンも『広い心』で観れるのです(笑)
miyo #-|2008/05/23(金) 15:55 [ 編集 ]
「ドラゴン」「騎士」ってくだりは客引きだったんですよ。
多分…
それだけで見そうなファンタジーオタク狙いで。
森乃やまね #-|2008/05/24(土) 13:05 [ 編集 ]
今度、観てみます。
B級映画大好き!さんの記事おもしろいですね。
本編より楽しめるような気が、、、(^_^;)
aim #-|2008/05/24(土) 17:41 [ 編集 ]
>miyo様
 エンディングで収録シーンが出てきたんですが、皆さんとっても楽しそうにしてました。その辺からして、そのへんのB級とは違うんでしょうね。

>森乃やまね 様
 すいません、ドラゴンと騎士はかなり引かれるキーワードです。今回も結構惹かれました。もろ、戦略にはまりましたね。

>aim様
 コメントありがとうございます。お褒めいただき恐縮です。ぜひご覧になってください。わりと楽しめると思いますよ。
B級映画大好き! #-|2008/05/24(土) 20:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
ドラゴン、竜 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
あらかじめサーチ! 2008/05/30(金) 12:38
トラックバックURLはこちら
http://bclassmovie.blog38.fc2.com/tb.php/155-96d72c75

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。