日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

インフェルノ

〇インフェルノ(原題Inferno)
本編107分 製作国亜米利加
監督 ダリオ・アルジェント
出演 リー・マクロスキー、アイリーン・ミラクル、サッシャ・ピトエフ、ダリア・ニコロディ


インフェルノ [DVD]
インフェルノ [DVD]
【レビュー】★★★(★3つ)
80年代風のざらざら画質、

80年代最先端のシンセサイザーなBGM。




出てくる女の人がみんな

聖子ちゃんカット。(・へ・;;)






特に何も起きてないんだけど、

じゃじゃーん
って、∑q|゚Д゚|p

シンセサイザーの音。




虚仮脅しもここにきわまれりって感じ。






んで、内容ですが、物語の軸になる

「3人の女神」って古本があって、

中身は、建築家の日記という形で、




嫉妬と憎悪となんとかの3人の女神に

それぞれ家を建ててやったんだけど、

ああ!オレ大変なことしちゃった!(`ロ´;)



ってことが書いてあるらしいです。





中の人が、誰一人として、

1ページ以降を読まないし、

紹介してくれないから、これ以上分かんないの。






んで、アメリカンらしく、

その3人の女神の家を見つけて~、

3人の女神の正体を暴いて~

3人の女神をやっつけて~





地球を救ったー!O(≧▽≦)O






なのかな~?

と思って、80年代なたるいテンポの展開に

我慢してお付き合いしました。






ところがデスね、仰々しいシンセサイザーと

なんでかビビリまくっている皆さんは出てくるんですが、






そもそもなんでビビッてるかが分からないので、

こいつら、何してんだろうなー??(・◇・ )






と思っている間に、どんどん時間は流れていき、






3女神を探すとか、

3女神を倒す方法を探すとか、

そもそも3女神が何をしたんだよ!とか、



そんなことには言及されないまま、

どんどん時間は流れていき





途中、あんまりにも眠気が来るもんだから、

3日間ほどかかりましたが、




3人の女神って古本はあんまり関係なく、

主人公(男)の姉の住んでいるマンションが

3人の女神の家でした!
ってオチでした。





しかも、女神らしいの1人も出てきてねージャン!

なんて思ってたら、ただのエキストラクラスだ思ってた

おばちゃん
が、





3身一体!∑d(≧▽≦*)とか言い出して、






挙句の果ては、女神じゃなくて、

死神だもんねー!とか言い出して、






自分の不始末で起きた火事に

巻き込まれてどっか行っちゃう始末です。





ホラー映画なんで、

当然、殺人シーンはあるんですが、




じぇんじぇん怖くない、

画作りになっているうえに、





多分、監督としては、

ほら~怖いだろ~、

気持ち悪いだろ~と言いたいんだろうなー




って感じのシーンと、カットがコマ切れで

脈絡なく、次々と
出てくるんで、






「3人の女神」という極細の糸で

極彩色の調和の取れていないパッチワーク

つくろっている感じなっちゃってます。




有名になりすぎて、

誰も何も言えなくなったんですかね。



ということで★3つです。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ダリオさんが好きな人~!
スポンサーサイト
2012/02/27 15:32|スリラーTB:0CM:9

キャンプ・フィアー

〇キャンプ・フィアー(原題Motor Home Massacre)
本編91分 製作国アメリカ
監督 アレン・ウィルバンクス
出演 シャン・ホールマン、ネルソン・ボニッラ、ジャスティン・ギア、ターニャ・フレイザー、ブレナン・アシュリー


【レビュー】★★★(★3つ)
久しぶりにキました。

まさに、皆さんに紹介するにふさわしい

B級
です。





まず、おっぱいでしょー、

パラッパラッパーな若者でしょー、

また、オッパイでしょー、





殺人鬼でしょー、

グダグダナ展開でしょー、

センスオブワンダーなつもりのオチでしょー、






あ、もちろん、

演技ってなんだっけ?ってなるクオリティでしょー、






すばらしいの一言に尽きます。








是非、観ないことをお勧めします。

でも、無理には止めませんけど。







キャンプしている人たちから始まります。




テントの中でなんか揉めて、

ボイン黒人が飛び出して行きます。






あわててズボンをはきながら出てくる白人男性

テントの中では、私よりボイン黒人をとるの?!

ってヒステリー起こしてる女の声





大変うらやましい状況に持って行きつつ、

ちょっと詰めが甘かったんでしょうね。

虻蜂取らずになったようです。






ケケケ、ざまあみろ。






したら、ボイン黒人を追いかける視点が出てきて、

喉を切られたらしい音がして出てこなくなる白人男性、

テントごと、ぐっさぐっさやられちゃう、もう1人の女。




ここまでは仕込みですんで、

次いで、本作の主人公たちが登場します。




のび太、ジャイアン、普通、チンピラ

オッパイ1、オッパイ2、ぺちゃ
、です。





おっぱい×2は、

オッパイ以外に栄養行かなかったんじゃないの?

ってくらい、大そう育っております。






ぺちゃは、オッパイどころか、

どこにも栄養が行かなかったんじゃないの?

ってくらい、あげぽよ~って感じです。




結構好きなんだけどね。





男どもは、誰も興味ないだろうし、

管理人的にもどうでもいいんで、

どうでもいいです。





こいつらが、親の

キャンピングバスで

キャンプ場に行くんですよ。





道中、特に盛り上がりが無い、

大変B級らしいグダグダ感でして、

なおかつ、男どもの頭の悪いこと悪いこと。




小学生が、クラスの女子に、

ちょっとー男子やめなさいよー、

と言われるようなことをえんえんとやります。




しかも、

カメラ視点が変わると、

画質まで変わります。





何をやらかしてんでしょうか?






で、おそらく時間にしたら

そんなでも無いんでしょうが、

とても長く感じられるロードムービーを見せられて、





ようやく、キャンプ場手前の

雑貨屋に着きます。





そこの店主が、

生理的嫌悪感を抱かせるハゲた風貌なんですが、





冒頭の殺人事件が昨日だか

一昨日だかに起きたんで、

キャンプ場は貸し切り状態だと告げます。





そして、オマタヲ直接ぼりぼりした手で

豚足の酢漬けをつかんで、

かじりながら、噂話をおばかーズに教えてくれます。






回想シーン風に

冒頭の男1人、黒人ボインとテントにいた女が

キャンプ場でであったところから

再現シーンが流れます。





全くの第三者の解説のはずなんだけど、

本人が回想している感じなのは

微妙に違和感を感じたところであります。





が、まあそれは置いといて、

とにかく一大事が判明しました。






ボイン黒人じゃないほうの女が

ボイン白人でした!




こいつらも胸部以外に

栄養行かなかったタイプか?





あ、かいつまんで、

3人が何してたかお話しますと、





失恋の痛手は、というかモト彼は、

俺たち、白人2人ですね、が

忘れさせてやるぜ!ってことです。





ということで、テントの中で、

生まれたままの姿になって

レッツゴー!





とは行かず、ハッパ効く前に

ボイン黒人に迫ったもんだから、

逃げられちゃった。




というのが冒頭の真相のようです。





ボイン黒人がどうなったかは

出てきませんでしたが、





白人カップルのほうは、

ミリタリーなレインコートで

フードを目深にかぶった殺人鬼に

ざっくりやられる男と、




生まれたままの姿のボイン白人が

テントの中に閉じ込められて

外からぐっさぐっさやられる。






といったところで、回想シーンが終わり、





殺人事件があり、

まだ犯人が捕まっていないと

力説されたにも関わらず、



おばかーずは、

レッツゴーキャンプ!!です。





さすが、アメリカンおばかーズ。

こうでなくてはいけません。

話が先に進みません。






キャンプ場に着くと、

保安官がいて、殺人事件が解決するまで

出ちゃダメね。




と、軽く、キャンプ場内へ軟禁状態にされます。




じゃあ、いつ帰れんの?

って途方にくれるのは素人です。





陽気なアメリカンおばか-ズは

そんなこと気にも留めず、

楽しく、くつろぎます。





が、バーベキューを始めるわけでもなく、

酒を飲み始めるのでもなく、

マシュマロを焼いてみるわけでもなく、




ただ、なんとなく、くつろいでます。

コンビニ前でだべってるアホとの区別がつきません。





したら、ボイン黒人が来ました。





わあ、殺されたんじゃなかったんだ~

これはミステリーが深まるな~





と、棒読みの独り言を言ってみたりして。





んで、ボイン黒人も

だべり仲間に入ります。






なんと!そこに、雑貨屋のハゲが

現れたではありませんか!




どんどん、人が出てきて、

怒涛の展開ですねー。







ハゲが言うところの、大人の会話を

ボイン黒人としばらく交わします。





世間一般では、セクハラといわれている部類です。






ここで、のび太が侠気を出します。

鉈を持って、ハゲを脅かします。





のび太みたいなのを怒らすと怖いというのは

いきなり、こんな殺傷能力の高いものを

平気で持ち出すからなんですが、





ほんとに、その辺のヤツらより、

始末が悪いです。




敏感にその辺のことを察して、

撤退するハゲ。






ボイン黒人は、のび太といい雰囲気になって

帰りを送って行ってもらいます。








ボイン黒人とのび太がいなくなると、

代わりに、例の殺人鬼がふらりと現れます。




まずは、チンピラがざっくりやられます。




続いて、ボイン1に狙いを定めたんで、

ボイン1は逃げるんですが、

森のクマさんなみに追いかけられます。






この際、ジャイアンとボイン2はキャンピングバスの中で、

専守防衛に徹底しておりました。

憲法解釈上、周辺事態では出動できかねるようです。




キャンピングバスに隠れていると、

のび太が帰ってきます。







のび太は帰ってくるときに

ハゲの死体を見かけて、

えらいことビビリってます。





んで、こんなときに限って、

妙にやる気を出すんで、

ボイン1を捜しに行くと勇ましく主張して、

3人で捜しに出かけます。





やる気のあるアホが一番厄介なのを知らないようです。

のび太の癖に生意気です。





すぐに見つけます。

なんでか、半裸になって

死んでいるぺちゃと普通の死体を。






夜中に森の中で何をしてたんでしょう?






少し歩いたところで、

ジャイアンがのびたを殴って気絶させ、

キャンピングバスに連れ帰り、うちに帰ろうとします。





やる気のある無能が危険なことを知っていたようです。



ぼいん2とのび太を縛って、

キャンピングバスでレッツゴーです。




したら、何の伏線もなく、

ボイン1がバスの後ろにいて、

そこから伸びてたコードに足を絡めとられて、

バスに引きずられて、市中引き回しの刑に処されちゃいます。





何のコードだ?






しばらく走ると、急にバスがエンコしちゃいます。

様子を見るために降車したジャイアンが、

引き回されたボイン1を発見します。






B級らしく、

暗くてよく見えなかったんですが、

ジャイアンがゲーって吐いてたんで、




たいそうなご面相になっていると

推察できました。

ご愁傷様です。





ジャイアン、見切りが早いようで、

バスは捨てて、鉈を持って、

走って逃げます。





取り残されたのび太とボイン2は脱出を図ります。




のび太、ズボンの前ポケットに

ナイフを忍ばせてるそうです。




やっぱ、こいつ、いきなり人を刺すタイプだな。




ボイン2にとらせるんですが、

ナイフじゃなくて、おてぃんてぃんに

触ってるかのような字幕
に感じられたのは





管理人が薄汚いだけだとは思うんですが。





何はともあれロープを切って脱出できます。




したら、ボイン1が自力でバスに生還します。




息も絶え絶えではあり、

ちょっと怪我してるけど、

見た瞬間吐くような状態ではありません。





うーん、さすがです。

現実を超越しているという表現でしか

言い表せない気持ちで一杯です。





ボインが2つとも戻ってきたんで、

のびたは帰る算段をします。




バスのボンネットをいじって、

ヒューズが飛んでるだけと判明したんで、

交換します。




今時、ヒューズの飛ぶ、機械って

あんまり見たこと無いけど。



そんな事をしてるうちに、

いつの間にか殺人鬼が現れます。




まあ、そろそろ現れないと、

オチがつかない頃だったんで、

しょうがないでしょう。






クライマックスへ向けて一直線です。




ここで互角に渡り合えば男らしいんですが、

いかんせん、のび太です。




ザックザックとやられて

あっという間です。





このとき、なんでか、

ボイン2はバスの中だったんで、

殺人鬼はバスの中へ向かいます。




したら、いきなり、チョコっと出てきた

保安官が自分の足を殺人鬼に投げて、

フードが落ちて、ボイン黒人が正体だと判明します。






保安官、確かに少し足を引きずってたけど、

義足だったとは。





そんなもん投げる前に、

銃で撃てよ。



ばーか、ばーか。






ボイン黒人は、片足になって、

攻撃力が劇落ちになった保安官もやってから、

バスに行きます。





ボイン2が追い詰められます。





しかし、黒人ボインが、

つながっていない携帯で

誰かと話してるんで、





中の人、もしくはエア彼氏がいると推測し、

聞くに堪えない汚らしい言葉で罵って、

動揺している隙を付いて、




手元にあったフライパンで

ボイン黒人をがっこりやっちゃいます。




のび太はアンだけザックザックやられて、

他の人は一撃で殺されているのに、

平気な顔してバスに入って来ました。





死ねばいいのに。




そして、あまつさえ、

ボイン2とチューしちゃいます。




お前なんか死んでしまえ。






さっき、チューしたのは

幼稚園の時以来さっぱりとか話してたんで、

あんまり夢中になりすぎて、





ボイン黒人が目を覚まして、

ナイフを振りかざしているのに気が付きません。





よーし、そのまま、

刺されてしまえ。





したら、ボイン1が

ボイン黒人の背後から

ボウガンを打ち込みます。





武器にこと欠かないキャンピングバスです。




今度こそ、確実に戦闘力、

どころか命も奪ったようで、

安堵してると、





ボイン黒人の携帯が鳴って、

エアだと思ってた、

ボイン黒人の彼氏が話します。





エア彼氏が実在してたからといって

何が起きるわけではないと思うんですが、

のび太とボイン×2は、恐慌を起こして

バスを出発させます。






キャンプ場の入り口に到達すると、

ボイン黒人殺人鬼と同じレインコートが

ジャイアンの死体を引きずって立ちはだかります。





そのまま引き倒せば問題ないし、

むしろ、そのまま轢き倒せ!

と念じてると、




殺人鬼がフードを取ります。




すると、中から現れたのは、

しつこいくらいボイン2の回想に出てきた

ボイン2の元カレ。




多分、ここで、

監督、ボイン2、元カレあたりの

渾身の演技だと思われる、





ボイン2の回想で

仕込んできたつもりの

伏線を全て回収するぜ!




という意気込みであろう、





見てるほうには何も伝わらない、

どころか、意味の分からない、


微笑みというより、苦笑を

皆さんが浮かべて、





ボイン2がアクセルを踏み込んで、

おしまい。





色々と顔文字とかを使って装飾して、保存しようとしたトタンにデータぶっ飛んだんで、
やる気なくしました。最低限の装飾でお楽しみください。




2012/02/22 20:34|サイコTB:0CM:6

ハサミ男

〇ハサミ男(原題同じ)
本編119分 製作国ジャパーン
監督 池田敏春
出演 豊川悦司、麻生久美子、樋口浩二、阿部寛


ハサミ男 [DVD]
ハサミ男 [DVD]
【レビュー】★★☆(★2つ)
トヨエツ、

麻生久美子、

阿部ちゃん、

寺田農、

世界の車窓からのナレーターの人、








なに?

この無駄に豪華な布陣。(≧ω≦)b







しかもさー、タイトルから、

ぜってースプラッタだと思ってレンタルしたのに、

キモイのはゲロのみ、ってどーユーことよ。(/≧◇≦\)





血まみれは平気だけど、

ゲロはダメなんだよねー。( ̄x ̄;)








ちなみに、トヨエツは

何かを演じてるんじゃなくて、

トヨエツでしかないんで、(○´ε`○)






トヨエツ好きな方は必見です。

基本、トヨエツ祭りです。∩(´∀`)∩







トヨエツのイケメン、

トヨエツの低音、

存分に堪能してください。






同じくらい、イケメン、

低音の阿部ちゃんも出てきますんで、

一粒で2度おいしいですよ。





いくらか、彼らとは違う、

イケメンじゃないの
も出てきますが

我慢してください。<(_ _)>





彼ら2人が中心ですんで。






一生懸命、犯人探しの

ミステリー風の何かをやってますけど、







トヨエツの男前ぶりをより引き立てるための

付け足しデスから、

あんまり気にしないほうがいいです。(*゚▽゚)ノ















一応、簡単な解説をしときますと、

マスコミが呼ぶところの名称で、

ハサミ男というのがいてですね、







偏執的な執着心でもって

ミクロ的精度で研磨され

鋭利な針状となったはさみで




女子高生の喉をブスっとやり、

殺しちゃう事件が発生します。





誰も、男の犯行なんて言って無いのに、

マスコミがハサミ男なんて言うもんで

警察まで、男の犯行と決め付けて捜査をする始末です。





そんなことで、

ハサミ男というタイトルなんですが、

実は、ネタばれも甚だしいんですが、





















































こいつは、誰かさんにしか見えない人でして、

ひとつ前のレビューのような人です。




ただねー、映像的に、

まるで実在するように行動するもんで、

巧妙な映像演出に感心しきりというより





何だそりゃ、騙しやがって(・Д・) (・д・)あん?

ってカンジになります。





こいつが実在してないと

おかしいような行動を

周りの人もするし。





これなら、バーニングのように

もっと大きいはさみを使って

血まみれスプラッタすればよかったのに。(・д・)




管理人的に。






でも、それぞれ、

演技派の皆さんなんで、





たとえ、殺人の動機がさっぱりでも、

キャリア警察官に女子高生ナンパしてる時間なんかねーよとか

ニコチン煮詰めたの飲めばマジ死ぬぞとか、

思わせても、





なんとなく、そんなもんかな~

って感じで2時間近く過ごせます。





ということで、2回続けて

同じネタ
だったけど、トヨエツ祭りなんで

★2つで。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ これ、実はクリックできるんですよ。


2012/02/05 16:58|サイコTB:0CM:14

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。