日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

地球が凍りつく日

○地球が凍りつく日(原題The Last Winter)
本編97分
監督 ラリー・フェセンデン
キャスト ロン・パールマン、ジェームズ・レグロス、コニー・ブリットン、ケヴィン・コリガン 

地球

【レビュー】★★★(★3つ)
いやー、キアヌさんのアレ

パクる気満々なタイトルに

清清しさを感じます。(・ω・)b




絶対見なきゃという気にさせてくれます。(゚д゚)(。_。)ウン!




最新ハリウッド大作も、

これくらいの邦題

考えてほしいものです。




もちろん、どこをどうやったら

そんなタイトルになるのよ
って、

素敵な内容です。∑d(≧▽≦*)




まあ、キアヌさんのほうも

どうかと思うような内容でしたからね。

おあいこということで

ひとつよろしくお願いします。((^┰^))ゞ テヘヘ




ということで、

がんばって、

暑い中見たんですよ。





時々B級系で見かける

ゴリラのような顔をした

おっさん
が出てきました。




なんかもう、これだけで

おなかいっぱいになりました。( ̄3 ̄)=3 げぷぅ




で、あと、主人公と思われる

ひげもじゃも出てきました。



あと、がたいのいい、

しみだらけのおばさん


昔は美人だったと思われます、

も出てきます。




ほかにも何人か出てきますが、

ゴリラの前には空気も同然です。(≧∇≦)b





しみおばさんともじゃは

いい仲なんで、

そんなシーンも出てきます。("▽"*) イヤン♪





出来ればもう少し美人でお願いしたいです。(TmT)ウゥゥ・・・






ということで、

主に、ゴリラと、

おばさんの営みを鑑賞するという

そういった内容となっております。



舞台は、雪と氷に閉ざされた基地です。

何してるか知らんけど、

みんなして引きこもってます。



日本人的には

昭和基地といったほうが

イメージしやすいと思います。




で、時々おかしくなって裸で外出て死んだり、

わざわざ雪原のど真ん中にテント立てて

既知さんのようなメモを書きまくったりしてます。




大体全員既知さん化して行きます。




もともとそうだったと睨んでるんですが、・・・(-_-)

永久凍土が温暖化で溶けて、

未知のガスが出てきたんだ。

なんて言ってました。





そんな得体の知れないものが、

ちょっと表土が緩んだくらいで

出てくるわけねーべよ。┐('д')┌





お前も、温暖化温暖化で脅して、

金儲けをたくらんでる口だな? σ゚ロ゚)σ






おばさんともじゃだけは正気です。




やっぱ、もともと既知ということで

いいんじゃねーの?





それで、既知さん方が

いろいろと活躍して、

昭和基地をぶっ壊してくれます。





助けてーっ

本土に連絡するために

隣村までもじゃとゴリラが行くことになります。





道中、巨大生物の幻を見ます。

淡い青色で燐光を放っていて、

もや~んとした幻です。



はい!ここ、今日の肝なんで

しっかり見るように! (o ̄∇ ̄)σ




クローバーフィールドを連想させる

チラ見せです。




もじゃとゴリラをぶっ殺すときだけ

ちゃんと見えました。



凶悪なご面相をした

恐竜風なクリーチャーでした。




で、なんで、いきなり、

こんなのが出てくるのか、

おじちゃんに説明してくれるかな?(#`-_ゝ-)





なんて要請は無視されて、

次はおばさん病院で目を覚まします。





病院は無人で、

あわてて出てったかのように

乱雑になってます。




外に出ると、

車が折り重なり、


尋常な様子ではありません。




おばさんの背中を映しながら、

空に向かってパンしていく途中で

おしまい。




バイオパクってんじゃねーぞ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆



もちろん、ここのパクリで

何を言おうとしてるのかは

さっぱり分かりません。(=゚∇゚)



まあ、パートツーにつなげたいよ~(」゚□゚)」

ってとこだろうとは思いますが。




おばさんの営み
があるから★3つで。



スポンサーサイト
2010/07/31 17:31|モンスターTB:0CM:5

鎧 サムライゾンビ

○鎧 サムライゾンビ(原題同じ)
本編91分
監督 坂口拓
キャスト 植田浩望、夏目ナナ、やべきょうすけ、中島愛里

サムライゾンビ

【レビュー】★★☆(★2つ)
イヤー、暑いです。(;´Д`A ```

すんごく暑くて、

へんな汁が出てきます。




おっさん汁と命名してます。

やっぱ、汗がさわやかなのは、

せいぜい高校生までですね。




しかも、イケメンに限る、ですな。( ´,_ゝ`)プッ





それはさておき、

声が結構渋い、

どっかで見た背の低い男が出てきます。





うーん、誰だっけ?




あっ、クローズゼロに出てた、

口先だけで生きてた先輩だ!(゚O゚;

たぶん。





カメラ目線で語り始めます。




ソレをやっていいのは

エドウッドだけですよ。

言いたいことは分かるよな?(-゛-メ)






首をもぎ取られてどっか行っちゃいます。




あんま関係ないんで、

ここまでのことは忘れていいです。(*'-')b




吹越満一家が出てきます。



珍しく名前を覚えてます。


後は、平成ガメラに出てた人、

ゴジラだっけか?

と言う程度の認識です。




しきりに、人の出会いの不思議を

強調しますが、実は複線です。

いや、伏線です。




まあ、だからと言って

どうだと言うわけでもないんで、

忘れてもいいです。(゚ー゚)(。_。)ウンウン




しいて言えば、

グラビアアイドルの

優香が出てたなんとかってホラー

みたいなもんです。




優香のほうが

伏線の見せ方としては

うまいかと思いますが。




もちろん、相対値ですよ。(*`▼´*)b





吹越ファミリーは

ナビの誘導にしたがって、

進みます。




白づくめの兄ちゃんを轢き倒します。




白づくめといっても、

白装束じゃなくて、

モード系でおしゃれに決めてますよ。( ̄ω ̄;)





石田いっせいさんに見えます。

が、定かではありません。




むっくり起き上がります。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮



あっ、早速ゾンビだ!O(≧▽≦)O




背中に風穴を開けて

また倒れます。



吹越さん、実は

かなりアメリカナイズされてたんですね!





えらいことびびってる吹越さんです。





白装束の後ろから

銃を持った黒尽くめが現れます。

赤毛のねーちゃんを連れてます。





こいつが白装束を撃ったようです。




うーん、後ろから撃って、

背中にあんな穴が開くんだろうか?




前に穴が開いて、

前に血しぶきが飛ぶんなら分かるんだが、

後ろに血しぶき飛んでたしな。





分かった、ダムダム弾だ。ヾ(〃^∇^)ノ

アレなら、着弾と同時に

運動エネルギーを放射するって

何かに書いてあった!



うん、そうだそうだ!ヾ(〃^∇^)ノ




ところで、
白装束は

ゾンビじゃないの????r(・x・。)





とりあえず、白装束は無視されてるんで、

先に進みます。




ちょっと先に車が一台大破してます。



黒白赤の車のようです。





もちろん、吹越ファミリーカーは

ジャックされます。




さあ、先に進め、

まっすぐ進め
と脅かされます。





あ、ところで、

黒はイケメンです。

なんか、聞いたことのある声ですが、

男には興味ないんで、

それ以上の追求はしません。



江口洋介風のリーゼントに

彼の美意識の一端がうかがえます。

たぶん裏地には虎と竜の刺繍があることでしょう。





赤はよく分かりません。

じゃなくて、知らない人です。

アンじゃなさそうですが。





ぶんぶんと前進、

山の一本道なんで、

ソレしかできませんが。



硬く閉ざされた

英語で言うとゲートが出てきます。





黒と赤がぶち破れと言うので

そのまま突き進んで、

門を吹き飛ばし、先に進みます。






閉ざしてあるということは

この先は何もないか、

先に進む道はないと思われます。




ツーことは、そもそも、

こいつらどこに行こうとしてたんだよ!(A゚∇゚)ハ


ってところですが、

もうアラフォーなんで、察してやりました。





で、早速パンクします。




えーと、普通、車には

一本はスペアタイヤというのが

積んでありましてですね・・・・




と、ご高説を垂れてやったんですが、

黒が、満さんに人家を探して

どうにかしてこいと、

こう来るわけですよ。





いや、あの、スペアタイヤ・・・・

という、心の声は無視されちゃいました。






満さんを待ってる間に、

日も暮れて雪がちらほら降ってきました。





満さんがどうなったかというと、

「どうなったか」でお気づきかと思いますが、

さっさと、ジャケのヨロイ武者さんに

くびちょんぱされて、家族の元に返ってきます。





で、待ってた皆さんは、

生首が転んでくるわ、

ヨロイ武者が現れるわで

大パニックです。(^◇^)ケッケッケ...




人がパニックに陥ってる様を

見るのはたいそう愉快です。






ムリムリと車をバックさせて

逃げようとします。



うまくいかないんで、

今度は思いっきり前進します。




今度はうまくいきました。

ヨロイ武者が吹っ飛びました。




車はごろんごろんと横転してきましたけど。( ´,_ゝ`)プッ




勝ちか負けかで言うと負けてますね。




ひいひい言いながら

這い出して、逃げ出します。




黒は呆然としてるファミリーを

助かりたいならついて来いみたいな

激励をして連れて行きます。(・_・?)




ことここにいたっては、

自分たちが安全に逃げることを

優先したほうがいいと思うんですが。




わざわざ、足手まとい以上には

ならないような連中を

連れて歩くことはないと思いマース。(・o・)ノ




廃村のような地区の

校舎だったと思われる建物に

身を隠します。




すっかり明るくなって、

雪もやみました。





ん・・・・?

はっ!(゚○゚)!



今のなし!




心の目には、

日が暮れて、

雪がちらほら
している

廃村が見えてきます。





バカには見えません。(>▽<)b




さっき、すっころんだ車のところに、

白装束がやってきました。

やっぱ、こいつゾンビじゃねーの?

色艶いいけどさ。




日が暮れて、

雪が降ってます。




心象風景に現実が追いつきました。




校舎では、また、黒が、

なんか医療用具を探して来いと

無理難題を吹っかけます。




あるわけねージャン、こんなところに。ヤレヤレ<(´ロ`')o




とにかく、黒と女子高生の娘、

赤と小学生の弟に分かれます。




カーちゃんはどっかにいると思います。

忘れました。(*⌒∇⌒*)





いろいろとえっさほっさしてると、

白装束もやってきます。



明るい日差しで、

雪もすっかりやんで・・・





いやいや、とっぷりと日が暮れて、

雪がちらほらと、


ほら、素直な目で見てごらん。(*`▼´*)b




バカには見えません。( ´艸`)ムププ




ヨロイ武者がもうひとつでてきます。

白装束を追っかけます。




白装束は時代考証を無視したバイク

あったんで、それで、ライダーアタック

かましてみます。




残念ながら、ヨロイ武者パートツーの獲物が

薙刀だったんで、あっさりくびちょんぱされます。



黒と赤も対峙してます。




そうこうしている内に、

警官二人が来ます。




一人は冒頭の、

クローズゼロに出てきたと思われる

背の低い人です。



カーちゃんは
最初のヨロイ武者に追いかけられて、

森の中を逃げ惑ってます。



どっから、どーして追いかけられたかは

もうすでに忘却とアルコールの彼方でーす。('◇')ゞ





そういえば、この前外人に、

アルコールではなくて、

アルコォホルという感じ

正しい発音だと教えてもらいました。

何事も勉強ですね。






で、逃げ惑ってると、

祠みたいなところに来て、

そこで、古い小刀を拾います。





ちなみに、カーちゃん、

逃げ惑っているうちに

めがねを落としたんですが、

めがねをしないほうがずいぶん美人で

びっくりこきました。




管理人的には、

メガネで5割り増しが常識なもんで。




で、その小刀でヨロイ武者を刺すと、

あっさり倒せました。




よし、逆転だ!!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )








しばらくカーちゃん出てきません。





弟もいたはずですが、

ソレも忘却の彼方です。

困ったもんだ。(;^ω^A






で、警官の背の高いほうは

あっさりくびちょんぱされます。





黒赤、背の低い警官が対峙します。

ヨロイ武者はバンバカ撃たれて

しばらくおとなしくなってた様な気がします。




黒赤はいろいろとかなり参ってきてたんで、

言い忘れてましたが銀行強盗してきたようで、

金の詰まったかばん
を渡すから見逃せと

背の低い警官と交渉します。




あっ、いろいろとって、

赤が黒をかばって

致命傷を負ったってことです。




あっさり承諾して、

逃がします。





億単位だったら、

管理人も同じことをします。(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン






あっそうだ、姉も確か

もう殺されてたような気がします。






黒と赤はようやく、

転んだ車のところまで来ます。




ヨロイ武者が立ちはだかります。




いろいろと観念して、

もろともという感じで、

ガソリンタンクを撃ち抜きます。




黒と赤は丸焦げになりましたけど、

ヨロイ武者は当然のように平気です。






背の低い警官も

壊れた門の辺りまで来ました。



矢で打ち抜かれたか、

くびちょんぱされたかで、

この辺りで殺されます。






弟が出てきました。

カーちゃんが見つけます。

駆け寄って抱きしめます。




カーちゃんが持ってた小刀を

とっかえして、

グサッとやります。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!





さすがに、ここは?になりました。




心眼の鍛え方が足りないのだと

大いに反省してましたら、

戦国時代の寒村っぽい映像になりました。




追われて逃げ込んできた若さまが弟で、

村の皆さんが、本日のキャスト皆さんで、

残りが若様の家来のヨロイ武者でした。




金とかがほしくて、

本日のキャスト皆さんで、

若様とヨロイ武者を皆殺しにしてました。




来世で、恨みを晴らしたとさ。ε- (´ー`*)


どんどはれ。




あ、調べたら、黒は桜塚やっくんでした。

てっきりおかまだと思ってたんで、

ちょっとびっくりしました。




日曜日の昼下がりに

テレビをつけたらやってて、

途中からなんだけど、うっかり見ちゃうかな

という感じなので、★2つということで。




最近PTAの会議とかに出る機会があったんですが、先生方がすっかり萎縮しちゃってるし、何かあったら全部学校のせいなんですみませんって感じで、イヤー、大概のことは親のしつけが悪いからだよなーと思ったけど、めんどくさいんで言いませんでした。
2010/07/22 18:49|ゾンビTB:2CM:5

地雷映画のススメ~ヨタのパチもん映画レビュー~とリンクさせていただきました

地雷映画のススメ~ヨタのパチもん映画レビュー~
さんとリンクさせていただきました。


当ブログと同様に、B以下のものを取り上げていらっしゃいます。
同好の士ということで今後ともよろしくお願いします。



2010/07/07 20:34|未分類TB:1CM:1

ディストラクション 合衆国滅亡

○ディストラクション 合衆国滅亡(原題LIVING HELL)
本編92分
監督 リチャード・ジェフリーズ
キャスト ジョナサン・シェック、エリカ・リーセン、ジェームズ・マクダニエル、ジェイソン・ワイルズ

ディストラクション いや、砂漠の真ん中ですから。でも、合衆国を滅亡させそうな勢いであることは確かです。

【レビュー】★★☆(★2つ)
いやー、トランスフォーマーなんですよね。




でも、普通でしたよ。(*゚▽゚)ノ




お前は何を基準に

普通って言ってんだ!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆




でも、この前WOWOWで

やってたブラックウォーターよりは

面白かったですよ。





ところでね、JAMプロのライブに

行って来たんですけど、

すんげー楽しかったです。

生の遠ちゃんはかっこよかったし。






閑話休題





年端も行かない男の子に

母親がなんかの数字を覚えろと言って、

手のひらにゴリゴリと

ナイフで掘り込んでから、

だんなを殺して自殺するという





なんとも、

次の展開が気になる

素敵な幕開けです。





子供なんでナイフで傷つけても

ほとんど跡も残らないくらい

きれいに治る気がするけど

まあいいや。





さて、その男の子は

長じてから

母ちゃんに教え込まれた

数字が何かを解読すべく、

閉鎖されようとしている軍事基地へ行きます。






手のひらには

母ちゃんに刻まれた数字が

見事に残ってます。




うーん、執念をこめると・・・

と言いますが、

相当執念がこもってたようです。

なんか、いっちゃった顔してたからな~




というわけで、

アポなしですんで、

当然軍事基地に

いれてもらえる訳がありません。





ちなみに軍事基地のチョイスは、

母ちゃんが働いてたから

というものです。




で、入れてもらえないもんだから、

強行突破です。




9.11以降にこんなことして

ただで済むわけがないんですが、


撃たれることもなく、

どうしてこんなことしたんだい、ボク?

なんて優しく聞いてくれたりしちゃいます。





白色同士仲良しこよし

良かったですね。





それで、まあ、

母ちゃんの数字の話をすると、

ちゃんと探し出してくれる

親切な軍人がいたんですよ。




まあ、そうしないと話が先に進みませんからね。




公務員の風上にも置けない

仕事熱心さです。(゚┏ε┓゚)





で、数字が何かというと、

地下倉庫の部屋番号のようでした。





トンカントンカンして探ると、

密閉した、コンクリート製の

棺おけが出てきたんですよ。





皆さんご存知のように、

ぜってー、開けなかったほうがよかった

という結果になるんですが、


それでは先に進まないんで、

さっさと開けちゃいます。




ここでも手早く仕事を済ませます。



そんなことでは公務員失格ですよ。(゚┏ε┓゚)




棺おけの中から出てきた方は

もっと仕事が速いです。






胸にイソギンチャクを植えてる

男性だったんですが、

イソギンチャクが爆発的に成長して、

あっという間に、基地は壊滅します。





なんたって、細すぎて銃は当たらないし、

ツタのように壁をめりめりと侵食し、

人間に絡んだとたん服だけ残して

全部ご馳走様しちゃうんですから。




こんな騒ぎの中でも、

主人公は、美人を連れて

無事に逃げ出します。






幸いなことに、

基地は砂漠のど真ん中です。

人口密集地まで侵食されるまでには

まだ時間があります。




さあ、どうにかしろ、お前!σ゚ロ゚)σ






最寄の町に戻って、

面識はないけど

なんか知ってそうな

ネイティブを締め上げます。





うまいこと行きました。




主人公のカーちゃんから

なんか預かってて、

ちょっと離れた教会に埋めてるそうです。





なんで、ネイティブに預けたんだか

知りませんが、

自分ちに保管しておいてほうが

手っ取り早かったんじゃないかと思いマース。





それに、地面に埋めることが適切なモノなのか?

もう、腐ってんじゃねーの?






とりあえず教会に行きます。




イソギンチャクが迫ってきました。




埋めてあったものは手に入れたんで、

磯巾着に襲われたネイティブは

うっちゃってさっさと安全なところへ逃げます。






埋めてあったものを開けると、

8mmフィルムが出てきました。




何で腐らなかったんだろう?





映写してみると、

イソギンチャクの正体を

明かしてくれる男
が映ってました。



よく見ると、棺おけから出てきた

いそんぎんちゃく男でした。





イソギンチャクはこの男が作った

生体兵器だそうです。





弱点なんかないし、

今俺の中で順調に育ってるから、

あっはっはっ!o(〃^▽^〃)oだそうです。





てっきり、イソギンチャクの弱点が分かるかと

思ってたんで、主人公と美人は

ちょっぴりずっこけ気味です。





でも、ただでは転びません。




映ってたマッドさんが、

主人公の本当のお父さんで、

イソギンチャクは熱や光をエネルギーにして

育っている
ことが分かりました。






やっぱ、だからどーだってワケでは

ありませんね。





つーか、光や熱がエネルギーになるんなら、

北極にでも閉じ込めない限り、

永遠に成長し続けるじゃねーか。



絶望的だよ。

バルンガかよ。





なのに、あんなマッドがトーちゃん

だったなんてって、

そんなポイントで悩むなよ。






どーすんだよ、

なんとかしろよ、お前!σ゚ロ゚)σ







はい、そんなときに役に立つのが、

イソギンチャクを取り込んでた時期に

マッドさんがこしらえた、


主人公です。





なんと、主人公の血は

強力なワクチン、

イソギンチャク破壊酵素
になるのです。






それでは、ということで、

イソギンチャク発生元である

マッドさんのところに戻ることにします。





出発に際し、主人公が美人に聞きます。





俺が来てアレを開けるようなことにならなかったら

あれはどうなってたんだ?





そのまま地下に埋めたままで、

地殻変動でもない限り

永遠にあのままでした!\(*`∧´)/





まあ、そうじゃないかと思いましたが、

いまさらながら、

余計なことをやったもんです。







主人公に手を出すと、

自分が死んじゃうもんだから、

磯巾着はぜんぜん妨害してきません。






特にこれと言うこともなく、

マッドさんのところにたどり着きます。




首を掻っ切って、

盛大に血をぶちまけるかと思ったら、

ちょっとだけ腕を切って、

ぽとっぽとっと垂らしただけ。





この騒ぎを起こしたんだから、

責任とって、ここで腹を切れ!





数滴でも強烈な威力を発揮して、

大増殖していた

イソギンチャクが一瞬で死滅します。




良かった、良かった。




ところで、イソギンチャク装着済みの

マッドさんを棺おけに閉じ込めたのは

誰なんだろう。




ということで、

日曜洋画劇場なら

十分に耐えられるレベルですので、

★2つで。





JAMprojectのライブでは自分のようなキモオタしかいないのかと思ったら、意外と普通の人がたくさんいたので、少々びっくりしつつ安心しました。来月は遠藤正明のライブです。楽しみだな~。
2010/07/03 19:56|モンスターTB:0CM:3

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。