日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

リアル・ヒーローズ

○リアル・ヒーローズ(原題同じ)
本編72分 画面サイズ16:9
監督 山本清史
キャスト 無名の皆さん(ぽすれんのデータベースに無かったので省略)


【レビュー】★★★(★3つ)
ゲオで旧作100円を始めたので、

久しぶりに行ってみました。



新作コーナーには香ばしそうなのが山盛りでしたが、

旧作しか安くないのであきらめました。



タイトルからして、もう、有名なアレと間違ってレンタルしてくれと、

ビジネスチャンスをそこに絞り込んでいる、潔い作りとなっております。

ジャケもその通りですね。
リアルヒーローズ こんなに人は出てきませんし、日本人しか出てきません。




ナノで、長距離ワープができる日本人とか、

何トンもの重量を思念だけで持ち上げる人とか、

そんな人たちが出てくることは、期待してはいけません。(*`д´)b

もってのほかです。∑d(≧▽≦*)




さて、実際に起きた出来事を関係者からインタビューするという形式で進みます。



まあ、当然、ずぶの素人じゃなくて、

素人を演じている俳優にしか見えませんけどね。




今、我々は、ワープをした人物の友人と接触するところである。



正確なナレーションは、いちいち覚えてられませんが、

そんな感じでドキュメンタリー風な重みのある声で、ナレーションが入ります。



いや、あれなんすよ、あいつと肝試しに行ったら、

途中で姿が見えなくなったんすよ、

これって、やっぱ、アレっしょ、

ワープって言うんすか、瞬間移動っーか、へへ。




いきなりワープの結論を導く理屈が分かりませんが、

とにかく真剣に聞いている、インタビュワーの二人。





んで、2−3日したら帰ってきたんすよ、

そしたら、西ナイル熱ってのにかかってて、

いや、もう直ったんすけどね。





我々は、西ナイル熱について専門家に聞いてみた。

西ナイル熱は北米でよくある病気で、

日本での症例は1件しかないということだった。



まあ、この辺で、その友人が、

北米に行ったんだ、

しかもワープで!


という雰囲気に持っていきたそうなんですが、

持っていき方が粗雑すぎて、とてもそんな好意的な解釈ができません。




あ、んで、何ツースかね、

帰って来たはいいんだけど、

あいつの周りで変なことが起きるようになっちゃって、

なんて言うんすかね、

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん



おっ、この退屈きわまりない、

何一つ明確にならないやり取りの中で、

何か重要なことを明示しようとしているのか!

と期待するところです。ヽ(‘ ∇‘ )ノ




アレっすよ、超能力っツーんすか?



ヘー、超能力


そーっす、超能力




なんか、それで、会社も首になっちゃって。

やっぱ、アレじゃないっすか、気持ち悪いじゃないですか、

超能力って。





いわゆる超能力でも、

サイコキネシスやらテレパシーやら、

超人ロックやら、

マーズやら、

バロム2世やら、

その名は101やら、

いろいろな形態があるんですが、

全くその辺は明確にしません。



しかも、言うに事欠いて気持ち悪いですか。



第一やり取りする言葉が、

アレとか、ソレとか、

そんな感じとか、

はっきりとしたものの言い方をしないのがイライラします。(#`皿´)




んで、続いて、その友人の元カノへインタビューします。



彼が失踪する前と後で何かかわったところは無かったですか?




うん、まあ、導入としてはまあまあな投げ掛けですね。




う~~ん、あはっ、うふっ、ぶふっ。




なかなか言葉を出さず、豚がゲップをしているような空気漏れを繰り返す、

おたふくさん。




う~ん、なんかちょっと変になったっていうか。



以前はこうで、帰ってきてからはこんな感じになってと、

比較して言わないと何が変なのか他人には分からないだろうが!

ってイライラしながら聞いてたら、




中のインタビュワーは、あまり疑問に思わず、

と言いますと、と促します。


しばらく、ぶほぶほしてから、

UFOが・・・・・・



が・・が・・・が・・・・・・・・・・・


UFOがどうしたーーーーーーー!(;`皿´)

次を早く話せーーーーーー!(;`皿´)





UFOという単語が出てきただけで大満足らしいインタビュワーは、

次を促してぼろが出てきては困るので、

大喜びで、

ユーフォーって言うと、アレ?

未確認飛行物体ってやつ?って念押しします。



んで、速攻で、次の話題に移ります。



超能力がどうとか、瞬間移動っていうかワープのこととか話してませんでした?



しばらーく、ぶほぶほ言ってるおたふくオカメチンコ。



う~ん、そんなのもあって、気持ち悪くて別れたんです。





実際のところ何が起きてたんだか何一つ明らかになってないんだけど、

こっちの都合のいいように誘導できたんで、

おたふくはさっさと返してインタビュー終了です。



続いて、元同僚にインタビューです。


あいつ、なんかおかしくなっちゃって。




もう、いきなり、おいしいコメントいただいたんで、

突っ込んで聞きます。



指示されたのと違う仕事をするんですよ。



ねっ、変でしょと同意を求めたそうな元同僚。

期待してたコメントじゃないんで、あからさまにがっくりきてるインタビュワー。



ちゃんと受け答えができるやつと感じたのか、

そうそうとインタビューを切り上げます。





そして、ようやく、本人にインタビューです。

本人の住んでるアパートに押し掛けてのインタビューです。



帰ってくるまでの間どこにいたのか覚えてないんですか?



イヤーソレが全然記憶にないんですよ。



でも、北米にしかないような西ナイル熱にかかったことは事実ですよね。



そうですね。



じゃあ、北米にワープしたって言ってもいいんじゃないですか?



いやソレはいくら何でも飛躍し過ぎじゃないですかと思ってみてると、

さすが本人もそう思ったんだか、

いや記憶が無いんで、とお断りします。



自分の決めた結論に持っていきたくて、

執拗に食い下がるインタビュワー。




だんだん、抵抗しにくくなって、頭を抱える本人。




マスコミのやり方をかいま見た気がします。




台所から、まがったスプーンと持ち手のとれたコーヒーカップを持ってくる本人。

手に持ってたら無意識のうちにこうなったと説明します。



俄然、張り切るインタビュワー。



もうこれであなたは確実に超能力者だ。

さあ、認めなさい、自分が超能力者だと。

再び、執拗に食い下がります。




自分の口で言わせちゃおうとするあたりに、

いざというときは逃げてやろうという姑息さが垣間見えます。




なかなか認めないんで、手をかえます。

ここでスプーン曲げをやってみせろとなります。

ちょっと、おだててみたりしたんで、今度は承諾します。




カメラをきりますんで、リラックスしてやってください。




しかし、我々は万全を期すため隠しカメラを設置していたのである。

重々しいナレーションが入ります。



天井からの映像に切り替わります。




今きたばっかりなのに、なんでそんなとこに設置できんだよ。

状況設定のあまりのいい加減さに、さすがにくらっときました。



さらに、用意したスプーンがプラスチック製



ご覧のように、誰でもすぐに折ることができます。

と、カメラに向かって説明します。

もちろんというか、わざわざプラスチック製にした理由はいっさい明らかにされません。




今回のハイライトがやってきます。

何と、プラスチック製スプーンが、

手に持っているだけで、パキーンと折れます。




テープをどうやって回収したかは不明ですが、

隠しカメラでばっちり撮った映像を、

有名なマジシャンに見せます。



ここでも、遺憾なくいつもの性癖を露呈します。

手品だとしたらタネがちょっと分からないというマジシャンに、

じゃあ、超能力ですよね、ソーですよね、間違いないですよね、

と、畳み込んで、もちろんそんなことを認めたくないマジシャンに、

執拗に超能力認定を迫ります。




マジシャンが認めたからって超能力だと世界が認める訳でもないだろうに、

全くこいつらのやり方ときたら・・・・

見ていてむかむかきます。




ソレよりも、おもしろものが映ってましたよ気がつきませんでしたか?

とりあえず、話の矛先をかわすマジシャン。



自分の都合の良い結論だけしか目にしないインタビュワーには何のことだかさっぱりです。



プラスチック製スプーンが折れると同時に、

側に置いておいた、以前にまがったスプーンが誰も触れていないのに動いている様が映ってました。




もう、こりゃー超能力だ、間違いないね。

重々しいナレーションが入って
、おしまい。



何を持って超能力としてるのか、

ワープはどうなったとか、

あれこれそれだけのやり取りでお前ら何がわかんだとか、

人に結論を言わせて自分の責任を回避すんじゃねーとか、

いろいろと言いたいことのある内容でした。


これじゃあ、今時、小学生でも納得しないでしょう。





合間合間に、神隠しにあった人や前世記憶のある人のエピソードが紹介され、

彼らもリアルヒーローズだ!と割とかっこいい男性が断定するんですが、

本編も含めて、あのヒーローズと同列にするにはあまりにも無理があります。

牽強付会という言葉を贈っときます。



ということで、ドキュメンタリーという体裁で、

映画ではありませんが、文句無く★3つです。




最近、寝ても寝ても疲れがとれず、朝起きると体がだるい、肩が痛いという症状が続いております。職場に行くととりあえず元気は出るんですが、年なんですかね。
スポンサーサイト
2009/07/25 19:55|SFTB:0CM:7

サーベルタイガー

○サーベルタイガー(原題SABRETOOTH)
本編90分 画面サイズ4:3(シネスコ?)
監督 ジェームズ・D・R・ヒコックス
キャスト デヴィッド・キース、ヴァネッサ・エンジェル、ジョン・リス・デイヴィス

サーベルタイガー 70年代怪獣映画のようなジャケが好ましいです。

【レビュー】★★☆(★2つ)
あちらの皆さんは、

どーしてサーベルタイガーが好きなんでしょうか。

やたらと題材に使われてるような希ガスるんですが。

タコやイカも好きなようですが。



今回は、遺伝子操作で作られたサーベルタイガーが野に放たれます。



なんで、放たれたかというと、

運搬中に、トラックがスッコロンだからです。



なんで、運搬してたかというと・・・・




う~ん、まあいいじゃないですか。

そんなことはどうでも。

いちいち説明しなくても分かるでしょ?



そうしないと先に進まないから(*`▼´*)b





という訳で、エサが出てきます。




少々年がいってる感じがしますが、

パツキンのぼいんぼいん。ヘ(≧▽≦ヘ)

高校生くらいの。まあ、こちらもボインと言ってよい、

女の子。



男は、マッチョとこくじんと、ゲイツ君と、

定番の品揃えです。



皆さん、山岳ガイド養成講座に参加して、

人里離れた山の中をえっちらおっちら進んでます。

パツキンボインが講師です。



当然ながら、ゲイツ君はいじめられるし、

女性陣には鼻も引っかけられないし、

白人の皆さんはカラードは最初から目に無いようですんで、

必然的にマッチョはモテモテです。



んで、期待されるのが、

おっぱいボローンです。ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃




もう、おっぱいボローンのために見続けたと言っても過言ではありません。

と、大人らしく責任回避の曖昧な表現をしましたが、

まあ、早くおっぱい出せよということですね。\(^▽^)/




暑いらしくて、だんだん薄着になってくし、

時々脱ぎそうになるんですが、

なかなかボローンまで到達しません。



ちょっと、腕立てやって、

見てもなかなか到達しません。



ちょっと、腹筋やっても到達しません。


そんなこと繰り返してたんですがなかなか到達しません。゛(`ヘ´#) ムッキー



そんなこんなしてるうちに、

ゲイツやら、その辺の人やらが食われていきました。



直接な描写はしないで、豚ホルモン代を節約しておりました。




ちぇっつまんネーのってぼんやり見てたら、

サーベルタイガーが明るいところへどんどん出てきます。



あんな、PS2にも負けてるようなCGでよくやるもんだと感心しました。



まあ、それはともかく、おっぱいボローンです。




どんどん尺が押していきます。



おっぱいボローンなんて雰囲気ではなくなってきました。(TmT)ウゥゥ・・・




とうとう、サーベルタイガーとの最終決戦を迎えてしまいました。




最初に出てきたマッチョがしなくていいケガして使えなくなったんで、

途中から出てきた別のマッチョが、

木の枝で刺して倒してしまいました。



う~ん、枝って言うより、杭かな?

まあ、そんな感じで、あっさりご退場願いました。



これからボローンがあるとは思えないので、

あきらめました。



B級の要素の一つである色気がちょっと足りない作品でした。

ツーか、おっぱい出してなんぼでしょ! (`∧´メ)ρ))



それ以外は及第点のB級でした。


ということで、★2つでいいんじゃないですか?



最近、小さくまとまってきてるような気がします。もっとぶっとんだBが見たくなってきました。


2009/07/22 19:32|モンスターTB:0CM:11

D.P

○D.P(原題同じ)
本編76分 画面サイズ4:3(シネスコ?)
監督 千葉誠治
キャスト      半田健人、藤田陽子、高野八誠、松田賢二

DP.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
夏を控えて、というか、夏真っ盛りなので、

Tシャツだけで過ごすことが多くなって、

自分の腹回りの醜さに愕然としております。Σ(°д°lll)ガーン



ということで、映画を見るときは、

必ずルームランナーで走ることにしてます。


とはいえ、なかなか毎日走ることは難しくて、

細切れに見ております。



ということで、前回からこんなに期間が空いてしまいました。



ちなみに、ランニングの効果は未だ出てきておりません。ヽ( ´ー)ノ




さて、鑑賞するにあたり、

ポスレンに投稿されている感想を斜め読みしてみました。

タイトルだけでは中身があまりにも想像できなかったからです。




仮面ライダー555こと、たっくん以下、

イケメン狂想曲だそうです。o(∇≦o)≡(o≧∇)oィェィ☆




汚いより、綺麗な方がいいに決まってますが、

いかんせん、男には興味がないんで、

モチベーションが妙に下がりました。



でも、555は好きでよく見てたんで、

よし、じゃあ、みましょうと、

ランニングしながら視聴しました。



林の中で目覚める男女6人くらい。(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!



たっくんのほかにもみたことのあるイケメンがいました。

アバレブラックの人です。

あと、アグルの人もいました。最近は、仮面ライダーもやってるそうです。



後は、男女両方とも知らない人です。

女性陣は別に興味を引くような方はいらっしゃいませんでした。

でも、美人さんたちですよ。d(´∀`*)




皆さん、記憶がなく、ここがどこかもわかりません。



例のソウの類似品ということがよくわかります。




とはいえ、拘束されている訳でもなく、

林というオープンスペースですんで、

ダッシュかけて逃げます。



アバレブラックが、

何かにぶつかったかのように、

えらい勢いで跳ね返ってきました。



鼻が折れ、鼻血ブーで、

さすがのイケメンも形無しです。

アバレブラックのときにちょっと間抜けなキャラだったんで、

その名残なんでしょう。



何にぶつかった方というと、

ガラスです。




ええ、皆さんのお家にも当然ある、

窓に使われているガラスです。┏(=`∀´=)┓エヘン

妙に固いですけどね。



こんなときは、不可視の壁にぶつかるもんですが、

ちゃんとガラスでした。

は~ってすると曇ります。(*≧m≦*)ププッ



ぐるっと囲まれてることになってます。



いや、もう皆さんパニックです。




そしたら、黒いレザーのトレンチコートをきた男が現れて、

イケメンじゃないやつを殺しちゃいます。ウリャ(゚Д゚)ノ━━━━━∈グサッ



開始数分のことです。



イケメン狂想曲なのに、

イケメンじゃないのが混ざってるな~と思ってたら、

あっさりご退場となりました。(T−T(_ _(T−T(_ _ウンウン




それで、皆さんまたもやダッシュかけて逃げます。



黒づくめに反撃したりもするんですが、

強いし、空から武器が降ってきて、

どんどん武器が補給されるんで、

どうにもなりません。



しかも、殺しても殺しても、

復活してきます。



これじゃあ、逃げ場所もないし、

どうしようもないじゃん。

あっちょんぶりけ、なんですよ。

ハラハラどきどきもしてこないし。



ということで、路線変更です。∑d(≧▽≦*)

ハラハラドキドキを求めちゃだめなんだ!( ̄Λ ̄)ゞ

何のための、イケメン狂想曲なんだ!( ̄Λ ̄)ゞ

主題が何かを見極めろ!(*`д´)b





ということで、
微妙なイケメンはどんどん殺していきます。



残ったのは、たっくんとアグルの人です。

今回の中では、一二を争うイケメンといっていいでしょう。



人によって違うでしょうけど。

うちのカミさんみたいに、

イケメン韓流俳優たちを、

あいつら絶対ホモだ!ってイケメン認定しないのもいますから。




中盤あたりから、

彼らを中心としたやりとりが、

イケメン好きのためにアップを多用して繰り広げられます。
キタ━━━(°∀°)━(°∀)━( °)━(  )━(  )━(° )━(∀°)━(°∀°)━━━!!


イケメン好きには、こりゃあもう、たまらない仕上がりになっております。




ナノで、手に汗握る展開とか、

次々と現れる謎とか、

ストーリー面での食いつき部分は気にしなくてもいいようにできてます。(*TーT)bグッ!



ランニングしながら、

ちょっとランナーズハイ入って、

画面を見てなくても全然ついけてますよ。



あ~、やっぱイケメンは何をやっても決まってるなとか、

そんな感じでいいかと思います。




そんなイケメン二人がついに雌雄を決するときがきました。

ここでも、殺陣がどうとか、アクションの切れがどうとか、

そんなことを言う必要はありません。




あ~、やっぱイケメンは何をやっても決まってるな~でいいです。




たっくんが勝って、今度は、黒づくめと決着になります。

ちなみに、女性陣は一人だけ生き残ってます。



ここらで、タイトルの由来が出てきました。

Dはデス、

Pはペナルティ、

死刑判決という意味だといってました。



分かったからといって、打開策は出てきません。

とりあえず、最後まで、たっくんのイケメンぶりを堪能してください。

ここまでくれば、あと10分程度ですんで。



約70分ほど、イケメンを堪能したらおしまい。



ということで、★3つです。




マックのIMであるところの「ことえり」の変換精度が高くてびっくりしてます。学生時代に使ってたときは、とんでもない馬鹿で、しょうがなくATOKを買ったもんですが、これなら買わなくてもぜんぜんオッケーです。
2009/07/12 16:33|SFTB:0CM:2

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。