日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

スケアー ~地獄の課外授業~

〇スケアー ~地獄の課外授業~(原題同じ)
本編70分 画面サイズ4:3
監督 内田英治
キャスト 佐藤寛子、長澤奈央、及川ゆうき、大上祐美子


【レビュー】★★★(★3つ)
全開はデカイエローでしたが、

今回はハリケンブルーです。
スケアー



で、出てくるのはほとんどが女子高生です。

どう見てもあんた達20代でしょうという感じなので、

かるくイメクラ気分です。

行ったことはありませんが。

ホントですよ。




タイトルからはいまいち中身が想像できませんが、

ぶっちゃけ、スナッフフィルム撮りたいよーって内容です。

内容と変換したいのに、無いようと必ず変換されてしまいます。

中身の無い映画ばかり見ているせいでしょうか。



殺人があったといわれている山奥の別荘で、

女子高生達が、その別荘のレポートを撮り始めます。



よく意味の分からないやり取りが延々と続きます。

その間、イメクラ女子高生達が映りっぱなしです。

ルーズソックス好きなおじさん方にはたまらない出来となっております。



そしたら、そのうち1人が何者かに殺されちゃいます。

みんな同じ格好をしていて、

飛びぬけてかわいい子もいないし、

どれが誰だか判別できません。




どんどん殺されます。



犯人は誰だみたいになって、

とにかく逃げることにします。



ところが引率の先生が我先に逃げ出しちゃって、

車がありません。



追いかけると、追いついたんで乗せてもらいます。

1人だけ。




ネタばれしますと、その先生の車に乗った1人が犯人の1人です。

刃渡り5センチほどのナイフなんですが、

大人2人をあっという間に殺しちゃいます。



そんなナイフじゃ、殺傷能力は無いようなもんだと思うんですが、

手馴れているということで、ポジティブに解釈しときましょう。



ついでにネタばれしますと、

ハリケンブルーも犯人です。

もう1人男子も犯人です。




廃屋みたいなところで、

この3人が女子高生1人を殺して、

スナッフを撮ろうとしてると、

別の女子高生が乱入してきて、

男子を鉄パイプでがっこりやって、

殺されそうだった女子高生を逃がします。



さあ、そろそろラストなんで、

しっかりと見て、覚えておいて、

前後関係をレビューでしゃべんなきゃと思って、

一生懸命見ました。



ここまで言えば察しのよい方はお分かりだと思いますが、

よくわかんなかったです。




まず、女子高生の個体判別ができない。

ラリホーが効き始めてきた。

焼酎をストレートで3合くらい飲んじゃってた。



とにかく、一つ目の障害がどうしてもクリアーできませんでした。

女子高生が4人で殺し合いをするんですが、

どれがどれなんだか。



とりあえず、ハリケンブルーは殺されちゃいます。

それを犯人一味の女子高生が撮影していて、

それでおしまいでした。




なんか、よく似たようなのをちょっと前にレビューしたような気がするんですが、

タイトルが思い出せません。



おまけで収録されているメイキングも見て見たんですが、

やっぱりどれが誰やらという状態でした。


まあ、いいか。



ということで、★3つしかないかなと。





特に近況報告も無いので、あっさり目となりました。ご容赦くださいな。とりあえず、ぽちっといっときませんか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/08/31 15:49|スリラーTB:0CM:7

頭狂23区外~終ワラヌ~

〇頭狂23区外~終ワラヌ~(原題同じ)
本編60分 画面サイズ4:3
監督 神野太
キャスト 衛藤美菜、木下あゆ美、横井川知子、百冨知恵


【レビュー】★★★(★3つ)
今回は勝ちました。

なんと、見た次の日にはこのレビューに取りかかっているのです。

何に勝ったかは聞かないでください。

なんとなくそんな気分になっているだけですから。



ところで、本日は遅めの夏休みをいただいております。

基本的にカレンダーどおりの出勤で、

お盆休みが無いため、職場内で調整を取って、

かわるがわる休むという体制なためです。



子供達の夏休みももう終わってまして、

静かな家の中で読書三昧です。




最近の好みは自己啓発本と、

ビジネススキルアップ本です。



仲のよい友人が自己啓発本が面白いというので、

何冊か借りて読んだところ、

チョーポジティブシンキングなところに惹かれてしまい、

もう、買いまくって読んでおります。



やっぱり、ポジティブシンキンぐ~といえば、

アメリカが本場でして、

翻訳ものが一番読み応えがあるし、

やっぱ文化が微妙に違うんでしょうね、

触れたことの無い考え方が紹介されていて、

とても勉強になります。



余談ですが、

うちの末っ子が朝からハイテンションで、

あなたもぐ~、わたしもぐ~

ア、ぐ~ぐ~ぐ~なんてやっております。


あっけに取られて見ていると、

得意満面の笑みで、

さらに連発してきます。


管理人は人前でおちゃらけるのがどうしてもできないので、

多分、カミさんに似たんだと思います。



ビジネス本では、トヨタ式カイゼンとか、

会話力アップとか基本的な部分を改めて勉強しております。

こちらもまた、意外と新鮮で面白いです。




ところで、グインサーガを中学生の頃から愛読してるんですが、

最新刊では、色々と怒涛の展開が濃密に進行して、

大変読み応えのある内容となってました。

この調子で、魔界水滸伝も新刊を出してくれないかなー。




あ、そうそう、最近、WOWOWでやってる、

やくざ映画が面白くて困っております。



父親がその方面が大好きで、

外見もその方面なので、

よく本職と間違えられていました。




やっぱり、全盛期の松方浩樹とか、

ぶんちゃんはかっこいいですね。

やくざという商売はとにかく、

かっこよさにはあこがれてしまいます。
























あっ、こいつなかなか本題に入らないなーと思ってたでしょ。

だって、これ、あんまりにも中身が無いから、

ちゃんとやってもすぐに終わっちゃうんだもん。



ボク、悪くないもん。




と、職場で40、50のおっさん、おばさんたちが、

よく言う言い訳をしてみました。




まあ、とりあえず、さらっと行きますか!



女子高生の物語です。

ほら、これだけで大半の人が食いついてくる題材でしょ?

性別と年代は限られると思いますが。



まあ、わりと、女子高生らしく見えるかわいい子が主人公です。

この辺の高校生と比べて大人っぽく見えるのは、

ここら辺が田舎のせいだと思います。



女子高生が夢をみます。




気がかりな夢を見た。



こんなフレーズが思い浮かびました。

変身でしたっけか?わかる方教えてプリーズ。




まあ、なんてことはない日常の夢を見るんですが、

目を覚ますと、夢で見たことがどんどん現実になります。



友達に頭を小突かれるとか、

親子喧嘩をするとかといった程度ですが。



二日くらいそんなことが続きます。



3日めくらいに学校に行くと、

デカイエローが女子高生姿で現れます。

さすがに、10代半ばというにはお年を召されていると思うんですが、

30半ばのおっさんにそんな事を言われたくないだろうと思って黙ってました。



正解だったようです。



次の日からは、

主人公の見る夢はいじめられる夢になっていき、

だけど、ホントにいじめられるのはデカイエローでした。



便所の水をかけるとか、シカトするとか陰湿というか、

それって既に犯罪でしょ、ってかんじで淡々と行われます。



んで、いじめを苦にしてデカイエローは自殺しちゃいます。



さあ、パニクったのが主人公。

なんせ、夢の中ではいじめられているのは自分。

現実で代わりにいじめられていたデカイエローが死んだ今、

ターゲットにされるのは自分に違いないと、

冷静に考えれば、なんでやねんとなるんですが、

とりあえずユンケルなんかをがぶ飲みして寝ないようにします。



といったところで、なんとなく、何もなく終わります。

ちゃんちゃん。


2_20080828115422.jpg


今回も、ジャケットはイメージで、

基本的には関係ありませんし、

バックの怖い顔は商品に含まれておりません。

あと、タイトルと商品も全く関係ありません。

あしからず。



ということで、★3つですね。文句なく。






グレンラガンを見ました。結構面白くて、3巻まで親子そろって一気に見ちゃいました。それはとにかく、ぽちっといただければ幸いにございます。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/08/28 11:59|スリラーTB:0CM:3

ジェイソンZ

〇ジェイソンZ(原題SHREDDER)
本編86分 画面サイズ4:3だったような・・・
監督 グレッグ・ヒューソン
キャスト スコット・ウェインガー、ブラッド・ホーキンス、リンスィー・マッケオン、ジュリア・ウェイケル



【レビュー】★★★(★3ちゅ)
皆さん、ご無沙汰しております。

相変わらず、仕事が暇なもので、

生活全般が低調です。



当地方では急速に気温が低下してきまして、

最高気温が20度をきりまして、

朝からくしゃみが止まりません。



この前まで30度までいって居たというのに、

なんという気温の変化でしょう。

とても温暖化しているとは思えません。



それはともあれ、

冬山のスノーボーダーのお話でございます。



特にこれといった前置きはございません。

フラグがえらい勢いでたちっぱなしの、

白人の若者グループが出てきます。



予算削減のために、

閉鎖中のスキー場にやってきます。

経費の中で一番かかるのは人件費ですんで、

キャストが少ないに越したことはありません。





















あれっ?




















なんか、前にもこのシーン見たことあるような・・・・
























うーん

















もう少し見てみよう。





この先に確か、

木の間に張ったワイヤーにつっこんで、

首ちょんぱするはずだ。
























首ちょんぱ!

























あーあ、久しぶりにやっちゃいました。

いつごろ見たのかは忘れましたが、

一度見たことあります。




ということで、

かなり詳細なレビューを展開して行きたいと思います。

それでこの後は・・・・・










えーっと、

あれ?

アレですよ、あれ。

なんていったかなー?


























昨日なんて昔のことはもう忘れたよ。

かっこいいですねー。

一度言って見たかったんですよ。




ここで言わせていただきます。

何回見ようと、

忘れるものは忘れます。







やっぱり、ビールはまずいと思って、

焼酎をストレートで飲みながら見たのが悪かったんでしょう。



とりあえず印象に残ったところだけ列挙しますと、

おねーちゃんの脱ぎっぷりが大変よろしいです。

美人があまりいないんで、あまり嬉しくありません。



犯人だと思って追い詰めたら、

違っていた。



別のヤツが犯人だと思って殺したら違ってた。



ホントの犯人は実は若いねーちゃんでした。

何で殺してたのかは2回みても理解できませんでした。

多分、あまりにもアレな理由なんで記憶から抹消したかったんだと思います。



ンで、ラッセル車で最後まで残ったカップルをミンチにしようとして、

どうしても理解できなかったんですが、

返り討ちにあい、ミンチになっちゃいました。

ちゃんちゃん。




ちなみにジャケットのような人は出てきますが、

ジャケットの人は出てきません。
2_20080823202301.jpg

バックのホッケーマスクはイメージで、

商品には含まれておりません。




ということで★3ちゅくらいにしときました。

たまには酒を飲まないで見ますんでご容赦ください。






今日は本を買いすぎて、カミさんに怒られてしまいました。かわいそうに思われたら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/08/23 20:24|スプラッタTB:0CM:6

獣人繁殖

〇獣人繁殖(原題TEENAGE CAVEMAN)
本編100分 画面サイズ16:9
監督 ラリー・クラーク
キャスト アンドリュー・キーガン , タラ・サブコフ


【レビュー】★★☆(★2つ)
とりあえず、先にお断りしておきます。

ぽすれんのこの作品に関する解説は嘘です。

全然違います。何が起こったんでしょうか。




さて、なんとソニーピクチャーズです。

世界に名だたる大資本ソニーを、

どうやってだまくらかしたんだかというところを、

切実に知りたいところです。



始まると、北斗の拳のような、

文明崩壊後の世界です。

数十人が細々と洞窟で暮らしています。



そこでは小栗旬ふうの主人公の父親が、

神の代理人として君臨しています。



その教えとは、汝姦淫するなかれ、です。

ようするに、人が増えると食ってけないから、

人口が増えるようなことをするのはまかりならん、

ということです。



まあ、例によってやるなといってる張本人が、

すき放題やってまして、

ベッドの下に拾ってきたエロ本を隠す、

神に選ばれたといって若い娘さんに手を出しほうだい。




そんな悪行をみんな知ってんだけど、

なぜか誰もさからなわない、

変なコミュニティが形成されていました。



ところが、小栗旬ふうの息子の彼女に手を出そうとしたもんだから、

殺されちゃいます。



どっかの新興宗教の教祖のような、

エロ親父なんで殺されても仕方ないかと言うと、

まあ、そうでもないようで、

お仕置きをされそうになるんですが、

同年代の仲間と共に逃げ出しちゃいます。



小栗旬、その彼女の金髪、男×2、女×2です。



嵐にあって、岩陰に隠れていて、気が付くと、

億ションのリビングルームのような、

近代的で清潔な広い部屋で気が付きます。




戸惑っていると、

にやけ金髪男と褐色美人が出てきます。



こっからは、

皆さんほとんど服を着ません。

すっぽんぽんです。




皆でお風呂に入ったり、

ヤクとアルコールでハイになりながら、

乱交パーチーを始めます。



18禁でもいいくらいの、

つーか18禁にしろよって言いたくなるくらいの、

生々しさです。

男子中学生にまだ早そうです。

いろいろ知ってきた男子高校生ならいいかもしれません。



あいまに

にやけと褐色美人の正体が語られます。

文明崩壊前に遺伝子操作で作られた

進化した人間だそうです。



相当のダメージを受けなければ死なないし、

老いないし、怪我もすぐ治るそうです。

よく分かりませんが。



とりあえず、

ヤクとアルコールと乱交です。



ひとしきり楽しんだら、

女の1人が腹からはぜて死んじゃいます。



反応が早かったとか意味深なことを、

にやけが言ったりしますが、

さっぱり意味不明です。



大体にして、

ここまであまりに淡々と進むし、

盛り上がりは無いし、

どこに連れて行こうとしているのかがさっぱりなんですよ。




意味不明な小さな盛り上がりを、

やたらと作ろうとするのにはよく遭遇しますが、

盛り上がりを作らないというのは、

なんたるちあ、サンタルチアです。



乱交とかヤクとか酒とか、

ただれた生活を続けていると、

もう1人の女もはぜちゃいます。



こりゃヤバイということで、

逃げ出す算段をします。



おっと、その前に、

男×1がにやけに殺されちゃいます。



なんでかって言うと、

褐色美人がたいそう良かったと

にやけに力説したので、

たいそう腹が立ったからだそうです。



何で腹を立てるかと言うと、

にやけと褐色美人が20年ほどご無沙汰だからだそうです。

見た目はせいぜい20代なんですが、

実年齢が120歳とかだそうなので、

色々あったんでしょう。



さて、逃げ出す前に、

小栗旬とその彼女がナニをイタします。

コトが終わって、ふーやれやれと、

金髪の顔を見ると、

褐色美人です。



色々と策謀があったんですが、

いちいち話すと面倒なんではしょります。



つまりデスね、不老不死になるには、

あるウイルスに感染する必要がある、

感染の確立を最高にまで引き上げるには、

ナニをイタすか、口でイタすかといった、

粘膜感染が有効だそうです。




だから、乱交で頑張ったということです。

ただし、感染に体が耐えられないと、

はぜちゃうんだそうです。



なんで、そんなに仲間を増やしたいのかは、

いまいち不明でしたけどね。



管理人なら、いちかばちかでチャレンジするかもしれません。




それはさておき、

逃げる計画はばれちゃったし感染したので、

小栗旬はとりあえずはぜちゃわないように頑張ります。



見事、不老不死になりました。

で、まだナニもイタしてない金髪彼女に関係を迫ります。

ちょっとはぜちゃうのが怖いので、

いやんばかんとお断りします。



すいません。

ビールが進みすぎて、

細かいところを忘れてしまったんですが、

にやけが残ってた男×1を殺して、

褐色美人も殺して、

小栗旬と金髪のせいだと逆切れして、

ジャケットのようなモンスターになって追いかけます。

獣人繁殖



小栗旬も同じくらいのパワーを持ってるはずなんですが、

てんで相手になりません。



シャー無いんで、金髪が奮闘して、

モンスター化したにやけを倒します。

このへんだけ妙にセオリーどおりで、

なんでやねんです。




もちろん、この後、金髪と小栗旬が、

ようやくイタすワケですが、

はぜちゃったかどうかは不明です。

見逃したかもしれません。



最後は小栗旬がもと居た洞窟から、

子供だけを引き連れて行きます。

ちゃんちゃん。



なんか、素材は結構好きなものがそろってんだけど、

全然活かしきれて無いというか、

映画なのにビジュアル的に見せ場が無いし、

物語なのに山場が無いとか、

今ひとつでした。



小説だともっと深く描写できて、

良かったかもしれません。



ただ、邦題がまあその通りであんまり嘘じゃないので、

ソニーの良心を垣間見た感じです。



盛り上がりが無いので、

なんとも面白くできませんでした。



ということで、★2つです。







ガのダメージが抜け切れません。誰かお助けのポチをください。(;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/08/17 11:28|モンスターTB:0CM:5

デス・ファクトリー

〇デス・ファクトリー(原題Death Factory)
本編81分 画面サイズ4:3
監督 ブラッド・サイクス
キャスト リサ・ジェイ、カーラ・ザムディオ、ジェフ・ライアン、デビッド・カラムス、ロン・ジェレミー


【レビュー】★★★(★3つ)
皆さん、お久しぶりでございます。

お元気でしたでしょうか。



落ち込んだりもしたけれど私は元気です。



初手から寒いパクリですいません。




本州1寒い地域なんですが、

暑さもまた格別でございまして、

何にもやる気がおきませんでした。



今の時期、仕事も暇で、

仕事が暇だとこう、だれてしまうタチなんですよ。



ということで、

例によって、

はるか前に見たヤツを、

記憶を掘り起こしてのご紹介となります。






ところで皆さん、

マイマイガという虫をご存知でしょうか?

要するにただのなんですけどね。



ちょー大量発生しまして、

近所の公園のトイレの壁にびっちり貼りついた上に、

卵を産み付けているんですよ。



アーやだなー近づきたくないなーと、

へたれ度満点な感想を抱いておりましたら、

上司から駆除に行くからついて来いといわれまして、

ケルヒャーの水圧ポンプで午後一杯かかって叩き落として来ました。



ただ、生命力が強く水がかかったくらいでは、

全く元気でまた壁に取り付くんで、

次は踏み潰せと命令が下りました。



シャー無いんで、ぶちぶちと

何百匹も潰して来ました。




もーヤです。

ある意味リアルなホラーでした。





ということで、この作品の紹介です。

ジャケットに出てる人が殺しまくります。

6人くらい。

デスファクトリー
余罪はあるようです。



以上、そんな感じです。




ただ、微妙にきれいなイラストになってますが、

実際は汚いタンクトップのおばさんパーマのおばさんが、

ジャケットのような鉄の爪をつけているというというところで、

何一つ目を楽しませてはくれないんでご注意ください。



細かい設定がいくつかありますけど、

気にしなくてオッケーです。

全くつじつまとかなんとかということを知らない監督ですんで。



お気に入りのシーンは、

ザックザックと腹を裂かれながら、

血を吐き出し、悲鳴を上げ続けるところが長回しで撮影されているところですね。



久しぶりにいいもの見させていただきました。



あとはそうですね、

金髪碧眼の処女が生き残るという、

セオリーが押さえてあったのが意外でした。



でも、最後までちゃんと見ましたんで、

普通のB級かと思います。



ということで、★3つです。




いまさらこんなことをお願いするのも気が引けるんですが、良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/08/06 19:04|スプラッタTB:0CM:6

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。