日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ハイポーション

今日は、ニコニコ動画です。



以前見たヤツなんですが、

とても面白かったので、

ご紹介します。


何が面白いって、

やってることそれ自体が面白いです。


登場人物が面白いです。


オチが、想像できたけど吹いてしまいました。


ある意味グロいので、

耐性の低い方は、

正直見ないほうがいいと思います。



では、どうぞ






スポンサーサイト
2008/06/30 21:47|未分類TB:0CM:6

kuchisake 口裂け

kuchisake 口裂け
本編63分 画面サイズ4:3
監督 橋口卓明
キャスト 麻田真夕、藍山みなみ、華沢レモン、風間今日子

口裂けホントにこんな感じで出てきます。怖いです。

【レビュー】★★☆(★2つ)
いや~、久しぶりに本業です。

動画を探すのに飽きてきてたので、

助かりました。



いきなり、薄暗い夜の病院です。

ホラームードが漂ってきます。



ナースにお医者さんが目配せします。

これはもしかして?



開かずの間と言われている病室へ、

二人して入っていきます。



これはもしかして?



いきなし、濃厚なキスシーンです。



やっぱし・・・・・



何かこの後の展開がとっても予想できます。

しかも、時間が約60分。

サア、どうする気なんでしょーね。



キスシーンから次の展開に参ります。

要するに、濃厚にナニをイタすシーンなんですけどね。



イヤー参りました。

なにがって、もう、参りましたよ。



夜に見てたんですけど、

暑かったんで窓を開け放してたんですよ。

例の声が近所中に響き渡りはしないかと、

もうヒヤヒヤもんでした。



あ、何ですぐ窓を閉めないのと思ってるでしょ。

だって、夜なもんで外が暗くて怖かったんですよ。

へたれなんでカンベンしてください。



どうにか、ここはクリアーすると、

何か影の方にいます。



がんばっていた二人も気づきます。



その何かが二人に迫ってきます。

暗くてよく見えませんが、

タイトルから察するに、

おそらく口裂け女でしょう。



ながーい、汚い髪で迫ってきます。

一瞬、顔のアップ!



たいへん、ビビりました。

もう、窓を閉めに行くなんてできません。

その場から動くこともやめました。



場面が転換すると、

病院は廃墟になっていて、

さらにどこかの出版社に飛びます。



そこで、女編集者が行方不明になった前任者が追ってた、

口裂け女を引き続き追うように編集長から命令されてました。



どうやら主人公のようです。

もしかして、こいつもとりあえず脱ぐ位するのかなーと、

おっさんらしい、それしか興味ないのか的な発想をいたしました。



ところが、特にそんな兆候もなく、

無事帰宅しました。



家には、夫と異母妹がいます。



3人仲良く夕食を取っているときに、

冒頭の病院に口裂け女が入院していたという噂を話題にしてました。



滑舌が悪くて、声がくぐもっている上に、

セリフと口の動きが明らかにずれてるんで、

推測ですけどね。




まあ、わりと自然な話の振り方で、

もしかしてこの後は期待できるのかな~なんて、

見ておりました。



さて、就寝時間です。

夫婦ですんで、

勿論、布団は一つ、枕は二つです。




濃厚なキスシーンから入りました。

引き続き、濃厚にナニをイタします。



おっさんの期待を上回るシーンとなりましたが、

いかんせん、パジャマなもんで、

生活感たっぷりで何かヤでした。



あ、勿論、近所に音が漏れないように、

意を決して、窓は閉めておきましたよ。

抜かりはありません。



後は、カミさんが起きてこないのを祈るばかりです。




でもまあ、どういった類の映画なのかが分かりましたよ。



今度は、廃墟となった病院で肝だめしをするカップルです。

途中の小芝居ははしょって、

サア、濃厚なキスシーンから、

濃厚なナニをナニをいたすシーンです。



しっかし、ホラーを18禁にしているかと思えば、

これが18禁じゃないというアンバランスはどうにかならないですかね。



ナニをアレしてた場所が、

例の病室だったんで、

口裂け女の登場です。



みょうにカックンカックンした歩き方で、

赤いドレスにロングヘアで迫ってきます。

かなり不気味です。

前回より頑張っております。



迫ってくる口裂け女の顔のアップ!







すいません、ちょーびびりました。

かなり怖いメイクです。

部屋を暗くしてみてたのは間違いでした。

腰が抜けそうになりました。




なんか、脅かしたら気が済んだらしく、

口裂け女は消えておりました。

カップルはダッシュで逃げ出します。



何をどうしたか知りませんが、

女の方は翌日飛び降り自殺をします。



女編集者、色々と聞き込みをして、

口裂け女の正体というか、

噂の出所となったらしい、

情報を得ます。



といったところで、

夜になったので、

夫は帰宅してきます。




バリバリのキャリアウーマンの妻は、

当然まだ帰っててきません。



異母妹が夫に抱きついて、

愛してくれる?

なんて聞きます。



妻がいるとはいえ、

据え膳食わぬはなんとヤラですから、

レッツゴーです。




例によって、濃厚な試合運びです。

とてもお子様には見せられない、

大人仕様となっております。



そろそろ時間がありません。

妻である女編集者、

例の病室へ乗り込みます。



何か情報をつかんだんでしょうか?




ひとみさん貴方の気持ちはよく分かるわ。

貴方の力になりたいの。



?????????

外の人には特にこれといった説明はありませんでしたが

どうやら、口裂け女の正体からバックボーンまで調べ上げたようです。



ひとみなんて名前初めて聞きましたよ。



必死の呼びかけに答えて、

口裂け女の登場です。



かっくんかっくんと迫ります。

気持ちの悪い不気味な顔が良く見えます。



どんどん迫ります。

女編集者、あまりの恐怖に気を失います。



こっちも、あまりの恐怖に、

腰が抜けそうでした。

たいへん怖かったです。



夢の中に場面が移ったようです。

口裂け女というか、ひとみさんが、

泣いております。



女編集者が、

さみしかったのね、

よくわかるわ、なんて、

学級委員長のような、

上から目線で慰めると、


目が覚めます。



どうやら気が済んだらしく、

口裂け女は消えておりました。



反芻すると、

口裂け女こと、ひとみさんは、

ちょっと脅かしているくらいで、

特に悪さらしい悪さをしていないような気がします。


わざわざ入り込んで行って、

ナニをイタしちゃうほうが悪いような気がしてきました。



何はともあれ、

解決のようなので、

女編集者は意気揚々と引き上げます。

病室にあったでっかい鏡を持って。




なんで、そんなもんわざわざもって来るんだか知りませんが、

寝室にそのまま置いておきます。



場面は寝室ですし、

夫婦2人だけです。



やることはひとつしかありません。



夫が頑張ってると、

妻の口が裂けてて、

アップでドン!



おしまい。





口裂け女のメイクが、

なかなか良く出来ていて、

大変怖かったです。



それ以外の部分では、

ほとんどの方が、

裸になっているだけだったんで、

色々と予算が削減できて、

メイクに充分なお金がかけられたんだと思います。




60分の内、30分くらいは、

ナニをイタすシーンですからね。

何を見てるんだかわからなくなりますよ。



不審に思って、見てからちょっと調べたら、

ヌードルという方々だそうです。



全然かわいくなかったのは、

体で勝負する人だからでしょう。



あと、R-18でした。



いろんな部分が納得いきました。



でも、メイクは良く出来てたので、

★2つです。





サボっている間に、またもやゼロ更新です。誰か助けてください。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/28 10:57|モンスターTB:0CM:6

ごめんなさいパート2

ごめんなさい。

今日こそレビューしようと思って、

仕込みをしてたんですけど、

ほら、週末なもんで、

飲み会があるんですよ。



ということで、ご賢察いただきたいんですが、

今日も飲んじゃいましたということで、

ご勘弁ください。



明日こそちゃんとしますんで。
2008/06/27 20:48|未分類TB:0CM:0

ロードムービー

昨日は先輩の家に行ってご馳走になりました。

それがなかなか珍しいものでした。

鹿肉の刺身

練馬大根の焼酎

栗の焼酎



いやー、なかなかうまくてですね。

ついついお酒も進み、

大変な目にあいました。


でも、また食べてみたいです。



ところで、今回ご紹介する動画は、

ロードムービーです。


実は、先日、ウイキペディアで、

初めてロードムービーとはなんぞやを知りました。


多分、これはロードムービーなんでしょう。

怒らないでくださいね。




ロ、ロードムービーですよね? (;^_^A



にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/26 23:54|アクションTB:0CM:4

マックースハート!!!!!!

あの~、ちょーうけたんで,

皆さんご覧になってください。



今度、友達の披露宴でこれを踊りたいです。



2008/06/24 23:01|未分類TB:0CM:2

悪魔の毒々モンスター

本日も、ちょっと映画を見る時間が取れません。

ということで、ニコニコ動画で見つけた、

もう、これは見るしかないでしょ!

そして、レビューで紹介するしかないでしょ!

って感じの映画の予告編をご紹介します。


予告編だけあって、

すっごく面白そうです。

悪魔の毒々モンスター系だそうです。





おっ、よさそうジャンと思ったらポチポチと。いや~んと思ったらぽちっと。まあ、とにかくポチをいただければと。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/24 18:27|モンスターTB:0CM:2

ごめんなさい

えっと、すいません

アレだけ、毎日更新といっておきながら、

本日も何もできませんでした。



というのがですね、

ちょっと前にもしゃべりましたけど、

地域の消防団に入っておりまして、

今ですね、ポンプ車躁法という競技の練習をしております。



選手ではないんですが、

選手のために色々と準備とかお手伝いとかしております。



そのため、ほぼ毎日、

2時間は時間をとられてしまいます。



さらに、さらにですね、

なんとですね、

グインサーガの最新刊が出てしまったのです。



中学生の頃から欠かさず購入して読んでおります。


ということで、

躁法で疲れた体に鞭打って、

グインサーガの最新刊を読み上げたんですよ。



ということで、

本日は終了と相成りました。

明日も仕事ですし、

もう寝ます。


おやすみなさい。




せっかくいらっしゃったんですから、良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

2008/06/23 23:23|未分類TB:0CM:2

転生

〇転生(原題同じ)
本編100分 画面サイズ4:3
監督 元木隆史
キャスト 鷲巣あやの、小野まりえ、前田綾花、河井青葉
転生

【レビュー】★★★(★3つ)
すいません。

ニコニコ動画で毎日更新、

なんていっておきながら、

昨日は何もできませんでした。



だって、一日中外にいて、

夜はお酒飲んじゃったんだもん。



飲ませるほうが悪いんです。

ぷんぷん。





おっさんらしくない言い訳はさておいて、

でもある意味おっさんらしいと思いませんか?



それもさておき、

今回も休日だというのに、

頑張りました。




久しぶりに100分という長丁場、

努力いたしました。



誰か、誉めてください。




ジャケットがいい感じでしょ?

実は、レンタル店で見て、

アッ、面白そうと思ってたんですよ。




全く、ジャケットのようなシーンは無いわ、

まあ、とにかくいつも通りだわ。




おじさん、してやられちゃいました。



邦画ホラーで、ここまで怖くない、

というか、その要素がないのは、

初めてではないかと思います。



64



始まると、いきなり、

そんなサブタイトルがでます。



なんのこっちゃいと思ってると、

どうやら西暦のようです。

劇中で東京オリンピックの直後という説明がありました。



その頃といえば、

まだ生まれてませんし、

とーちゃんの中にさえいなかった時です。




すいません、下品なことをいいました。



ちょい暗めでおとなしい女性事務員が出てきます。

もうすぐ22歳だそうです。



結構かわいいです。

22歳にカワイイは無いかもしれませんが、

年下なのでまあいいでしょう。



仕事中も一言もしゃべらない、

夕食は近所の食堂でとるのですが、

黙々と暗い顔をして食べている。




すいません、こうゆう女性、

結構好きです。



どこがっていわれても困るんですが、

そうなんですよ。



ちなみに、小梅という名前です。

すっぱそうです。



それで、食堂で、るり子という、

25歳のウエイトレスと知り合いになります。



お泊りしたり、一緒につりに行ったりして、

友情を育みます。



百合の方向に行かないかなと、

ちょっと危惧したんですが、

大丈夫でした。



そちらを期待する向きには、

他にたくさんありますんで、

過去のレビューから探してみてください。




あんまりにも仲良くなったんで、

一緒に住むことにしました。



ああ、やっぱりそっちの方向なのかと、

運命を呪いましたが、

なんか白い人影のようなものが現れて、

小梅がビビッたところで、

場面転換してしまいました。




次は、86とでました。

西暦1986年ということですね。



小梅がどうなったんだか、

無かったことになったのか、

いきなり時代が飛びます。



どうせなら昭和で表してくれれば、

日本人としては時代の感覚が、

よく分かっていいんですが。



エンタメ性とか分かりやすさとか、

いろんなものを含めて、

無いものねだりはやめましょう。




さて、今度は女性漫画家です。

肩を過ぎる位まで伸びたぼさぼさ長髪、

スウエットの上下、メガネ。



おかげで顔が良く見えません。

たまによく見えます。



イキなしレベルが下がってます。

イキなしモチベーションが下がったので、

後はてきとーに流します。




要するに、

小梅の人生を漫画化して連載を持ってるんデスが、

小梅の生まれ変わりだから、

そんなことができるんだそうです。



ドッペンゲルガーを見た直後に、

小梅と同じく22歳で死にます。



まあ、こんな感じです。

半ば以上過ぎたところで、

コンセプトらしきものが見えました。




ということで、

今度は、08です。

2008年ということですね。



さらに魅力の無い女フリーターが出てきます。

女漫画家の人生を夢で反芻しているそうです。

だから、自分は22歳で死ぬと信じてます。



かといって、何か運命に逆らおうとはしてません。

目的も何も無く、フリーターとして過ごしています。

ひきこもりで無いだけすばらしいです。



ところで、魅力が無いんで、どうでもいい感じが、

非常に強くなっているんですが、

監督のお気に入りなのか、

だらだらと同じような場面、

バイト先とアパートとの往復が、

繰り返し出てきます。




正直、

事ここにいたっても、

血まみれなシーンを期待していたんで、

アホですね。




バイトねーちゃん、そろそろ、

ドッペルゲンガーを頻繁に見るようになったので、

中学生の時に好きだった男に会いに行こうと思い立ちます。



秋葉原の事件のように、

人を殺すほうに向かわなかったのは、

何はともあれ良かったです。



まあ、そんな映画じゃないのはさすがに察してましたけどね。



ちなみに、ドッペルゲンガーに会うと、

死ぬらしいです。

昔、ムーか何かで読んだことがあります。



違ってたらごめんなさい。



こんなことばっかり覚えてて、

方程式のひとつでも覚えてれば、

いくらかでもましな大人になれるだろうに・・・



B級人間まっしぐらですって言うか、

既にそうです。ぷぷぷっ。




アッと、それで、会いにいったんですけど、

予算の都合で俳優さんが用意できなかったので、

急遽、あえない事になりました。




シャーないんで、夜の中学校に侵入し、

好きな男子と過ごした教室に行きます。

ドッペルゲンガーが現れます。



夜明けの校庭。

また現れるドッペルゲンガー。




何を思いついたか走り出すバイト女。




走っても逃げられ無いと思いますよ。



生まれ変わったら、

リレーの選手になりたいな。

そんなモノローグが入ります。




で、オチは?

ちょっと身を乗り出します。



いつも、どんなオチかを見たくて、

忍耐力を磨いてるんですが、

スタッフロールでした。




今回はなんか負けた気分でした。



なんてことは無い日常を切り取った、

そんなほんわか映画も結構好きなんですが、

そこに転生とかホラー要素も絡めようとしているから、

ナニよりもジャケットがホラーファンしか手に取らないにできてるし、


どっちつかずのなんジャらホイで大失敗ですね。



普通のエンタメ映画を見て口直しをしようと思います。



ということで、★3つです。








イヤー、二日酔いで気持ちが悪いです。でも、また飲んじゃうんだよな、これがまた (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/22 18:09|未分類TB:1CM:5

日本を守れ!レインボーマン

昨日、ニコニコ動画をアップしてみたんですが、

どうでしたでしょうか?



いまいち、皆さんの反応は分からないんですが、

B級を見てないときは更新しないのもアレだなーと思ってたので、

丁度いいやと思ってます。



なので、今後は、

レビューをできないときは、

B級的なものをご紹介していこうと思います。



で、今回はレインボーマンです。

どうやら、選手を作れるプロレスゲームで作ったようなんですが、

出てくるレスラーが皆、

B級ちっくなデザインで、

なかなかツボです。



レインボーマンを取り上げる時点で、

既にツボなんですけどね。



プロレス好きでもあるんで、

試合シーンを見ているだけでも結構楽しめました。


特筆すべきは、テーマです。

なかなかしゃれの効いたテーマなので、

ニヤニヤしながら見てしまいました。


愛国戦隊とか、

こういったネタが好きなだけなんですけどね。


パート3までのシリーズものです。

ご覧になってみてください。



パート1




パート2




パート3
2008/06/19 21:01|アクションTB:0CM:6

ニコニコ動画のご紹介

 え~と、いつも行く、カイロプラクティックのナイアで、

院長先生に、

ニコニコ動画面白いですよと教えてもらいまして、

最近ようやく見始めました。



基本的に、著作権ってナニ?

みたいなのは嫌いで見ないんですが、

手作りのもので結構面白いのがあります。



初めての試みですが、

凄く面白かったので、

ご紹介します。


個人的には、

鳥取の扱いが、

周辺の人と同じ意見だったので、

かなりツボでした。


2008/06/18 19:51|未分類TB:0CM:0

怨喰

〇怨喰(原題同じ)
本編85分 画面サイズ16:9
監督 加藤文明
キャスト 風間トオル、相田翔子、川野太郎、東原亜希

怨喰

【レビュー】★★☆(★2つ)
本日は、

息子2人の幼稚園の参観日でした。

 

まだまだ、小さいので、

親が近くにいるとどうしても甘えてしまいます。

 

はーい、集合しましょうねーという、

先生の言うことを聞きもしません。

 

ここで、いつもの通りひっぱたいたりすると、

暴力を振るってるという目で見られるので、

ぐっと我慢して、終わるまで抱っこしてました。

 

毎日の幼稚園でちゃんとやっているのか心配になって来ました。

 

 

 

ところで、この作品なんですが、

大変珍しいことに、

知っている顔と名前の人が出てきます。

 

名優では無いでしょうが、

とにかく普通の演技ができる人たちです。

 


しかも、東映なので、

最初が東映特撮ものと同じでした。

 


うっかり、ゲキレンジャーVSゴーオンジャーと、

間違えたのかと思ってしまいました。

 

とりあえず、仕事熱心なマイホームパパが出て来ました。

6歳くらいの娘がいます。

夫婦共に溺愛しているようです。

 

そんな時、変なメールがパパのノートPCに届きます。

オナカヘッタという表示が、

いくつも画面を覆い尽くすように出てくるのです。

 

まあ、ちょっと変だなーとは思いつつも、

放置しておいて、

会社のIT担当へ見てもらいます。

 

当然、なんなのか分かるはずも無く、

またもやしばらく放置していると、

IT担当が過食で死んだと連絡が入りました。

 

食いすぎて死ぬということが想像しにくいんですが、

血を吐いて死んでましたから、

相当無理をして詰め込んだんでしょう。

 

パパはこの頃から悪夢にうなされ始めます。

 

どんな夢かと言うと、

ダウンジャケットでフードを目深にかぶった女が、

ベビーカーを押してエレベーターに乗ってくるのです。


なんで、そんなものが悪夢になるかと言うと、

昔捨てて来た女にそっくりなのです。

 


このパパ、バブル時代に証券会社に勤めてまして、

客の金を流用した上に、

大損させてしまって、

しかもその客がちょっとヤ印の人だったんで、

妻子を置いて夜逃げしてたんです。

 


そんなことして、

また東京で新しく家族をこさえて、

幸せにぬくぬくと生活している神経が知れませんが、

ヤさんにも見つからず、小さい会社ながら、

部長という地位にまで上り詰めておりました。

 

夢にうなされている間に、

例のメールを最愛の娘が見てしまい、

とにかく喰いまくるようになっちゃいます。

 

とりあえず、食料から引き離すと、

意識を失います。

 

どこにも相談できずに、

今ではIT関連企業の社長となっている、

証券会社時代の同僚を頼ります。

 

そこで、新しい事実を知らされます。

 

なんと、捨てて来た妻子が餓死してミイラ状で発見されていたというのです。

 


それを伝えた元同僚は、

IT企業の社長らしくなく、

ミイラ妻の怨念だと言いつのります。

 

おなかすいたなんていたずらメールですから、

捨てられた上に、餓死した妻子の怨みだということにはあまり異論がありません。


パパには全然影響が無く、

それを見た第三者が死ぬまで喰うというのは、

一抹の矛盾を感じないわけではありませんが、

ここまで、

全く破綻した様子がありません。

 

あーそうなんだろうなーという感じで進んでいきます。

しかも、芝居が普通にうまいんで

ついつい、熱心に見入ってしまいます。

 


こんなはずじゃあなかったんですが。

ホームビデオのような画質、

矛盾だらけのストーリー、

学芸会よりもひどい芝居。

 


休日の日課が完全に崩れてしまいました。

 

でも、まあ、見てしまったものは仕方ないんで続けます。

 

同僚もオナカヘッタメールを見ちゃって、

公園の地面の土を太鼓腹になるほど喰らって、

そのまま死にます。

 

死ぬ前に、パパにメールの発信元となるサーバの所在をつげたんで

パパはサーバを壊しに出かけようとします。

 

ところが、エレベーターが途中で止まり、

扉が開くと雪景色です。

 

なんで、こんなものが出てくるかと言うと、

ミイラ妻の実家は青森で、

彼女の祖母が飢饉で餓死していたのです。

 

だから、祖母の怨念とミイラ妻の怨念が、

渾然一体となって、青森の情景を呼び起こした、

そんなところだと推察します。

 

雪景色の中に、

捨ててきた妻子がいます。

思わず駆け寄るパパ。

 

その目の前でこと切れます

思わず抱き寄せて号泣するんですが、

ふと気がつくと妻子共にミイラになってます。

 


ちょーびびって、あとづさった所で、

足をつかまれます。

俺は悪くない、いつか迎えにいこうと思ってたんだ。

 

何の対策もしないまま、

妻と生後数ヶ月の子供を捨ててくだけあって、

なかなかわがまま勝手ないいわけです。


男子たるもの、家族を持ったからには、

家族の安全第一でいろんなことをしないと。

まして、借金で逃げ出すんなら、

妻子に何か無いように、用意周到に、

まず、妻子の安全を確保してから、

逃げるなら逃げる、自殺して保険金で支払うならそうする、

色々とできることはあったはずです。

 

今、ぬくぬくとマイホームパパをやってて、

俺は悪く無いなんてよく言えたもんです。

俺はどうなってもいい、

今の妻子だけは助けてくれ。

ようやく、男らしいことをいいました。

 

それが分かったんだか、

ミイラ妻が、ミイラじゃなくなって、

気が付いたらエレベーターの中でした。

 

意識をなくしてた娘も元通りになりました。

どうやらハッピーエンドのようです。

 

しばらくして、娘の小学校入学の面接ということで、

パタパタと準備をしていて、

ふと、ノートPCを見ると、

またもやおなかすいたメールです。

思わず覗き込むと、

画面から手が!

 

ぐっと、ネクタイをつかまれて、

画面の中に引きずり込まれます。

 

どうやら、捨てた子供のようです。

ミイラ妻はなんたって一度は愛した男なので、

基本的には許してやるつもりだったんでしょうが、

子供はソウは行きません。

 

伸びてきた手は、

子供の手でした。

画面上は大人の手ですけどね。

 

そのまま引っ張り込まれ、

ちゃんちゃんです。

 


微妙にワケの分からないところはありましたが、

安心して最後まで見れました。

まっとうすぎてつまんないです。

 

ということで、★2つです。

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/15 18:20|サイコTB:1CM:2

グロヅカ

〇グロヅカ(原題同じ)
本編84分   画面サイズ16:9
監督 西山洋市
キャスト 森下千里、三津谷洋子、黒澤友子、福井裕佳梨、齋藤慶子、安藤希、伊藤裕子

グロヅカ

【レビュー】★★☆(★2つ)
職場の後輩から、

別部署のヤツなんですけど、

上司というか自分より肩書きが上のヤツが、

全く使えないどころか、

邪魔をすると愚痴をこぼされました。

 

知っている人なんですが、

愚痴をこぼしたくなるのが良く分かる人なんですよ。

 

とりあえず、慰めておきました。

後は、側面からの支援をできるように、

色々と画策することにしました。

 

具体的にどんな人なのかは、

森乃やまねさんのブログをご覧頂くとよく分かると思います。

 

さて、またもやバンダイです。

通りすがりさんから頂いた情報によりますと、

先日レビューした、ナイチンゲーロの前作というか、

女ばかりの怖い話とかいうシリーズの第一弾だそうです。

 

ちなみに、第3弾も出す予定だったそうですが、

無かったことになっているそうです。

 

確かに、今回も、

女しか出てきません。

しかも、かわいいねーちゃんばかりです。

 

大変残念ながら、ストライクゾーンに入ったのは、

お一人だけでした。

 

ところでこのタイトル、

グログロのグチョグチョをとっても期待してしまうんですが、

じぇんじぇんそんなことはありません。

 

これはですね黒塚という、

能の演目タイトルをもじったもので、

特に意味は無いそうです。

 

だって、中の人がそういってましたから。

 

へんな期待をさせないでほしいです。

カミさんも変なタイトルつけるなと怒ってましたから。

 

さて、始まりは、

意図せず撮影された一本のスナッフフィルムです。

 

スナッフフィルムに魅入られてしまったねーちゃん。

能の装束と面で殺しまくります。

 

獲物はスナッフフィルムの撮影現場へ、

恋愛映画の撮影をするといって、

うまいこと集められた女子大生とその先生です。

 


総勢7人のパーティーです。

女子大の寮がうまいことそこにあるんですよね。

 

いや~、この先生が美人なんですよ。

装備を言えば、メガネです。

最近は、メガネじょしというんですかね。

 

目がパッチリしているメガネ美人。

しかも教師と知的な雰囲気もある。

直球ど真ん中ストライク、バッターアウトです。

 

一人一人紹介すると、

先生、その妹、

先生とレズだともっぱらの噂のひきこもり、

タカビー、出来杉、ぶりっ子、根暗と

各種取り揃えられております。

 

さて、能面が殺しまくるんですが、

スナッフフィルムを取るのが目的かと思いきや、

そうでなくて、とりあえず殺したいらしいです。

この中で一番最初に犠牲になりそうなのが、

セオリーどおり、タカビーかなーと思ってると、

案の定そうでした。

 

タカビーが殺される場面は、

意図せず、スナッフになっております。

 

ところが、タカビーだったもんで、

あんまり皆捜そうとしません。

そうこうしている内に、

年頃のお嬢さんたちなんで、

色々と内輪もめを起こします。

 

毒キノコを食わせて意識を失わせます。

主な標的はぶりっ子だったようで、

アイドルなのに嘔吐シーンを体当たりで演じてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいません。

白状します。

今回も細かいところを忘れてしまいました。


なんでかって言うと、

能面が怖すぎて、

びびってるうちに、

シーンの記憶がぽろぽろとこぼれ落ちたんですよ。

 

いつも言ってるんですが、

へたれなんで、

勘弁してくださいね。

 

まあ、それはいいとして、

ストライクど真ん中の先生がデスね、

メガネを外しちゃってるんですよ。

 

がっかりだよ!

 


最近の流行はわかんないんですけど、

これでいいんですよね。

 


ちぇっと思ってたら、

毒キノコの件で、

先生が助けを呼びに行くということで、

再びメガネ装着ですよ。

 


キターーーーーーーーーーーーーーーー!!

でいいんですよね?

 


ビーンボールでしたね。

やられちゃいました。

 

ここら辺から記憶が怪しいんですけど、

根暗がですね、

妹におまえが毒をもったんだろうと問い詰められて、

出て行っちゃいます。

 

根暗なんであんまり気にされずに、

妹、ぶりっ子、出来杉が歌を歌います。

 

えっと、言っててなんでこんなことやっているのか、

かなり不明なんですが、

歌を歌っているシーンが記憶に残っております。

 

なんか人が足りないなーと思ってたら、

やっぱり忘れてました。

 


ちょっとトイレにと行ったぶりっ子が、

ひきこもりに首を絞められてました。

 

何でこんなに憎まれているのかなーと見てたら、

どうやら彼氏を取られたようです。

 

若い娘さんらしい理由で、

大変好ましくなりました。

 


この後、血まみれの先生が帰ってきます。

 


ここがよく分からないんですが、

皆さん、先生が犯人だと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


すいません、思い出しました。

先生が帰ってくる前に、

根暗を追いかけてって、

タカビーと根暗の死体を見つけたんですよ。

 


それで、先生を犯人だと思ったらしいんですよ。

よくわかんないけど。

 

で、先生を寮に入れないでいたら、

能面がどっからか入ってきちゃって、

こりゃ大変ということで、

出来杉が隠れるんですよ。

 


出来杉なんで、

うまいことまいて、

外に逃げ出すんですけど、

そこで見つけたのが、

ぶりっ子と引きこもりの死体です。

 


さらに、能面が追いかけてきますから、

半狂乱で逃げ出しますよ。

 


いや~、でも、

能面が和装で夜中に追いかけてきたら、

男でも泣きながら逃げ出しますよ。

管理人なら腰が抜けて逃げれませんけどね。

 

で、追いつかれちゃいます。

面をはぐと、

なんと、妹でした。

 

先生が、止めなさいと言うんですけど、

鉈で頭をガッツリやっちゃいます。

 

冒頭に述べましたように、

スナッフに魅入られちゃって、

殺人に快楽を見出しちゃったようです。

 


ということで、

残りは出来杉だけです。

 

鉈を振り上げた瞬間、

グサっ!

 

どうやって調達したか知りませんが、

五寸釘で心の臓をぐっさり。

 


妹はくずおれます。

 

場面が変わると、

寮で寝ていて朝になってます。

 


なんと、先生助かってます。

出来杉が血止めをしたら助かったそうです。

 

ナイス!出来杉!

 


個人的な感情はさておき、

レズともっぱらの噂の先生なんで、

出来杉の腕をさすりさすりしながら、

私、貴方になりたい、

なんて百合なコトを言いながら

エンディングです。

 


あんまり言及しませんでしたが、

結構、能面が幻で現れたりして、

かなりビビリます。

 

ストライクゾーンだったのは先生だけで、

あとは顔も名前も知らないねーちゃんたちだったけど、

けっこうびびったので、

色々考慮して、

★2つです。

 

 

やっぱり、知的なカンジの女性というのはいいもんですね。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/13 22:36|スリラーTB:1CM:6

シティ・オブ・ザ・デッド

○シティ・オブ・ザ・デッド(原題LAST RITS)
本編83分   画面サイズ16:9
監督 デュアン・スティネット
キャスト エンリケ・アルメイダ、レジー・バニスター、ジェームズ・C・バーン

シティ・オブ・ザ・デッドこのジャケットに惹かれたんですが、こんなシーンはありません。

【レビュー】★★☆(★2つ)
久しぶりにオブザデッドです。

ぽすれんからの自動発送なので、

なかなかタイムリーに手に入らないんですよね。

 

でも、そんな焦らしプレイも、

良かったり悪かったりで、

嫌いじゃありません。

 

言っとくけど、

変体じゃあないからね。

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

しまった。

こないだゴースト何とかをレビューしたばっかだった。

忘れてた。

 

ところで、

先に言っときたいことがあるんですけど、

これ、見てからすぐにレビューを書こうかと思ったんですよ、

でも、ほら、大人なんで色々とあるわけですよ。

 


いや、ホントに。

既にもう数日経っちゃっているわけですよ。

もう大人なんで、やることいっぱいあって、

細かいことは覚えてらんないんですよ。

トータルに言うと、

細かいところどころか、

大体の部分がどうだったか、

それさえも忘れちゃったよ~ん、

ということなんです。

 

でも、オープニングは覚えてます。

インパクト強かったんで。

 

ホームレス相手に辻説法をしているホームレス。

よく出てくる終末論者ですね。

悔い改めよ、神の裁きは近いぞ!

ってヤツですね。

 

したら、そこへ直径5メートルの隕石が、

おもいっきしどーん!

 

衝撃波でクレーターが!

ホームレス達は細切れ肉に!

 

最近同じ展開で申し訳ないんですが、

そんなお金のかかる演出は、

当然ながらありません。

 

皆さん、原形をとどめたまま倒れてます。

クレーターなんて、街中に作れるわけがありません。

火事さえ起こりません。

 

敵ながらここまでやるとは天晴れです。

いやいや敵を取り込んでこそ、大人たり得ます。

 

この後があんまり定かではないんですが、

黒人のチンピラ3人組と、

白人のチンピラ3人組が出てきます。

 

それから、おまちかねのゾンビは、

隕石の落下地点にいたホームレスたちです。

どうやら隕石がゾンビメーカーなようです。

 

ここからは、まあ、定番の展開、

だったような気がします。

 

助けに行ったはいいけど、

ゾンビに食われちゃったり、

何も知らないで、ゾンビに近づき食われちゃったり、

ゾンビにかじられたというのに、

仲間だからって介抱しててあっという間にゾンビ大繁殖したり、

黒人と白人で思いっきりけんかしてみたり、

そんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と、ここまで書いたところで、

酒を飲んだり、

酔っ払ったりと、

色々と忙しかったので、

いったん中断しました。

 

 

 

 

 

 

 

で、本日再開しました。

ふふっ、当然ながら、

さらに記憶がなくなりました。

 

しかも、ヘルレイザーをみちゃったもんで、

しかも2作も。

なんか、ごちゃ混ぜ状態です。

 

ちなみにヘルレイザーは、

毎度おなじみのピンヘッドさんが、

あっちこっちする登場人物を、

刈り取るお話でした。

 

あんまりグロくないし、

まあ、そんな感じかなってとこでした。

 

それで、え~っと、

忘れちゃった。

 

確か、白人と黒人がけんかして、

自滅したり、

食われたりするんですよ。

 

それで、最終的に、

白人女と黒人の兄妹が生き残るんです。

 

で、なぜか大量にしまってあった手榴弾を取ってきて、

ゾンビどもを一掃して逃げるぞということになります。

 

その作戦は果たして、いかがなものかと思いましたが、

決行したところ、途中までは上手くいきました。

 

ところが黒人兄がゾンビに囲まれちゃって、

手榴弾を全部爆発させちゃいます。

 

3人は倉庫にいたんですが、

爆発が横に広がり、

シャッターをぶっ飛ばして、

内装はぼろぼろになります。

 

当然、兄は原形をとどめませんが、

白人女と黒人妹は何でか助かります。

 

でも、とりあえず目論見どおり、

ゾンビは一掃されました。

 

2人がよろよろと外に出ると、

ゾンビメーカーの隕石が、

街中にドンどこ落ちてました。

 

どんどはれ。

 

あんまり覚えてませんが、

強い印象が残りました。

 

それは、つまんないということです。

 

画質はきれいだし、

人物の掘り下げがまあまあできてるし、

展開はスピーディー、

黒人対白人の対立軸を入れてドラマを割りと上手く演出し、

ゾンビの人数は多いけどあんまり出てこない・・・・・

なんか致命的な欠陥なような気がする・・・・・

いやいや、それよりも、

なんたって、つっこみどころがあまり無い。

 

つまんないです。

こんなの作ってどうしようというんでしょうか。

 

ということで、★2つです。

 

 

 

ポチがゼロ更新だと愚痴ったところ、心優しい皆様のおかげで毎日たくさんのポチがいただけております。願わくばこのままいただければと。まんず、よろしくお願いしますだ。まんず、まんず。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/11 21:18|ゾンビTB:2CM:7

ナイチンゲーロ

〇ナイチンゲーロ(原題同じ)
本編93分 画面サイズ16:9
監督 末永賢
キャスト  石坂ちなみ、江川有未、平田弥里、吉井怜

ナイチンゲーロよく見ると、したから睨んでます。

【レビュー】★★★(★3つ)
再生すると、いきなり、

バンダイです。

 

あれっ?

アニメなのか?

 

バンダイといえばアニメ。

そんな刷り込みがされています。

普段見ているものがばれる刷り込みですね。

 

ところがどっこい、

かわいいおねーちゃんが出てきます。

最後まで男は出てきませんでした。

かわいいねーちゃんばっかりです。

まあ、ある意味、

好みが分かってらっしゃいます。

 

そして、また、

出てくるおねーちゃんたちが、

かわいいだけでなく、

ぴちぴちで・・・

 

ぴちぴち

ぴちぴち

ぴちぴち

ぴちぴち

 

すいません、

おっさんなんで、

こんな表現しかできません。

もっとふさわしい形容詞があると思うんですが、

そんな感じだということで、

感じ取ってください。

 

フィーリングです、フィーリング。

アメリカンフィーリング!

 


それで、5人ほど、

かわいい、ぴちぴちのおねーちゃんが出てくるんで、

ちょっとエッチっぽいシーンを織り交ぜながら、

ビキニで海水浴、

色とりどりの衣装、

皆さんもうきゃぴきゃぴ・・・

 

きゃぴきゃぴ

きゃぴきゃぴ

きゃぴきゃぴ

きゃぴきゃぴ

 


この表現が普通だと思ってたんですが、

なんか不安になって来ました。

 

ここもひとつ、

アメリカンフィーリングでお願いします。

 

で、きゃぴきゃぴと、

若さをはじけさせます。

 

・・・・・

なんか、表現技法に不安を感じます。

言いたいことは、ご賢察ください。

 

確かホラーなはずなんですが

しばらくたっても、

ゾンビも出てこないし、

グロいシーンも無いし、

おっぱい丸出しのパツキンも出てこないし、

おっかしーなーと思ってたら、

終わる直前にようやく出て来ました。

 

結構美人な幽霊が。

ばっちり着衣です

 

霊よ、霊がいるわ。

取り憑いてやるー。

 

ようやくホラーらしくなりました。

 

あ、そうそう、

きゃぴきゃぴとか、ぴちぴちしながら、

友達の彼氏をいただいたり、

嘘をつきまくってたり、

妊娠してたりと、

最近の若いむすめさんの流行はきっちりと押さえてありました。

 

5人のうち4人が津波で死んで、

最後の1人が幽霊に殺されたっぽい感じで、

夢オチと見せてそうで無い、

そんなエンディングでした。

 

 

後で調べたら、

出演しているかわいいねーちゃんたちは、

みなさんグラドルだそうです。

 

グラドルであってますよね。

 

要するに、おねーちゃんたちの、

プロモーション映画なわけですね。

 

りっぱなB級です。

 

ということで、★3つです。

 

ちなみに、ストーリーはワケわかんないけど、

おねーちゃんのうち、

どれかのファンなら最後まで乗り切れると思います。

 

 


休日の朝早くから見るようなもんじゃないですね。目の保養にはなりましたけど。 (;^_^A

ところで、最近、ぽちがゼロ行進で、それもまた良し!と開き直っています。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/07 10:12|サイコTB:0CM:13

地元のお店

すいません、映画とは関係の無い話題です。

時々、実家の近くの情報収集をしています。

過疎化が進み、あまり新しいお店なんかできないんですが、

こんなお店ができてました。

2679.jpg

2680.jpg

「ねこ」というそうです

このブログをご覧の方で、心当たりのある方は行ってみてください。

ちゃんちゃん。

2008/06/06 21:28|未分類TB:0CM:0

最高の映画さんとリンクさせていただきました。

讃岐の造サンの運営するブログ

 

最高の映画とリンクさせていただきました。

 

ここと違って、普通の映画をきちんと紹介されています。ぜひご覧になってください。

2008/06/01 22:18|未分類TB:0CM:0

マニアカル

〇マニアカル(原題MANIACAL)
本編79分 画面サイズ4:3
監督 ジョー・カストロ
キャスト ブラノン・グールド、ペリン・ムーア、ヘザー・アシュレー、リー・ウェブ

マニアカル継母です。ホントに蛆虫を顔にたからせてます。プロ根性に脱帽です。

【レビュー】★★★(★3つ)
なんか、すっげー久しぶりに洋画です。

字幕を読むのがだるかったです。

 

予告編とか無く、

いきなり始まった模様です。

 

多分、うちのより性能の悪い、

ホームビデオカメラで撮った、

住宅地の風景。

 

なんだろーと思ってたら、

本編が始まっていたのでした。

あんまりにも画質が悪くて、

一瞬、映画だと分かりませんでした。

 

パパに怒られている息子がいます。

筋骨隆々、坊主頭で、

ネオナチ風です。

 

なんか悪さをしたようなんですが、

おまえなんか出てけ、

もう19歳のくせして、

とか、もう、感情の赴くままに怒っております。

 

怒るのではなく、叱るのですよ。

と、教育学部卒らしいことを言ってみたりして

 

ネオナチの受け答えが、

なんか、単語だけです。

 

どうやら、軽い知的障害があるようです。

知的障害があって筋骨隆々なんて、

聞いたことありませんけど。

 

継母に助けてもらって、

自分の部屋に避難します。

 

キューピーを溶かして、

変な風にくっつけた人形をたくさん所持しております。

 

ネオナチらしく、

ちょっとマッドな感じも出しております。

だからといって、今後の何かを象徴しているわけではありません。

 

ネオナチ君、妹がいます。

高校1年生のようです。

お化粧ばっちりで、トウの立ち切った20代後半にしか見えませんが。

 

この妹、わざわざおちょくりに来て、

かなづちを投げつけられます。

 

これでスイッチが入ったんだか

妹が遊びに出かけた後に、

ネオナチくん、かなづちを手に、

大暴れです。

 

最も憎いパパの後頭部に一発お見舞いします。

 

優しくしてくれたママには、

丁寧に接します。

 

頭から血を流したパパを見つけて半狂乱なので、

優しく手をがっつんします。

 

倒れたんで、

馬乗りになって、

顔面をガッツンガッツンがっつん!

 

顔が血だまりになるまで叩き続けます。

下手に生きてても痛いだろうからという、

優しさの発露でしょう。

 

まあ、継母ですから、大して思い入れが無かったんでしょう。

 

もちろんつかまって、精神病院送りです。

凶暴なので、拘束衣つきです。

拘束衣つけてる人を見るのは結構好きです。

 

3年後。

常套手段なんで、

もう当たり前に思えて来ました。

 

おとなしくなったんだか、

拘束衣ではなくなったネオナチ。

 

食って寝ての生活のはずなのに、

筋骨隆々のままです。

さすがネオナチです。

素敵です。

 

一生ぶちこんどきゃいいのに、

話の展開上必要があるので、

一日退院することになります。

 

なんと一命を取り留めていたパパが、

今度は仲良くやろうと、

迎えに行きます。

 

やっぱり、パパのことは嫌いだったらしく、

ネオナチ君、脱走しちゃいます。

 

いきがけの駄賃に、

男性看護士の頭にフォークをぐりぐりと差し込み、

看護婦さんの頭を180度ほどくるりと後ろに回し、

お仲間のキ印入院患者さんの腹に力任せに手をねじ込み胃を摘出し、

女医の背中から手を差し込み心臓をつかみ出し、

やりたい放題します。

 

マッチョさに物を言わせた肉弾戦が清々しいです。

 

ここら辺で、他の登場人物が色々出てきます。

要するに、マッチョの獲物ですね。

 

高校3年生という妹と、その友達×2。

いくらあちらの人たちは発育がいいとは言っても、

小じわまでできるはずが無いでしょうが。

 

どっからどうみても、三十路手前のOLって感じです。

どっちかっツーと、そのほうがいいんですけどね。

 

まあ、そんなマニアックな好みはおいといて、

その相手となる男3人組も出てきます。

 

さらに、何の必然性があるのか、

ホラーショップの店長も出てきます。

 

こんなお店が近くにあれば毎日入り浸るんですが、

悲しいかな田舎なので、

B級を捜すのさえ一苦労です。

 


ネオナチというかマッチョ君、

店長の首をカッターで切り裂きます。

 


続いて、妹含めて、

今がサカリの男女6人のいる家に向かいます。

 

ここで、兄の影におびえる妹がいいこといいました。

キ血ガイだから、やることに理由はないのよ。

ノーリーズンなコカコーラな兄貴だと説明します。

 

なるほど、あまり理詰めで見るなという、

ありがたいお達しです。

その通りだと思うので、従うことにしました。

 

さて、早速、ナニをイタす皆さんです。

とりあえず2組は頑張ります。

 

やることに慣れているのは、

年齢はあまり関係ないですが、

肌の張りがもう、これで10代だと言い切るなら、

神に変わって天罰を与えてやろうかと思います。

 


すっきりしたところで、

女1が外の車にタバコを取りに行きます。

 

こっから、殺戮の開始です。

 

後ろから忍び寄るネオナチ。

首をぎゅーっと絞めます。

 

心臓をつかみ出すくらいですから、

ねじ切るかと思ったら、

ゆっくりと絞めていきます。

 

顔が紫色になって抵抗力がなくなります。

さらに頭をがっこんがっこん地面に叩きつけて砕きます。

なかなか芸が細かくて感心しました。

 

続いて、相手の男です。

心配になって外に出て着た男を、

後ろから蹴り飛ばします。

 

そのまま、蹴りまくります。

蹴ります、蹴ります、蹴ります、

血だるまになります。

 

とどめに、頭を踏み潰します。

なかなか粋なことをします。

 

行動原理は当然分かりませんし、

ノーリーズンということで今回はいかせていただきます。

 

続いて、2組目に近づきます。

ことが済みましたんで、

男は休んでます。

女はシャワーです。

 

ここでサービスシーンとして、

ねっとりとシャワーシーンが挿入されますけど、

主題ではないので、はしょります。

 

ネオナチ、男のところに行き、

問答無用で顔面に正拳づきです。

 

一発、2発、3発、

北斗百列拳並にがっつしやります。

 

顔が血まみれになって、

気を失ったところで、

腹を裂いて中身を取り出します。

 

もうちょっとリアルに見せてくれるとよかったんですけど、

よい子に配慮して、裂くところはちゃんと見せませんでした。

 

続いて、女2です。

顔が明るいところでアップになるので、

重力に負けた部分と経年劣化の部分ががはっきり見えます。

これで女子高生と言い張るなら、

小一時間説教が必要です。

 

目に釘ボールを突き刺して、

グリとグラです。

 

倒れてもさらにねじ込み、

息絶えたところで、

またもや腹を裂きます。

 

死体損壊が好きなもようです。

それならそれで、よい子に配慮しないで、

もっとしっかり見せてくれればいいのに。

ドけちですね。

 

欲しい物を好きなだけ買わせてくれないので、

カミさんにもよく、ドけちと言って、

めちゃめちゃに怒られてますけどね。

 


さあ、最後の獲物です。

妹の3組目です。

 

踊りかかろうとすると、

邪魔が入ります。

 

警官1人とパパです。

 

パパは背中からぐっさりです。

 

そして、パパから奪った銃で、

警官の頭を木っ端微塵にします。

ちゃちな作り物でしたけどね。

 

さあ、本来の獲物に飛び掛りましょう。

 

まずは、男のほうです。

壁に押し付けて、

頭をぎゅーと押し付けます。

力を込めます。

さらに力を込めます。

青筋が立つほど力を込めます。

 

すると、グシャッと熟したトマトのようにつぶれました。

ちゃちな作り物なのが一目瞭然でしたけど。

 

続いて、妹です。

首を絞めていると、

パパに止めを刺してなかったんで、

ちょっと撃たれちゃいます。

 

実は結構パパのことが好きなんじゃないかと思ってしまいました。

 

でも、パパは最後の力を振り絞ったらしく、

そのまま息絶えます。

 

短銃のしょんべん玉だったんで、

全然平気です。

 

もっかい、妹の首を絞めます。

お兄ちゃん、天罰が下るわよ。

いまいち効き目がありません。

 

戦術を変更します。

お兄ちゃん愛してるわ。

 

効き目抜群でした。

手を緩めて、

洗面所にいき、液体洗剤をがぶ飲みし、

自殺しちゃいます。

 

そこまで効き目があるとは思ってなかったらしく、

妹はネオナチのところに行って介抱しますが、

死んじゃいます。

 

チャンちゃん。これでおしまい。

 

さすがにちょっときつかったんで、

どうかんがえても、★3つです。

 

 

 

 

風呂が壊れて、最近毎日近くの温泉に行ってます。もう飽きました。誰か助けてください。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/06/01 22:08|スプラッタTB:0CM:7

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。