日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

Dr.チョッパー

〇Dr.チョッパー(原題Dr. Chopper)
本編85分 画面サイズ4:3 劇場未公開
監督 ルイス・ショーンバーン
キャスト コスタス・マンディロア、ケンドラ=スゥ・ウォルドマン、エド・ブリガディア、チェルシー・クリスプ、ロバート・アダムソン

drchoppar1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
これ、前から気になってたんですよ。

気になる作品ばかりなんですけどね。

ただ、ジャケットとタイトルがあんまりなんで、

さすがに手を出さないでいました。

 

それが、近所のゲオで、レンタル1本80円という、

大特価をやってくれたので、

今しかない!とレンタルしたんですよ。

 

お小遣いの少ないサラリーマンにとっては、

大変ありがたいお店です。

 

 


あらすじはですね、ドクターチョッパーから逃げる若者達、果たして無事に逃げ切ることが出来るのか?という感じでいいかと思います。

まあ、アルバトロスですから、難しいところは1つもありません

なんでそーなんの?という点では、天文学的な難しさがありますが。

 

何はともあれ、始まりました。

 

鏡を前にして苦悩しているジジイがいます。

こいつがこれから死ぬのかと思いきや、

美人看護婦が2人も現れます。(o^∇^o)ノ

 

しかも、胸元は大きく開き、(≧∇≦)b

超ミニの白衣。(≧∇≦)b

まさに、白衣の天使×2!(≧∇≦)b

 

ええ、ご想像の通り、

開始1分にして、

がっちりつかまれてやりましたよ。(≧∇≦)b

 

ジジイは医者のようです。

何でも、これから医学の歴史を塗り替える大手術を行うそうです。

永遠の若さが手に入るそうです。

 

永遠の若さというと、

どうしても魔術的なものが絡んでくるものですが、

医者を使い、科学的なアプローチをする辺り好感が持てます。

 

とても、アルバトロスとは思えないまっとうさです。

どれどれどんなことをするのかな?

 

隣の部屋に行くと、

手術台に縛り付けられたカップルがいます。

 

もちろん、女は裸なんですが、

これをどうするつもりなんでしょう?

 

まず、手をでっかい中華包丁で切り落とします。

血がブシュー!

ジジイは体中真っ赤です。

 

素敵。

素敵な画です。

余り期待してませんでしたが、

今後の展開に期待の持てるオープニングです。

 

看護婦さんも耳をそいだり、

目をほじったりしています。

 

ジジイ、後は好きにしろ。

かっこいい、ボスの言葉ですね。

 

ところで、永遠の若さは?

やったことといえば、肉体破壊だけなんですが?

 


疑問は放置されたまま画面が変わります。

警察がガサ入れに来ます。

さっきのジジイは、アメリカ№1の外科医で、

改造バイク(チョッパー)に乗っているので、

ドクターチョッパーだと、丁寧に説明してくれました。

 

見てるだけじゃ、さっぱり分からないので、

こうして説明してくれるのは大変ありがたいです。

映像メディアでそんなことをしちゃうところが、

B級らしくて、さらに素敵な感じが増します。(≧∇≦)b

 

どうやら、さっきのカップルはさらってきたみたいで、

そのことがばれたようです。

当然逃げた後ですんでもぬけの殻です。

 

ここで、スーパーが入ります。

 


20年後。(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ~

 

 


は?(゚ペ)?

さっきのジジイがドクターチョッパーなら、

いきなり主人公死亡ジャねーのか?

という当たり前な疑問が湧いて来ましたが、

当然、そんな疑問はスルーされて、

淡々と物語は進みます。「(´へ`;

 


ここで、いきなりレズシーンです。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

しばらく、アイラブユーとかやってます。

ちなみにおっぱいは出ません。

下着はつけたままです。ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!

そうゆうのが好きな方々なんでしょう。

 

最近、レズシーンにやたらと遭遇します。

あんまり好きではないんですが、

ホモシーンよりはましなので、

それなりに堪能させていただいております。

 

んで、片割れが、ざんばらな赤毛おばさんにさらわれちゃいます。

第1号の獲物のようです。

 

続いて、次の獲物となるであろう若者5人が登場します。

5人でキャンプをしにきてます。

 

続いて出てくるのが、森林警備隊のテレルです。

新人が配属されるので迎えに行く途中です。

 

新人君は、テレルの武勇伝を聞いて志願したそうです。

クマ殺しのテレル、山火事のなか単身で遭難者を救出した不死身のテレル。

そんな評判を聞いてあこがれたそうです。

 

ところが、あからさまに迷惑そうなテレル。

でも、まあ、しょうがないんで、事務所に連れて行きます。

道中話してくれました、この辺では行方不明者が頻発していて、

その行方不明者の体の一部が良く見つかるそうです。

 

また、人が出てきます。

この手の映画はあんまり人が出てきても、

殺すのが大変なだけなんで、

最初の5人くらいにしといたほうがいいんですが、

どんどん人が出てきます。

 

今度は、若い女5人です。

なんだか知りませんが、

3人が服を脱ぎます。(>▽<)b

何でか全員黒いブラです。

 

ちなみ、これ以上脱ぎません。(-公- ;) チッ

やっぱり、着せたままが好みのようです。

世の中そうゆう趣味の人もいるようですんで、

残念とか言わないで、見守ることにします。

 

んで、その3人がうろちょろしていると、

さきほどのざんばら赤毛おばちゃんが1人をグサッとナイフで一刺し。

あと、汚い格好した、顔がつぎはぎのおばちゃん×2が出てきて、

残りの2人もグサッ、グサッとと一撃でやっちゃいます。

 

大変手際が良く、カメラが回りこむ前に仕事を終えます。

それに、血の出ないポイントを知っているようで、

一滴たりとも血を流しません。

残り2人の女も当然、グサッと一撃でやられます。

ここでも、手際が良くて、カメラが回りこむ前に仕事を終え、

血も出しません。

 

一度に5人をやっちゃいますが、

どうするかというと、

食べちゃいます。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

ちょっと、ゾンビには見えないんで、

たぶんカニバリストなんでしょう。

 

何はともあれ、オープニング以来のグロシーンです。

殺しが手際よすぎるのは不満ですが、

いくらか欲求不満が解消できました。

 


ところで、ドクターチョッパーはまだでしょうか?

既にジジイでしたんで、

もう死んじゃったんでしょうか?

 

そんな疑問もスルーされて、

どんどん先に進みます。

 


森林警備隊の事務所です。

テレルと新人君がお話しています。

 

テレルは元指圧士で、象牙を友達からもらって、

彼女だか妻を救えなかったそうです。

今回のお話には関係ない会話ですんで、

詳しいことは割愛させてもらいます。

 

でまあ、なんでかテレルが怒り出して、

新人を夜中にも関わらず、街に送り返すことにします。

2人で車に乗ってると無線が入ります。

 

行方不明者が出た捜索しなさい。

女で、右胸にタトゥーがあるそうです。

名前はドナだそうです。

 

背格好だとか、髪や目の色だとか、

人種だとか、年齢とかの捜索に欠かせない情報は、

スルーされました。

 

よくよくスルーの好きな映画です。

テレルの結論としては、

めんどくさいから聞かなかったことにしようということになりました。

 

こんな山の中で、女1人探せといわれても困るんで、

大変正しい選択かと思います。

 

と思ったら、ヘッドライトが前方にうずくまってる女を照らし出しました。

ガッデムです。

なるべく関わりたくないんで、新人君に行かせます。

 

君、ドナだろ?

ちょっと胸を見せてごらん?(⌒~⌒)

 

それで誰でも見せてくれたら、

誰もこんなに苦労しません。

後で訴えられますよ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

素直に見せてくれました。(; ̄Д ̄)なんですと?

言ってみるもんですね。

今度試してみましょう。

 

それはさておき、

タトゥーがありました。

右じゃなくて、左胸ですけど。

 

誰だ、お前は!

胸ばっかり見て、顔も確認してないことに気付きます。

 

殺人おばさん3人組の1人です。

新人君、グサッと刺されてあっさり死にます。

 

テレルにも迫ってきます。

クマ殺しのテレルはどう出るでしょう?

相手はナイフを持っているとはいえ、

ヤバメな外見をしているとはいえ、

おばさんとはいえ、

ただの女です。

 

ダッシュで逃げます。

車が動かないんで、

そのまま山の中に逃げ込みます。

 

クマ殺しのくせして、えらいこと臆病です。

同僚が殺されたというのに、

立ち向かう気配さえ見せませんでした。

 


で、チョッパーは?

 

 

 


出てきました。ようやく出てきました。

ジャケットと同じ格好してます。

死蝋のような色のシワシワ肌ですけど、生きてたんですね。

何でも、もう87歳だそうです。

最近の年寄りは元気ですからね。

米寿前だし、人生これからって感じなんでしょう。

 

ア、ちなみに、例の殺人おばさん3人組がそばにいます。

セクシー看護婦の成れの果てのようです。

1人増えてますが、どっかで拾ったんでしょう。

 

 

なんだか悩んでます。

なになに?

心臓移植が出来ない?

血液型が合わない?

拒否反応が出る?

もう時間がない?

 

どうやら、心臓を入れ替えて、

さらに長生きするつもりのようですが、

こんな山奥の小屋で何ができるんでしょうか?

それに誰が手術するんですか?

セクシー看護婦の成れの果てのおばさん三人組ですか?

 

相変わらず、つっこみどころ満載の展開ですが、

チョッパーが回答を出します。


よし、狩りに行くぞ!

 

得意のスルーです。

 

 


どこに狩りに行くかというと、若者5人のキャンプです。

チョッパーに乗って出動します。

ジャケットどおりの画です。

少なくとも、今回はジャケット詐欺でないことが判明しました。

 

若い者にはまだまだ負けてられないドクターチョッパー。

昔はセクシーだったおばさん×3と、正々堂々と正面から乗り込みます。

 

かなりヨタヨタってますが、

戦前、戦中を生き抜いた強者に今時の若者が勝てるはずがありません。

あっという間に1人グサッとやられます。

 

もちろん、手際が非常に良く、

いつの間にか刺されて、崩折れてました。

血も流れません。

 

残りの4人は車で逃げます。

行きがけの駄賃に、既にセクシーではないおばさんを1人、

ひき殺していきます。

 

で、次の場面になると歩いています。

原因を追究してもしょうがないので、

こっちとしてもスルーさせてもらいました。

 


で、まあ、あっちこっち走ってると、

外に切り取った手や足の干してある家にたどり着きます。

チョッパーの家です。

 

こんなところに20年もいたんですね。

何をしてたんでしょうね?

 

何はともあれ、当然のように、

チョッパー&昔はセクシーだったおばさん×2が出てきます。

 

ここで、衝撃の告白です。

チョッパーは若者の内の男1人の父親だそうです。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

ア、もちろん伏線なんかありませんよ。

いきなりですよ

 

まだ、20歳そこそこみたいなんで、

いくつの時の子供やねん!って思わずつっこんでしまいましたが、

そんな年でまだ現役というのはある意味うらやましいかも。

 

それはそれとしてだ、

何で人をさらってきて切り刻んでるかというと、

永遠の若さを手に入れるためだそうです。

 

永遠の若さを手に入れるには特殊な遺伝子が必要で、

そんなのを持つ人間を探して狩りをしていたそうです。

 

さっきは、心臓がどーとか言ってたような気がしますが、

どうやらお得意のスルーのようです。

 

息子以外の3人は縛られていて、

こいつらのどれだかがその遺伝子を持っているそうです。

 

特殊な遺伝子を探すのなら、

普通に医者をやってた方がよっぽど早いと思いますが、

天才外科医なりの理屈が何かあるんでしょう。

 

息子君は3人の内、1人の女にご執心で、

そいつは助ける約束だったんですが、

やっぱやーめたって言われて、

かっとなって、既にセクシーではないおばさん×2を刺し殺します。

 

さすが、外科医の息子だけあって、

手際よく、血の一滴も流しません。

 

だけど、チョッパーに返り討ちにあいます。

チョッパーもさすがで、血の一滴もこぼしません。

 

女はなんとか逃げ出します。

あ、他の2人は当然もうやられてます。

カメラが遠かったんで、良く見えませんでしたが、

血の一滴もでないように喉を裂かれてました。

 

女は途中で、何でかやる気を出したテレルと合流します。

そして、ついに、チョッパーに追いつかれました。

 

アーミーナイフを持って近づいてくるチョッパー。

テレルが斧で立ち向かいます。

斧一閃。手首から手を切り落とします。

ア、もちろん血は出ません。

 

ところが、その隙を突いて、ナイフがテレルの腹に。

さすがに手元が狂ったのか、血がどばどば出てきます。

 

ダッシュかける女。

手を切られているんだから、

あんなジジイくらいなんともないだろうと言うのは無しです。

とにかく、武器を探そうともしないで逃げます。

 

ついに追い詰められます。

いつもの展開で、窮鼠猫をかみます。

チョッパーのナイフを奪い取り足をグサッ!

 

よろけたところを、

何でか後ろまで来てたテレルにばこっ!

そして、心臓をグサ!

もちろん、血は一滴も流れません。

枯れてるからでしょうけど。

 

テレルを置いて、助けを呼びに行く女。

 

ひき殺されたはずの、

今ではセクシーではないおばさんが出てきて、おしまい。

 

 

ジャケット詐欺ではないという、

アルバトロスらしくない良心的な作品です。

 

人がたくさん殺されているのに、

血が出てくるのが2回、

グロいシーンは1回と、

思いっきり期待に背いてくれるという、

正しいB級のあり方も示してくれました。

ということで、文句無く、★3つです。

 

 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
2008/01/31 10:00|スプラッタTB:1CM:8

フロッグマン

〇フロッグマン(原題FROG-G-G!)
本編80分 画面サイズ4:3
監督 コーディ・ジャレット
キャスト クリスティ・ラッセル、アリアドネ・シェイファー、ロバート・パトリック・ブリンク、マイケル・マコノヒー、ジェームズ・デュヴァル、メアリー・ウォロノフ

frog1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
前にもお伝えしましたけど、ミクシィもやってます。

あちらでも同じ名前です。

結構B級好きな方がいらっしゃいまして、

お勧めのB級を教えてもらったりしています。

 

それで、教えていただいたのが、

この作品です。

教えてくれた方は結構誉めていらっしゃいまして、

アルバトロスですが、ちょっと期待しました。

 

いい加減、やめればいいんですけど、

今度こそはと思っちゃうんですよね。

典型的な深みにはまるギャンブラーの姿ですね。

 

ちなみに、ジャケットほぼそのままのデザインで出てきます。

アルバトロスにしてはたいしたもんです。

 

 

 

 

 

 

おたまじゃくしです。

名前はぴょん吉です。

 

 

ぴょん吉は物心付いた時には、

汚い沼にいました。

 

ある日、子供が枝で突っついてきたんで、

ちょっと身震いをしたら、えらいことびびります。

 

実は、ぴょん吉はでっかいです。

大きめのスイカくらいあります。

 

ぴょん吉には沼に仲の良い友達がいました。


同じくおたまじゃくしのビリーです。

同い年で、身長も同じくらいです

 

隣の家のメリーです。

魚さんです。

目が5つあります。

目が2つしかないぴょん吉は、

よく見えるだろうといつもうらやましがってます。

 

向かいに住んでるマイクです。

大人のカエルです。

大人なのに、おたまじゃくしのぴょん吉と同じくらいの大きさです。

でも、人型で、2本足で歩きます。

 


ぴょん吉は、マイクみたいに2本足で歩きたいものだといつもうらやましがってました。

 

ぴょん吉はどんどん大きくなってきました。

体長1メートルくらいになります。

超ビックサイズおたまじゃくしです。

 

残念ながら、ビリーは死んじゃってます。

 

メリーとマイクは近くの養魚場の人間に捕まっちゃいました。

 


幾日かたつうちに、

ぴょん吉もだんだん大人になってきました。

 

手と足が生えてきて、

尻尾が無くなってきました。

 

もう数日たつと、

尻尾は完全に無くなり、

念願かない、マイクと同じように、

身長180センチの人型となり、

2足歩行できるようになりました。

 

先に死んでいった、

ビリーたちの分も生きろと神様が言ってるに違いありません。

 


うれしくて、2本足でスキップしてたら、 

車道まで来てしまいました。

まあいいので、そのまま横切って先に進むことにします。

 

そしたら、車が走ってきて、

ぴょん吉を避けようとして木にぶつかっちゃいました。

ぴょん吉には関係ないことなので、先を急ぎます。

 

うれしさの余り、跳ねてるのかと思ったら、

どうやら違うようです。

 

本能が体を突き動かしているのです。

 


そう、動物の本能といえば!

アレですよ。

アレ!

 

ナニをイタすことです!

もー、こんなこと言わせないでくださいよ。

いい年したおっさんが言うのははばかられますから。

 


本能の赴くまま直進していくと、

なんだかサカってる人間がいました。

 

ぴょん吉が覗くと、

ちょうどその場面です。

 

言わなくても分かりますね?

 


こっそりと近づいて、

上にのっかている男をたたき出します。

 

んで、女が気付く前に、

代わりに乗っかっちゃいます。

 

げーこげーこと頑張ります。

びょいんびょいん頑張ります。

 

最後に気付かれましたが、

男の本懐を遂げました。

 

まだ、本能が体を突き動かします。

別の場所へ移動します。

 

直進していくと、

アメフト試合中のスタジアムに着きました。

 

ぴょん吉はカエルなんで、

薄暗いところをこのみます。

 

裏手に回ると、

なんだか怒られている人間がいます。

 

あっ、本能が疼く女がいます。

そこにいた男達は全員叩きのめして、

再び本懐を遂げます。

 

ああ、まだ本能が体を突き動かします。

アメフトの試合の熱気が乗り移ってきました。

 

ぴょん吉はもう我慢できません。

アメフトフィールドへ躍り出ます。

 

あれ?ぷりちーな、全身緑色タイツの、

黒目くりくりのぴょん吉を見て、

みんな逃げ出していきます。

 

基本的に本能だけのぴょん吉は、

とにかくぴょんぴょん跳ねます。

 

なんたってカエルですから、

人型でも、がに股で跳ねます。

ある意味ダンサぶるなジャンプなのに、

みんな逃げます。

 

誰もいなくなっちゃったんで、

再び、本能の赴くまま移動します。

 

今度は女子高の寮へ着きました。

あっ、女が出てきました。

 

ぴょん吉は女を殴り飛ばして、

中に入っていきます。

 

どうしたんでしょう?

なんか枯れた尼さんだったんでお気に召さなかったようです。

 

中に入って、下着姿の女の子に、

がに股でぴょんぴょん跳ねながら、

アピールしてると、女がやってきました。

 

ちょっとというか、かなりお年を召している感じの、

ありていに言えば、おばさんなんですが、

前をはだけて、かもーんって言ってます。

 

ぴょん吉、ふらふらと近寄っていきます。

本能ですから、おばさんでも大丈夫なようです。

先ほどの尼さんは相当なんでしょう。

 

おばさんが鉄パイプで股間をコーン!

人間の女とナニをイタすことが出来るくらいですんで、

急所も同じところです。

 

悶絶していると、ばーん!

一番最初に本懐を遂げさせてもらった女の父親に撃たれて、

アーメン。チーンです。

 

 

 


でも、大丈夫です。

新たな命が引き継がれていますから、

十月十日後に、両生類の次ですから、

爬虫類のような子供が元気に生まれてきます。

 

ぴょん吉、安らかに眠ってください。

 

ということで、★3つです。

 

今回は内容がアレなんで、アレですけど、もしいただけるんならぽちぽちっとしていただけるとうれしいです。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/30 10:00|モンスターTB:0CM:8

デス・ヴィレッジ

〇デス・ヴィレッジ(原題RITUAL)
本編103分 画面サイズ16:9
監督 アヴィ・ネッシャー
キャスト ジェニファー・グレイ、クレイグ・シェイファー 、ダニエル・ラパイン、クリステン・ウィルソン、ガブリエル・カソーズ、ティム・カリー

 n_605gnbf7261ps.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
もうね、いい感じのジャケットでしょ?

ゾンビって書いてあるし、ジャケットはいい感じだし、

即決しましたよ、あたしゃ。

 

一人称がいまいち定まらないのは、

まあ、いいことにして、見逃してください。

あとは、フィーリングで感じ取ってください。(^▽^)/

 

でもね、103分もあるんですよ。

ケースで時間を確認した時は眩暈がしましたよ。

 

面白けりゃ、あっという間なんですけど、

そうじゃなきゃ、いつもなら80分くらいのところを、

延長付けられちゃいますから。(T△T)

 

 

それで、

 

 


どんなだったかって言うと、

 

 

 

 

 


どう思います?

 

 

 

 

 

 

1人沸騰して死ぬんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に鉈でばっさり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、いい感じでしょ?∑d(≧▽≦*)

 

 

 

 

 

でも、なんか足りない。

 

 

 

 


そう、

 

 

 

 

アレ、

 

 

 

 


アレですよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アレが足りないんですよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾンビーが!!!オーイ!! L(゚□゚ L)Ξ(」゚□゚)」オーイ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つーか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾンビが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いません!!!щ(゚ロ゚щ) カモ-ンщ(゚ロ゚щ) カモ-ンщ(゚ロ゚щ) カモ-ンщ(゚ロ゚щ) カモ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自称ゾンビだけ!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、ゾンビパウダーなるものだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


103分我慢して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それかよ!ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャケット詐欺~!。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャなくて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャケット嘘つき~!。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デモね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ちょっとホラー風味のサスペンスとしてみれば、

まあまあかな?

 


ということで、★3つです。

 


いつも、おもしろい、

さとしんぶんさんの手法を、

リスペクトしてお送りしました。

 

あの、別に手を抜いたんじゃないですからね。ホントですよ、開いた口がふさがらなくて、記事が書けなかった訳じゃないですよ。だから、ぽちぽちってしてもらえませんか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/29 10:00|ゾンビTB:0CM:7

トルネード・インセクト

〇トルネード・インセクト(原題LOCUSTS:8TH PLAGUE)
本編89分 画面サイズ16:9
監督 イアン・ギルモア
キャスト ダン・コルテス、ジュリー・ベンツ、デヴィッド・キース、ジェフ・フェイヒー、カーク・B・R・ウォーラー

tornado_insect1.jpgこりゃあちょっと大げさすぎます。

【レビュー】★☆☆(★1つ)
最近おなかが出てきました。

食べても太らない体質なので、ほとんど気にしてなかったのですが

外見がヤバメになってきました。(^▽^;)

 

他人のことを中年ぶとりのおっさんなんて言ってる場合じゃありません。ヾ(;´▽`A``

で、まあ、こまごま運動するようにしてるんですが、

まず腹筋ということで、手軽にやるために、

カミさんが色々買い揃えているダイエットグッズを使うことにしました。

 

この前、テレビで風船を膨らませるといいとやってて、

風船を膨らませるのと同じ効果を出す、笛のようなグッズがありました。

ちょっとやってみたんですが、結構腹筋にきます。v('▽^*)

 

腹式呼吸になるから良いらしいです。

これを毎日やって、元の体形に戻したいと思います。

 

以上、ダイエット日記でした。\(^▽^)/

 


???r(・x・。)アレ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はっ、しまった、そうじゃないですね。(・・。)ゞ テヘ

 

えっとですね、イナゴの話です。

イナゴがたくさん出てきて、人を襲って、パニックになって、イナゴがやっつけられるという、大変シンプルなストーリーです。

 

あんまり難しいと頭がついて行かないんで、

これくらいシンプルでないと、ヤバイです。(*´σー`)エヘヘ

 

サイロジェン社というところで、

イナゴの研究をしています。

 

どんな研究かというと、

イナゴの遺伝子を操作して、

イナゴを食べるようにするんだそうです

 

あちらではイナゴによる農作物への被害が多いんでしょうね。

イナゴでイナゴを駆除するという逆転の発想です。

 

まあ、要するに、草食のイナゴを肉食に変えたということみたいです

農薬を使わない、環境に配慮した、大変いい研究だと思います。

 


で、こいつらが外部へ全部逃げ出しちゃいます。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

大変です。

まだ、特許出願中ですんで、

先を越されるとお金儲けが出来ません。( ̄□ ̄;)!!

 


とりあえず原因追求です。

仮説、実験、検証を繰り返すんです。

研究の基礎ですね。多分・・・(´~`ヾ)

 

通気口から逃げたようなので、

見に行くと、ちょっと開いてました

こっから逃げたんですね。

次からは気をつけましょう。

 

ゲッ、なんだか先に見に行かせたヤツがバラバラになって死んでます。

イナゴを肉食に変えたからでしょうか?

とにかく社長に見せましょう。

 

どーすんですか、死人が出ちゃいましたよ。

誰にも言うな、金儲けがパーになっちゃう。

全部オスだから繁殖しないし、

2日で死ぬようになってる。

 

ア、それなら安心です。(o^∇^o)ノ

オールオッケーですね。

もうエンディングでいいですね。(o^∇^o)ノ

 

ありゃ、まだ続きます。(゚ー゚*?)オヨ?

どっかのトウモロコシ農場です。

先ほどのイナゴが大襲来してます。

 

アー、トウモロコシには見向きもせずに、

そこにいた人を、3人ほどですけど、食べちゃいました。

 

これがまたいい感じの、

ずるむけ死体デス。

金がかかってます。

一見の価値がありますよ。(*゚▽゚)ノ

 

事件発生したんでまだ続きます。

 

他にも牛が襲われたみたいで、

農務省では大騒ぎになっています

担当者のヴィッキーのところへ、彼氏のコルトが来ます。

ちなみに、コルトは、有機殺虫剤製造散布業者で、昆虫学者で、

元サイロジェン社の研究員だそうです。

 

コルトは、昆虫学者として、

全てイナゴのせいだと喝破します。

 

持ち込まれた牛の死骸から、

イナゴの死骸を見つけて脇を固めます。

 

 

この後、イナゴの大集団は、

あちこちで人を襲います。

もちろん、ジャケットほどの大竜巻のような集団ではありませんが、

襲われると一瞬で食い尽くされてしまうほどです。

まず、巣を見つけようということになります。

そうですね、まず、本体を叩いて、

雑魚を個別撃破です。(*゚▽゚)ノ

 

見つけました。

あっさり見つけました。

昆虫学者に不可能はありません。( ̄ー+ ̄)

 

繁殖しないといってたんですが、

幼虫からサナギまでたくさんいます。

突然変異で繁殖できるようになったそうです。

 

そんな簡単になるとは思えませんが、

昆虫学者が言うのだからそうなんでしょう。

勢いで押し切られてしまいました。ヽ(´▽`)/

 

とりあえず、キンチョールを散布してみたんですが、

ちっとも効きません。

つーか、元気になってます。

 

襲ってきました。

ヤバイです。ダッシュで逃げます。

ヴィッキーとコルトには何でか襲ってきません。

他の連中はあっという間に、ご馳走様です。

 

これ以上、被害が拡大すると農務省が非難されますので、

役人としてそんなことは絶対阻止したいヴィッキーは、

超強力なキンチョールの散布を許可します。

 

今までイニシアチブを取ってきたコルトは大反対です。

自分の手から主導権を取り上げられるのは我慢できません。

えらい剣幕で反対します。

 

とにかく反対です。何か方法があるはずだ、知恵を絞ろうと、

朝日新聞社説のような対案を出さない他力本願で、

絶対反対と猛抗議します。

 

こんな時は、抗議に弱いお役所が当然折れます。

2番目に強いキンチョールにすることで手を打ちました。

自分の存在感を示すことが出来たので、

コルトもそれ以上反対しませんでした。

 

声のでかいヤツの勝ちです。

反対のための反対が通ってしまいました。

 

まあ、世の中、そんなことは良くあることなので、

気にしないで事態は進んでいきます。

 

牛をたくさん集めて、イナゴを誘い出します。

そんなことで来るのかどうか不安ですが、

きっと、昆虫学者が提案したんでしょう。

 

ちゃんとイナゴが集まってきました。

さあ、セカンドキンチョール散布だ!

 

といった時に、コルトから連絡が入ります。

このイナゴはキンチョールが効かない、

どっちかつーと、キンチョールを食べる。

んで、キンチョールを食べると活性化する。

 

さっきで懲りてますんで、

お役所チームはうるさく言われないように、

即座に散布中止命令を出します。

 

まあ、ちょっとした行き違いで散布されますけど、

昆虫学者が言うとおり、えらいこと元気になって、

またどっかに行っちゃいます。

 

やり方はとにかく、

結果的にコルトの言った事はあってたようです。

 

元気になったイナゴ集団は、

またあっちこっちで人を襲い始めます。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

キンチョールが効かないんですから、

どうしましょう。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ


前例踏襲のお役所は、

最強のキンチョールを使うことにします。

 

再び大反対するコルト。

セカンドキンチョールで活性化してますから、

今度の反対には根拠があります。

 

でも、対案を出そうとしないところがまだまだです。

そんなことだから政権政党になれないんですよ。

まあ、それはそれとして、

コルトは、何か思いつきます。

 

化学薬品の蓄積されている人体を好んで食べてるんだ!

だから、有機キンチョールならあのイナゴは免疫がないから、

効くはずだ!( ̄◇ ̄;)エッ

 

思いつきで、ぺらぺらしゃべられても困るんですが、

声の大きい人に弱いのが役所ですんで、

今回も素直にそうですねと肯定します。

 

有機キンチョールはどこでしょう?

大丈夫です。

コルトの職業はなんでしょう。(*゚▽゚)ノ

 

有機殺虫剤製造散布業です。

在庫はたっぷり、散布まで一手に引き受けます。

もしかしたら、コルトが黒幕じゃないかと思うくらい、

都合のいい展開になってきました。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

イナゴは餌を求めて、都市部にきてましたんで、

もう牛で集める必要はありません。

都市部上空で、有機キンチョールをばら撒きます。

 

効いてます!イナゴは全滅しました!

これで、コルトは莫大な儲けです。(>▽<)b

しかも実績が出来ましたから、

役所との取引は今後独占できるでしょう。(>▽<)b

 

やっぱりコルトが黒幕くさいです

 

ふーやれやれと思ってると、

イナゴの第2波第3波がやってきました。

繁殖して増えてたんで、部隊を編成しなおしていたようです。

 

こりゃ大変です。

有機キンチョールはもう在庫がないそうです。

ホントかどうか怪しいもんですが、

声の大きい人に逆らう役所ではありません。

 

どーしましょう。オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

今度はヴィッキーが思いつきます。

彼女のお父さんはサイロジェン社の研究主任です。

 

会社に乗り込んで問い詰めると。

イナゴを作ったのはお父さんだそうです。

ごめんちゃいしますが、厳しい娘は許しません。

 

これまでの経緯を話し、対策を求めます。

フェロモン剤で誘導して、研究所ごと爆破することになります。

 

フェロモン剤はどこでしょう。

大丈夫です。

コルトの所に在庫がばっちりあります。(*゚▽゚)ノ

 

早速お仕事に取り掛かるコルト。

儲かって儲かって笑いが止まりません。

ウハウハです。∑d(≧▽≦*)

これで、今後は農務省にどんどん食い込んでいくことでしょう。

 

セスナでフェロモン剤をまいて、うまく誘導できました。

実験場は閉鎖できますんで、

そこにイナゴたちをうまいこと閉じ込めました。

昆虫学者に不可能はありません。

 

さあ、爆破です。

あれ?起爆装置が動きません。( ̄Д ̄;;

 

手動でやることにしますが、

そんな自殺行為に誰が行くんですか?

 

こんなこともあろうかと、

コルトはもう用もないのにまだセスナでうろちょろしています。

お役人が志願するはずもありません。

 

みんなの視線の集まるところは、

ヴィッキーのお父さんです。

製造者責任を果たしてもらいましょう。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

無言の圧力に押されて志願するお父さん。

1人で研究所へ行き、スイッチを入れます。

ドカーン!大爆発!

大成功です。イナゴは一掃されました。\(^▽^)/

 

その辺を確認してから降りてきたコルト。

ヴィッキーと無事を確認しあい喜びます。

巣を退治し忘れてますが、一件落着です。

 

もちろん、イナゴのサンプルがどっかに運ばれてるシーンが挿入され、

おしまい。

 

実は腹黒そうなコルトは別にしても、

CGの出来も良く、展開もテンポよく、

割と最後まで飽きさせないつくりになってます。

 

少々強引ながらも、伏線も消化していきますし、

さすが、ユニバーサル制作というところでしょうか。

とてもアルバトロス配給とは思えない出来でした。

ということで、★1つです。

 

アルバトロスが★1つなんて、びっくりしちゃったよーんという方ポチぽちっとお願いします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/28 10:00|パニックTB:1CM:2

リ:プレイ

〇リ:プレイ(原題GRIM REAPER)
本編82分 画面サイズ16:9
監督 マイケル・フェイファー
キャスト チェリッシュ・リー、ベンジャミン・ピッツ、ニック・マチス、アダム・フォーティン、ブレント・フィドラー

51BuSRligaL__AA240_.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
ゾンビでもなければ、スプラッタでもない

モンスターは出てこない、SFでもない

そんなよく分からない分野のものをレンタルしてしまいました。

 

決して、適当にチョイスしたのではありません。

ジャケットがちょっとかっこいいかな?と思ったんです。

まあ、真面目な本の間に、エロ本を挟んでレジに出す感覚ですかね。(^▽^)/

 

ほら、ゾンビとかスプラッタばかり借りてると、

何かあったときに警察にマークされちゃったり、

やっぱりねという世間の目にさらされちゃいますから。(*゚▽゚)ノ

 

こう見えても、良識派で真面目な人間で通ってるんですよ。

ホントですよ。

ホントだってば!信じて!プリーズ。(;人;)

 

でも、カミさんには確認しないでくださいね。

ばれちゃいますから。(*´σー`)エヘヘ

 

そんな、良識派で真面目な管理人が自信を持ってお勧めするこの作品。

さあ、始まりました。\(^▽^)/

 

ストリッパーのねーちゃん、レイチェルがタクシーに轢かれます

どっからどう見ても、狙って猛スピードでつっこんできてたんですけど、

不幸な事故で片付けられます。

 

ボンネットを転がり、そのまま、空中を飛んで、Σ(゚д゚;)

地面に叩きつけられたレイチェル。Σ(゚д゚;)

いきなり死人ですかい!Σ(゚д゚;)

 

良識派で真面目な管理人が自信を持ってお勧めする作品でいきなりそれはないでしょう。

私の見識が疑われてしまいます。( ̄Д ̄;;

さあ、立ち上がるんだ、レイチェル!

 

ちょっと眩暈がしましたって感じで立ち上がるレイチェル。

助かりました。これで面目が保てます。(*゚▽゚)ノ

 

タクシーは、勢いよく壁に激突してましたんで、

運転手はふらふらになりながら降りてきて、倒れます。

 

ああっ、レイチェルが助かったと思ったら、

今度はこいつです。

そんなぽろぽろ死なれたら、

死んだ爺ちゃんになんて言えばいいんですか?!

 

 

病院に運ばれると、

運転手はなんだか大騒ぎしています。

どうやら生きていたようです。ヽ( ´¬`)ノ

 

面目が立ちました。

良識派で真面目な管理人でまだ通せそうです。(*゚▽゚)ノ

 

レイチェルは何をしているかというと、

看護婦さんに手当てしてもらっています。

こう言ってはなんですが、丈夫な女です。

あんな勢いで轢かれて、骨折ひとつしてません。

鼻血が出たくらいです。

 

何はともあれ、手当てを受けてると、

看護婦さんが変なことを言います。

まだあなたの番じゃないの。

脈がないわ、大変大変。

 

ちょっとヤバメの看護婦さんのようです。( ̄Д ̄;;

 

自信を持ってお勧めする作品で、

ヤバメの人が出ると面目次第もありませんので、

レイチェルには他の人を探してもらいます。

 

というワケで、レイチェルは他の人を探して、

病院内をうろちょろします

何でか誰もいないので、勝手にあちこち覗いてると、

さっきのタクシー運転手を発見しました。

 

運転手の後ろに死神っぽい黒い影が現れ、

後ろから運転手をグサッ!

死んでしまいます。Σ(゚д゚;)

 

なんてことでしょう。

自信を持ってお勧めする作品で、

死人を出してしまいました。o(;△;)o

 

じっちゃんの名に懸けて!(≧∇≦)b

すいません、あわてたんで意味不明でした。

 

とにかく、レイチェルはパニックに陥ります。

そこから飛び出すと、

さっきのヤバメの看護婦に見つかっちゃいます。

 

死人が死人が、とあわててると、

看護婦が見てきてくれます。

こわごわ付いてくと、

まあ普通の病室です。

 

運転手が息を引き取った様子で寝かされています。

手を尽くしたけど、しょうがないことなのよ。

看護婦がレイチェルに話してくれます。

 

そうですよね、しょうがないことですよね。

これで、自信を持ってお勧めする作品として復活です。(*゚▽゚)ノ

 

ふー、やれやれと思ってると、

レイチェルに、抵抗しないほうが身のためよと言って、

注射をブシューと挿します。

目を覚ますと、病室のようなところで、

寝てました。

 

なんかよく分からない展開になって来ましたが、

自信を持ってお勧めする作品ですから大丈夫です。(*゚▽゚)ノ

 

ブラウン医師が来て、説明してくれました。

スタンガンちらつかせながらですけど。

抵抗しないほうが身のためだよ。

君の仲間を紹介しよう。

 

こいつもヤバメです。

見た目が清潔な紳士でも、

やってること、言ってる事がヤバメです。( ̄Д ̄;;

 

自信を持ってお勧めする作品になんでこんなのばかり出てくるんでしょう。

何か悪いことしましたか?

 

5-6人ほど同じような感じで、

監禁されている人たちがいます。

 

なんとですね、ここは、

患者を虐待したために閉鎖された精神病院なんだそうです。

 

で、ブラウンがなんで威張っているかというと、

なんででしょうね?

 

よく分かりません。

自信を持ってお勧めする作品ですが、

分からないものは分かりません。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

それから、ここで何をやってるかというと

集団催眠の実験だそうです。

 

何を求めて、どのようにやるかは・・・

当然、よく分かりません。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

自信を持ってお勧めする作品ですが、

まあ、そんなこともあります。(´⊆`*)ゞテヘヘ

 

 

レイチェルとしては、

何でこんなところにいるのかさっぱりですんで、

とにかく逃げ出そうと色々画策します。

 

あっちこっち行って、

いろんなことをしている内に、

他の人たちが殺されていきます。

 

死神のような格好の人に、

死神のような大きな鎌で惨殺されます

自信を持ってお勧めする作品で、

そんな与太者が出てくるはずがないので、

薄暗かったんで何かの見間違えでしょう。

そうに違いありません。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 

とは言っても、自信をもってお勧めする作品なのに、

人がこんなに死んでしまうとは。

良識派で真面目な管理人の人として面目が・・・・( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、開き直った。( ̄Λ ̄)ゞ んむっ

いいことにして、次にいきます。

 

何でこんなことになってるのか、

ブラウンを問い詰めるレイチェル。

 


ようやく白状しました。

死神と取引して、

自分を連れてく代わりに、

ERで蘇生した連中をプレゼントしているそうです。

 

しつこいようですが、

人が死んだことはなかったことにして、

自信を持ってお勧めする作品で、

そんな与太話を放置するわけには行きません。

 

レイチェルが否定するかと思ったら、

それもそうだと納得しました。

 

ああ、そんな、納得されたら、

良識派で真面目な管理人の面目が・・・(;´Д`A ```

さっき、せっかく仕切りなおしたのに。(ノд-。)クスン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うーんと、もっかい仕切り直しましょう。(^▽^)/

1回やったから、2回もありでしょう。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

もっかい、あっちこっちしている内に、

レイチェルの彼氏、リアムが助けにきました。

 

レイチェルは、ブラウンの与太話を真に受けてるんで、

仮死状態になって死神と対決すると言い始めます。

 

元精神病院なんでいろんな薬があります。

都合のいいことにリアムは優秀な医学生なので、

いい薬が見つかり注射します。

 

仮死状態になるレイチェル。

ストリップバーでストリップしてます。

下着はつけたままですけど。(-公- ;) チッ

 

終わって、帰り支度をして外に出ます。

冒頭でタクシーに轢かれた所まで行きます。

 

後ろに、死神らしきやつが立ちます。

振り向いて、ガンの飛ばしあいをします。

双方、一歩も引きません。(y゚ロ゚)yカカッテコンカイ

 

そうしている内に、

タクシーが前のようにぶっ飛んできます。

直前でよけるレイチェル。

轢き飛ばされる死神。

 

死神は服だけ残して消えてしまいます。

 

自信を持ってお勧めする作品で、

死神なんかが出ちゃ、まずいですから、

薄暗いし、きっと見間違えたんだと思います。

 

仮死状態での幻覚という事にしときましょ。

 

これで、良識派で真面目な管理人としての面目が保てます。(*゚▽゚)ノ

 

レイチェルは、今度は、ふらふらと近所の教会に入っていきます。

十字架の前に着くと、

ミイラみたいなのが後ろに立ちます。

どうやら死神のようです。

 

仮死状態での幻覚なので何でもありです。(*゚▽゚)ノ

 

鎌を振り上げたその時!

光りが差してきて、死神は爆破消滅します。

 

まあ、何でもありですね。(*゚▽゚)ノ

 

その頃、リアムは必死に蘇生措置を行ってます。

諦めかけた時、レイチェルは息を吹き返します。

大団円です。\(^▽^)/

 

これでようやく、

良識派で真面目な管理人の面目が保てました。(*゚▽゚)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あれ?まだ終わりません。(゚ー゚*?)オヨ?

レイチェルがお風呂に入ってます。

眠くなったのか、湯船に沈んでいき、

死神が鎌をブーン!Σ(゚□゚(゚□゚*)

 

エンディングのスタッフロールです。∑(=゚ω゚=;) マジ!?

 


自信を持ってお勧めする作品に、

こんなオチがあってはいけません。

大団円で終わるはずだったのに。(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


え~と、すいません、白状します。

お勧めなんて言ったのは、勢いでした。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

まあ、なんてゆうか、言葉のあやってやつです。<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

 


でも、嘘じゃないですよ。( ̄Λ ̄)ゞ

へそ出しキャミとローライズのジーパン、

むっちりとしたレイチェルの色気は、

自信を持ってオススメできます。(*゚▽゚)ノ

 


ということで、★2つです。


勢いでやっちゃた、てへっ。なんてことが心当たりのある方、同士と言う事でクリッククリックしていただけないでしょうか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/27 10:00|スリラーTB:0CM:7

アポカリプス 地球最後の日

〇アポカリプス 地球最後の日(原題THE APOCALYPSE)
本編94分 画面サイズ16:9
監督 ジャスティン・ジョーンズ
キャスト レット・ガイルズ、ジル・ステイプリー、クリステン・クイントラル、トム・ネイジェル

アポカリプス

【レビュー】★★★(★3つ)
パニックものというんですかね?

なんか、全人類絶滅しちゃうよーんって感じのやつ。

結構好きですね。(^▽^)/

 

どんなやり方で、壊滅して

どんだけ派手な映像を見せてくれるのかってところが、

視聴のポイントです。

 

あとは、けっこう親子の愛情で涙を誘ったりするところ、

そんなところが好みです。

 

今回のは、予告編を見て、

結構映像も派手そうだなと確認してからレンタルしました。(*゚▽゚)ノ

 

あらすじはですね、テキサス州くらいの大きさの隕石が、あと4日で地球に激突するんで、まあ、死ぬなら家族そろってということで、ロサンゼルスの娘のところへ行く夫婦、さあ無事に会えるのか、という感じです。

 

とりあえず、隕石ドーン!な映像が見たいですね。

期待しながら、再生ボタンをオンしました。((o(^∇^)o))わくわく

 

 


地球に近づいていく隕石

結構いい感じのCGです。

期待が膨らみます。

 

場面は変わり、

キャンプをしている人たち。

 

1人が立ちションをしていると、

小さい隕石が直撃!

爆砕します。∑q|゚Д゚|pワオォ!!

おおっ、つかみとしてはいい感じです。(≧∇≦)b

この調子で行ってもらいましょう。

 

続いて、小さい隕石がどんどん落ちてきます。

1人は、顔に直撃し、首から上が消滅!∑(゚ロ゚〃)

1人は、比較的大きい隕石にぶつかり、蒸発!∑(゚ロ゚〃)

 

雨あられと小さな隕石が降ってきます。

火の雨といった感じです。

 

いいですよ、いい感じですよ。(≧ω≦)b

きっとこの調子で、あちこちの都市に落ちるんですよ。

もっともっと、たくさん死にますよ~。

わくわくしてきます。((o(^∇^)o))

 

火事が起きたらしいということで、

レンジャーのジェイソンドンが、

先ほどの現場へ急行します。

 

隕石は収まってますが、

ただならぬ状況に、

呆然としていると、

大き目の隕石が街に落ちていくのが見えました。

 

ドーン!爆風、バーン!炎ブオーン!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

一瞬で街が消滅します。

 

すばらしいです。

すばらしい、つかみです。(>▽<)b

これでつかまれないヤツはいないでしょう。(>▽<)b

 

もしかしたら、久々にアタリかも知れません。

 


ちょっと郊外で、特に影響のなかった二人は、

急いで街のほうへ行きます。

そして、見たものは、巨大なクレーターだけ。w( ̄△ ̄;)w

 

おおっ、いいぞいいぞ、クレーターをもっと見せてください。

 

薄暗くて良く見えないんですけど。

ちょっ、カメラ切り替わるのが早すぎるんですけど。

1秒くらいしか、映してないんですけど。

 

まあ、いいでしょう、

きっと、本体が落ちてくるまでに、

たくさんこんなことが起きるでしょうから、

次を期待しましょう。

 

ジェイソンとドンはジェイソンの家に行きます。

そしたら、ジェイソンの元妻アシュリーがやってきます。

 

急いで、娘のいるロサンゼルスまで行くわよといい始めます。

なにいってんだ、仕事があるんだよと、

男のいつもの言い訳を始めるジェイソン。

 

衝撃の事実を話して説得するアシュリー。

もっと大きい隕石、テキサス州並の隕石が落ちてくるのよ。

あと4日しかないの

友達から聞いたんだけどね。

 

どこの誰がそんな機密情報をもらしたか知りませんが、

さきほどでっかいクレーターを見たので、

すぐに信じる男2人

 

ドンは、親戚のところに行くからと家を出たとたん、

消えてしまいます。

 

まあ、それは、他人のことなので、いいことにして、

ジェイソン、アシュリー、元夫婦は娘のところへ出発します。

 

その頃、娘リンジーは何をしているかというと、

女子寮に彼氏を呼んで、いちゃついています

 

そんなことをさせるために、

大学へ行かせたんじゃありません。ヾ(▼ヘ▼;)

そこの男も節度を持ちなさい、節度を。ヾ(▼ヘ▼;)

うちの大事な娘に近づくんじゃありません。ヾ(▼ヘ▼;)

いてまうぞ、ワレ!((o"(`┏ω┓´メ)"

 

すいません、いつものことながら、

娘のコトになると、現実と映画の区別が付かなくなり

汚い言葉を使ってしまいます。

 

それにしても、女子寮にのこのこ来るとは、

親の顔が見てみたいもんです。

全くもう、やっぱり娘は手元においとかないと、

危なくて仕方ありません。

 

すいません、またやっちゃいました。

もう、やめますんで、ご容赦ください。

 

えっと、とにかく、ロサンゼルスに向けて、

2人が出発しました。

 

元夫婦には、男の子もいて、

小さい時に亡くなって、

そのことが原因で別れたそうです。

 

なので、車中の会話はもっぱらそれです

あの子の死はそろそろ乗り越えないと、

神に祈りましょう。

アーメン。

おお、神よ、許したまえ。

 

後半、少し関係なくなりますが、

とにかく子供のことと、

神様どーしたこーしたと喧嘩を続けます。

 

そんなこんなしているうちに、

あたふたしている男を発見します。

 

聞いてみると、車に乗せてた甥っ子が消えたと

たわごとをほざいてます。

 

どうせ、おかしくなったか、

子供がドアを開けて落ちでもしたんだろうと、

適当にあしらってたら、

当の男も消えてしまいました。

 

ちょっと、不思議な感じですが、

まあ、他人がどうなろうと知ったこっちゃないので

先を急ぎます。

 

無人の車が、

道路に大量にあります。

これらの運転手がさっきの男みたいに消えたんでしょうか?

さっきと同じく関係ないので、先を急ぎます。

 

車中の会話は、

もちろん、神様のことです。

魂は不滅でも肉体は滅びるわ。

アーメン。

神よ許したまえ。

神様は偉大で、どーしたこーした。

 

娘のリンジーは何をしているかというと、

性懲りもなくまだ居座っている彼氏と、

テレビを見ています。

 

そしたら、寮にいた女子が何人か消えちゃいます。

そんなこんなしているうちに、竜巻が発生します。

かなりでっかいです。

 

寮のお風呂に避難するんですが、

彼氏は飛ばされちゃいます。

いい気味です。

大事な娘に手を出した罰です。

あの世では真面目に勉強しなさい。

ちょっと脱線しましたが、

竜巻がおさまると、

リンジーが無事なのは当たり前として、

彼氏も怪我をしてるものの生きてました。

 

ちっ、頑丈なやつです。

でもまあ、あの様子なら時間の問題なので、

温かく見守っておきましょう。

ちなみに、この辺りで、

人が消えちゃうのは、

オチで神様がどーしたという、

大どんでん返しがあるんじゃないかと

考えてみました。

 

何年か前、メギドという映画を見たんですが、

神と悪魔が対決というよくあるやつで、

ラストで両者がぶつかり、神が勝った感じになると、

キリストの絵が出てきて、

地球は神の園になったとか、ふざけたナレーションが入って、

おしまい、というやつでした。

 

この作品もそんな感じで、神様が万事うまく納める、

なんて終わり方にするのかなと。

どうです?B級らしくていい感じじゃないですか?

 

ウン、この線で行きましょう。\(^▽^)/

さあ、レッツゴー!(*`д´)b

 

元夫婦は、まだ車を走らせてます。

今度も、死んだ子と、神様のお話です。

娘の心配でもすりゃーいいのに、

なにかっちゅーと、

神様がどーした、こーしたです。

 

相変わらずな、喧嘩腰の会話をしていると、

道端に倒れている人がいます。

 

こりゃ大変と、近づくと、

急に起きて銃を突きつけ、

車をよこせなんて言います。

 

そりゃ、無理な相談なんで、

乗せてってやるからと精一杯な譲歩をしてやると、

嘘だ嘘だ、嘘つきめ、ぷぎゃー、ぷぎゃー!と、

大騒ぎし始め、銃で自殺します。

 

まあ、元夫婦には何の責任もありませんから、

うっちゃっておいて、先に進みます。(o^∇^o)ノ

 

そういえば、冒頭に落ちてきてから、

隕石がぜんぜん降ってきませんし、

どこの街も壊滅しません。(○`ε´○)プンプン!! 

 

それどころか、

そろそろパニックになってもいい頃なのに、

今のところ、4-5人しか出てきてません。

 

いやな予感がしてきました。(-"-;A ...

 

あっ、大きな地震があり、地割れが起こって、

車が飲み込まれてしまいました。

元夫婦は歩いて、娘のところへ向かいます。

 

道中の会話は、もちろん、

例のことばかりです。

だんだん、神様の比率が高くなって来てます。

 

神よ許したまえ。

神を許すのよ。

えーと、あとは、まあ、なんだ、

神様がどーした、こーしただ。

 

その間、娘は何をしているかというと、

残念ながらまだ生きてる彼氏と、

神が見える見えないと大論争を繰り広げています。

 

ヘリの爆音がずっと鳴り響いてるんですけど、

ちっとも聞こえない様子で、

神様がどーしたこーしたとお話をしています。

 

生存者を探すとか、

薬を探すとか、

怪我して足手まといなんで捨ててくとか、

いっそのこと止めを刺して楽にしてやるとか、

色々やることはあると思うんですが、

とにかく、神様です。

神様ありきデス。

 


元夫婦です。

相変わらず神様の話です。

黙示録の世界を生きているのよ。

神はいるのよ。

心を開くのよ。

 

よく考えると、元妻が一方的にしゃべってるんですけど、

ウザイです。

そろそろ、建設的な会話をしてほしいです。

 

娘にあったらどうするのかとか

彼氏をたたき出すとか、

娘に二度と手を出せないように彼氏をボコるとか、

いっそ彼氏を亡き者にするとか、

たくさん話し合うことはあると思うんですが。

 

そんなことをしているうちに、

無人の事務所を発見します。

空港ですんで、うまくすれば飛行機を使えるかもしれません。

 

ついでに食料もいただきましょう。

あさってると、銃を突きつけられます。

 

とりあえず、ごめんなさいして、

お金を出すと、あっさり許してもらえました。

地獄の沙汰もなんとやらデス。

もう大人ですんで、金で済むことはお金で解決するに限ります。

 

で、うまいことセスナが借りれたんで、

空路でロサンゼルスへ向かいます

 

楽しい空の旅での会話も、神様です。

アーメン。

神よ許したまえ。

神様があーだこーだ。

飛んでると、小さい隕石が雨あられと降ってきます。

よけ切れなくて、翼に被弾し、不時着します。

だいぶ来てたんで、また徒歩で向かいます。

 

会話はもちろん、神様です。

洗礼してないから、どーしたこーした。

神父がどーしたこーした。

 

ちなみに、小さい隕石のあとは、

特に何もありません。

 

ちょっと、津波が起きて、

ロサンゼルスが半分ほど水没したくらいです。

隕石による、街全滅なんて派手なことは出てきません。(*・ε・*)

 

元夫婦が、どこをどう歩いてるか知りませんが、

津波にも影響されず、

雨あられと落ちてきた隕石にも影響されず、

先を急いでると、落雷が起きたので、教会に避難します。

 

神様大好きな割には、

長居しないで出て行きます。

 

元妻が、一応お祈りをしていると、

屋内なのにでっかい十字架に雷が落ちて、w( ̄▽ ̄;)w

元妻は十字架の下敷きになって死んじゃいます。

さすがに、最後の言葉は娘のことでした。

 

ジェイソンは、とにかく娘のところへ向かいます。

うるさく神様のことを言うやつがいなくなりましたので、

静かに進むことが出来ます。

 

娘の彼氏は、例によって消えてましたんで、

娘は1人で待ってます。

 

さあ、最愛の娘のところへ急げ、ジェイソン。

CGでつくられた瓦礫の山を抜けると、

娘がいました!

 

ようやく会うことができました。

落ちてくる巨大隕石。

もう4日たってたみたいです。

つぶやくジェイソン。

一緒に祈ろう。

 

さあ、今こそ、消えた人たちが神と共に現れて、

無理やりな神の国が現出し、

それでエンディングだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もう、お分かりと思いますが、

そんなわけありません。

 

最後の最後まで、神様なセリフを吐いて、

それで、お・し・ま・い。

ちゃんちゃん。

 

もちろん、巨大隕石がぶつかるシーンなんて、

あるわけがありません。

 


まともな、壊滅シーンといえば、

冒頭の街壊滅と、

津波くらいでした。

羊頭狗肉ってヤツですね。

 

消えた人たちの消息は分かりませんでしたが、

にっくき、娘の彼氏の消息なんて知らなくてもいいので、

それはそれでオッケーです。(*゚▽゚)ノ

 

あと、うち、仏教なんでよく分からなかったんですが、

ピューリタンの国アメリカでは、

元夫婦の会話はとっても面白い内容なんですかね?

 

あまりな神様な会話だらけで、久しぶりに、

時間をドブに捨てたと感じた作品でした。

 

ということで、★3つです。

 

もしかしたら、キリスト教徒はとっても面白く見るかもしれないと思う方ぽちぽちっと、ぜひお願いします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ

2008/01/26 10:00|パニックTB:0CM:6

プラネット・オブ・ザ・デッド

〇プラネット・オブ・ザ・デッド(原題RAIDERS OF THE DAMNED)
本編87分 画面サイズ4:3
監督 ミルコ・ディビス
キャスト リチャード・グリエコ、ローラ・ジョー・クイスト、ゲーリー・シルチア、トーマス・マートウィック

AXDS-1154_L.jpgあ、ちなみに白い服の人は人間です。

【レビュー】★★★(★3つ)
いやー、雪が降りました。

夜から降ってたみたいで、20センチ以上積もりました。

しかも、朝から横殴りの吹雪です。

地吹雪ってやつですかね。

 

そして、とっても寒いです。

イヤになります。

 

近況報告でした。

 


今回も、オブ・ザ・デッドです。

 

先日、思いっきり裏切られたので

ジャケットでちゃんとしたゾンビが出てるのを確認してからレンタルしました。

ひとつ利口になりました。(≧∇≦)b

 

失敗から、ちゃんと学ぶことが、

30代に入りようやく出来るようになりました。

誰か誉めてください。(o^∇^o)ノ

 

さあ、今回の出来はどうでしょうか?

 

内容をご紹介します。

 

ヘリに乗ってるウェルズ博士

ゾンビを退治する新しいガス兵器の実験です。

 

ゾンビが見えてきました。

 

いきなり出てきますね。いい感じです。(>▽<)b

あっ、アップになりました。

 

弓矢を持ったミイラです。(・・∂) アレ?

腐敗臭を放つゾンビはどこでしょう?

 

あっ、出てきました。

腐って、溶け崩れた感じのゾンビです。

安心しました。ミイラだけだったらどうしようかと思ってたところです。

 

あれ?なんか会話しています。

構えー!撃てー!

イエッサー!

何でゾンビがしゃべるんですか?(?_?)

 

弓矢を撃ってきました。

またなんかやってます。

今度は投石器です。

何でゾンビが道具を作れるんですか?(?_?)

 

中世並みの軍隊が組織されています。

 

ゾンビってのは、もっと、こう、

のたのた歩いて、

とにかくかじることしか出来ないような・・・・

 


まあ、そうゆう設定なんでしょう。

いちいち目くじらを立ててたら、

先に進めません。

まだ、開始3分くらいですから。\(^▽^)/

 

後、80分くらい我慢すればいいんですから。

ちょっと、つらいかも・・・∑(; ̄□ ̄A

 

とにかくヘリは墜落します。

 

すると、誰だか知りませんが、

独白してくれます。

何かというと、この作品の設定をです。

 

核戦争が起きちゃったそうです。

核戦争の前に9-Xというガスを振りまいたそうです。

9-Xガスを吸うと、脳は生きたまま、体が死ぬそうです。

で、今はゾンビと放射能汚染されていない土地を奪い合っているそうです

9-Xガスは解毒剤があるそうです。

 

要するに、9-Xガスのせいで、

ゾンビが出ちゃったよーんということのようです。

 

ひたすらしゃべるだけなので、

イラストで説明しちゃった砂の惑星よりも不親切です。

 

つーか、この設定だと、核戦争はいらないような気がしますが、

どうなんでしょうかね

ガスだけでいいんじゃないですか?

 

後はデスね、黙ってましたけど、

すんごい高い壁を作って、

ゾンビのいる土地は隔離してるんですよ。

どうして、土地を奪い合ってるんですかね?

 

下手に説明されると、

いろんな矛盾点が噴出してきます。

 

まあ、何はともあれ、そんな設定だそうです。

いいことにしといてあげましょう。(*゚▽゚)ノ

 

ヘリが墜落しちゃったんで、救出に行きます。

 

4人ほどのチームです。

優秀な兵士、デューイ(男)

剣の達人、ジーナ(女)

銃の達人、トリガー(女)

スナイパーで力持ち、フレックス(男)

 

それぞれのキャラを説明しながら、

1人ずつ出てきます。

ものすごくたるい演出なので、

詳しいところは割愛させていただきます。(・・。)ゞ テヘ

出発前に、新しい設定が説明されます。

9-Xガスは男の子種を休眠状態にするそうです。

 

えっと、要するに、ゾンビ男と人間女で子作りできるんだそうです

 

さあ、どうしましょう。

こんな設定まで受け入れますか?

 


さすがに、イヤになってきたんですが、

この設定で何をしようとしているのかは、

なんとなく分かります。(;´▽`A``

あんまり考えたくないシーンが出て来そうな気がします。

 

というわけで、隔離壁に着きました。

どうやって中に入るかというと、

よくわかんない機械で壁をすり抜けます。

 

まあ、そうゆう機械があるんです!

めんどくさくなって来たんで、

いいことにしときましょう。(^▽^;)

 

中に入ると、早速ゾンビが襲ってきます。

銃で応戦します。

 

大量に出てきてます。

ようやく、オブ・ザ・デッドらしくなってきました。

さあ、どんな感じのゾンビなんでしょう。

 

アレ?なんだか良く見えないです。

おっかしいな~?

メガネを拭いてみました。

まだ良く見えません。

 

あっ、夜になってます。∑o(*'o'*)o 

それで暗くて、ぜんぜん見えないんですよ。

さっきまでお日様サンサンだったのに変ですね。

 

ゾンビというより、ゾンビらしき影、が、

どんどん撃ち倒されていきます。

 

ここで活躍するのはやっぱり、

銃の達人トリガーでしょう。

 

グサッ、くず折れるトリガー。

もうやられちゃいました。

しかも、かじられるんじゃなくて、

何かで刺されてます。

 

薄暗くて、イヤ、暗くて、

ぜんぜん見えませんでした。

なので、フィーリングで感じ取りました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

まあ、しょうがないです、

友の屍を乗り越えて進め!

残りの3人よ!

 

なんか居なくなったコトさえ気付かないカンジで、

先に進みます

 

ちょっと進むと、また、ゾンビが出てきます。

今度は少し光源がありました。

シルエットで皆さんのいる位置が分かります。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

デューイとジーナは仲良く戦ってます。

疲れてきたんで二人で先に進みます。

 

そんなこんなで、影絵を見せられているうちに、

ゾンビアジトでは大変なことが起きていました。

 

博士と一緒に捕まった、助手のねーちゃん。

ステファニーといいます。

 

ゾンビボスに気に入られたみたいで、

寝室に連れてかれます。

 

あんまり、見たい画ではないんですが、

B級でお約束のお色気シーンがあるみたいです。

 

ゾンビボス、ウキウキしながら待ってます。

 

ゾンビが寝るのかとか、

そもそも腐りつつある体で、

ナニをどうやってイタそうというのかとか

イヤ、そもそもそんな汚いものは見たくないとか

いろんなことを考えましたが、

とりあえず、この作品の設定を受け入れてるんで、

我慢して成り行きを見守ります。( ̄Д ̄;;

 

で、さっき連れてかれたのに、

何で、ボスが1人で待ってんだろうと思ってると、

来ましたよ、ステファニーが。

白いウェディングドレスで。;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

 

ちょっと目を疑いましたが、

今度はちゃんと明るい室内でしたんで、

間違いないです。

イメクラ?( ´,_ゝ`) プッ

 

いままでのぐたぐたな設定と演出を、

許してやろうという気持ちに、一気になってきました。

 

しかもですね、

いい匂いだ、素敵な夜にしようとか、

雰囲気出そうとしちゃうんですよ。( *´艸)( 艸`*)ププッ

 

なんかもうね、やってくれちゃいますね。

素敵です。∑d(≧▽≦*)

 

ア、それで、さらにですね、

ウェディングドレスを着せたまま、

イタしちゃうんです。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

もうね、あんた、ドンだけよって感じです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 


イメクラ行き過ぎだってば!(o^∇^o)ノ

 

そんな、近年まれに見る素敵な感じの、

イメクラ好きゾンビが頑張ってると、

救出チームがアジトに到着します。

 

ゾンビボスとデューイが知り合いだそうで、

外でお話をし始めます。

 

どうやら、デューイを囮にして、

スナイパーフレックスが、

ボスを狙い打つという段取りのようです。

 

他のゾンビが邪魔でなかなか撃てません。

めんどくさいんで、狙い撃つのはやめて、

ばらばらと撃ちます。∑(`□´/)/

 

その隙に、

ウェディングドレスのまま連れ出されてたステファニーが、

逃げ出します。

 

同じく連れ出されてた博士は、

ちょっとかじられちゃいます。

 

ステファニーはジーナが追いかけます。

ようやく見つけると、

ゾンビがステファニーを盾にして逃げようとしてました。

 

どこに、なにしに行くかは知りませんが、

ステファニーを助けなければなりません。

剣の達人らしく、剣で勝負を挑みます。

 

ゾンビが結構強いです。

何で、こんなにちゃきちゃき動けるのかさっぱりです。

動きも割りといいです。

 

他の方のレビューを見ると、

殺陣は全くなってないとあったので、

あんまりひどい殺陣ばかり見てるんで、

良く見えたんだと思います。

とにかく倒します。

特にお伝えするような内容ではなかったです。ヽ(´▽`)/

 

フレックスは、疲れたんで休んでると、

後ろからボコられて、気絶します。

その間に首の装置をはずされ、

どえらい爆発を起こします。

 

10メートル四方位が吹き飛んだ感じでしたんで、

フレックスもお陀仏です。

どこがスナイパーなんだかさっぱり分からないやつです。ヽ(´▽`)/

 

デューイはボスゾンビと対決します。

よくわかんないけど、倒します。

ここも特にお伝えするような内容はありませんでした。ヽ(´▽`)/

 

入る時に使った、壁抜け装置で、

ジーナとステファニーは脱出します。

 

デューイは直前で転びます。

さあ、すぐに起き上がって走るんだ!

時間が来れば壁を抜けられなくなるぞ!

 

ほふく前進をします。

ジーナ待ってくれ~。

ほふく前進します。

めんどくさくなったんだか、諦めます。

時間が来て壁抜けは出来なくなります。

 

えっと、彼は何がしたかったんでしょうか?

 

天は自ら助くるものとを助くと言います。

諦めちゃダメでしょう。

 

何はともあれ、

女性2人は助かったようです。

あれ?いつのまにか博士もいます。

ずっと見てましたけど、博士は壁抜けしてないんですが。

 

まあ、いまさらこれくらいのことはいいです。

ほっときましょう。( ´,_ゝ`)

仲間が迎えに来てたんで、

皆で帰ります。

 

おしまい。

 

 

ジャなかったです。

 

 

冒頭の独白してた人が出てきて、

返事をしろ~、と叫んで、

ようやく、おしまい

 

このオチの意味はなんなのかとか、

そもそも落としてるのかとか、

デューイはどうなったんだとか、

イメクラ後もいろんな疑問が出てきましたが、

まあ、いいことにしておいてやります。

めんどくさいんで。

今回だけですよ。┐(´ー`)┌

 


それよりも、まともなゾンビがまたもや出てきませんでした。

なんか立て続けに騙された気分です。

 

でも、まあ、イメクラゾンビという、

新種を発掘できたので

これも今回だけはいいことにしてやります。

 

ということで、★3つです。

 

イメクラゾンビはいかがだったでしょうか?それもありカナ?なんて心の広い方ばかりだと思いますので、広い心でポチぽちっとお願いします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/25 10:05|ゾンビTB:0CM:7

ベルの映画レビューの部屋さんとリンクさせていただきました。

このたび、ベルさんの運営されるブログ

 

ベルの映画レビューの部屋とリンクさせていただきました。

 

B級だけでなく、オールジャンル網羅されています。

レビューも的確で、かなり参考になります。

ぜひ、ご覧ください。

2008/01/24 22:47|未分類TB:0CM:0

レイク・オブ・ザ・デッド

〇レイク・オブ・ザ・デッド(原題GHOST LAKE)
本編112分 画面サイズ16:9
監督 ジェイ・ウォールヘル
キャスト テイタム・アデア、ティモシー・プリンドン、グレゴリー・リー・ケニヨン、アジェル・スカイ・デッカー、チャック・フランクリン

670498d2-s.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
また、ちょっと、ゾンビから離れてたんで、

ゾンビを見たくなりまして、

レンタル屋に行きました。


やっぱ、オブ・ザ・デッドってついてれば、

ゾンビですよね。


 
オブ・ザ・デッドシリーズと言うか、

この系統は欠かさず見ております。

なので、棚にあるやつはほとんど見ちゃってるんですよ。



アレも見た、これも見た、と探しているうちに、

ようやく見てないのを見つけました。

身長より高い棚、手を伸ばしてようやく届く棚に。



いつも思うんですけど、何かの嫌がらせですかね?

高いところにDVDをずらずら並べやがって。

チビは、ホントに、こんな時にも不便です。



まあ、とにかく、ゾンビが見れるんで良しとして、

自分を慰めました。






さあ、始まりました。

いきなり、葬式やってます。

レベッカという20歳位の娘っ子の両親が死んだそうです。



何でかというと、ガス中毒です。

何でレベッカだけ助かったかというと、

夜遊びしてて、行きずりの男とナニをイタしてて、

帰宅が遅くなったからです。




いつも通り、冒頭につかみのシーンが入ってますんで、

きちんとつかまれてやりました。

おっさんの義務ですね。(・・。)ゞ テヘ



で、まあ、傷心のレベッカは湖のほとりにある別荘へ行くことにします。



行く途中で、イケメンを1人拾います。

スタンといいます。



スタンとはチューしただけで

追い返します。



会って、1時間もしないうちにチューをするんですから、

最近の若い子は、お盛んです



ちょっと、おっさんくさい事を言ってみました。



でもまあ、普通ならここでナニをイタす所なんで、

結構身持ちが固い女です。



それはそれとして、

翌朝レベッカがジョギングをしていると、

8-9歳くらいの少女がいて、親しくなります。



そろそろ、ゾンビ第一陣が出てきてもいい頃なんですが、

どうなんでしょうね。



オッ、光る男が釣り人を湖に引きずり込みました!

よしよし、仕込が着実に進んでますね。(o^∇^o)ノ

ゾンビは大量に出てこないと面白くないんで、

これからどんどん仕込んでくれることを期待しましょう。



夜になると、スタンが来たので、

いい雰囲気でべたべたします

もう1日たちましたんで、

そろそろいいんじゃないでしょうか?



そろそろつかみを再挿入しないと、

大分だれてきてますから。



今日は友達がほしいの、恋人は要らないわ。



恋人だって友達になれると、スタンは力説しますが、

うまくかわされてしまいます。

しょうがないですね、今回は我慢しましょう。



スタンくらいイケメンでもうまく行かないことがあるようです。



レベッカは念押しのために、

スタンを物理的にも冷やして治めさせるため、

湖で一緒に泳がせます。



スタンとしてはもうレベッカに用はないんですが、

ご機嫌をそこねると当初の目的が達成できないので、

仕方なく付き合ってやります。



でも、めんどくさいんで、

何かに足をかまれたなんて、大嘘こいて、

すぐに岸から上がります。



レベッカは何をしているかというと、

水死体を見つけて、大騒ぎしてます。



警察を呼んで、探してもらうと見つかりません。



こってり油を絞られますが、

いいことも教えてもらいます。

この湖では13年ごとに死人が出るんだそうです。



ほらほら、ようやく物語が進み始めた気がしませんか?

さっきの水死体と何の関係があるかは知りませんが。((^┰^))ゞ テヘヘ



レベッカが別荘に戻ると、

昼間会った少女が入り込んでいました。

さっき、警察に怒られたんで、

腹いせにこってりと油を絞ってやって、

車で家に連れて行ってやります。



ところが、家に入らないで、

墓地へ走っていくので、追いかけると見失ってしまいます。



こんな時は両親を探すとか、警察を呼んでくるとかして、

実は少女は死んでいて、なんて展開になるのが定石なんですが、

そんなこともなく、車に戻ります。



車に戻ると、ハンドルが濡れてます。

こりゃ変だと車内を見渡すと、

助手席にゾンビです!

しかも、さっき見た水死体です。



ようやく、ゾンビが出てきました。

待ちわびました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

開始44分にして、ようやくゾンビです。



だけど、チラッと映っただけで

レベッカがダッシュで逃げ出したんで、

すぐに見れなくなりました。



ここは、レベッカと格闘したり、

足のもつれたレベッカを追いかけてかじろうとしたり、

何かそうゆう演出が必要でしょうが!ヽ(`Д´)ノ



オブ・ザ・デッドを冠しているくせして、

ゾンビ演出が全くなってません。L(゚皿゚メ)」むきー



途中でスタンに会ったんで、

一緒に別荘へ走り戻ります。



中へ入ると、スタンが、

保安官は麻薬の密輸をやっているんだ、

僕の父親は、保安官かその仲間に殺されたんだ。(゚ロ゚;)



いきなりな告白ですが、

オブ・ザ・デッドと麻薬をどう絡めようというんでしょう。

サスペンスに持って行っちゃうと、

ゾンビの出番がなくなるんですけど。



それはそれとして、

レベッカ、今日はスタンに一緒に寝てほしいそうです



スタン、うれしそうです。

ようやく、当初の目的が達せられそうです。

イケメンのスタンとしてはここまで焦らされたのは初めてです。



ところが、レベッカはとんでもないことを言います。

でも、誘惑しないでね。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!



怒りが頂点に達しましたが、

目的を達成する前に自ら何もかもぶち壊すことは、

イケメンのプライドが許しません。



とりあえず、寝付くまで待ってから、

適当なメモを残して、さっさと帰ります。

全く、イケメンが誘ってやってんのに失礼な女です。



レベッカが起きると、

湖に沈んでいくボートが見えます。

あわてて、泳いで助けに行きます。



4人くらい溺れてるんで、

浮き輪を持ってくとか、ボートで行くとかしないと、

と思うんですが
、泳いでいきます。



当然、誰1人助けられません。

皆沈んだんで、今回も警察を呼びます。

今回もなにも見つかりません。

また、怒られちゃいます。



実況検分中に、昨日の少女が見えたので手を振ると、

保安官には少女の姿が見えないようでした。



ちょっと、スリラーっぽくなってきました

イヤイヤ、これは、オブ・ザ・デッドなんですよ。

ゾンビはまだなんでしょうか?



レベッカが別荘に戻ると、

昨日会った水死体ゾンビが普通の格好で訪ねてきます

気味が悪いんで中に入れません。



償いたい、償えばあいつは来ないと思ったのに、

水死体が1人であわててると、別のゾンビがやってきて、

水死体に触ると、ゾンビに変身します




さあ、襲え、いまだ、オブ・ザ・デッドだ!



2人して素直に帰っていきます。

あーもう、今襲わなかったらオブ・ザ・デッドにならないでしょうが!

やる気あるんですか?あんたがた!(`Д´) ムキー!



冒頭につかまれてから、

なかなかつかみに来ません。

オブ・ザ・デッドなつかみはいまだし、ですし。



翌日、レベッカは図書館で調べものです。

例の少女が来ます。

何でか知りませんが、今回は他の人にも見えます。



う~ん、謎が深まってきました。

あの少女は一体何者なんでしょう。






























イヤ、そんなことはどうでもいいから、

ゾンビを大量に出してください、

そして、がしがしやっつけて、スカッとさせてください。

お願いします。(´;ω;`)ウゥゥ




そんなお願いはスルーされているんですが、

いいことを発見しました。

この湖では13年ごとに人が死んで、

死体が見つかってないそうです。



う~ん、サスペンスですね、

どっかにシリアルキラーでもいるんでしょうか?




イヤ、そうじゃなくて、

ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ

ゾンビはまだですか~~~~?



とにかく、その死亡現場をスタンと一緒に見に行きます。

その途中で、新しいゾンビ2体がカップルを襲う場面に出くわします。



ようやく、ゾンビです。

ちょっと、メイクが甘いですが、

オブ・ザ・デッドらしくなってきました。



ゾンビはかじらないで

湖にカップルを引きずり込んじゃいました。



かじらないゾンビなんて、

ゾンビじゃないんですが、

新しい趣向でしょうかね。




ちなみに、スタンにはゾンビが見えないそうです

さすがに不審に思うレベッカ。



レベッカは自分が幻覚を見ていると思い、

別荘に戻ってから、薬を飲もうとします。



すると、またボートが沈むのが見えます。

こりゃあ、完全にキタなと観念してると、

今度はスタンにも他の人にも見えています。



警察が捜索すると、

ボートに乗ってた人と釣り人の死体が見つかります。

さらに、少女と身元不明の死体も見つかります。



少女の身内、爺さんと婆さんだけですが、へ、

死亡を告げに行く保安官。

何故か同行するレベッカ。

この女、自分が世界の中心だと思い込んでる節があります。



保安官が、死亡を伝えていると、

あの少女が出てきました。

びっくりしていると、

双子なの。



は?なんですって?

双子?

今までの思わせぶりな演出は?

双子で全てを説明したつもりですか?



イヤ、それよりも、オブ・ザ・デッドはどーなったんですか?

早く、大量出現、大量殺戮をしないと時間がなくなってしまいますよ。



兎にも角にも、夜になります。

生きてるほうの少女が、死んでるほうの少女に連れられて、

湖に入っちゃいます。



んで、その間に、スタンとレベッカがナニをイタします。



う~ん、どの辺に着地しようとしているのかが読めません。

なんたってオブ・ザ・デッドですから、

こっちとしてはゾンビが大量に出てこないと収まりがつきません。



あの少女が黒幕なんでしょうか?

何で、レベッカにしか見えなかったんでしょうか?

そういえば、保安官が麻薬をどーしたと言うのはどーなったんでしょう。



いろんな疑問が湧いてきますが、、

全てスルーされてきていて、

気持ち悪いことこの上ありません。



さて、レベッカは夜中に起き出して、

保安官のところへ行くなんてほざきます。

スタンにも一緒に行けなんて言います。



スタンとしては、当初の目的は達したんで、

こんな女どうでもいいんですが、

まだ使い道があると判断したのか付いていきます。



警察についたレベッカは、

身元不明の遺体をひっくり返して調べ始めます。

医者にも手伝ってもらい、背中に傷があるのを確認します。



スタンのところに行くと、

あなたはもう死んでるわ!背中の傷が証拠よ!Σ(゚д゚;)



ケンシロウばりのせりふですが、

急に何を言い出すんでしょう、この女は?

今までの伏線は全部スルーしといて、

いきなりコレですか。



当然ながら、きょとんとしていると、

なんでか、保安官がば~れ~た~か~と、

医者を撃って、湖に連れて行きます。



他の死体も全部起き上がって、

その辺にいた人を連れて湖に行きます。



ようやくゾンビが大量に出てきました。

7-8匹ですけど。

かじったりもしません。



しかもシルエットでしか映りません。

メイクの良し悪しも判断できません。



保安官がゾンビだかなんだか知りませんが、

死んでることにもびっくりデス。



ほら、もうワケわかんないでしょ?

見てる方だってワケわかんないんですから、

しょうがないですね。
(*⌒∇⌒*)テヘ



まあ、とにかく、スタンの容疑は晴れたみたいです

一緒に医者を助けに湖へ行きます。



着いた時には、溺死させられてました。

ホントにかじらないやつらです。



保安官ゾンビが言うには、

レベッカが時間通りに死なないと死の連鎖が始まるそうです。



ということは、死んでほしいんでしょうか?

死んでほしくないんでしょうか?


日本語は難しいです。



とにかく、雰囲気からレベッカを殺そうとしているのは分かりました

難しいことは考えないで、その線で行きましょう。



保安官、スタンに、もういいだろうその女を殺せと言います

さっき容疑が晴れたんですけど、

速攻で再び疑われるスタン



レベッカ、ダッシュで逃げます。

追いかけるスタン。

湖の中に飛び込むレベッカ。

追いかけるスタン。



スタンがもがき始めます。

少女のゾンビがスタンの足を引っ張っています。

やっぱりスタンは無実だったんです。



雰囲気から察したレベッカは、

スタンを助けようとしますが、

ダメだったんで、とりあえず1人で逃げます。



すると、先ほどのゾンビたちに囲まれてしまいます。

ここに至っても皆さんシルエットでしかありません

どーなっているんでしょう。



オブ・ザ・デッドじゃないのか、これは!

しかも、レベッカの髪がさらさらに乾いてセットしてあるじゃないですか!



あーもう、ダメダメ感が、加速度を増してきています。



場面が変わって、湖の岸辺。

少女ゾンビがアーとか言ってます。

あっ、溺死したはずのスタンが水中から出てきました。



保安官ゾンビとにこやかに会話しています。

愛する俺を殺したと思ってるから彼女はきっと自殺するさ。



あー、黒幕はスタンだったんですね。

イヤ、保安官か?

どっちでもいいんですが、

何でこんな手の込んだことをするんでしょう?



あの医者のように、ちょっと撃って弱らせといてから、

溺死させれば凄く簡単だと思うんですけど。



ところで、レベッカはどうなったでしょう。

こちらにも少女が現れます。こっちは普通の体です。

手を握り、どこかへ連れて行こうとします。



なんと、少女の手は死体のはずなのに暖かいです

少女は、私のほうが強かったの、幽霊は双子の区別は出来ないわ。

なんて言います。



えっと、よく理解できないのは、

きっと頭が少々不自由だからだと思います。



デビルマンみたいに、精神力が強いから乗っ取られなかった、

という感じでしょうか?



幽霊は双子の区別が付かないって・・・・

そんな理由でいいんですか?

あいつらはゾンビじゃないんですか?

幽霊なんですか?



スタンなんか、死体がちゃんとあるのに、

実体があって、ナニをイタしちゃうことまで出来るんですけど、

その辺の区別はどうしましょうか?



そんなことを考えている内に、

何か魂胆のあるレベッカは少女を伴って、

水中に潜ります。



しばらーく、少女が水を飲んで気絶するまで水中に留まってると、

ゾンビたちが水を吐き始め、倒れていきます。



どうやら、時間通りに死ななかったためのようです。

ゾンビ達は消えてなくなります。



何でかスタンだけは消えないで残っています。

少女に水を吐かせて蘇生させると、

スタンも水を吐いてもがきだし、逃げていきます。



さらさらに乾き、セットした髪で追うレベッカ。

追いついて、太い枝でぼっこぼこにし、

倒れたところにキックを連打し、湖に蹴り落とします。



まあ、こんな感じでおしまいです。




初めて、オブ・ザ・デッドに裏切られました。



ストーリーが破綻してようと、

ゾンビ化の理由が納得いかなかろうと、

ゾンビだけは大量に出てきたものです。



それが、今回はゾンビは両手で足りるくらいしか出てこないし、

どうも、ゾンビじゃないようだし、

幽霊とゾンビの区別をつけてないし、

純な心を裏切られたダメージは大きいです。



まあ、ストーリーは破綻してたんで、

その点ではいつもと同じでした。 ( *´艸`)クスクス





これはアレですね、



タイトル詐欺




これに尽きますね。



ということで、★3つです。

 

オブ・ザ・デッドに裏切られ、傷心な管理人にぽちぽちっと慰めをいただけないでしょうか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/24 10:01|ゾンビTB:0CM:6

ザ・ルーム 閉ざされた森

〇ザ・ルーム 閉ざされた森(原題THE LIVING AND THE DEAD)
本編83分 画面サイズ16:9
監督 サイモン・ラムリー
キャスト レオ・ビル、ロジャー・ロイド=パック、ケイト・フェイ、サラ・ボール

ザルームジャケットもワケわからめ

【レビュー】★★★(★3つ)
 なんかの賞をとった作品のようです。

 そういえば、なんとなく、アートな感じはしました。

 きっと、一般的な映画を好む方だと、面白いかもしれません。

 残念ながら、B級脳にはどの辺りが賞をとるような作品なのかさっぱりでした。

 

 あらすじは、ちょっと精神というよりも知的障害っぽい息子、と言ってもハゲかかってるので30代にはなってるでしょう、が原因で、家族が完全に崩壊するという感じです。

 

 どの辺りがB級かというと、

 最初から最後までワケわからめで、

 最後も、で?となるところです。


 
 ちなみに、邦題と原題も、

 どの辺りが内容を表しているんだか、

 さっぱりです。

 

 ある意味面白いとか、

 突込みどころ満載という観点だと、

 全くベクトルが違います。

 

 まあ、所謂アートな作品なんでしょうね。

 ちょっと相容れないものを感じました。

 

 グロいシーンと言えば、

 息子の母親、もう老婆ですが、

 オールヌードになってくれます。

 ちょっと勘弁してほしかったですね。

 

 後は特に血がどばどば流れるわけでもなし、

 人がどんどん死ぬわけでもなし、

 ゾンビも出てこないし、

 最初から最後まで、息子の奇行が映ってます。

 

 作られた狂気ではなく、

 本当に病んでしまった末の狂気を見たいのなら、

 一見の価値はあるかもしれません。

 

 いつもとは違う意味で、

 時間とお金をドブに捨てたと痛感しましたんで、

 ★3つとしました。

 早送りもしないで、一生懸命観たんですよ。

 

 あんまり狂気がリアルすぎたんで、

 面白おかしい記事に出来ませんでした。

 ご容赦ください。

 

次から頑張りますんで、今日のところはぽちっといただけないでしょうか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/23 10:04|サイコTB:0CM:3

ディノクロコダイル

〇ディノクロコダイル(原題SUPER CROC)
本編85分 画面サイズ16:9
監督 スコット・ハーパー
キャスト キム・リトル、シンシア・ローズ・ホール、マシュー・ブラショー、デイビッド・ノバク

0711_01_j.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 動物パニックものです。

 何でか、こうゆうのはワニが多いですね。

 絶対に後悔すると分かっていながら、

 見るのをやめられない自分が、

 結構好きです。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 最近と言うか、いつもですが、

 ジャケットとどれくらい落差があるのか、

 どれくらいしょぼいワニが出てくるのか、

 を見るのが楽しみになってます。(*゚▽゚)ノ

 


 あらすじは、いちいちお伝えしなくても、お分かりとは思うんですが、ワニが出てきて、人間があっちこっちして、ワニがやっつけられるという、大変シンプルかつストレートな感じです。

 

 さて、見てみました。


 
 ジャケットとの落差は実はあまりありませんでした。

 B級目線で見てですけどね。

 まあ、一応、ワニだと判別できましたし、

 ジャケット並みに巨大でした。

 というワケで、あまりしょぼいワニではありませんでした

 

 がっかりだよ!((o"(`┏ω┓´メ)"

 

 と、どこかのお笑い芸人並に怒りが湧いて来ました。

 一般の方とは怒るポイントがずれてることは自覚してますんで、

 そこのところは、生ぬるい目で見守ってやってください。

 

 この作品を特徴付けているのは実は人間です。

 人間の台詞回しです。

 

 すいません、いつも言ってますが、

 ド近眼で目が悪いです。

 カミさんにばれると超ヤバイこともちょくちょくやってるんで、

 素行も悪いです。

 

 さらに、決定的に悪いのが、

 頭ですんで、

 台詞回しという日本語が正しいかどうか分かりません。

 要するに、言ってることがむちゃくちゃ

 ということをいいたいのです。

 

 こんな感じです。

 


 何かいるということで軍隊が、4人ほどですが、

 ロサンゼルスから100kmほど北にある湖へ行きます。

 

 指令部ではこんな会話をしてます。

 温度が変化する巨大な物体がでたんです。

 正体不明です。

 そうだ、3日前に地震があったから、

 地下爆発かもしれない、

 イヤ、浸食作用かも。

 

 すいません、何を言わんとしてるかが、

 さっぱりつかめません。

 

 なんかでっかいものが出たんですよね。

 それが、爆発だとか浸食作用とかって、

 どうゆうことなんですか?

 


 続いて、空軍が捉えたという映像が出ます。

 温度変化を見るときのような、
 
 輪郭だけははっきりと分かるヤツです。

 

 どっからどう見ても、ワニ、なんですが、

 蜂の群れかもしれない。

 納得する皆さん。

 

 どこをどうやったらそんな意見が出てくるのかさっぱりです。

 

 そんな愉快な会話をしている内に、

 現場ではワニが、兵士を食べちゃいます。

 

 生き残った兵士が、大変大変と連絡すると、

 撤退させましょう。

 凶暴な肉食動物が襲ったに違いないわ。

 

 あの、さっき、蜂の群れということで納得してませんでしたか?

 

 とにかく撤退することになり、

 生き残りの兵士達は逃げる途中で、

 ワニの卵を見つけます。

 

 すんごいでかかったんで、

 誰も確認してませんが、

 ワニの卵ということで決着しました。

 ダチョウかもしれません。

 

 また、ワニが襲って来ました。

 1人食べられちゃうんですが、

 食べられる直前に写真を撮りました。

 

 何で撮ったとか、どうやって司令部に送ったとかは、

 聞かないでください。

 誰もそんな作業はやってませんので。

 

 まあ、とにかく、司令部では、

 ワニがでっかく口を開けたところの写真をみます。

 

 これはワニね、25メートルはあるわ。

 肉食の爬虫類に違いないわ。

 こんな巨大なワニはありえないわ。

 

 出だしと結論が違うんですが、

 誰も気にしません。

 

 現場ではその後色々あって、

 女兵士と、大尉(男)が徒歩で撤退することになります。

 

 女兵士はもうテンパってて、

 かなり投げやりです。


 もう何をやっても無駄よ。

 ワニは物音を立てずに忍び寄る、

 獰猛な肉食動物よ。

 

 イヤ、でっかすぎて、移動する時は、

 どっすんどっすんと、でっかい音がしてるんですけど。

 

 さらに、どうにか安全圏まで移動できると、

 ワニを倒しにいくわ、

 大尉に向かって、あんた私の知識のおかげで助かったくせして!

 と、妙に積極的かつ傲慢になってます。

 大尉もごめんなさいとなんでか謝っちゃうし。

 

 もう、何をしたいんだかさっぱりです。

 

 司令部では、対策を練っています。

 ワニの硬い皮膚に銃は効かないし、

 戦車でも勝てない。

 よし、爆弾を使おう。

 

 戦車でも勝てないのに、

 爆弾一発でどうにかなるとは考えにくいんですが。

 

 案の定、爆弾はちっとも効きません。

 

 続いて、第二段を発動します。

 神経ガスで動きを止めて、

 爆弾でとどめだ!

 

 イヤ、爆弾はさっき効かなかったじゃないですか。

 

 今度は、爆弾が間に合わなくて、

 ガスの効き目が切れて、移動を再開してしまいます。

 

 もうグダグダです。

 コントを見てる感じです。

 

 実は、黙ってたんですが、ワニの卵をいくつかロサンゼルス空軍基地に運んでました。

 ワニはそれを追いかけてロスに行こうとしてるんだそうです。

 それを知ったというか、まあそうだろうと察した司令部。

 

 よし、ワニの卵を遠くの南の島へ運べ、

 そこを爆撃して、倒すんだ。

 

 なんと、ロスまで後2分の距離まで来ていたワニ。

 急遽、路線を変更して、卵を港へ運べ!

 

 そんなことしてる間に、ロスに上陸してしまいます。

 よし、広場へ卵を持っていき、爆撃だ。

 

 いくら上陸したからって、

 卵を追っかけてるんなら、

 第一案が一番いいと思うんですが、

 

 コロコロ路線が変わるんで、

 現場の兵士達は大混乱です。

 

 銃は効かないって最初から分かってるのに、

 銃しか持たせてもらえず、

 逃げるしかありません。

 

 そんなこんなしてる内に、
 
 ワニが広場にやってきます。

 さあ、爆撃だ!

 

 あれ?なかなかB29が来ません。

 そんな時大活躍するのが、

 あの女兵士です。

 

 ロサンゼルスにいつの間にか来ていて、

 ワニを倒そうとします。

 大尉と一緒に爆弾をちょろまかします。

 

 ワニの弱点は腹よ。

 言ってなかったっけ?

 

 言ってません!

 聞いてません!

 そんなことは、まず、司令部にいいなさい!

 

 かなり強力な爆弾も効かなかったワニですが、

 腹に小さな爆弾をつけられ、

 簡単にやられちゃいます。

 

 もうね、なんだかね、疲れました。

 残ってた卵が孵化するところで終わるし、

 定石を押さえつつ、

 ぐだぐたな感じの、ワケわからめの会話の洪水でした。

 

 しばらく、動物パニックものは控えようかと思います。

 

 ということで、★3つです。

 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/22 10:03|モンスターTB:0CM:7

SPEED MAN

〇SPEED MAN(原題Lightspeed)
本編88分 画面サイズ16:9
監督 ドン・E・ファンルロイ
キャスト ジェイソン・コネリー、ニコール・エガート、ダニエル・ゴダード、リー・メジャース、マイケル・フリン

cover.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 ジャケットが完全にアメコミ調なんですよ。

 なので、アメコミ好きとしては、義務としてレンタルして来ました。

 

 期待する点は一つです。

 ジャケットと違う、どれ位しょっぱい人が出てくるかです。

 

 期待通りの、しょっぱさでした。∑d(≧▽≦*)

 

 ジャケットは、まあそこそこ、

 かっこいい感じのプロポーションですけど、

 そこはそれ、中年のおっさんが、

 体に密着する青い全身タイツを着込んでるんで、

 腹がぽてーんと出た、

 三角形体形がはっきりと出てきます。∑d(≧▽≦*)

 

 しかも、目はスキーゴーグルで隠してます。

 強盗じゃなきゃ、変態として通報されそうな格好になってます。

 

 ちなみに、全体的なイメージは、

 青いスパイダーマンかつ中年ぶとりです。。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

 


 
 あらすじは、スピードマンが大活躍して、ワシントンDCの破壊を阻止するという感じかな

 


 数年前、最愛の妹が自動車事故で全身ヤケドを負い、

 ヤケド治療のために、国助成金を使いヘビの研究を始めた兄、

 エドワード

 

 何でかしらないけど、助成金が打ち切られ、

 研究中止に追い込まれた彼は、

 何でかしらないけど、研究所で火災に遭い、

 自らを被験体として研究成果を試すことになります。

 

 でっかい装置に入って、ブシューと何かを振りかけると、

 何でかしらないけど、ヘビのDNAと結合して、

 ヘビ人間になっちゃいました。

 


 そして、現在、エドワードはパイソンと名乗り、

 強盗を繰り返していました。

 

 今日の獲物は、ハイテク企業ホリーブラウン社です。

 なんとかカンとかという赤い薬を取りに来ました。

 うまく行きました。そこらじゅうに爆弾も撒きました。

 

 ちっ、警察が来ました。

 手下がみんな撃ち殺されちゃいました。

 とにかく逃げることにしましょう。

 

 裏口から出ようとすると、

 憎んでも憎みきれない妹の仇、

 元友人ダニエルを見つけました。

 

 何で、ダニエルが仇かというと、

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いからです。

 

 ぼっこぼこにしてから脱出しました。

 アイツ、上院議員のコネを使って警察に入っただけあって、

 てんで弱くて話になりません。

 

 よし、うまく脱出できました。

 ちょっと離れてから、スイッチオン。

 ホリーなんとか社は崩れ落ちました。

 

 ダニエルも巻き込まれて死んだことでしょう。

 

 アジトに帰ると、

 かわいがっている手下1人が、

 捕まってしまったことが分かりました。

 

 あわてて、手下の連れてかれた病院へ行きます。

 通報されると厄介ですんで、

 病院スタッフは皆殺しです。

 

 あっ、あんなところに、にっくきダニエルがいます。

 畜生、助かってたんですね。ヾ(▼ヘ▼;)

 今度こそ止めを刺してやりましょう。

 

 なんか知らないけど、放射線治療をやってたんで、

 出力を最大にして逃げて来ました。

 

 放射能の威力はよく知りませんが、

 よく映画で、溶けちゃったりしてますから、

 きっとよく分からないものになって死んでくれるでしょう。

 楽しみです。((o(^∇^)o))わくわく

 

 手下も見つけたし今日のところはもう帰りましょう。

 

 今回は結構大仕事だったし、

 手下も大分減りましたんで、

 3-4ヶ月ほど充電期間を置くことにしました。

 夏が過ぎ、大分過ごしやすい季節になってきたんで、

 活動を再開しましょう。

 

 まずは新聞を読んだりして、情報収集です。

 スピードマンってヤツが一面を飾ってます。

 

 なになに?コンビニ強盗を撃退した?

 全身青タイツのイカシタやつだって?

 どう見ても、中年のおっさんが、

 コスプレしているようにしか見えませんが。

 最近の新聞は質が落ちてきてますね。

 

 ともあれ、次の獲物が決まりました。

 AF研究所のイオン散布装置です。

 これは、ヘビ人間になる前に、

 天才科学者であるところのミーが、

 あっという間に作ったものです。

 

 効能はデスね、青い薬を入れると、

 クーラーになり、

 赤い薬を入れると、

 炎を噴出します。

 

 何に使うかはまだ秘密です。

 地獄の炎作戦とだけ言っておきましょう。( *´艸`)クスクス

 

 今回も仕事はすばやいです。

 爆弾をそこらじゅうに撒きながら、

 研究所職員は皆殺しです。

 

 装置を前にしていると、なにやら気配がします。

 念のために隠れて見張ってると


 何でさっさと行かないかとかは聞かないでください、

 大人には色々事情ってもんがあるんですよ。

 

 で、見張ってると、スピードマンが出て来ました。

 どっかに隠れてたみたいです。

 こうゆうこそこそするやつは大嫌いです。

02.jpg

 

 しかも、やっぱりどう見ても、中年ぶとりのおっさんのコスプレです。

 乗っかるベルトもないから、腹がだるーんと垂れてます。(* >ω<)=3 プー


 

 デモなんか、後姿に見覚えがあるような気がします。

 もしかして、ダニエルじゃないでしょうか?

 ちょっと、カマをかけてやりました。

 

 白状しました、やっぱりダニエルです

 何でこんな格好してるか知りませんが、

 放射能では溶けなかったんですね。

 ちょっと見込み違いでした。

 

 いずれ、憎い仇なので、

 もっかい、ふるぼっこにして逃げます。

 

 外ではまた手下どもが、

 警察にかなりやられちゃってます。

 

 逃げる時にダニエルが追いかけてこないか見てたら、

 アイツ、わざわざ女警官のベスを助けてました。

 これは、いいものを見ました。

 今度はあの女で苦しめてやりましょう。

 

 今回も無事にアジトに着きました。

 なんと、今回も手下が1人捕まっちゃいました。

 名前を聞くと知らないやつだったんで、

 頭に埋め込んでいる装置を遠隔操作して、

 さくっと殺しときました。

 ぺらぺらしゃべられちゃ迷惑ですからね。

 


 ちょっと調べてみると、

 ダニエルとベスは普段は隠れ家にいることが分かりました。

 残念ながら、隠れ家の位置が分かりませんでした。

 

 しょうがないんで、隠れ家を知ってそうなやつを拉致、

 拷問して、さらに、家族を殺すと脅して、

 隠れ家の位置を吐かせました。

 

 う~ん、なんか悪者って感じ。

 でも、外見、ヘビだからピッタリかも。

 

 隠れ家を強襲すると、

 都合のいいことにベス1人だけでした。

 簡単に制圧して、ダニエルを待つことにします。

 

 外でなんか音がしてます。

 ダニエルが来たようです。

 パイソン姿を見せろーなんて言ってます。

 

 なんかいい気になってますね、

 もう一回ふるぼっこにしてやりましょう。

 

 ベスを盾に外に出ると、

 青い全身タイツの中年ぶとりがいます。

 あれ?ダニエルは?

 

 ああ、そういえば、なんかコスプレしてるんでした。

 しょうがないんで付き合ってやることにします。

 

 ベスは当身で気絶させて、

 ふるぼっこです。

 全く弱いですね。前と変わりなく1分持ちません。

 

 あっけないですが、いいことにして、

 ベスを持って、逃げることにします。

 

 何で殺さないかなんて聞かないでください。

 あんな気持ち悪い趣味のやつを殺すと、

 お化けになって出てきそうな気がするんで、

 ふるぼっこで止めておいてやってるんですよ。

 

 あー、そうそう、作戦の全貌を明らかにしておきましょう。

 盗んできた赤い薬を、

 盗んできたイオン散布装置にセットして、

 ワシントンDCを焦土と化してやるんですよ。

 もう、手下がワシントンのビルに装置をセット済みです

 何百万人が死ぬんですよ、楽しみです。

 

 もちろん、これをネタに脅迫して、

 政府から金をせしめようというのではありませんよ

 助成金を打ち切った国に対して仕返しがしたいだけですんで

 まあ、あんまり詳しいことは聞かないでください。

 もうここまできちゃいましたんで、理由なんてもうどうでもいいんです。

 

 あっ、ダニエルのやつ、ついにアジトまで来ました。

 相当コスプレが好きみたいです

 ここにいたっても、全身青タイツです。

 元友人として、いくらなんでも見苦しいですよ、

 その腹。( ´,_ゝ`) プッ

 と忠告してあげたほうがいいか悩むところです

 本人は格好いいと思ってるでしょうから。

 

 何はともあれ、広い心で対応してやります。

 ベスはどこだ!

 ちゃんと、イスに縛っている部屋から、

 生中継の画像を見せてやります。

 

 そうそう、いい仕掛けを仕込んどいたので、

 そのことも伝えてやりましょう。

 

 ベスに巻つけてある爆弾と、

 ワシントンDCのビルに設置した装置は、

 同時刻に作動するようにしておいたんですよ。

 

 ダニエルというか青タイツ男がどう反応するか楽しみです。

 

 あんまり、迷わないで、装置を止めに行きました。

 冷たいやつです。

 冷血動物のヘビが言うのもアレですけど。

 

 しかも、えらいスピードで吹っ飛んで行きました。

 アレです、アレスーパーマンが走ってるときにそっくりです。

 放射能がなんか変な風に作用してたんでしょうか?

 

 なんかヤバ目です。

 装置が止められるかもしれません。

 

 そうなった時に、ダニエルにダメージを与えるように、

 ベスは殺しときましょう。

 

 爆弾を使うとアジトも壊れちゃうんで、

 爆弾ははずしてから、撲殺という線で行きましょう。

 

 殴る蹴るしてると、

 一番かわいがっている部下に止められました。

 なんだよ、何で、そんな女を助けようとするんだよ。

 

 頭にきたんで、銃で撃ってから、

 先に手下を撲殺しましょう。

 

 ガン、ガン、ゴン、ガン、

 ふう、ようやく息絶えました。

 結構頑丈なやつです。

 

 それにしても頭にきます、

 あんなにかわいがってたのに、

 妹の仇を一緒にとろうと言ってたのに、

 何でこんな目に遭うんだ、

 オレは悪くないぞ、

 国が悪いんだ、

 ヘビだからってなめんじゃねーぞ!

 ぎゃーぎゃーぎゃー!

 

 あっ!ベスが逃げようとしてやがりました。

 こいつを殺して、少し気晴らしをしなければなりません。

 こら待て!

 

 あっ、ダニエルこと全身青タイツ中年ぶとりマンが帰って来ました。

 地獄の炎作戦は失敗したようです。

 ちくしょ~。

 

 あっ、今度は警察に潜入させてたスパイまで来ました。

 もう用はないんでさくっと殺しときましょう。

 バン!銃を使えば簡単ですね。

 

 とにかく、ダニエルこと全身青タイツ中年ぶとりマンを、

 どうにかしましょう。

 

 もう一回、ふるぼっこにすればさすがに参るでしょう。

 ぼっこ、ぼっこ、キック、キック、パンチ、パンチ、

 さあ、どうだ、ごめんなさいと言え!

 

 ぐさっ!あっ、なんか赤いものを腹に刺されてしまいました。

 これくらいなんともありません・・・・・

 ん?なんか腹が熱いです。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

 装置につけていた赤い薬です。

 うおー、腹が燃えてきました。ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

 

 足ももつれてきました。

 しまった!窓から転落してしまいました。

 全身が燃えてきました。

ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!三三\(  )/三三ギャアア!!( ;゚ロ゚)/

 

 もうお終いのようです。

 なんとか国に仕返しをしたかった・・・・

 ガクッ。。゚(゚´Д`゚)゚。

 


 全身うろこだらけのヘビ人間になってまで、

 国を倒そうとした巨魁の半生でした。

 


 これ、タイトルに偽りがありますね

 たぶんですね、恐怖!ヘビ男、なんてした方が売れると思います。( ´艸`)ムププ

 


 あらすじも自らの体を改造し、国を倒そうとした男の生き様って感じのほうがいいですね。

 

 とはいえ、一応、起承転結はあるし、

 ベスはおめめぱっちりの美人ですんで、

 ★2つです。

 

 これは余談ですが、見たくもないものがいくつかあります

 食べ物では納豆です。

 人間では、アイツとアイツとアイツ・・・計5人ほどいます。

 動物では、爬虫類系、特にヘビが大嫌いです

 

 ヘビ男がやたらとアップで大活躍するこの作品は、

 いつもとは別の意味で大変苦しいものでした。

 いつもとは別の意味で二度と見たくないです。

 

ヘビは嫌いと言うところだけでも同意していただける方、ぽちぽちっと同意のクリックをいただけませんでしょうか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/22 10:00|SFTB:2CM:10

バリケード

〇バリケード(原題Barricade)
本編95分 劇場未公開 画面サイズ4:3
監督 ティモ・ローズ
キャスト レイニー・ブラウン、ジョー・ザソ、アンドリュー・ライジング、マノシュ、トーマス・カーマー

バリケード

【レビュー】★★★(★3つ)
 これはですね、前から見ようかなどうしようかなと迷ってたヤツです。

 いつもコメントをくださるおじさん(ruojisan)さんがご覧になったそうで、

 感想をうかがったところ、ぐちゃぐちゃだったよ、とのことでした。

 

 イヤ、もう、俄然見る気が湧いてきまして、

 思いっきり背中を押していただきました。(≧ω≦)b

 

 イヤー、ホントにぐちゃぐちゃでした。∑d(≧▽≦*)

 

 まず、オープニングで、立ちション男のアレをスパーン!(”ロ”;)ゲゲッ!!

 もうこれだけで、あいたたた、なんですが、

 さらに血がブシューと飛び出ます。

 

 隣で一緒に立ちションしてた男は、

 口を横に切り裂かれ、

 腹を裂かれます。

 当然、血がブシューです。

 


 場面が切り替わり、

 イスに縛り付けられている男。

 顔に何か液体をどばどばとかけられます。

 

 顔がどんどん溶け崩れていきます

 顔がただの血だまりになるまでじっくり見せてくれます。(>▽<)b

 

 続いて、グルグルに縛り上げられて、机に置かれている男。

 ナイフで、ごりごりごりっと、あごを切り取られます。

 切り取ったあごはちゃんと見せてくれます。Σ(|||▽||| )

 

 続いて、手を縛られて壁にぶら下げられている男。

 生きたまま腹を裂かれ、内臓をつかみ出されます。

 内臓はじっくり見せてくれます。

 さらに、いかれたババアが内臓に喰らいついていきます。( ̄□||||!!

 

 オープニングで、ここまで一気に見せてくれます。

 期待にたがわず、ぐちゃぐちゃです。

 次のシーンが楽しみです

 

 オープニング後のスタッフロールでも、

 いろんな殺人シーンが挿入されます。

 何のためにレンタルしてるのかがよく分かってらっしゃいます。

 

 

 

 続いては、川べりのテントでナニをイタそうとしているカップルです。

 男が延髄の辺りをぐさぐさぐさっとやられ

 血がそこらじゅうにブシューと飛び散ります。w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

 悲鳴を上げている女も同じく後ろからぐさぐさっとやられ

 血がえらい勢いで飛び散ります

 

 う~ん、次はどうやってくれるんでしょう。((o(^∇^)o))わくわく

 

 どこかの小屋で机の上に縛り上げられている男。

 がしっがしっ、鉈を振り下ろしてます。

 ちょっとカメラが引くと、

 右腕が肩からぐじゃぐじゃに切り取られています。

 

 まだちょっと物足りないなーと思ってると、

 腹をじっくりと裂き始めて、

 内臓をすこーしずつ取り出します。

 全部取り出してから、顔にはさみをグサリ!

 

 なかなか凄いですね。

 グロさで行けば、ソウシリーズの方がわずかに上かもしれませんが、

 数とイカレ具合で勝負してきてます。∑d(≧▽≦*)

 

 次はデスね、男を捕まえてきたはいいけど、

 あんまり暴れて、縛る暇がなかったんで、

 イスで顔を滅多打ちにします。(゚ロ゚;)エェッ!?

 首から上はぐっちゃぐちゃです。

 

 次も結構凄いですよ。

 机の上に縛り付けられている女。

 あんまり暴れるんで、顔を滅多打ちにして静かにさせます。

 

 続いて、乳首をはさみでプッツンと切ります。

 そっから指を入れていき、Σ(|||▽||| )

 だんだん手全体を入れていき、

 胸を裏返して、ちぎり取ります。Σ(|||▽||| )

 

 ここはちょっと、サブいぼが出ました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 もう充分だったんですが、

 さらに、腹を裂いて、内臓を少しずつ、つかみ出します。

 

 そろそろおなかいっぱいになって来ました。

 これから晩御飯なんでちゃッちゃと終わらせましょう。

 

 次は、銃で頭を撃ち抜かれる男が2人出て来ました。

 

 次は、猟銃で腕と腹を打たれ絶命。

 次は、猟銃で頭を吹き飛ばされます。

 次は、猟銃で散弾を体中に2回ほど撃ち込まれて絶命。

 

 こんな感じでしたね。

 いや~、いいもん見せてもらいました。

 

 え?あらすじ?

 だって、これはぐちゃぐちゃを見せるためのものなんですよ。( ̄‥ ̄)

 おじさん(ruojisan)さんも、ぐちゃぐちゃと仰ってましたし。

 

 あ~、そういえば、

 ハゲと経産婦が小学生のような乳繰り合いをしてましたけど、

 特に、本編には絡んできてませんでしたけど?

 

 画質は悪かったですけど、すごくぐちゃぐちゃでしたよ。

 それだけでしたよ。(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)ウンウン


 もー、しつこいですね、「すじ」なんかありませんから!ヾ(▼ヘ▼;)

 よって、あらすじもありません。ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆

 

 ぐちゃぐちゃが見たいんだけど、

 ストーリーを追うのが面倒という方は、

 ぜひご覧ください。

 

 ということで、ばっちし★3つです。

 

ぐちゃぐちゃっていいフレーズですよね。ソウ思いませんか? 何はともあれ、ポチぽちっといただけるとうれしいです。(;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/20 10:11|スプラッタTB:0CM:3

グリズリー・レイジ

〇グリズリー・レイジ(原題GRIZZLY RAGE)
本編86分 画面サイズ16:9
監督 デヴィッド・デコトー
キャスト タイラー・ホークリン、ケイト・トッド、グラハム・コサコスキー、ブロディ・ハームス

grizzly1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 昔、まだ何も知らない、心の綺麗な、(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 純真だった子供の頃。

 

 すいません。です。

 結構小ずるい悪ガキだったあの頃、

 日曜洋画劇場で、「グリズリー」とか言う、

 グリズリーとハンターの戦いを描いた映画を見ました。

 

 小ずるい子供なりに面白かったんで、

 かなりずるい大人になった時に、

 レンタルで探してみたんですがなかなか見つかりません

 

 で、まあ、とかもでも探してみました。

 映画秘宝のムックですけどね。(つω`*)テヘ

 多分それだと思われるレビューがありました

 

 ワクワクしながら、読んで見ました。

 そこには、こう書いてありました。(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クマでした。


 
 え?それだけ?

 それだけだったんですよ。

 

 

 しょうがないんで、いまでもレンタル屋に行くと探してるんですが、

 いまだ見つかりません。

 

 


 何でこんな話しを長々としたかというと、

 今回のレビューを、映画秘宝に倣って、

 一言で済ませようなんて考えたからです。(・・。)ゞ テヘ

 

 

 今回は、こうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クマじゃありませんでした。

 

 

 

 

 

 だって、ほとんどクマなんか出てこないんですよ。┐(´ー`)┌

 

 まあ、一応、クマは2頭も出てくるんで、

 ジャケット詐欺には当たらない、
 
 アルバトロスとしては良心的な作品なんですが。


 

 


 代わりに何が出てくるかというと、

 大学進学が決まってる、高校を卒業したばかりの若者達です。

 


 彼らが、どこかに、何かするために、出かけるところから始まります。

 どこかは一言だけ教えてもらえましたが、

 何をするために出かけたかは教えてもらえませんでした。ヽ( ´ー`)ノフッ

 


 どこかに行く途中に、立入禁止となっている山道へ行きます。

 何をするために行ったかは教えてもらえませんでした。ヽ( ´ー`)ノフッ

 とりあえず、山道を4駆で走ってました。

 

 そしたらデスね、小グマを轢いちゃうんですよ。

 あ、これが1頭目のクマですね。
 


 なんだかんだと言い合ってると、

 ガオーって声が聞こえるんで、

 ダッシュで逃げるんですよ。

 

 まだ、姿を見せませんが、2頭目です。

 ほら、2頭出てきたでしょ?

 アルバトロスにしては良心的だと思いませんか?

 感涙にむせいでしまいました。\(^▽^)/

 


 そんな冗談はさておき、

 ダッシュかけすぎたんで、

 エンジンがオーバーヒートしちゃいます。

 

 しょうがないんで水を探しに行くと、

 怪しげな沼があります。

 

 怪しい化学物質が捨ててあって、

 そこの水を飲んだグリズリーが凶暴化、

 なんてワケはありませんので、ご安心ください。

 物語には何の影響も与えませんから。( *´艸)( 艸`*)ププッ

 

 水を汲んでると、

 ガオーって声が聞こえるんですよ。

 

 ダッシュかけて、車に戻るんですけど、

 途中でグリズリーに遭遇します。

 

 ガオー、クマの顔アップ!

 びびる顔アップ!

 びびった人が、どうにかして後ろに吹っ飛ばされます。

 ガオー、クマの顔アップ!

 

 クマさんの背景が全く同じに見えるのは、

 そこから一歩も動いてないせいでしょう。

 

 もう1人いるんで、

 ガオー、顔アップ!

 びびる顔アップ!

 びびった人が、どうにかして後ろに吹っ飛ばされます。

 ガオー、クマの顔アップ!

 

 クマさんの背景が全く同じに見えるのは、

 そこから一歩も動いてないせいでしょう。

 

 片方は助かるんですが、

 もう片方の人は、やられちゃったみたいです。

 

 びびった顔のアップと、

 カメラに血のようなものが飛び散ったような感じになっただけなので

 定かではありません。


 
 この間約1分です。

 

 とにかく死んだものとして次に行きます。

 

 車に残りの人たち、ちなみに3人です、が乗り込み、

 エンジンかけると動きます。

 その後なんだかんだあって、車は動かなくなり、

 うち1人が来た道を戻って助けを呼ぶことになるんですよ。

 

 しばらく走ると、小屋があって、

 中に入っていろいろ物色します。

 何かあるかというと何もありません。(´ー`)┌フッ

 

 でも、じっくりと見せてくれます。

 世の中には廃墟マニアという人もいるそうなので、

 そういった人たちへの配慮ではないかと思います。

 

 いい加減飽きてきた頃に、ようやく外にでます。

 そのとたん、

 ガオー、クマの顔アップ!

 小屋の周りをうろうろするクマさんの画。

 

 ガオー、クマの顔アップ!

 走るクマさんの画。

 クマの顔アップ!

 

 なんかちょっと違う感じの、

 作り物な感じのクマさんのちらっ

 人がバーンと飛びます。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

 クマさんの顔のアップは背景がいつも同じ気がします。

 

 この間約1分。

 

 さっきの人は先に進まないで、

 車のところに戻ります。

 さっきはなんともないようでしたが、

 戻ると半死半生の重症です。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

 よく戻ってこれたもんです。

 つーか、何で食われなかったんでしょうね?

 


 残った2人で、グダグダと、

 しばらーく、どうしようもない会話をしていると、

 ガオー、声が聞こえてくるんですよ。

 

 あわてて、車に乗り込みます。

 とりあえず、隠れるところはそこだけしかありませんもんね。

 

 フロントふかふかのクマさんの着ぐるみが、

 あ、すいません、獰猛なグリズリーが、乗っかったようです。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 ふかふかのクマさんの着ぐるみにしか見えないような腹が、

 ボンネットの上にちらりと映りました。

 

 無人の車とじゃれるクマさんが映ります。

 あ、すいません、車には人が乗ってるんでしたね。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 凶暴なグリズリーが車を襲ってます。

 

 ふかふかのクマさんの着ぐるみの手が、

 あ、たびたびすいません、獰猛なグリズリーの手が、(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 車を押し倒します。

 

 ガオー、クマの顔アップ!

 

 やっぱり

 クマさんの顔のアップは背景がいつも同じ気がします。

 

 この間約1分。


 
 脅かすだけ脅かすと、クマさんはいなくなります。

 

 

 夜になっちゃいます。

 車はちゃんと起こしてあります。

 2人くらいジャ絶対に起こせないと思いますが、

 きっと、クマさんが知らないうちに来て、

 起こしておいてくれたんでしょう。

 

 実は、今、小高い丘の上なので、

 車を押していけば、しばらくは下り坂で、

 車が走るそうです。

 


 クマに襲われて、戻ってきた人を積んで、

 なんだかんだやってるうちに死んでしまってましたけど。

 出発します。

 

 何とか、先ほどの小屋までは、これました。

 生き残り二人は、男1人、女1人です。

 

 男はいつの間にか負傷したそうなので、

 車に残り、女は小屋へ武器を探しに行きます。

 

 10センチくらいのトゲが並んだ罠の様な物を見つけます。

 クマの手が窓から突っ込まれます。

 びびって転ぶんですが、罠の上に背中から転んじゃうんですよ

 

 グサッといい音がして、トゲが全部背中に刺さっちゃいます。

 長さが長さなんで、もうおしまいかと思ったら、

 特になんともないようで、あっさりと起き上がります。w(゚ー゚;)wワオッ!!

 

 ここは、アルバトロスクオリティという言葉で、

 自分の中で決着させました。

 

 あ、続いて、クマさんが窓から顔を覗かせます。

 ガオー、クマの顔アップ!

 逃げる女。

 ガオー声だけの熱演です。

 

 クマさんの背景は、さすがに暗くなってました。

 

 車に逃げ込むと、クマさんが後ろのハッチドアを開けて、

 積んでた死体を引き摺り下ろして持って行きます。

 

 引きずられていく死体は映るんですけど、

 クマさんは映らないです。

 

 なので、クマさんが引きずっていったというのは、

 推測です。すいません。

 

 この間約1分。

 

 さあ、これからどうしましょうか?

 車に油をまいて、クマさんを呼びます。

 

 あっ、クマを車に呼び寄せて、

 爆発炎上に巻き込もうという魂胆ですね。

 よくある手ですが、こうなったらそれしかないでしょ。

 

 クマさん素直に来ました。

 後ろから車に乗り込もうとします。

 すばやく離れて、火をつけます。

 

 めらめらと燃え始めるクマさんの乗ってない車

 あ、ホントに何回もすいませんね、人食いグマの乗ってる車。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 さあ、早く爆発しないと倒せないぞ。

 

 爆発しません。

 なんとなく、めらめら燃えてるだけです。

 

 この間約30秒。

 

 よく見ると、車にクマがいません。

 男は女に君だけでも助かってくれといい捨て、

 森の中に入っていきます。

 

 は、逃げ・・・・なくて、

 小屋に戻って、なんかうろちょろしてます。

 

 クマさん、めらめらと燃えてる車の陰から現れ、

 立ち上がり、咆哮します。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

 初めて、クマさんの全身が映りました。

 

 男は木に登って隠れてます。

 今後の展開をどうしようとしているのか不明ですが、

 雪隠詰めにしか見えません。

 

 ガオー、クマの顔アップ!

 木をゆさゆさ揺らすと、男が落ちてきます。

 ダッシュで逃げる男。

 ガオー、クマの顔アップ!

 

 暗くて、よく背景が見えませんが、

 クマさんの背景が同じなんてことはないと思いましゅ。

 同じに見えちゃうのは、ド近眼のせいでしょう。


 今度も30秒くらいですね。

 今度は、女がクマを呼びます。

 何か手立てを考えたんでしょうか?

 小屋に誘い込み、天窓から外に出て、

 入り口には外から閂をかけます。

 

 おお、ナイスです。

 で、こっからどうしましょう。

 

 板の隙間から、クマさんがチラチラ見えます。

 さっさと逃げたほうがいいと思いますよ。

 そんな板で出来たような小屋なんか、

 あっとゆう間にぶち破ると思いますよ。

 

 ひっしと抱き合う2人。

 助かったのね。

 もう安心だ。

 信じられないわ。

 さあ、帰ろう。

 

 あのー、クマさんさっきから、

 入り口の閂をぶち壊しにかかってるんですけど。

 

 なんて、いらぬ心配をしていると、

 言わんこっちゃない、ぶち破ってクマさん出て来ました。

 

 ガオー、クマの顔アップ!

 歩くクマ。

 ガオー、クマの顔アップ!

 

 2人の顔アップ!

 カメラに血のような落書きが映って、おしまい。

 

 確認してませんが、2人ともクマにやられたんじゃないかと思います。

 


 それにしても、このクマさん、相当人間嫌いのようです

 決して、人間と同じフレームに映ろうとしません。

 映る時は常に1人というか1匹です。

 

 たまに映っても、代理のふかふかのクマの着ぐるみ

 あ、ホントにすいませんね、また間違えました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 獰猛なグリズリーの腹とか手の一部とかですから。

 

 よくいますよね、デスクを並べて仕事をしているのに、

 必要な時以外は絶対に口をきかない、

 社員旅行でも、絶対に同じ写真には写ろうとしない。

 そんな感じなのかなと思います。

 


 だから、看板しょってる割に、

 5-6分の出番になっちゃうんですよ。


 
 あー、一言で終わんなかった。

 

 ということで、★3つです。

 

一言で終わらない文章力のなさを慰める意味でポチポチっとおめぐみください。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/19 10:00|モンスターTB:0CM:12

ティー・レックス T-REX

〇ティー・レックス T-REX(原題Tyrannosaurus Wrecks)
本編86分 画面サイズ16:9
監督 ジョン・カール・ビュークラー
キャスト ジェフ・フェイヒー、ディー・ウォーレス、トニー・トッド、アレクサンドラ・フォード、サラ・エルバート、スティーヴン・ワステル

n_631atvd12110ps.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 イヤ、もう、なんて言うかね、

 色々考えたんですよ

 なんて言ったら、こう、気持ちを分かってもらえるかを

 

 色々と考えあぐねた末、「(ーヘー;)

 やっぱりこうゆうことは、ありきたりな表現になっちゃうんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ジャケット詐欺だ~!!!!!!!(▼皿▼#)

 

 あ~んど、

 


 ピクチャーレーベル詐欺だ~!!!!(▼皿▼メ)ノ

 

 


 はあ、ちょっとすっきりしました。(o^∇^o)ノ

 レビューの展開が読めちゃいますね。(・・。)ゞ テヘ

 


 ジュラシックパークのトリロジーボックスを持ってるんで、

 それで目の穢れを落としてしまいたいと思います。

 

 

 あらすじはデスね、ティラノサウルスが出てきて悪さして、その合間合間に、人間があちこちして、ティラノがやられますという感じ。

 


 最初で全てを語りつくしてしまいましたんで、

 さくっと行きましょう。ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

 外観は巨大なビルだけど、中身はどこかの貸し倉庫って感じの、
 
 ハイテク企業、カルゴリン社。

 もう、ティラノサウルスをハイテクを駆使して作っちゃってます

 

 社屋内にでっかい檻を作って、飼ってます。

 何で作ったかというと、

 色々込み入った事情があるので、はしょります。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

 何かの罰ゲームでこの作品を見ざるを得ない状況に陥ったときにでも確認してみてください。( ´艸`)ムププ

 


 それで、武装した産業スパイが、

 深夜に、会社へ乗り込んできまして、

 クラッキングして全てのキーロックを解除します。

 

 全てですから、ティラノの檻もばっちり開放されます。

 ティラノが逃げ出します。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

 浮きまくりの合成で、

 ちょっと出来のいいソフビが、

 街中を疾走します。

 

 出会う人を必ず食べます。

 4-5人ですけど。

 どこの過疎の町かってくらい、人がいません。

 

 うちの周りだとまあ、

 ティラノが夜道を歩いてても誰にも会うことはありませんが、

 超高層ビルの立ち並ぶ街でこれはないでしょう。

 

 食べる時は、張りぼてティラノ、

 頭部のみ、がアップになって、

 ちょっと引くと、

 GIジョーをくわえたソフビがばたばたしてます。

 

 たまたま、このシーンだけチラ見したカミさんが、

 大爆笑してました。(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ

 こっちは苦笑いでしたが。

 

 まあ、これを繰り返していき、

 合間に、産業スパイと開発者の博士の、

 息詰まる・・・・・・

 

 すいません、またフカシこきました。

 こっちでした。

 行き詰る攻防が挿入されます。

 


 どうしようもなくなったところに、

 ティラノが会社に帰ってきます。

 ここで産業スパイは全部食われます

 

 で、産業スパイの持ちこんでた、

 半径1キロメートルくらいは焦土と化すという、

 超強力爆弾を、博士がスイッチオンし、Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

 会社と言うか、街ごとティラノを焼き尽くします。

 

 博士は当然、安全圏に逃げてます。

 おしまい。

 

 あ、そういえば、劇中で、

 B級アクション映画の撮影シーンがありました。

 監督は熱心に、

 その他は早く終わらせたいけど、

 自分はアップで映してね、って感じなんですね。

 

 ここは風刺が効いてて面白かったです

 後は、まあ、つっこまれたいんでしょ?って作りなんで

 なんとも言えません。

 

 というわけで、★3つです。

 

いつもはこてこてだけど、今日はあっさり。それもまた良し、という方ポチぽちっといただけないでしょうか。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/18 10:00|モンスターTB:0CM:4

見てるか、B級!?さんとリンクさせていただきました

 このたび、チャモロ・ブルーノさんが運営されているブログ

 「見てるか、B級!?」とリンクさせていただきました。

 

 まだ、開設されて間も無いようですが、当ブログでご紹介するようなタイトルばかりをレビューされてます。

 記事もたいへん(管理人には)ツボにはまる面白い内容となってます。

 ぜひご覧ください。

2008/01/17 21:57|未分類TB:0CM:0

スローター 死霊の生贄

〇スローター 死霊の生贄(原題THE SLAUGHTER)
本編95分 画面サイズ16:9
監督 ジェイ・リー
キャスト ジェシカ・エリス、ザック・キルバーグ、トラビス・ウッド、ビリー・ベック

516hp6AxXgL__AA240_.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 ちょっとホラーが見たくなりまして、

 今回はB級を狙わないで、

 割と面白そうなのを選んだつもりでした。

 

 いつも、面白そうと思って見ると、

 大変香ばしいものばかりなので、

 自分の選択眼は全く信用してません。∑d(≧▽≦*)

 

 どうやってもB級を選んでしまうという点では信用してますが。゙☆⌒o(*^ー゚)

 

 で、期待しないで見てみました。

 いや~面白かったです。(≧ω≦)b

 久しぶりに、堪能させていただきました。(≧ω≦)b

 

 他の方のレビューを見ると、クソミソに言われてますが、

 面白かったです。

 ホントですってば!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 


 どこが面白かったか今ご説明しますね。

 

 あらすじは、古い屋敷に来た学生達が殺されちゃいます、という感じ。

 

 ホントなんですよ。

 粗い筋としてはこうなんですってば!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 

 え~と、そうですね、後は、死霊のはらわたみたいな感じですね。

 ウン、これが一番しっくり来ます。

 特撮もあの時代のレベルですから。( *´艸`)クスクス

 


 


 40年前に、8歳の娘と、その母親が殺されたという屋敷。

 売却することになり、掃除のバイト学生がやってきます。

 黒人男、その弟、黒髪女、マッチョ、金髪女、ヤク中男です。

 管理してた不動産屋の男社長女秘書も来ます。

 

 あ、その前に、再生するとすぐに、

 裸のねーちゃんたちが5-6人で、(*゚▽゚)ノ

 なんか儀式をやってて、

 おっぱいの大きいゾンビが地面から出てきます。(*゚▽゚)ノ

 で、学生達に切り替わります。

 

 もう、つかみはオッケーですね。(>▽<)b

 1つ2つじゃアレですけど、

 5-6個出てくれば、男子たるものつかまれてやらねばなりません。(>▽<)b

 女性はどうか知りませんが。

 


 学生達が掃除を始めます。

 早速、地下室に隠されていた、

 全身全霊でもって魔術書です!って主張している本と、

 その解説書を見つけます。

 

 弟君は、パソコンマニアの理論家なので、

 早速掃除もしないでネットを使って解読にかかります。

 

 解読したところ、

 無限の闇の力を持つ魔女を生き返らせる呪文が書いてあって、

 この家は祭壇の上に建てられていて、

 とにかくナニをイタしちゃダメだそうです。(* ̄- ̄)ふ~ん

 

 当然マッチョとお色気担当の金髪女は、

 来て早々、ちゃんとイタしてましたんで

 第一の条件は自動的にクリアーです。(*`д´)b

 

 そのほかにも順番にいろんなことをやらないと、

 魔女は甦らないんですが、

 いちいち覚えてられません。

 

 まあ、順番に見てけば、

 たぶん、そのうち魔女が甦るでしょう。┐(´-`)┌

 

 ナニをイタしたからじゃないようですが、

 早速、1人やられます。

 

 地下室で掃除をしていたヤク中です。

 冒頭のおっぱいゾンビが出てきて、

 しばらく唸った後、

 魔術書の隠してあった場所に消えていきます。

 

 ヤク中ですんで、全然驚かないで、

 ヤクのせいだと思って、そこを覗きます。

 

 すると、足をがしっとつかまれ、

 足首をボキリ、変な風に力が入り、

 膝から変な風に骨が飛び出します。( ̄□||||!!

 

 悲鳴を上げながら足元を見ると、

 弁慶の辺りまでくるくると巻かれてます。( ̄□ ̄;)!!

 

 そのまま、くるくると巻かれながら地面に押し付けられていき、

 内臓が口から搾り出され、Σ(|||▽||| )

 最終的にぺちゃんこになります。

 

 どうやら、ストップモーションでやってるみたいで、

 カクカクして見づらい特撮なんですが、

 内臓はとってもいい感じの色艶です。(>▽<)b

 

 しかも、アップで口から出てくるところを見せてくれますんで、

 大変心地よい画が生まれてます。(>▽<)b

 

 ここら辺りから俄然面白くなってきます。\(^▽^)/

 

 弟君が、皆殺されちゃう早く帰ろうと言い出すので、

 兄貴の黒人はそれもそうだね早く帰ろうと、

 物分りのいい兄貴ッぷりを爆発させます。

 

 この時点では犠牲者はまだ明らかになってないんで、

 何でそんな結論になるのか分からないんですが、

 雰囲気だけで思いっきり引っ張ってます。

 

 皆さんの恐慌ぶりがなんか心地よい感じです

 

 とにかく帰ることにしたので、玄関を開けようとすると、

 ドアノブに手をかけた瞬間に、

 家が大揺れし始めます。w( ̄△ ̄;)wおおっ!

 

 半信半疑だった皆さん、

 本格的に恐慌状態に陥ります。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

 弟君はついに労働者階級の立ち上がる時だ!と演説をぶち始め、Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 秘書は社長にあんたはアレが下手だ!と不満を爆発させ、( ̄w ̄) ぷっ

 マッチョは、もうお家に帰る、ママ助けてと2階に逃げてきます。(≧m≦)ぷっ!

 

 さっぱり意味の分からない恐慌振りと、

 協力して、ことに当たろうという気が全くない皆さんに、

 思わず笑いがこみ上げてきます。

 いい感じです。∑d(≧▽≦*)

 

 続いて、マッチョです。

 2階の暖炉のある部屋に閉じこもってると、

 おっぱいゾンビが出てきます。

 

 怖いんで、どうするかというと、

 ママ助けてとつぶやきながら、目を閉じます。

 んで、ちょっとすると目を開けて、

 まだおっぱいゾンビがいるんで、また、目を閉じます。( ´艸`)ムププ

 

 あんた、ダチョウですか?

 目を閉じてもいなくならないんですよ?

 なんてつっこんでると、

 おっぱいゾンビが唸り始めます。

 

 暖炉がビュービュー吸い込み始め、

 マッチョも吸い込まれていきます。

 

 煙突に引っかかって身動き取れなくなったマッチョへ、

 いろんなものがどんどんぶつかっていきます。

 特に顔を集中攻撃されます。

 

 びしっ、バシッと、顔が大きく裂けていき

 とどめに大きな石がぶつかると、

 顔の皮が全部むけて、筋肉が露出し、息絶えます。

 

 ちゃんと顔はアップでやってくれます。

 てらてらしてていい感じの顔です。∑d(≧▽≦*)

 

 次は金髪女です。

 こいつはつまんないです。

 おっぱいゾンビにお風呂に引きずり込まれ、溺死です。

 ぜんぜんグロくありません。つまんないです。(゚┏ε┓゚)ブゥー

 

 ここで、ようやく死体を見つける生き残りの皆さん。

 ヤク中なんて、いないことがここでやっと思い出してもらえます。(´m`)クスクス

 

 黒人、弟、黒髪、秘書は火をつけて燃やして、

 そのうちに脱出というプランを立てます。

 社長は金儲けが出来なくなるんで大反対です。

 

 社長はうっちゃっておき、

 掃除用の引火性薬品を取りに、地下室へ行きます。

 

 薬品の入れ物が倒されてて、

 中身がこぼされ、

 とってもチープなCGで上に吸い上げられていきます。

 

 黒人の足の周りにもたまっていきますが、

 気が付きません。

 

 上に吸い上げられた薬品は社長の周りにたまっていきます。

 それに気付かず、社長がライターをつけると、

 おっぱいゾンビが、わっ!って脅かして、

 ライターを落とし、引火!

 

 火は地下に回り、

 黒人は真っ黒焦げになってご臨終です。Σ(・ω・ノ)ノ! 

 ヤケドのメイクはまあまあでした。

 

 ここまで書いてて気が付きましたけど、

 おっぱいゾンビがかなりいいアクセントになってます。

 ちょっと気持ち悪いけど、おっぱいは大きいです。(*`д´)b

 

 なんか、ここまでで、儀式がかなり進んだようで、

 おっぱいゾンビが、普通のおっぱいがでかいねーちゃんで現れます。

 キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!

 

 男子たるもの、ばっちりつかまれましたけどね。∑d(≧▽≦*)

 

 んで、そこにいた社長の喉を切り裂いて、やっちゃいます。

 

 そういえば、おっぱいゾンビ改めおっぱいねーゃん魔女だそうです。

 んで、魔女が甦ると死者が甦るそうです。

 まあ、そんなこと言ってたような気がしますが、定かではありません。(・・。)ゞ テヘ

 

 とにかく死者が甦ります。

 まず、社長です。

 

 脳みそ~だそうです。Σ(・口・)

 バタリアンパクリいやリスペクトしたセリフが、

 なんともかんとも、まあいいですけどね。

 

 首を切り取ってもまだ動きます。

 頭をぐちゃぐちゃに踏み砕いても動きます。

 しょうがないので、手足をぎたぎたにしてやると、

 まだピクピクしてますが、とりあえず行動不能になりました。

 

 この辺もバタリアンパクリいやリスペクトしてます。

 

 社長がこうですんで、残りの連中もちゃんとゾンビになります。

 こいつらは脳みそ~とはいいません。

 好き嫌いのないのはいいことです。

 造形も結構いい感じです。

 

 ゾンビとはいえ、さっきまでは友人でしたんで、

 ゾンビに切りかかるのは気が引けます。

 それで、おっぱいねーちゃに切りかかるんですが、

 全く効きません。

 

 ダッシュかけて逃げます。

 ちなみに、弟、黒髪女、秘書が生き残りです。

 

 秘書は捕まっちゃって、かじられます。

 これがまた、引き裂かれて、引きずり出され、

 くっちゃくっちゃとやるシーンを、

 舐めるように見せてくれます。

 

 色艶も良く、大変好みの分かってらっしゃる監督です。∑d(≧▽≦*)

 

 とりあえず、屋根裏逃げます。

 黒髪女、弟君に何か武器とかお守りがないか聞きますが、

 ないない尽くしです。

 分からない、知らない、ない。「(´へ`;ウーム

 

 全く、何の役にも立たない若造です。

 こいつを餌にして逃げたほうがいいかもしれません。

 

 ところが、思いつきました。

 魔術書か、生贄となる自分達のどちらかがなくなればいいそうなんです。

 そんなこと言ってたかどうかは知りませんが、

 まあ、そう言ってるんで、そうなんでしょう。(*´σー`)エヘヘ

 

 自分達が死ぬのはイヤなので、

 魔術書を燃やすことに決めます。

 

 ところで、魔術書はどこでしたっけ?

 グロとおっぱいねーちゃ夢中ですっかり忘れてました。テヘヘッ(*゚ー゚)>

 

 黒髪女は覚えてるようで、

 弟君を囮にして取りに行きます。

 

 弟君、ゾンビに囲まれて、

 絶体絶命です。

 金髪女ゾンビがいるのを見つけて、

 まだ腐ってないおっぱいを思わず触っちゃいます。

 

 やっぱりこいつは餌にして、逃げたほうがいいと思います。(゚д゚)(。_。)ウン!

 でも、まあ、気持ちはよっく分かります。

 なので、許してあげましょう。

 

 辛くもゾンビからは逃げ出せます。

 魔術書も持ってこれました。

 

 おっぱいねーちゃのところに行くと、

 スケスケとはいえ服を着てますщ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

 なんてこった!

 

 もとい、まあ、それはそれとしてだ、

 おっぱいねーちゃんとお話をしましょう。

 

 どうやら、おっぱいねーちゃは、

 何十億年も前からこの本を手に入れたかったそうです。

 
 
 そんな前に本があるかというと、ないと思いますが、

 迫力で押し切られてしまいました。

 

 なんか、黒髪女が気に入ったみたいで、

 その本を渡してくれたら、

 二人で世界を支配できるようにしてくれるそうです。

 

 あ、そんなことならすぐにお渡しします。

 
 もとい!

 

 なかなか、うんといいません。


 なんか、弟君と事前に打合せをしていたみたいで、

 弟君が早くやれとかせっついてきます。

 

 あーそういえば、本を燃やすんでしたね。

 何でさっさとやらないんでしょう。

 

 とうとう、痺れを切らして、おっぱいねーちゃは、

 魂のないゾンビに食われてしまえ!と言い放ちます。

 

 黒髪女、それを聞きたかったのよとニヤリ。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 すいません、ずっと見てたつもりでしたが、

 何でそれを聞きたかったのかさっぱりです。

 

 多分、何かを聞き落としたと思うんですが、

 どうでもいいことなので、自分の中でスルーしました。

 

 本に火をつけ、プロパンガスのボンベに斧を叩きつけて、
 
 大爆発!

 

 黒髪女が目を覚ますと、おっぱいねーちゃは消えています。

 弟君は階段下で気絶してました。

 

 ふーやれやれデス。

 ハッピーエンドですね。

 

 弟君、どうやったのか聞きます。

 プロパンガスの爆発が事態を逆転させたの。

 自分を殺したってこと?

 そうよ。

 

 えっ!自分を殺したってことは、

 最後の生贄をささげたってこと?

 そうよ!

 

 ぎゅーと弟君の首を絞め、

 おっぱいねーちゃの顔になります。

 

 あれ?そんな設定でしたっけか?

 先ほどの会話の意味も分かりませんし。

 まあ、とにかく、バッドエンディングらしいことは匂ってきました。

 

 そのまま、ぎゅーと絞め続け、

 ぶちっとちぎっちゃいます。

 

 これがまたへたくそなCG合成なんですが、

 やってることはナイスなんで、

 見逃してやりました。(≧∇≦)b

 

 黒髪女が、おっぱいねーちゃん顔のまま、

 哄笑し、ゾンビも出てきて、ハイチーズで、

 おしまい。

 

 グロの見せ方も、ストーリー展開の強引さも、

 会話も、エンディングも、

 とってもツボにはまる映画でした。

 

 

 期待してなかったのもありますけど、

 面白かったです。

 きっと、死霊のはらわたがツボにはまる映画だからだと思います。

 

 それにしても、

 他のレビューの方は何で、あんなにけなしてるのかが分からないです。

 

 その辺を加味して、★2つです。

 個人的には、★なしでもいいんですけどね。((^┰^))ゞ テヘヘ

 

死霊のはらわたがツボにはまる方いらっしゃれば、ぽちぽちっといかがですか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/17 10:00|ゾンビTB:0CM:8

グリード

〇グリード(原題CROCODILE ALERT)
本編92分 画面サイズ4:3
監督 シーモン・X・ロスト
キャスト クリスティアン・トラミッツ、ドリーン・ヤーコビ、ディルク・バッハ、オリヴァー・マスッチ、アデーレ・ノイハウザー

greed1.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 今回は、動物パニックものです。

 もちろんアルバトロスですんで、ばっちしです。∑d(≧▽≦*)

 

 しかし、いつも思うんですが、

 ジャケットのレイアウトって、決まりでもあるんですかね?

 

 いつも、街中で暴れる動物。

 しかも、ありえないぐらい巨大になってるし。

 大人を丸かじり出来ちゃうくらいの大きさですよ。

 凄いですね。

 

 まあ、いつもこの手のジャケットに体も無くやられちゃうんで

 敵ながら天晴れと言っておきましょう。\(^▽^)/

 

 

 
 さて、所はドイツ、ドナウ川。

 まあ、色々あって、ワニが川に放たれちゃいます。

 

 ワニ本人はよく事情は分かってませんが、

 ようやく自由の身になれたので、

 早速食事をとることにします。

 

 おあつらえ向きに、小鹿が岸で水を飲んでるジャないですか!

 ガブリと喰らい付き、下水道まで引っ張っていって

 一口かじってみます。

 

 あんまり美味しくないんで、そのままうっちゃっておきます。

 さて、次はどうしましょう。

 とりあえず寝ますか。

 

 なんだか、上のほうが騒がしいです。

 クマに小鹿がかじられたとか何とか、

 ピーポーピーポーいってます。

 

 うるさいんですが、お昼寝を続行します。

 夜になると、今度は寝床まで来るやつらがいます。

 うるさいんで追いかけてやると、

 面白いくらい悲鳴を上げて逃げ行きます。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

 あっ、はしごを上って、地上に行っちゃいました。

 面白いんで、ワニしか知らない秘密の出入り口を通って、

 川に出て、岸に上がり、車に乗り込んでたアイツらを脅かしに行きます。

 

 さっきは、ちょっと小さめな体にしてたけど、

 今度は大きくなって驚かしてやります。

 

 そうですね、さっきが体長2メートルありませんでしたから、

 4倍くらいの8メートルでいいデスね。充分です。

 体の大きさは自由自在です。(≧ω≦)b

 

 車に体当たりをしてやると、面白いようにびびります。

 かじる真似をしてやるとさらに悲鳴も上げます。

 イヤー、面白いですね。(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ

 もう一回思いっきり体当たりしてやると木の上に逃げちゃいました。

 木の上には登れません。

 腕立て伏せも出来ません。

 今回は充分に楽しんだので、許してやることにしました。

 

 

 今夜は下水道に戻るのはめんどくさくなったんで、ドナウ川で眠ります。

 

 翌朝、ドナウ川を遊泳していると、

 血の臭いがします。

 目だけ出して覗くと、羊がいるじゃありませんか!

 

 昨日は小鹿を一口かじって、後は魚しか食してませんから、

 お腹が減ってたまりません。

 

 血を撒いたり、羊を川に放している人間は、

 よく見りゃ、昨日脅かして遊んだヤツらです。

 なんか他の連中も来て喧嘩始めたんで、

 今の内ということで、こちらを見てない隙に、

 羊をいただきます。

 

 時間をかけちゃアレなんで、

 今度は羊が一口でお口に入る位まで大きくなります。

 推定体長10メートルくらいでいいですかね。

 

 あ、もちろん、そんな姿は人間には見せません。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 そんな姿も、こんな姿も、明るいところで人に見られるのは好きじゃないですから。

 

 ところが、帰るときに、手の届かない背中に何か刺されちゃいました。

 人間が発信機がどーしたって言ってたんですけど、

 まあ、これくらいの傷はどーってことありません。

 

 さーて、お腹もいっぱいになったし、次は何をしましょうか?

 あ、あそこで、ゴムボートに乗って遊んでる人間がいます。

 腹ごなしにあいつをからかってやりましょう。

 

 オールをかじってみましょう。

 なんだか驚いて、あわててます。

 コリャ面白いです。(*≧m≦*)ププッ

 

 あっ、岸に上がろうとしてます。
 
 日中は姿を見られたくないんで、岸に上がる前にどうにかしましょう。

 今度はゴムボートの底ををかじってやりました。

 

 ちっちゃい穴を開けてやったんで、

 さらに驚いて、あわててます。

 面白いです。((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

 

 こいつ、ボートから落ちてきました。

 そういえば、今まで人間は食したことがありません。

 一口かじってみましょう。

 

 羊を食べた後に、少し小さくなっておいたんで、

 がっぷりとやっても、腰半分くらいの肉しかかじれませんでした。

 脂身ばっかりであんまり美味しくないんで、そのまま川にうっちゃっておきました。

 

 さーて、次は何をしましょうか。

 あっ、産気づいてきました。

 どこかに上陸して産卵しましょう。

 

 おお、川のすぐそばに古い防空壕があります。

 ちょっと奥に入っていって、

 う~ん、ぷりぷり。

 ふう、たくさん産卵できました。

 

 貴方の子よ~~~

 なんちゃって。( *´艸`)クスクス

 

 ちょっと休んでいましょう。

 

 しばらく寝ていると、人の気配がします。

 あっ、大切な卵をどうにかしようとしています

 これは大変です。

 

 明るいところでは姿を見られたくないんですが、

 この際そんなことは言ってられません。

 

 こら待てー、さわるなー!

 あっ、アイツら、この前脅かした人間じゃないか!

 何しにきやがった!

 

 とにかく追っ払いましょう。

 防空壕に合せて少し体を小さくしてたんですが、

 大きくしている暇はありません。

 

 推定体長3メートルで行きましょう。

 

 追いかけて、外にでると、

 あいつらネットに捕まって、

 木にぶら下がってます。

 

 くそっ、口が届きません。

 何回かトライしていると、

 落ちてきやがりました。

 

 そしたら、口をグルグル巻にされ、

 何か刺されたと思ったら、

 不覚にも眠ってしまいました。


 はっと目を覚ますと、

 川べりの倉庫です

 なにやら5-6人の人間が喧嘩してます。

 体はロープで固定されちゃってます。

 

 一生の不覚です。

 この恨みはらさでおくべきか。

 絶対にかじってやる。L(゚皿゚メ)」むきー

 

 すると、1人の人間がロープをほどいてくれました。

 よっしゃー、行くぜ、行くぜ!(y゚ロ゚)yカカッテコンカイ

 

 まずは、1人の足をかじって、

 次は後ろのヤツの頭をかじって、

 あっ、さっきのヤツだ。

 

 次はお前だ、よくも捕まえやがったな!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆

 さっき、一瞬の内に推定体長5メートルまで巨大化したから、

 お前なんかひとかじりだ。

 

 そりゃー、がぶっ!

 しまった、直前で逃げられて、柱にかじりついちゃった。

 牙が抜けない!

 

 こうなったら、暴れて柱を壊してやる。

 ガジガジ、じたばた、じたばた。

 よっしゃー!柱を引き抜いて、

 なんか上にあったもんをばたばたと落としてやったぜ!

 

 なんか身動きできなくなってるから、

 次は、あ、あそこの人間のメスだ!

 このやろ、棒でけん制しやがる、

 少し口をパクパクして脅かしてやれ。

 

 面白いくらい悲鳴を上げて、びびってるな。

 あれ?なんか、腹の下に、火の付いたものが転がってきたぞ?

 

 瓦礫の下敷きになってるヤツがなんかしたのか?

 よーし、先にアイツを・・・・・

 


 どっかーーーーーーーん!!!

 


 なんと、爆弾でした。

 ワニさんは、木っ端微塵です。

 


 ちょっと目先を変えて、

 ワニさん目線でお送りしました。(o^∇^o)ノ

 

 万物の霊長たる人間さんたちは、

 主人公たるワニさんを差し置いて、

 85分以上出ずっぱりでした。

 

 ちょっと、許しがたい所業でしたんで、

 レビューでは人間の出番は最小限とさせていただきました。

 

 以上、一生を人間の勝手にほんろうされた、

 あるメスワニの生き様でした。

 

かわいそうなワニに合掌の意味でぽちぽちっとどうですか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/16 10:02|モンスターTB:0CM:6

ダウン

〇ダウン(原題DOWN)
本編111分 画面サイズ16:9
監督 ディック・マース
キャスト ナオミ・ワッツ、ジェームズ・マーシャル、マイケル・アイアンサイド、ロン・パールマン、エリック・サール

51ZMXFTA1JL__AA240_.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 実は、わたくし、ミクシィもやってまして、

 ブログの記事+日常の瑣末な出来事の日記を公開しております。

 

 ミクシィでも、B級大好きという方は結構いらっしゃいまして、

 色々とタイトルを教えていただいております。

 今回は、ミクシィで教えたいただいた作品です。

 

 ミクシィでも、同じ名前ですんで、

 興味のある方は覗いてやってください。

 

 この作品は、エレベーターが意思を持って、人を襲い、あら大変という感じです。


 この、エレベーターが意思を持つという設定が、

 とってもB級ぽくてとってもいい感じです。∑d(≧▽≦*)

 

 ナオミ・ワッツという人も出てます。

 B級脳には、リングの人ということしか記憶にありませんが、

 結構有名なんですね。

 

 どのレビューを覗いても、

 主演:ナオミ・ワッツとなってるんですが、

 実際は準主役、主人公の彼女役って感じです。

 

 今はもう有名になったキャストを、

 前面に大きく押し出す、売らんかな精神、

 B級ぽくて、とってもいい感じです。∑d(≧▽≦*)

 

 あ、ナオミ・ワッツは好みじゃないんで、

 どうでもいいです。

 ホントですよ。

 

 


 まあ、それはともあれ、

 ニューヨークのランドタワー、

 ミレニアムビルのエレベーターがそいつです。

 ちなみに、ランドタワーの意味は分かってません。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 六本木ヒルズみたいな感じですかね。

 いろんなお店や会社がテナントとして入っていて、

 展望室もあって、いつもお客さんで賑わっている。

 

 エレベーターが意思を持つ原因は、

 はっきりとは説明されませんが、

 落雷が影響しているようです。

 

 意思を持って、まずやることが、

 人殺しというのも凄い選択ですが、

 そうしないとB級映画にならないので、

 それもまたよし、です。(*`д´)b

 

 最初の犠牲者は、妊婦の皆さんです

 あ、さすがに殺しませんのでご安心を。

 最近では、ぼっけえきょうてえでしか、

 妊婦を殺したのは見たこと無いです。

 

 何で、妊婦がこんなビルにいるかというと、

 妊婦用のエクササイズ教室があるからです。

 

 うちのカミさんも、妊婦の時はヨガ教室に通ってましたんで、

 結構あちこちでやってるもんなんですね。


 
 で、妊婦が5-6人エレベーターに乗って、

 下に降りようとすると、

 途中で止まってしまいます。

 

 ご丁寧に、管制室には異常表示がされません。

 エレベーターの非常連絡用電話も使えなくなり

 エアコンも切られ、蒸し風呂状態になります。

 

 しかも、1人の妊婦が破水して、

 出産しちゃいます。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

 もうね、まさかそこまでやらないと思ってたんで、

 おかしくて、おかしくて、

 出だしから、なかなかいい感じです。(´m`)クスクス

 

 あ、すいません、冷静に考えれば、

 結構深刻な状況ですね。

 失礼しました。m(。・ε・。)mスイマソ-ン

 

 次はデスね、盲目のジジイです。

 エレベーターの扉が開いて、箱が来てないのに

 目が見えないもんだから、

 そのまま足を踏み出して、まっ逆さまですよ。(゚m゚*)プッ

 

 これもまたね、ちょっと不謹慎ですが、

 ああいう人たちに、そこまでやっちゃ、

 アレでしょうと思ってたんですが、

 見事にやってくれたんで、

 ちょっと笑ってしまいました。

 


 B級設定をいい感じに使ってるんで、

 なんか楽しくなってきました。(o^∇^o)ノ

 


 続いての犠牲者は、ビルの警備員です。

 エレベーターが誰も乗ってないのに、

 上がったり下がったりするもんで、

 点検に行ったら、

 中を覗いたところでドアに頭を挟まれ、

 そのままギロチン!です。

 

 ようやく、古典的なエレベーターの使い方をしてくれました。

 次はどんな感じにしてくれますかね。

 楽しみです。(´m`)クスクス

 

 あ、ちなみに、合間合間に、

 主人公であるマークとのその相棒が、
 
 色々と点検しますが、機械的には異常なしということで、

 人が閉じ込められようが、死のうが、

 通常運行しております。

 

 この辺の危機管理能力のなさも、

 B級らしくて、とっても香ばしいですね。∑d(≧▽≦*)

 


 第4の犠牲者は、ローラーブレーダーの兄ちゃんです

 道路や歩道を傍若無人に走ってる無法者です。

 あ、ちょっと表現が古かったですね。

 

 まあ、そんな感じの、いまどきの若者です。

 ミレニアムビルの地下にいたところ、

 エレベーターに吸い込まれて、

 86階から噴出されて、

 そのまま窓を突き破り、地上へドーン!w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

 なんと、地下から86階まで、

 所要時間2秒ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

 

 何をどうやったら、そんなスピードが出せるのか不明だし、

 吸い込んだり、吐いたりしてるのかがそもそも疑問なんですが、

 誰もそんなこと気にしてません。

 すごいね~って、言い合ってるだけです。

 

 B級らしくて、それもまたよし、デス。(*`д´)b

 次はどんな手で来るのか楽しみなので、

 つじつまはあんまり気にならなくなってきました。\(^▽^)/

 

 続いて、こんどは4-5歳くらいの女の子がやられかけます。

 こう見えても、子供好きなので、

 この子が犠牲になったらやだなーと思ってたら、

 助かりました


 
 良かったです。

 安心しました。

 ホントですよ。

 

 ここら辺で、タネ明かしがあります

 つまりですね、エレベーターを作った会社の技術主任が、

 意思を持ち自己増殖するコンピューターを作って、

 そいつにエレベーターの制御をやらせてて、

 多分、落雷のせいなんでしょうね、

 暴走しちゃった、(・・。)ゞ てへっ、だそうです。

 

 いきなりそんなことを言われて、

 戸惑ってしまったんですが、

 今まで楽しませていただきましたんで、

 広くて大きな心で受け止めてあげました。

 ホントですよ。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 それに、こうゆう設定好きなんですよ。

 もうちょっと掘り下げれば、

 ヒューゴー賞とかネビュラ賞とか獲れそうじゃないですか?

 

 主人公のマークとナオミ・ワッツは、

 だからどうするというわけでもなく、

 うろうろしてるんですが

 次の犠牲者が出てしまいます。

 

 凄いですよ、次は。

 何はともあれ通常営業中のビル。

 今日もエレベーターは満員です。

 

 上に上がりま~す。

 どんどん上がります。

 スピードもどんどん上がります。

 

 速すぎて、床が抜けちゃいます。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

 満員の乗客はばらばらと落ちちゃいます。

 

 ぐんぐん加速しながら、

 どんどん上がります。

 

 ついに、ビルの屋上を突き破って、∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

 ようやく止まります。

 

 何をどうやったら床が抜けるんだか、

 一度聞いてみたいもんですが、

 なかなか爽快な画でした。(≧ω≦)b

 

 スピード感、高さ、音、

 いずれもスリル満点でしたね。(≧ω≦)b

 スタンディングオベーションですね。(≧ω≦)b

 


 さあ、ここまで派手にすれば、

 さすがに何とかしなければいけません。

 どうするかというと、

 大統領がテロ被害の宣言をしてしまいます。;.:゙:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

 

 無駄に大げさなのもいい感じですね。

 たかがエレベーター事故でと思うんですが、

 今は物騒ですからね。

 

 さあ、真相を知っているマーク&ナオミ・ワッツ

 SWATだらけのビルに侵入します。

 

 置いてあった、ハンドミサイル、スティンガーと言ってました、を、

 肩に担ぎ、例のバイオコンピューターを探します。

 

 どこにあると思います?

 なんと、エレベーターの通る縦穴につけてる通気口でした。(≧ω≦。)プププ

 

 綿あめみたいにふわふわしてて、赤んぼくらいの大きさで、

 ピンク色にピカピカ光ってます。( ´艸`)ムププ

 

 ちょーチープで、B級の意味が分かってらっしゃいます。(*`д´)b

 うちの娘でもこれくらいのものは作れそうです。

 

 エレベーターの扉を開けると正面にあるんで、

 ミサイルを撃ち込んでやろうとすると、

 こいつを開発した技術主任が止めに入ります。

 こいつはオレの全てなんだ!|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

 

 あ、こいつマッドです。(゚д゚)(。_。)ウン!

 エレベーターごときに、

 何でバイオコンピューターなんてつけるんだろうと思ってたんですが、

 マッドだったんですね。

 納得しました。

 あ、すいません、邪魔しましたね、お続けください。

 

 マークとくんずほぐれつしていると、

 ナオミ・ワッツが止めに入り、

 すぐに人質に取られます。

 

 すると、ワイヤーが扉からうにゅうにゅと飛び出てきて、w(゚o゚)w オオー!

 マッド博士を連れ去ります。

 マークも連れ去られそうになります。

 

 ハラハラドキドキします。

 頑張れマーク!く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

 

 ホントですよ。

 ホントにそう思ってるんですよ。(*´σー`)エヘヘ

 

 間一髪、マーク助かります。

 すかさず、ミサイルを撃ち込みます。

 どっかーん!

 

 バイオコンピューターは粉々です。

 

 イヤー、最後までB級らしい展開です。

 特に、ワイヤーが蛸の触手のようにうにょうにょ動くなんて、

 B級でしかありえないでしょう。(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)ウンウン

 


 マークとナオミ・ワッツがいい仲になって、おしまい。

 

 なかなかB級らしい展開ばかりで、

 楽しませていただきました。

 ご馳走様です。(人-)

 

 バイオコンピューターがしゃべってくれたり、

 マッド博士を改造してくれちゃったりすれば

 さらにB級らしさが増したんですけど、

 まあ、今回は充分やってくれたんで、次回に期待しましょう。

 

 ということで、★2つです。

追伸 今思い出しました。一回見たことあります。いつ、どこでは全く覚えてませんが、見たことあるということだけ覚えてます。またやっちゃいました。

 

チープなB級、それもまた良しという同志の皆さん、ぽちぽちっといただけないでしょうか。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/15 10:00|パニックTB:1CM:8

ジュラシック・プラネット

〇ジュラシック・プラネット(原題RAPTOR PLANET)
本編89分 画面サイズ16:9
監督 ゲーリー・ジョーンズ
キャスト スティーブン・バウアー、テッド・ライミ、ムセッタ・ヴェンダー、バネッサ・エンジェル

80483493.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 色々とご心配をおかけしました。

 ぎっくり腰が、何とか日常生活には支障の無いレベルまで良くなってきました。

 しばらくは、再発防止のため、

 箸より重いものは持たないことにしました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 コメントをくださった皆様本当にありがとうございました。

 今日からまた、B級以下に精進していきますので、

 改めてよろしくお願いします。(*_ _)ペコリ

 


 あと、アクセス数が落ちなかったのも感謝しております。

 ありがとうございます。<(_ _*)>


 
 回復、一発目がコレでございます。

 結構迫力のあるジャケットでしょ?(o^∇^o)ノ

 実はこのジャケットに惹かれて、レンタルしました。

 

 もちろん、ジャケット裏の解説なんか、

 見てもいません。( ̄‥ ̄)

 

 あ、勘違いしないでくださいね。

 なんたって、アルバトロスじゃありませんから

 ジャケットと中身はほぼ一致していますよ。(´m`)クスクス

 

 兵士は出てくるし、

 あんな感じの大きさの恐竜が出てくるし、

 あんな町並みも出てきますよ。

 

 ちょっと安心できましたか?

 ちなみに、中身はこんな感じでしたよ。(*゚▽゚)ノ

 

 
 リアリティに欠けた、スターウォーズみたいな大きな宇宙船が出てきます。

 何でも、どっかの無人惑星からSOSが発信されたので、

 調査に向かってるそうです。

 


 さあ、スタートレックの転送装置のように、惑星に降り立ちました。

 なんと、中世ヨーロッパの城下町です。

 

 この時点でなんか間違えたカナと思ったんですが、

 中の人も驚いてるんで、

 とりあえず安心して見続けました。

 

 降り立ったのは、兵隊と科学者の混成チームです。

 ナレーションの人が言うには、

 陰謀の臭いがするそうです

 

 言われないと分かりませんでした。( ´,_ゝ`)プッ

 


 早速、科学者チームの2名が、

 ふらふらと歩き回ります。

 

 ちらっ、ちらっと恐竜の顔と足のアップが映ります。

 結構リアルに作られています。(≧∇≦)b

 アニマトロニクスってヤツですかね。

 

 当然、早速、科学者1人がガブッとやられ、連れてかれます。

 恐竜は人間の大人くらいの大きさです。

 ペロンとしたCGです。(≧∇≦)b

 アップになるとリアルになります。(≧∇≦)b

 ベロキラプトルってやつみたいです。

 

 アップの時のリアルさを、もう少し活かしてほしいと思うのは、

 やっぱ、贅沢ですね。

 分かってますよ、よくおばあちゃんが言ってました。

 足るを知。(^○^)

 

 さて、ここで3チームに分かれることにします。

 SOS探索、連れ去られた科学者救出、ベースキャンプ設営です。

 

 ちょこちょこと、恐竜の顔と足のアップ挿入。

 

 救出チームは、早速、食べられている科学者を発見します。

 ここで初めて恐竜に遭遇します

 あわてず、騒がず、射殺します。

 

 こいつは何だとか、調べたりなんだりはしません。

 男らしく、さっさと立ち去ります。

 今後のために色々調べたほうがいいと思うのは、素人の浅はかさだったようです

 

 ちなみに、食べられている人は、

 ゾンビ映画並みのグログロで、

 別の意味で楽しませてくれます。(≧ω≦)b

 

 さあ、仲間の仇も討ったことだし、

 帰りましょうか!

 

 え~と、あっ、そうそう、

 SOSの探索に来たんでしたね。

 皆さん、あまりにも淡々と演じられているんで、

 うっかり当初の目的を忘れてしまいました。((^┰^))ゞ テヘヘ

 

 SOS探索チームは、どこに行ったんでしょう?

 あ、いましたいました。

 教会の地下室に入っていきます。

 

 ちらちらと、恐竜の顔と足のアップが挿入。

 

 なんか色々と機械が置いてあります。

 どうやら、この辺からSOSが出ているようです。

 おおっ、無事に任務完了です。

 さあ、帰りましょう。(*゚▽゚)ノ

 

 あっ、まだ、ベースキャンプチームが残ってましたね。

 忘れてました。

 なんか、こいつら、うろうろしているだけですが、

 大丈夫でしょうか?

 

 おおっと、恐竜が襲ってきました。

 ペロンとしたCGです。

 アップになるとリアルになります。

 

 悪戦苦闘の結果、

 1人は上と下に分かれて

 1人は重症を負います。

 

 なんか、さっきも同じようなシーンだったんですけど。

 まあ、いいことにしてあげます。

 

 ちなみに、上と下に別れた人は、

 いい感じのグログロでした。
 
 ここだけでも見応えがあります。(>▽<)b

 

 もう二人も死んじゃったんで、そろそろ帰りましょうよ。

 なんて相談していると、

 宇宙線嵐が起きて、スタートレックの転送装置が使えなくなっちゃいました

 

 ほら、いわんこっちゃない。

 

 とりあえず、城に逃げ込みます。

 

 恐竜の顔と足のアップがチラチラと挿入。

 

 皆でくつろいでると、

 我々は実験体だ、とモノローグが入ります。Σ(゚д゚;)

 

 なんか実験やってましたっけか?ヽ(~~~ )ノ ハテ?

 

 まあ、いいでしょう、コレくらいで混乱してたら、

 B級の普及促進なんてやってられません。

 でも、なんだろう?(゚_。)?

 


 ともあれ、食事をしていると、

 外で見張りをしているやつが騒ぎ始めます。

 

 あわてて、皆で応援に行くと、

 でっかい恐竜が見張りをぱっくり咥えてます。

 ティラノサウルスです。(>▽<)b

 

 なんか、ようやくジュラシックになってきました。

 どんどん出てきてほしいものです。

 望み薄ですが。

 

 自動小銃ごときでは倒せません。

 そこで、先ほど見つけたSOS発信装置が、

 手榴弾ぽいので投げつけてみると、

 ばりばりばり~とピカチュウ並みの10万ボルトを発し

 ティラノをやっつけます。

 

 科学者が、ピュアエネルギーね、

 バッテリーよと解説してくれました。

 

 すいません、よく分からないですが

 やっぱり物理が赤点だと何回聞いても分からないもんなんですね。

 第一、SOS発信機ではなかったんですか?

 

 でも、武器になることは理解できました。

 なので、中の人達は、もっとないか教会へ探しに行くことにしました。

 

 チラチラと恐竜の顔と足のアップが挿入。

 

 え~と、先ほどから、チラチラと挿入というのを挿入しておりますが、

 飽きてきたでしょ?

 見てるほうも飽きてきてます。

 恐竜の出てくる前触れではないんですよ

 

 もったいないんでしょうね。

 せっかくお金かけて作ったんだから。

 それで、出来る限り映してやろうとしてるんでしょう。

 

 ロジャー・コーマン先生に通じるものがありますが、

 思い切りのなさが、涙を誘います。( ´,_ゝ`)

 

 武器を取りに教会に戻るのは、隊長、女兵士、女科学者です。

 なんか色々あるんで物色してると、

 

 なんと!アレが出てきました。

 

 エイリアンです!

 いろんなものを食べるのじゃなくて、

 異星人と書いて、エイリアンです。

 

 カマキリを人間にしたような感じです。

 普通に肩をとんとんと叩いて出てきたもんで、

 盛り上がりもへったくれもありません。

 

 女科学者が、さくっと通訳をしてくれました。

 要するに、恐竜を飼ってたら、

 逆襲されて、皆食べられちゃった、

 俺も年だしもうダメだ、

 ということだそうです。

 

 で、あんたは何するの?

 何しに出てきたの?と思ってたら、

 ばったり倒れて死にました。

 

 なんだったんでしょう?

 

 とりあえず、そんなことはなかった事にして、

 淡々と武器を持って戻る一行。

 

 ところで、先ほどの最大の疑問なんですが、

 女科学者は「サルでもわかる異星人言語CD」を聞いて、

 あの異星人の言葉を覚えたそうです。

 

 しかも、科学者の間では一般教養のようです。

 あっと、え~と、まあいいや、

 そうゆうことにしておきましょう。

 

 さらに、驚くべき真実が別の科学者の口から語られます。

 先ほどのエイリアンとは以前から交流があり、

 今回のこの任務は実地実験で、

 恐竜を兵器に転用することが目的だそうです。

 

 分かりました!“(*`ε´*)ノ

 もう、あーだこーだ言いません。

 好きにしてください。

 B級では、よくある設定なので、

 少々無茶な気もしますが、いいことにしてやります。

 

 この後、教会の地下室の地下にある洞窟から、

 恐竜の巣に行き、

 爆弾で溶岩を噴出させ、巣を壊滅させます。

 

 宇宙線嵐はおさまってませんが、

 スタートレック転送装置で宇宙船に帰ります。


 
 おしまい。

 

 

 恐竜は楽しめない

 シナリオは楽しめない

 映像美は楽しめない

 スピード感は皆無

 ドキドキは楽しめない

 美人もイケメンもいない

 リアリティは無い

 何をしたいのか伝わってこない

 そんな感じです。

 

 そうですね、ジャケットのデザインはいいです。

 レンタル店で見かけたら、ぜひ手に取ってください。

 躍動感とリアリティにあふれ、バックのストーリーを感じさせてくれます。

 

 それ以上は深入りしないほうがいいでしょう。

 

 どうしても見たいという方は、

 恐竜の犠牲者のグログロと、

 アップの時のリアルさが見所です。

 

 あとは・・・ん~と、

 空虚感を感じたければ、オススメです。

 


 あ、あらすじは、恐竜が出てきて、やっつけられます。

 そんな感じです。

 ということで、★3つです。

 

復帰祝いということでぽちぽちっといただけると、ますますうれしいです。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/14 10:00|モンスターTB:0CM:6

歩けるようになりました

 皆さん、心配のコメントありがとうございます。

 一つ一つ返事を書きたいところですが、もうちょっとお待ちください。

 きょうは、いきつけのカイロプラクティックに行ってきまして、何とか歩けるようになりました

 大体直るのに、4~5日のようです。

 様子を見ながら復帰しますので、もう少々お待ちください。

 ネタはいくつか仕入れてますので。
2008/01/11 17:42|未分類TB:0CM:9

ちょっと休みます

 すみません、ぎっくり腰のため、ちょっと休みます。

 

 子供を持ち上げたら、きました。

2008/01/10 19:07|未分類TB:0CM:6

ウォー・オブ・ザ・デッド

〇ウォー・オブ・ザ・デッド(原題ZOMBIE WARS)
本編81分 画面サイズ16:9
監督 デヴィッド・A・プライアー
キャスト アダム・スチュアート、アリッサ・コーエン、ジム・マーロウ、レニー・ピアース、ジョナサン・バディーン

warofthedead1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 今回もアルバトロスです。

 アルバトロスの呪縛からは逃れられないようです。

 まあ、積極的に飛び込んで行ってるとも言いますが。ヽ(*^^*)ノ

 


 

 さあ、このジャケットで中身をどう想像しますか?

 ジャケット裏の解説には、階級制を持つゾンビ!なんてあります。(>▽<)b

 


 いつもいつも、ほんとーにいつも騙されているにもかかわらず、

 子供のように純真な心を持つ、

 まあ、率直に言えば、アホ、なんですが、

 こんな予想をしました。

 

 おおっ!やはり今の流行は武器を持つゾンビか!

 鎧まで着ちゃってるところを見ると、

 こりゃ大掛かりだな。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 ゾンビが将軍の号令行進するんだろうな~

 どんなアイデアを使ってるんだろう。

 楽しみだな~、です。(((o(^。^")o)))ワクワク

 


 なんちゅうか、われながら、

 アホ、ですね。≧(´▽`)≦アハハハ

 


 んなわけないっちゅーねん!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)

 アルバトロスですよ。

 


 ジャケットは、プラネット・オブ・ジ・エイプをまんまパクってるし

 兵士は出てこないし

 鎧は着ないし

 刀は持たないし

 変な黒幕みたいなゾンビは出てこないし、

 えらいこと脱力しました。( ̄◇ ̄)

 

 まあ、ジャケットがまんまパクリな時点で気づけよっ!ちゅー話ですね。(・・。)ゞ テヘ

 

 

 いきなり、猿の惑星のパクリから入ります。

 首をひもでつながれた人間が歩かされています。

 ゾンビに。( ´,_ゝ`)プッ

 

 アルバトロスの担当の人は、

 ここだけを見て、ジャケットを考えたに違いありません。

 すばらしい企画力に脱帽です。∑d(≧▽≦*)

 

 ところで、特別賢いゾンビなのかというと、

 そうではありません。

 皆さん、おなじみのゾンビです。

 

 ただ、ひもを持って、

 のっそりのっそり歩くだけです。

 


 何で逃げないのか不思議なんですが、

 黙って引っ張られています。

 


 あ、ちなみに、50年前に、ゾンビが大発生して、

 人間はかなり追いやられているとの設定です。

 

 当然ですけど、ゾンビ大発生の理由は、

 不明となっています。

 まあ、この辺は始祖も同じですんで良しとしましょう。

 

 引っ張られているのは若くて綺麗な女性ばかりです。

 主人公たちが助けます。

 すると、その夜に、ゾンビたちの襲撃を受けます。

 

 結構ゾンビが出てきます。

 あっちこっちでかじられてますが、

 主人公達も応戦します。

 

 が、しかし、速攻で逃げ出します。

 もちろん、さっき助けた綺麗な女性のうち、

 一番美人だけは連れてくことは忘れません。( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン

 

 どうして、主人公達の居場所を知ったのかとか、

 どうして、ゾンビが集団行動をしているのかとか、

 きっと、階級制という言葉で説明してくれるに違いありません。

 


 一番美人と、一番美人だけを連れて逃げたデイビッドは、

 ゾンビに捕獲されます。

 

 さっき、かじかじされちゃった人たちと、

 どのように違うのかさっぱり分かりませんが、

 ストーリーの進行上、しょうがないんでしょう。

 

 連れて行かれた先は、こぎれいな町です。

 アメリカの開拓時代を想像すればいいと思います。


 
 ゾンビが大量に、のたのた歩いています。( ´,_ゝ`) プッ

 

 誰だか知りませんが、モノローグで色々説明してくれました。

 えーと、ここは農場だそうです。

 ここでは、ゾンビが人間を繁殖させて、

 青年期になるまで育てて、餌にしているそうです。

 

 捕獲してきた人間は、

 人間用の食料を作るのと、

 子作りをすることが仕事だそうです。

 

 んで、ゾンビのリーダーが居るそうです。

 うんがー、うんご、うんごと、

 ゴンタ君より分かりにくいうなり声とジェスチャーで、

 指示らしきものをしているゾンビが、そうだそうです。

 

 
 うーん、すばらしい、これが階級制なんですね。

 

 ところで、ゾンビの皆さん、誰も武器持ってませんが、

 どうして、誰も逃げようとしないんですか?

 

 ところで、ゾンビの皆さん、動作がいつも通り鈍いんですけど、

 どうして、誰も逃げようとしないんですか?

 

 ところで、ゾンビの皆さん、頭部がかなり破壊されてますが、

 どうして、色々と判断できるんですか?

 

 なんてことは、瑣末な問題なので、

 このすばらしい、階級制という設定に酔いしれることにしました

 

 もちろん、人間農場という、

 すばらしい設定にもですよ。

 

 だから、牛やブタと違って、人間は数年じゃ成熟しないんだぞとか、

 つっこんだりしませんよ。

 

 ましてや、眩暈がして、なんか怒りに似た感情を覚えてなんかいませんよ。

 


 B級大好きですから、こんなふざけたすばらしい設定に、

 悲しみの歓喜の涙が流れ出しているだけですよ。

 

 しかも、この後に、

 どんな利益があるのか知らないけど、

 実は、人間農場の設置には黒幕がいて

 そいつは人間で、

 ゾンビをうまく言いくるめて、

 えらいこと手間をかけて、人間農場を作った、

 なんて、ふざけた大どんでん返しがあったって

 

 そんなことをするくらいなら、人間の数を増やして、

 ゾンビ掃討作戦要員にするほうがかなり簡単ジャンなんて、

 つっこんだりしないし、


 
 黒幕の言う、評議会にセリフを発することの無い、

 ただのエキストラが並べられているからって

 怒ったりしません。

 

 こんな、奇想天外でぶっちゃけおかしいすばらしい展開に、

 力が抜けて感動のあまり立ってられませんでした。

 

 さらに主人公のデイビッドがラストで簡単に殺されちゃうからって

 もうちょっと脚本をひねれよなんて、

 言うはずがありませんから。

 

 本当に、力が抜けて感動のあまり立てなくなっただけですから。
 

 
 良い点は、それなりにゾンビが出てくるところかな。

 悪い点は、ゾンビのメイクが首から上だけのところかな。

 そのほかは、もう、すばらしく香ばしくて

 評価のしようがありません

 ということで、★3つです。

 

皆さんも、この感動的な設定に酔いしれてみませんか?ぽちぽちっとご参加を。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/10 10:12|ゾンビTB:1CM:6

ヴァンパイア侍

〇ヴァンパイア侍(原題SHIRA:THE VAMPIRE SAMURAI)
本編86分 画面サイズ4:3
監督 ジェフ・センタウリ、カンツ
キャスト ショナ・ジェイソン、エイドリアン・ズメッド、ジェフ・センタウリ、オーランド・エストラーダ、アンドレ・マッコイ

vanpa1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 久しぶりに、アルバトロスでございます。

 最近、めっきりとご無沙汰だったんで、元気にしているかなと思ってたんですが、

 いつも通り、目いっぱい飛ばしてくれてました。\(^▽^)/

 

 安心しました。(≧∇≦)b

 

 

 あらすじは、え~とですね、あるような、無いような。

 主人公が、敵の親玉を倒します。

 シンプルですね。シンプルイズベストという感じですね。(≧∇≦)b

 


 先にお伝えしておきますけど、

 ジャケットの、わりと美人な感じの女性は出てきません。(ノω`)プププ

 

 出てくるのは、

 ガタイのいい、色黒の、よく言っても熟女、

 せいぜいおばさんといった感じの、

 ツウ好みのおばさんです。(>▽<)b

 

 あ、エキストラの女性も、

 大体同じ感じです。(゚m゚*)プッ

 

 さて、いきなり戦国時代から始まります。

 追いかけられている主人公であるところのおばさん、通称シラ

 

 ついに追い詰められ、敵であるヴァンパイアにかじられます。

 ちなみにこいつら、忍者の格好をしています。

 

 鎧武者も走っています。∑o(*'o'*)o

 

 日本好きなアメリカ人の好きなアイテムを盛り込んだら、

 こんな感じになるという見本ですね。(o^∇^o)ノ

 

 それで、かじられたシラは、

 ヴァンパイアになることを潔しとせず、

 切腹します。

 

 だけど、半分ヴァンパイア、半分人間という、

 ハーフヴァンパイアとして甦ります。

 


 まあ、ここら辺りまでは、頑張ってます。

 あんまり変な日本アイテムは出てきませんし、

 ハーフヴァンパイアというのも、今ではもう常識ですから。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

 


 時は移り、現代です。


 何でか知りませんが、舞台はアメリカです。

 日本でロケなんて無茶は最初からやらない、

 そんな潔さがチャーミングです。v(*'-^*)-☆

 

 コッカらはデスね、

 シラとその愉快な仲間達の、

 棒立ちかつ、気合の入らないチャンバラごっこと、

 シラとマッチョのラブシーンが交互に入ります。

 

 およそ、70分くらいですかね。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

 

 チャンバラごっこは、なかなか見ものです。

 よいしょよいしょと掛け声が聞こえてきそうなトロさ

 本人達は、すばやくかっこいい殺陣だと思ってるみたいだけど、

 なんかもたもたしてて、ひとつもかっこよくない殺陣。

 

 剣を振るう時に、棒立ちで、片手はぶらぶら、

 相手と打ち合うときは、怖いんだか、へっぴり腰になってるし、

 それでもって、何でか最後は勝っちゃうんですよ。

 

 ラブシーンは、ちょっと勘弁してほしいです。

 ツウにはウハウハなんでしょうが、

 ガタイのいい、色黒のおばさんが、色気出しても、

 気持ち悪いだけです。ε- (´ー`*)

 

 まあ、一種の拷問ですね。

 

 それから、敵のボスが、クリストフというんですけど、

 必ず、女をはべらせて登場するんですね、

 それがまた、美人ばかりなんですよ

 

 どうせ、殺陣も出来ない、色気がちょっと間違っているおばさんを出すなら、

 この美女達のどれかを主人公にすれば、だいぶ客が付くと思われます。

 

 

 


 チャンバラごっこをしている内に、

 消耗戦になってきたんで、

 色黒おばさんことシラ愉快な仲間達が、

 クリストフのアジトにカチコミをかけます。

 


 あ、そういえばですね、

 クリストフが何をしたいかというと、

 シラとクリストフの子供は、

 日光に当たっても平気なヴァンパイア、通称ディウォーカーとなることから、

 シラを捕まえて、子供をこしらえて、世界征服をしたいそうです。(*^m^)o==3プッ

 

 そんな子供が出来たら、真っ先に自分が始末されそうな気がしますが、

 1000年も生きているクリストフは全く気にしてません。

 まあいいですけど。ヾ( ´Ω`)ノ フッ

 

 シラの愉快な仲間達がカチコミをかけた時には、

 そうゆうワケで、シラはクリストフにつかまっております。

 

 ここで、予想されうる展開は、

 つかまっているシラを目の前にして、

 愉快な仲間達が戦い、シラを助け出し、

 力を合せてもいいし、シラ1人だけでもいいけど、

 クリストフを倒し、大団円

 


 でも、さすがアルバトロスです。

 そんなゲスのかんぐりはお見通しです。

 いつも通り、トリプルアクセルをかけて、

 なおかつ失敗してくれます。o(TヘTo) クゥ

 


 なんと、あっさり、種付けに成功します。

 あのおばさん相手によくやったもんだと思いますが、

 1000年も生きてると精神力も凄いものです。

 

 んで、すぐに受精に成功したので、

 受精卵をチューと吸いだします。

 

 受精卵をどうすると思います?

 当然、どうもしませんよ。( ´艸`)ムププ

 この時点で、この作品の根幹を成す設定は放棄されます。

 

 おじさん、またやられちゃいましたよ。(*´σー`)エヘヘ

 


 もう、かなり、どうでも良くなってきてますが、

 今後の展開はこうでした。

 

 ツウ好みの熟女、通称シラは、

 どうやってか知りませんが、縛めを解き、

 愉快な仲間達の加勢に向かいます。

 

 すると、ラブシーンを演じていたマッチョが、

 クリストフにぐっさりとやられてしまいます。

 それを見たシラは悲しみにくれます

 

 見ているこっちも涙がでました。

 退屈であくびをしたからですけど。( ´,_ゝ`) プッ

 

 この時点で、シラとクリストフしか生き残ってませんから、

 最後の対決が始まります。

 


 実はシラは、ヴァンパイアを一撃で倒せるという、

 伝説の刀を授けられています。

 さあ、今こそ、伝説の刀の出番です。p(・∩・)q

 

 根幹を成す設定を無視しちゃうくらいなんで、

 そんな伝説の刀は無かった事になってます。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

 

 マッチョの武器を手に対決します。

 へっぴり腰のチャンバラごっこを、

 モタモタトロトロやってます。

 

 どちらもとろいため、

 なかなか決着が付きません。

 さあ、どうするか!

 

 どっからか日光がさしてきて、

 クリストフが、スーファミ並のCGで爆発します。( *´艸)( 艸`*)ププッ

 

 すると、

 色黒で、ツウ好みの熟女おばさんこと、シラのアップになり、

 私はまだ戦うとかなんとか、独白が入り、

 おしまい。┐(´-`)┌

 


 盛大なチャンバラを期待してもためが出てきますし、

 ジャケットのような美人を期待すると、盛大に裏切られるし

 せめてジャケットのようなコスプレを期待すると、そんなの出てこないし

 

 これの良いところといえば

 B級であるところだけという、

 今回もばっちり★3つの好成績でした。

 

シラより、ジャケットの美人がいいと思う人、いらっしゃったらポチぽちっとしていただけると、アルバトロスに抗議しておきますんで。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/09 10:10|ヴァンパイアTB:0CM:6

巨大毒蟲の館

〇巨大毒蟲の館(原題INSECTICIDAL)
本編82分 画面サイズ16:9
監督 ジェフリー・スコット・ランドー
キャスト ミーガン・ヘファーン、ランダ・デント、サマンサ・マックレオド、ライアン・ジウィック

毒虫

【レビュー】★★★(★3つ)
 レンタル店の棚を物色していると、いつも目に入ってくるのは、

 なんとかオブザデッドとか、なんとかゾンビです。

 見るというより視るという感じですね。

 選択的に、好みのものだけが知覚される感じです。

 

 この作品は、ベストモンスタームービー賞を、

 米ファンゴリア誌で受賞したとあるので、

 ついつい手にとってしまいました。(*゚▽゚)ノ

 

 権威に弱い庶民として当然の反応ですね。

 まして、ファンゴリアですから、もう折り紙つきです。

 えー、もちろん、即座にレジに行きましたよ。(≧∇≦)b

 

 じゃなくて、なところがちょっとひねってあって素敵ですしね。( ̄0 ̄)/

 

 

 あらすじは、巨大な蟲が出てきて、やっつけられます

 タイトルから連想される、まさにそのまんまです。

 


 いきなり、コトをイタしてるアメフトにいちゃんとまあ美人の姉ちゃんが出てきます。

 姉ちゃんはジョシーといいます。


 
 最初の見せ場ですね。

 ここでつかもうという魂胆です。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

 

 まあ、しょうがないんで、つかまれてやりました。┐(´ー`)┌

 あ、つかまったんじゃないですよ、

 つかまれてやったんですよ。(。・ε・。)

 

 すると、この手の映画にしては金のかかってそうなCGのサソリが出てきて、

 見つかってささっと逃げます。

 

 CGサソリにもつかまれました

 アレくらいのCGで巨大化するのであれば、

 及第点をあげてもいいでしょう。(≧∇≦)b

 


 実はこのサソリ、主人公であるカミ

 めがねっ子で虫おたくのペット兼研究対象です。

 

 すいません、カミにもかなりな勢いでつかまれました。∑d(≧▽≦*)

 結構かわいいです。∑d(≧▽≦*)

 

 あ、カミさんには内緒ですよ。(;´▽`A``

 ばれたら、どころかが危険ですんで。(;´Д`A ```

 

 それはさておき、

 お楽しみを邪魔されたジョシーたちは、

 カミの部屋へ行き、飼っている虫へキンチョールをブシュー

 

 全殺し、4匹くらいですけど、します。

 


 つかまれっぱなしなので、ここら辺りから、

 気を引き締めます。<o( ̄^ ̄)o>

 

 あ、ここは大学の女子寮なんです、

 女子寮という割には5-6人しか女子が居ませんが。

 

 寮の庭におっきいバスタブを設置して、

 お風呂で水着パーティーを開催しております。


 
 水着の金髪ねーちゃんたちがごろごろしています

 つかまれてしまいました。テヘヘッ(*゚ー゚)>

 

 いかんいかん、今気を引き締めたばかりです。

 こんなことでは先が思いやられます。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 続いて、ぴちぴちのショートパンツで、

 演舞の練習をしている中国女です。

 ふ━━( ´_ゝ`)━( ´_ゝ`)━( ´_ゝ`)━━ん

 

 すいません、急に冷めてしまいました。

 あっ、見た目がアレだからじゃないですよ、

 今気を引き締めたばかりだからに決まってるじゃないですか。

 やだなー、もう。(´⊆`*)ゞテヘヘ

 

 続いて、おっぱいの大きいねーちゃんのシャワーシーンです。

 イヤ、今気を引き締め。。。た。。。。。ばか。。。。り。。。

 う~ん・・・( ゚ ρ ゚ )

 

 

 

 

 あ~もう終わっちゃいました。

 残念です。

 


 終わり方はこうでした、人間の大人くらいのでっかいサソリが出てきて、

 めったざしにして、がぶがぶと食べちゃうんですよ。

 イヤ結構いいCGでしたよ。

 


 全く興ざめですよ

 いいところで水をさすんですから。(`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!

 

 ところで、次のシーンはまだですかね。

 え?サソリ?

 これはお色気ムービーでしょ?何言ってんのもう。

 サソリは、刺身で言えばつまみたいなもんです

 無視しましょう。(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン

 

 さあ、次へレッツゴー!ρ(⌒-⌒。)ノ

 

 お、今度もまたシャワーシーンです。

 げっ、男でした。

 そんな趣味はありません。勘弁してください。

 

 あっ、ジョシーが裸できました。

 イタしはじめました。

 こう来なくっちゃ、この映画の存在意義がありません。(>▽<)b

 

 ところで、足元にはさっきの女の食べかすがごろごろしてるんですが

 気付かないんですかね?

 きっと、2人してド近眼なんでしょう。

 まあ、たいしたことじゃないので、どうでもいいです。

 


 一瞬、体長10メートルはあろうかというカマキリが出てきて、

 外にいた知らない男をぐっさりやっちゃいます。

 

 刺身のつまがずいぶん大きいですが

 どうでもいいことなのでスルーしましょう。

 あ、CGは結構いいほうだと思いますよ。この手の映画では。(o^∇^o)ノ

 

 次はなんでしょう。楽しみですね。

 次はカミのお姉ちゃんです

 似ても似つかない、金髪のおっぱいが特別大きい美女です。

 

 がっつり、つかまれました。∑d(≧▽≦*)

 

 カミの部屋で話しをしているというのに、

 お姉ちゃんばかりが映ります。

 嗜好がよく分かってらっしゃるカメラマンのようです。

 


 姉ちゃんをじっくりと映した後、

 今度はSM風にコトをイタしてるカップルです。

 これはちょっと苦手です。


 でもまあ、せっかくなんで、つかまれてあげましょう。

 

 なんか知りませんが、でっかいヒルみたいなのが出てきて、

 2人の顔をチューチュー吸いました。

 大人の顔を完全に覆うくらいの大きさです。

 

 オームの生まれたての幼虫のような感じです。

 グロさはなかなかのもんです。

 

 さっきから、お色気ムービーらしからぬ刺身のつまが出てきて、

 目障りなこと、この上ありません。

 ホント邪魔ですね。Σ(`Θ´)=3

 

 まあ、広い心で許してやって、

 次はなんですかね?

 

 カミが変な粘液を見つけ、タオルで拭いてると、

 ジョシーがやってきて、そのタオルで体を拭きました。

 

 イヤ、こんなのはどうでもいいんです。

 次のお色気シーンはまだですか。“(*`ε´*)ノ彡☆

 

 今度は、外のお風呂です。

 カップルがいちゃついてます。

 例によって、コトをイタそうと準備をしています。

 

 男のほうがしょんべんに行きます。

 

 その間に、女のほうが、お色気を色々振りまいてくれます。(>▽<)b


 振りまいてる間に、男がでっかいカミキリムシに顔を噛み砕かれます。

 CGには及第点をあげましょう。

 

 しかし、だんだん、刺身のつまがでっかい顔をするようになりました。

 

 お風呂の女がまだ、お色気を振りまいてくれてます。

 なかなか分かってらっしゃる方のようです。(>▽<)b

 あっ、後ろからでっかいカマキリが現れました。

 

 女は見つけて、キャー!

 寮の中にいた女たちは全員、窓に駆け寄ります。

 血だらけの女が窓に走りより、

 追いかけてきたカマキリが、ぐっさぐっさとやります。

 窓には血がばちゃばちゃとかかります。

 

 まあ、こうゆうのもありですかね。

 なんか、そろそろお色気シーンが出にくい状況になりつつある感じがします。

 

 この後はデスね、

 でっかいタランチュラと、でっかいカブトムシと、でっかいカミキリムシと、でっかいサソリが、

 まあ、色々な手段でぐちゃぐちゃになるまでやっつけられます。

 本筋ではないので、あまり気にしないでください。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

 カミのかわいさと、カミのねーちゃんの巨大なおっぱいが、

 その間に楽しませてくれます。(≧∇≦)b

 

 最後に、体長10メートルはあろうかという、

 でっかいカマキリがいつの間にか体長2メートルくらいになってやっつけられます

 

 その間は、カミのかわいさと、カミのねーちゃんの巨大なおっぱいを楽しんでください。(≧∇≦)b


 
 あ、すいません、後ですね、ジョシーが何かに寄生されているそうです。

 一番最後に、ゾンビみたいな顔になったジョシーがやっつけられて、おしまいです。

 

 その間は、カミのかわいさと、カミのねーちゃんの巨大なおっぱいを楽しんでください。(≧∇≦)b

 

 お父さんは通して、ムシキング好きの子供は後半に

 一回で2度美味しい、お色気ムービーでした。

 名は体を表しませんね。

 

 最初にお伝えしたあらすじと違いますが、

 気にしないでくださいね。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

 あ、それから、虫が巨大化する理由は不明です。

 まあ、こんなの見る人は気にしないでしょうけど

 

一粒で二度美味しいですんで、ランキングのほうも2回、どうですか? (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/08 10:03|モンスターTB:0CM:4

地獄の変異 THE CAVE

地獄の変異パイパー・ペラーボ (2007/02/21)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る【監督】ブルース・ハント【出演】パイパー・ペラー、ポコール・ハウザー モンスターパニックアドベンチャーの秀作お勧め度:★★★★☆97分 内容 メーカー/レーベルより ルーマニア・カルパチア山脈奥深く、永きに渡り封印された巨大洞窟が発見された。早速、世界的探検隊が探索を開始し、順調に地下深くを進んでゆく。し...
地獄の変異 THE CAVE

2008/01/07 20:36|未分類TB:0CM:3

ミートマーケット 地獄からの脱出

〇ミートマーケット 地獄からの脱出(原題MEAT MARKET3)
本編80分 画面サイズ16:9
監督 ブライアン・クレメント
キャスト ブラウニー・リン、マイク・ホーディ、チャック・ディパーピィ、デブラ・フリーズン、マイケル・フォーレル、ビル・チェスト

n_635jvdd1338ps.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 WOWOWで行こうと思ってたんですが、

 ゾンビが切れてきたので、ゾンビを補給するために、

 命がけでレンタル屋に行って来ました。

 

 イヤー、久しぶりに、

 頑張って、頑張って、頑張ってるんだけど

 全てが空回りしている、

 そんなB級らしいB級に出会いました。(≧∇≦)b

 

 しかも、原題を見るとパート3なんですよね。

 つーことは、パート1と2があるんですよね

 ちょっと調べてみたら、イヤ、実に香ばしい内容のようです。

 

 それぞれが、独立しているようなんですが、

 イヤもうなんていうか、凄いですね。

 必ず見たいという気にさせてくれますね。( ´艸`)ムププ

 

 

 さて、今回の作品ですが、

 あらすじは、ゾンビが大量発生した街で、空き家に避難した夫婦が、無事に脱出できるのか!という感じ・・・・

 


 かと思ってたら3回転半ひねりを加えて、顔面から着地して、頭蓋骨骨折の大怪我って感じです。

 

 

 

 さあ、始まりました。

 避難しようとする女性。

 ドアの隙間からゾンビの手が入ってきて、

 女性のTシャツをペロンとめくり上げます。

 おっきいオッパイがポロ~ン。(>▽<)b

 

 もう、つかみはばっちりですね。

 コレで、停止ボタンを押す人はいないでしょう。(>▽<)b

 


 押しそうになりましたけど。(*^m^*) ムフッ

 

 あ、ちなみに、この後おっぱいは、

 一回しか出てきませんので、あしからず。

 この女性も本筋に何にも関係ありませんし。

 


 ゾンビがあっちこっちで発生し、

 壊滅状態の街。

 あっちでもこっちでも、

 内臓を引っ掻き回されている人が居ます。

 

 いや~いい光景です。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

 この光景に飢えてたんですよね。

 少し、飢えが充たされました。O(≧▽≦)O

 

 ちなみにゾンビ化は、

 伝染病ということになってますが、

 めんどくさいんでそんな設定は無視します。(・・。)ゞ テヘ

 

 主人公となるカップルが出てきます。

 空き家に避難します。

 


 ドアの外にゾンビが殺到し始めました。

 近くのタンスを重しにして、開かないようにします。

 

 用心のために、女が男にバールを渡し、

 自分はバットを持ちます。

 自分のほうが攻撃力の高い武器を持つ、

 女のセンスが大変いい感じです。(≧ω≦)b

 

 一段楽して安心したのか、

 この状況下で2人して居眠りし始めます。

 たいした根性をしてます。

 


 目を覚ますと、家捜しをすることにします。


 で、何をするかというと、
 
 男は電話をまさぐり始めます。(゚◇゚)~

 どうやら通じないと分かると、

 隣の台所へ行き、そこの電話をまさぐり始めます。(゚◇゚)~

 

 何をしたいのかがよく分からないんですが、

 電話フェチでしょうか?(?_?)

 

 そんなことをしている内に、

 家の中に居たゾンビが後ろから忍び寄ってきます

 

 家の中に居たんなら、

 もっと早く出てきてもいいようなもんですが、

 始まったばかりだし、まあ良しとしましょう。

 

 押し倒されて、かじられそうになりますが、

 女がバットで殴打して助けてくれます。

 

 今度は2-3匹ほど裏口を開けて入ってきました。

 ドアを開ける知能があれば、

 正面玄関からも入ってきそうなもんですが、

 どうなんでしょうね。

 

 今度は抵抗しないで、

 今まで居たリビングに逃げ込み、

 台所のドアを板で打ち付けてしまいます。

 

 どっから、板と釘ととんかちを出したか知りませんが、

 こういったことだけは用意周到です。┐(´ー`)┌

 

 で、疲れたのか、また居眠りしてます。

 隣の部屋にはゾンビが居るというのに、

 たいした度胸です。

 

 目を覚ますと、窓から日が差し込んでいます

 夜が明けたようです。

 ぐっすり眠れたようです。

 

 男が今何時だと聞くと、午前9時だそうです。

 それなら明るくなってるのも分かりますね。

 

 何で太陽が出ていないんだ?

 

 え?窓から差し込んでいる軟らかい光はなんなんですか?

 よくわかんないですけど、しょうがないんで、

 外はまだ暗いということにしといてあげましょう

 かわいそうですから。(-公- ;) チッ

 

 全く、もう!

 さっきからこのリビングから一歩も話が進まないじゃないですか!

 

 また、居眠りを始めました。

 ホントに緊張感の無いヤツらです。

 ちょっと会話するとすぐ眠るヤツらです。

 

 目が覚めると、早速ケンカを始めます。

 ずっと閉じ込められているんで、いらついてるんでしょう。

 

 男は、この役立たずが!ビッチ!アスホール!ファックユー!と、

 ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせます。

 

 当然、反撃します。

 金的をゴン!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 もんどりうって倒れます。

 

 どう見ても八つ当たりだったので、

 いい気味です。

 とても痛そうですが。(-ι- )

 

 外を見ると、警官がゾンビにかじられそうになっています。

 警官を助ければ、銃や無線が手に入りますから、

 助けようということになります。

 

 そうこうしている内に、1人はかじられ、

 もう1人が助けを求めて玄関まで来ます。

 

 せっかく、銃と無線が自分から来てくれたんで、

 助けることにして、迎え入れます。

 


 ここまで、ゾンビがチラチラとしか出てきません。

 ちょっとまだ、ゾンビゲージがフルになりません。

 

 警官は、既に首筋をかじられてて、虫の息です。

 ネクタイで血止めをします

 イヤ、タオルとかもっとちゃんとした布を使いましょうよ。

 

 しかも、こいつ手のひらで抑えてやればいいのに、

 指で傷口をぐりぐりしちゃうし。


 そんな手荒な介抱の甲斐あり、

 あっという間に死んじゃいます。


 んで、当初の目的である、銃と無線をいただきます。

 

 無線を使うと警察と通じました。

 私達はマイクエリカ夫婦よ。


 
 ただいま、新しい事実が判明しました。

 こいつら夫婦だったんです。

 名前も今やっと分かりました。

 

 だって、今まで名前で呼び合わないんですもん、

 おかげで男と女なんて呼称しか使えませんでした。


 しかも夫婦だなんて言われないと分かりませんでした。

 

 さて、生き残ってるのは通信係のダナという女性だけでした。

 

 さあ、協力して窮地を脱しなければなりません。

 まず、聞かなきゃないことは・・・

 どうしてこんなことに、なにがあったんだ!

 そうそう、まずは根本原因を追究して・・・・(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 

 いやいや、そんなことは後でいいんです。

 今は助かるための情報が必要なんです!

 

 何で日が昇らない!

 そうそう明るくないと・・・・(゚ー゚)(。_。)ウンウン


 いやいや、そんなことを聞いてもどうにもなりませんから、
 
 今はこうもっと、最寄の避難所が無事かどうかとか

 助かるための情報を集めましょうよ!

 

 今から外のパトカーに銃を取りに行くわ。

 15分して戻らなかったら失敗したと思って頂戴。

 

 それは、無線でわざわざしゃべる必要のあることでしょうか?

 さすがにイライラしてきました。


 挙句の果てには、

 ちょっとあんた、早く電源切りなさいよ、電池もったいないでしょ。

 はい!ぱちっ。

 

 さっきの金的アタックが効いたのか、

 マイクはやたらと素直です。

 

 どうやらただおしゃべりをしたかったみたいです。 ┐(´ー`)┌

 

 でもまあ、とりあえず、外に銃を取りに行くことにします。

 オレは銃で、お前はバットな。

 先ほどのバールの仕返しか、今度は男が攻撃力の高いほうを取ります。

 

 よーし行くぞ、いいな

 ちょっと待って、深呼吸を。(-"-;)ムム

 

 よし、いいか、1、2の3で行くぞ。

 いいな。

 ちょっと待って、心の準備を。o(-"-;)プルプル

 

 また、イライラしてきました。

 ここで、時間を稼ぐ必要が、演出上あるんでしょうか?

 絶対に無いと思いますが。

 

 とにかく外に出ました。

 近くの敵は手で押し返し、

 まだこちらに来そうに無い遠くの敵は銃で撃ちます。

 

 (-_-;ウーン、やることが逆なように思ったのは、

 これまでの展開に疲れてきているせいかもしれません

 

 どうにかパトカーにたどり着き、

 銃を探すと、ありません。( ̄_ ̄ i)タラー

 マイクはあっさり、退却だ!と逃げ出します。

 それまで、バット1本で充分にゾンビを防いでいたエリカも退却します。

 

 銃はとりあえず1つ持ってんだから使えばいいと思うでしょ。(*゚▽゚)ノ

 

 ジャムっちゃったそうです。(゚m゚*)プッ

 

 今まで数多くのゾンビ映画を見てきましたが、

 銃がジャムって退散というトホホな理由は初めて遭遇しました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 


 バットでも充分応戦してたんで、

 そのまま別の場所をめざして走ったほうがいいような気がしますが、

 また元の家に戻って、リビングにこもります。

 

 すると、さっきの警官がゾンビとなって甦ります。

 そして、マイクの首筋にガブリ。

 エリカがバットでがっこんがっこんして助けます。

 

 残念ながら、首からぴゅーぴゅー血が噴出しています。

 すると、急にアイラブユーとかマイスイートハニーとか、

 いい始めます。


 
 さらに、楽しかった思い出が、

 8ミリフィルム調で流れます。

 

 さっきまで、なにかっちゅーとケンカばっかりしてたくせに、

 正直、突然すぎる展開です。

 

 しかも、5分くらいアイラブユー、アイニージューとかやってます。

 うんざりです。

 全く感情移入できません。

 

 いいから、早く死ねと思ってると、

 ようやく死にました。

 やれやれです。

 

 しばらく落ち込んでましたが、食料を持って脱出することにします。

 オッと忘れてはいけません。

 マイクはゾンビーとなりますんで、

 

 上半身は簀巻きにして、

 足もグルグルと縛っておきましょう。

 

 さっきまでアイラブユーとかやってた割には

 冷たい仕打ちですが、

 まあ、こんなもんでしょう。(´ー`)┌

 

 ところでまだリビングから外に出ません

 そろそろ、何とかしてほしいです。

 

 閉塞空間というものの解釈を間違えているとしか思えません。

 

 とにかく、エリカは食料調達のために、台所へもう一度向かいます。

 意を決して飛び込み、

 そこに居たゾンビを裏口から手で押し出します。

 

 女1人でそんなことが出来るんなら、

 マイクと2人でやれば簡単に出来たんじゃないでしょうか?

 ホントにイライラするヤツらです。

 

 どうにかこうにか食料をかばんに詰めたところで、

 裏口をやぶってゾンビが入ってきました。

 2階からゾンビが降りてきました。

 

 何で今頃になって、2階から降りてくるのかとか、

 裏口を破って入ってくるくらいパワフルならもっと早くやれよとか

 色々つっこみたいんですが、

 たくさんゾンビを見れたんで、いいことにしてやりました。ヽ(´▽`)/

 

 それで、またリビングに逃げるかと思いきや、

 今度はトイレに逃げ込みました。

 

 次の展開にもびっくりしました。

 あろうことか、っていっちゃあれなんですけど、

 生理が始まったそうです。

 

 この手の映画で生理がどーたらというのは、初めてです

 どう対処していいのか不明です。

 

 しかも、タオルを裂いて、ナプキン代わりにしちゃいます。

 よく知らないんですが、そんなもので代わりになるようなもんなんでしょうか?

 

 イライラを通り越して、眩暈がしてきました。

 

 

 んで、このへんから、この映画がただの映画でないことを示す、

 怒涛のような展開が始まります。

 あんまり期待しないでくださいね。

 

 無線から、マイクの声が聞こえてきます。

 君は周りの人間に暴力を振るったんだ。

 さあ、そこから出てきてすぐに病院に行こう。

 ダナなんて居ないんだ。君が作った幻だよ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

 はっと気が付くと、無線からはダナの声が聞こえてきます。

 寝不足で幻聴でも聞いたのよと慰めてくれます。

 たっぷりと寝てるはずなんで、そんなことは無いと思いますが、

 まあいいです。

 

 いつまでもこうしててもアレなんで、窓から外に出ます。

 ようやく広い場所に出ることが出来ました。

 

 ここで、両腕の無い、大きなおっぱいのゾンビが一瞬出てきます。

 おっぱいの出るのはここでおしまいです。

 なんならここで停止ボタンを押しても構いません。

 

 つーか、押すことをお勧めします。

 ここから先は、ドグラマグラです。

 

 そして気付くと

 普通の世界で、エリカは警官2人に囲まれていて、

 マイクが、バットを捨てて病院に行こうと説得してますΣ(゚□゚(゚□゚*)

 

 エリカが目を閉じて再び開けると、

 元のゾンビ世界です。Σ(゚□゚(゚□゚*)

 

 釈然としないながらも、バットを握り締め、

 そろそろと進んでいきます。

 すると、ひょいと現れたゾンビが、

 バットをひょいと持って、

 ひょいと居なくなります。

 

 もしかして、バットを奪うためだけに出てきたんでしょか?

 演出上どんな意味があるのかさっぱり分かりません。

 

 ゾンビがだいぶ群がり始めたので、

 経血の付いたタオルを放り投げて注意を引き、∑( ̄ロ ̄|||)

 その間にパトカーに近寄り、

 パトカーを奪います。

 

 パトカーを奪う時も、別に銃いらないジャンという展開で、

 経血のついたタオルにいたっては、

 もう何も言う事はありません。

 

 後でカミさんにコメントを求めておきます。

 

 パトカーで、ダナを助けに行きます。

 ちょっと居眠り運転をすると、

 今度は救急車で運ばれています。(゚ロ゚;)エェッ!?

 

 んで、はっと目を覚ますと、パトカーを運転しています。

 なんか、だいぶ置いてけぼりを食らっている気がしてきました。

 

 ダナに連絡すると、警察署の隣のビルから、

 屋上伝いに来るほうが安全だということで、

 隣のビルに行きます。

 

 パトカーを降りると、

 さっきまで居なかったのに

 大量のゾンビが群がってきます。

 

 ようやく、ゾンビ映画らしくなってきました。

 さあ、反撃して、スカッとさせてください。(゚▽゚*)

 

 ダッシュでビルに逃げ込みやがりました。

 全くどいつもこいつも役に立ちません。


 
 ゾンビゲージが全然上がりません。

 

 とにかく、屋上へ駆け上っていきます。

 

 おっと、ここで気が付きました。

 ゾンビども、顔は入念にメイクがしてありますが、

 首から下は何にもしてありません。

 素肌です。

 

 見えないと思ってんでしょうか?

 演出にもがっかりですが、

 メイクのずさんさにもがっかりデス。

 

 、って、で、て使うのが多いな。

 行頭に力を込めないとなかなか先に進めないんですよ。

 ホントに力が抜けました。今回は。

 

 んで、屋上に行きロックすると倒れこみます。

 はっと気が付くと、またあの空き家のリビングにマイクと一緒に居ます。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 外では軍がゾンビを掃討しています。

 

 家の中に軍が突入してきて、

 マスクマン、プロレスラーですね。と、

 昔は綺麗だったと思わせる年増女が入ってきます。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 もう大丈夫よ。

 

 もうね、ゾンビ映画を見たいんですよ。

 ミルマスカラス対何とかとか、

 ヴァンパネラとかは、ちゃんと単品で見ますから。(T人T)

 

 目が点になるとはこのことです。

 何が起きてるのか全く解釈できません。

 

 あっ、そっか、ここにいたっても、

 何とか納得する解釈を得ようとしている方が間違ってるのかな?

 

 はっと気が付くと、

 ビルの屋上に倒れこんで、

 お日様がさしています。

 

 ダナに連絡すると、

 なんか、万事オッケーみたいなことを言ってます。

 

 恐る恐るドアを開けると、首から下はノーメイクのゾンビが、

 みんな倒れています。

 街中の、首から下はノーメイクなゾンビが倒れています。

 

 んで、また、はっと気が付くと、

 普通の世界で、リビングにぼーと座っているエリカ。∑( ̄[] ̄;)!

 医者が、家の中で1人で居るうちに他人への恐怖が増大したんだ、

 入院の必要は無いよと、マイクに説明をしています。

 

 はっと気が付くと屋上です。

 ホントにもう、ワケが分かりません。

 とにかくあるがままを受け入れることしか出来ません。(T△T)

 

 で、警察署に行くと、動かなくなった、

 首から下はノーメイクのゾンビをぼりぼり食べてるやつが居ます。

 ダナです。

 

 お腹が減ったんで、と言い訳します。

 なんか、ここで複雑な感情を表情で表現したいようでしたが、

 ただあたふたしているだけで何も伝わってきません。

 

 よく言われるんですが、他人をおもんぱかる能力が低いせいだと思います。

 

 で、エリカは撃っちゃいます。

 はっと気が付くと、また空き家のリビングにマイクと一緒に居ます。Σ( ̄Д ̄;)

 先ほどと同じことが繰り返されます。

 軍がゾンビを掃討してて、空き家に突入してくるのです。

 

 エリカが叫びます。

 何が起きてるのか分かったわ!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

 

 えっ、本当ですか?!ぜひ教えてください。

 お願いします。イヤ、マジで、お願い。

 お金なら払いますんで。頼みます。m(._.)m

 

 ちょっと、泣きが入ってきたんですが。(T人T)

 

 マスクマンが出てきて、

 アズール様の登場だ。

 昔は綺麗だったと思わせる年増女が、

 エリカ私の話しを聞いて、と言った時に、


 エリカが目を点にしたんで、

 エリカから教えてもらうことは諦めました。(ノ_-;)ハア…

 

 エリカの独白が始まります。

 私は1人じゃない。

 そんなはずはない。

 もし私が最後の人間なら生きてく意味はあるのか。

 そんなのないわ。

 

 さっきまで、目が点だったんですけど、

 目が丸くなって、回ってきました。

 そろそろ解放してほしいです。(ノд-。)クスン

 

 はっと気が付くと、

 エリカはヘッドギアをして、
 
 手術台のようなところに寝かされています。Σ(゚д゚;)

 

 医者風な2人がそばに居て、

 人間に諦めを植え付ければ、

 すぐに死者の世界が訪れる。

 へっへっへっと笑っています。Σ(゚д゚;)

 

 もう、なんてゆうか、

 ホントについてけません。(T_T)


 
 さらに、シス卿みたいなのも出て来ました。(T_T)

 

 何をどうしたら勘弁してもらえるか、

 真剣に考えはじめました。

 

 すると、エリカはぱっとヘッドギアを取り去り、

 さっと手術台の上に立ちます。

 衣装はボンテージです。!!(゚ロ゚屮)屮

 

 そして、背中から出した刀で、

 医者風2人の首をモタモタと切り飛ばします。

 充分よけれるスピードでしたけど。( ´,_ゝ`)

 

 それを見たシス卿、

 目からビリビリ~と、

 高校生が趣味で作ったような光線を出します。

 

 あの~、もしかして、こっからまた、

 わけの分からないエリカの大冒険が始まるんですか?

 僕、もう大人なんで、お金で解決できることはその線で行きたいんですが、

 いくら払えば許してもらえますか?

 という感じになってきました。

 

 エリカの顔のアップになり、

 シス卿に飛び掛ろうとするところで止まり、

 エンドロールです。

 

 やりました!

 ついに終わりました!\(*T▽T*)/ワーイ♪

 

 なんていうか、久しぶりに充実した戦いでした。

 お前が倒れるか、俺が倒れるかという非常に厳しい競り合いでしたが、

 何とか勝利を収めることが出来ました。∑d(≧▽≦*)

 

 パート1、パート2も制覇してやらなければという気持ちを新たにしました


 
 ということで、文句なしの★3つです。

 

 ちなみに、マスクマンと昔は綺麗だったと思わせる年増女は、

 パート2に出ているみたいです。

 

この厳しい戦いに、ひと時の安らぎを。ぽちぽちっとしていただけると、体力が回復しますんで。 (;^_^A

にほんブログ村 映画ブログへ

2008/01/07 10:00|ゾンビTB:1CM:13

ザ・ダーク

〇ザ・ダーク(原題The Dark)
本編93分 画面サイズ16:9
監督 ジョン・フォーセット
キャスト マリア・ベロ , ショーン・ビーン

ダーク

【レビュー】★★★(★3つ)
 今回もWOWOWでございます。

 ホントに寒くて、家の外にでたくありません。

 家の前の道路なんか、アイスバーンじゃなくて、ミラーバーンになってます。

 

 雪国の人じゃないと分からないかと思いますが、

 仕事とか、どうしても家の外にでなければいけない用事のとき以外は、

 車を運転したくない状況です。・゚・(ノ∀`;)・゚・

 

 子供達は、元気に外で凧揚げをやってますが、

 いい年したおっさんは家の中でごろごろしております。

 

 WOWOWネタが尽きた時に、

 レンタルにいけるかどうか非常にやばい雰囲気です。

 そん時は、雪が溶けるまでお休みをいただきますんで、

 よろしくお願いしますね。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 


 あらすじは、離れて暮らす父に会いに来た、母娘だが、娘が姿を消してしまい、さあ見つかるのか?という感じ。


 タイトルから、あらすじ、内容は全く連想できません。

 

 ちなみに、解説やら他の方のレビューも全く読んでない状況でしたんで、

 まっさらな、綺麗な、子供のような澄んだ・・・

 いや言いすぎました。

 

 先入観の無い状態で、


 まあ、そんな感じで見ました。

 

 


 さて、父ジェームズのところへ車を走らせる、母娘。

 娘は中学生くらいです。

 母はアデル、娘はサラです。

 かなり険悪な雰囲気です。

 

 普段から仲が悪いところに加えて、

 出発前に盛大に喧嘩をやらかしたのが原因のようです。

 

 父の家に着くと、サラは一転、笑顔で駆け寄ります。

 ジェームズも嬉しそうです。(^○^)

 

 よく分かります。

 娘に好かれるというのは、とても気分のいいことです。

 こんなかわいい娘をさらっていく男がいつか出てくるかと思うだけで、

 まだ見ぬそいつの首を絞めてやりたくなるものです。

 


 それはさておき、久しぶりに親子3人がそろったので、

 海岸へ散歩に出かけます。

 高い崖も有り、そこには石碑が有ります。

 

 羊飼いのデイブに話しをきいたところ、

 50年ほど前に、カルト集団が、

 集団投身自殺をしたところだそうです。

 

 海岸で散歩していると、

 アデルがちょっと目を離した隙に、

 サラが、波にさらわれたのか行方不明になってしまいます。

 

 ジェームズ、アデル共に、半狂乱で探しますが、
 
 見つかりません。

 

 すぐに警察に連絡し、

 大々的な捜索を行います。

 

 娘に限らず、子供が行方不明になってしまう親の心中は、

 察するに余りあるものが有ります。

 


 ジェームズは、捜索隊と共に徹夜で探しています。

 一方、アデルが家にいると、窓からサラくらいの女の子が見えます。

 

 逃げ出すんですが、サラだと思い、

 追いかけます。

 すると、近くの古い屠蓄場に逃げ込んだみたいなんで追いかけます。

 

 もう、サラだと思い込んでますんで、

 何でこんなところにいるのかとか、

 何で逃げ出したかとかは、

 もう考えていません。

 

 第一、いなくなった娘が出てきたのです。

 少々つじつまがあわなくったって、

 どーってことありません。

 

 優しく声を掛けると、

 不気味な声で、

 
 娘を探しているのか、ここにはいない。

 ここは羊が死ぬ場所だから、

 死ぬ前に羊飼いがドリルで頭に穴を開けて綺麗に掃除する。

 
 なんてしゃべります。

 

 ホントにやってくれるんなら、

 かなり素敵なことなので、ぜひやってほしいんですが、

 なんかそんな雰囲気の映画じゃなさそうなので、

 また、肩透かしを食いそうな気がします。(・ε・)

 

 ところで、どうやらサラではないようです

 同じくらいの背格好なんですが、

 声にびびってるうちに、消えてしまいました。

 


 朝になったんで、ジェームズがいったん帰ってきました。

 サラに似た女の子がいたと話すんですが、

 あまり相手にされません。

 

 まあ、そうでしょう。

 娘が見つかったかどうかを聞く方が先だと思います。

 でも、優しいジェームズなので、アデルを慰めて、また探しに行きます。

 

 さあ、アデルはせっかくいい情報だと思ったのに無視されたので、

 腹の虫が治まりません。

 もう一度屠蓄場に何かないか探しに行きます。

 

 見つけました!

 なんか古いノートです。

 あの女の子のせいで羊が死に、頭を切開したとか書いてあります。

 

 何のことだかさっぱりですが、

 あの女の子の顔が書いて有りました。

 やりました。決定的証拠をつかみました。(>▽<)b

 

 早速、捜索で疲れ果てて帰ってきたジェームズに

 得意満面で見せるんですが、

 さすがに怒られちゃいます。

 

 それでも、しつこく言い寄り、

 最後には逆切れして

 探す場所が違うのよ!なんてタンカきっちゃいます。

 

 もはや何がしたいのか、いまいち不明になりつつありますが、

 とりあえず、もう後戻りは出来ないので、

 ノートに書いてあることをもう少し調べることにします。

 

 図書館に行くと、ウエールズ語を読める職員がおり、

 ノートについていたウエールズ語のメモを訳してもらうと、

 子供達があの世へ連れて行かれると書いてありました。

 

 再び、なんのこっちゃですが、

 追加説明として、ウエールズの伝説では、

 あの世とこの世は地続きだということです。

 

 なんのこっちゃが指数関数的に増大してます。(´、ゝ`) 

 

 羊飼いのデイブの言ってた50年前の集団自殺の新聞記事を見つけました。

 首謀者とその娘エブリスの写真が有り、

 エブリスがあの女の子であることが明らかになり

 エブリスの持っている箱がジェームズの家の物置にあったことを思い出します。

 

 ようやくまともなヒントらしいヒントです。

 ダッシュで戻り箱を開けようとしますが、

 どうしても開きません。(`Д´) ムキー!

 

 ムキーとなって、壁に箱をたたきつけると、

 サラの助けてという声が聞こえてきました。

 

 そういえば、サラを助けるために奔走してるんでした。

 当初の目的を思い出し、声の出所を探るも聞こえなくなります。

 

 そうこうしている内にジェームズが帰ってきました。

 決定的な証拠を突きつけて、今度こそ、

 サラから自分へジェームズの関心を引き戻しましょう。

 

 娘とはいえ、自分以外の女がジェームズと仲良くするのは許せることではありません。

 すると、サラの捜索が打ち切られたとジェームズが言うではありませんか。

 

 こりゃ、ラッキーです。

 もう、ジェームズの関心をひきつける女は自分しかいません。

 あの女の子はエブリスだということを声高に主張します。

 

 アデルが何をしたいのかますます不明になってきました。
 
 さすがのジェームズもぶちきれそうになって、

 振り向くと、なんとエブリスがいます。

 

 見てるほうもえっ?なんですが、

 中の人もかなりえっ?って感じです。

 

 証拠そのものが現れたんで、アデルとしては万々歳なんですが、

 ちょっと気持ち悪いのも正直なところです。

 

 恐る恐る話しかけると、

 あの部屋に閉じ込められて、屠蓄場に連れてかれて、

 父親に頭の切開手術をされたと話してくれました。

 

 アデルが調べたことは本当だったのです。

 鼻高々な場面ですが、

 何をしようとしてたんでしたっけ?

 

 あー、そういえば、永遠のライバル

 娘のサラの行方を探しているんでした。

 

 にわかに当初の目的を思い出したアデルは、

 ジェームズもいることですし、

 サラはどこなのとえらい剣幕でエブリスに詰めより、

 いいとこを見せようとします。

 

 だけど、ただ、びびらせただけで、

 ジェームズも苦い顔をしています。

 失敗しました、減点1です。

 

 結局、ジェームズが優しく話しかけ、

 心を開かせます。


 
 サラがいなくなったと思ったら、

 今度はこいつがジェームズをさらっていきました。

 どうしてくれましょう。

 エブリスが落ち着いたようなので、

 もう一度、サラのことを聞くと、

 居場所を知ってるといいます、

 

 さっきは、ちょっときつく出て失敗したので、

 今度は百戦錬磨な年増女らしさを発揮します。

 

 もっと凄い剣幕で脅しつけ、

 転倒させて怪我&気絶させました。

 

 エブリス排除の方向でやってみたんですが、

 ジェームズにまた怒られちゃいました。((^┰^))ゞ テヘヘ

 

 ジェームズはエブリスを病院へ連れて行きました。

 エブリスは目を覚ますと、

 ジェームズに父親になってほしいといいます。

 

 娘をなくしたばかりのジェームズはさすがにやんわり断ります

 

 そういえば、エブリスがどうして、

 当時のままの姿で現れたのか誰も説明してくれません。

 最初に現れた時にどうして消えたのかもです。

 

 なんとなくスルーされそうな予感がします。

 

 さて、第2の敵エブリス排除の方向で動くことに決めたアデルは、

 詳しいことを知ってるかもしれないデイブのところへ行きます。

 

 はたして、デイブは色々知ってました。

 エブリスは例のカルト集団の教祖の一人娘で、

 病弱で死んでしまったそうです

 

 この地方には、1人死ぬと1人生き返るという

 人口が減らねーじゃんという、出生率が下がりっぱなしの日本には持って来いの、

 便利な伝説があるそうで、

 

 自分とこの信者を全員、海へ投身自殺させて、

 エブリスの甦りを画策したそうです。

 

 1人と1人の等価交換なので、

 1人でいいジャンと思うんですが、

 大切な1人娘ですので、万全を期して多めに投入したんでしょう。

 

 娘のためなら、何でもやる。

 父親の鑑のような教祖です。

 やってることはアレですけど。┐(´-`)┌

 

 果たして、エブリスは生き返ります。

 だけど、よくあるように、サルの手ですね、

 ちょっとおかしくなってたそうで、

 羊が全部死んじゃったそうです

 

 死者の等価交換なんて与太話を実行して、

 成功しちゃう土地柄なんで、

 もちろん、エブリスが体内に悪霊を飼ってるからだという結論になります。

 

 そして、突然、科学的になり、

 頭を何回も切開手術して悪霊を追い出そうとしたそうです。

 

 ここで、切開手術のシーンが出てくるんですが、

 中学生くらいの女の子にそんなことをやってるんで、

 さすがに目をそむけてしまいました。

 

 いつも適当なことを書いてるんで、

 性格破綻者だと思われてるかもしれませんが、

 子供がつらい目や苦しい目に合うシーンは、

 たとえ作り物でも、大変苦手です。

 気持ち悪くなっちゃいました。ホントですよ。

 


 まあ、それはさておき、

 エブリスは幽閉されてたわけですが、

 デイブが助け出したそうです。

 

 で、エブリスは、その足で、父親である教祖を、

 崖から海へ突き落として殺しちゃいます。

 

 で、あんまりあっさりとそんなことをやっちゃうエブリスが怖くなったデイブが、

 エブリスを殺して袋に詰めて、海に沈めたそうです。

 

 で、今回、サラが死んでエブリスがもう一回甦ったそうです。

 

 ふー、ややこしいですが、こんな感じです。

 

 見ようによっちゃデイブが一番恐ろしいような気がしますが、

 ここの主題は、ジェームズの歓心を得るために奔走する年増女ですんで、

 ここはさらっと行きましょう。

 
 あれ?なんか違うような気が・・・・

 まあいいや。

 

 その頃、エブリスは病院を脱走し、

 屠蓄場に隠れていました。

 どうやら、ジェームズに父親になれないといわれてショックだったようです。

 

 脱走したと聞いたアデルは、

 女の直感で、屠蓄場へ向かいます。

 

 いました!

 なんかショックを受けて、おびえているんで、

 チャンスとばかりに、色々と説得します。

 

 どうやら、エブリスがこのままいると自分の地位がやばそうなので、

 それなら、実の娘であるサラのほうが扱いやすいと判断して、

 もう一度等価交換をしようという腹のようです。

 

 このままエブリスだけを葬るというのは、

 さすがに気が咎めたのでしょう。

 

 アデルがエブリスを連れて、海の上の崖まで来たところで、

 ジェームズが来てしまいます。

 

 うまく言いくるめておいたのに、ジェームズが何か言えば台無しです。

 早く投身自殺するように促すんですが、

 ジェームズが父親になってやるから早まるな、なんていうもんで、

 やっぱやめたとばかりに駆け戻ってしまいます。

 

 ジェームズは詳しい事情を知らないんで、

 当然の反応でしょう。

 

 アデルとしてはやばいんで、最終手段にでます。

 エブリスを抱えての投身自殺です。

 

 もし、サラが甦らなくても、

 娘を思って最後の手段にでたと思ってもらえれば、
 
 永遠にジェームズの心の中に残れます。

 

 えいやっと、飛び込み、気が付くと、

 黄昏の浜辺に打ち上げられています。

 

 どうやら地続きだといっていたあの世のようです。

 
 エブリスが立ってたんで、

 なんかうまく行かなかったようです。

 こうなれば、サラを甦らせ、自分も元の世界に帰るしかないと、

 方向を再修正します。

 

 あっちこっちして、ようやくサラがいました。

 なんか様子がおかしいと思ったらエブリスに取り憑かれているようです。

 すったもんだした挙句、エブリスがようやく諦めて、消えていきました。

 

 あっちこっちとかすったもんだとか、

 ごまかしてますが、よく分からなかったもんで。

 まあ、悪夢の中を歩いてる様な雰囲気だと思ってください。

 

 気が付くと、元の世界の浜辺に打ち上げられてました。

 サラがどこに行ったかと、ジェームズの家のほうへ走りながら探します

 サラを連れてかないと、自分の手柄になりませんから。

 

 いました!一足先に家に走り寄ってます。

 気付いたジェームズも家から走り出て抱き合っています

 ちょっと、想定と違いますが、合流してから説明すれば充分点数は稼げるでしょう。

 

 ようやく追いついて、家に入ろうとしたら鼻先でドアを閉められちゃいました。

 アレ?ここはジェームズが驚きながらも、嬉しそうにハグしてくれる場面では?

 と、ドアを開けようとしますが開きません。

 声も届かないようです。

 シックスセンス?

 


 アデルはどうやら自分が幽霊になっていることに気が付きます。

 賭けに負けたと悔しそうにしていると、

 ジェームズが、アデルのことを良くやったと話しているので、

 まあ目的は半分達成できたと自分を納得させました。

 

 これからはそばで見守るわという感じで、

 写真を見てるサラのそばに、アデルが行くと、

 何でか気付かれます。

 

 しかも、娘を探しにきたのか?なんて言います。

 げっ、こいつエブリスです。

 やっぱ諦めてなくて、サラの体をのっとったようです

 

 何でこんなことが出来るのかよく分かりませんが、

 何回も等価交換されているうちに、

 変な力でも身につけたんでしょうか?

 

 アデルがはっと気が付くと、

 黄昏の世界にいて、あの教祖が迫ってきます。

 

 おしまい。

 


 去年、こんな感じのB級映画を見ました。

 死んだり、生き返ったり、忙しい映画でした。

 もちろん、消化って言葉は辞書にありませから、伏線はほうりっぱなしでしたけど。

 当然、オチもありませんでした

  あ、タイトルなんか当然覚えてません。

 

 そいつを、ちょっと映像をきれいにして、編集しなおしたら

 こんな感じになるかなという感じです。

 

 とにかく、アデルがいやな母親で、

 とにかく、ひどい目にあわせてやろうとする趣旨だけは、

 一貫してた作品でした。

 

 年増女がじわじわと追い詰められるのが好きな方にはオススメです。

 
 
 というわけで、★3つです。

 

ランキングを減らしてみました。よろしければどちらかを、太っ腹な方は両方をぽちっとしていただけると、涙が出るほど嬉しいです。ホントですよ。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/06 10:13|スリラーTB:0CM:8

ザ・フォッグ

〇ザ・フォッグ(原題THE FOG)
本編99分 画面サイズ16:9
監督 ルパート・ウェインライト
キャスト トム・ウェリング、マギー・グレイス、ラデ・シェルベッジア、デレイ・デイヴィス

フォッグ

【レビュー】★★☆(★2つ)
 予告どおり、今回もWOWOWです。

 昔から、いろんな雑誌とかで、面白いとか傑作とか言われていたこの作品。

 まあ、読む雑誌とかに偏りがあるんで、一般的な評価は違うかもしれませんが。

 つーか、一般の人が見るような映画なのかという根本的な疑問も有りますが。(ノω`*)んふふ♪

 


 あんまり有名なもので、逆に手を出しそびれて、今まで一回も見たことが有りませんでした。

 ついつい、ゾンビとかヴァンパイアとかを優先してしまうもので。(・・。)ゞ テヘ

 

 で、今回WOWOWでやるというんで録画しました。

 リメイクなんですね、コレ。2005年公開作品です。

 

 びっくりしました。

 こんなのリメイクして商業的に成功すんのかなと、

 いらぬ心配をしてしまいます。

 


 リメイクということで力が入ってるのか、

 映像は綺麗で、出演者も美男美女ばかりです。

 見た目としては充分かなと思います。

 


 

 あらすじは、ある島の街に、と共に何かがやってきて、死人が出るというモノです。

 


 ジャケットなんかに書いてある解説も大体こんな感じのことだったんで、

 B級脳で考えることといったら、

 きっと、ゾンビだ。そうに違いない、楽しみ楽しみ

 って感じです。わぁいヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ わぁい♪

 


 最近、まともにゾンビを見て無いので、

 とても楽しみです。\(^▽^)/

 

 

 さあ、始まりました。

 炎上する帆船から逃げ出すボート。

 ちょっと昔な感じの服装です。

 1人が海から出てきた手に引きずり込まれてしまいます。

 

 おおっ、ゾンビに違い有りません。

 楽しみです。\(^▽^)/

 


 場面は変わり、現代のようです。

 オレゴン州のアントニオ島です。

 猪木しか連想できませんが、あちらでは特に特徴のない名前なんでしょう。

 

 沖釣りをしている船が映ります。

 船長はニック、助手の黒人はスプーナー

 客が2人です。


 
 帰ることになり、錨を上げようとすると、

 何かに引っかかります。

 無理やり引き上げると、藤壷に覆われたヘアブラシと懐中時計が出てきて、また沈んでいきます。

 錨は無事に上げることが出来ました。

 


 懐中時計は砂浜に打ち上げられ、変なジジイが拾います。

 その下からは腕のが出てきます。

 う~ん、ゾンビが出てくる前フリでしょうか?o(^-^)o ワクワクッ

 

 変なジジイは、

 ニックが恋人のエリザベスと歩いてるところに行って、

 懐中時計を見せます。

 

 どんな関係か分かりませんが、

 エリザベスが特に驚いてないようなので、

 どんな所にも1人や2人いる変な人という位置づけなんでしょう。

 

 うちの周辺にも何人かいます。

 どこかに収容されるらしく、時々いなくなるんですが、
 
 その度に新しい人がうろちょろし始めます。

 

 それはさておき、懐中時計には天秤の刻印が有りました。

 見せただけで、ジジイはまた自分の世界に没入します。

 

 その頃、スプーナーがニックのいとこを連れて、

 釣り船を持ち出し、

 金髪美女2人と海上パーティーと洒落込んでいます。

 

 こいつらがゾンビの餌食になるんですね。

 楽しみです。わぁ~い゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

 ようやくゾンビが出てきそうです。

 

 濃い霧が釣り船に迫ってきます。

 計器類、エンジン、無線がきかなくなります。

 

 金髪美女は操舵室へ入れて、

 男2人は外で警戒します。

 

 一瞬ぼろぼろの帆船が出てきますが、

 消えてしまいます。

 帆船からゾンビぼろぼろではないようです。

 

 気が付くと操舵室に霧が充満しています。

 あっと、思ったら、殺されたらしい金髪美女が、

 窓ガラスを突き破って投げ出されてきました。

 

 ワオッとアメリカ人らしいびっくりジェスチャーをしていると、

 ナイフが飛んできていとこの額にグサリ!

 

 あれ?なんかポルターガイストっぽいですね。

 ここで出てこなければ、どこにゾンビが出てくるんでしょうか?

 

 この辺からもう不安になってきました。

 でも、見た目が綺麗な人が多いので、続けてみることにします。

 

 スプーナーは、翌朝発見されます。

 なんと釣り船の冷凍庫に隠れていました。

 

 話を聞くと、霧がみんなを殺した。

 冷凍庫なら霧が入ってこれないから隠れたと、

 寝言を言ってます。㌦ァ┗(`Д゚┗(`゚Д゚´)┛゚Д´)┛㌦ァ

 

 そんなことより、楽しみにしていたゾンビがどこなのかを教えてもらいたいです。

 


 ヘアブラシは、砂浜を歩いていた男の子が拾います。

 ママに見せて、そのままプレゼントします。


  
 ママは島唯一のラジオ局の、唯一のDJで、

 美人です。

 ちなみに、エリザベスもスレンダーな金髪美人です。

 

 どちらも好みではないですけど。

 

 まあ、それはいいです。

 そのヘアブラシを職場のラジオ局に持っていくママ。

 突然発火します。

 あわてて、消火するんですが、壁が焦げてしまいます。

 不思議なことに、焦げ跡が天秤の形になっています。

 

 もう、そんな思わせぶりはいいんで、

 ゾンビなんて贅沢は言いませんから、

 ぐちゃぐちゃ、ぬるぬるを早く見せてほしいもんです。

 まだ、3人しか死んでないんですよ。(○`ε´○)プンプン!! 

 


 エリザベスは街の図書館で、天秤の刻印のことを調べます。

 近くにあるプリンスウィリアム島の紋でした。

 そして、この刻印は1871年までしか使われなかったそうです。

 プリンスウィリアム島が流行り病で全滅してしまい、

 何とか脱出した船も行方不明になってしまったからです。

 


 ピンときました。

 冒頭の帆船はきっと、行方不明になった船なんでしょう。

 で、何でかなんてどうでもいいので、そいつらがゾンビか何かになって、

 ぐちゃぐちゃ、ぬるぬるがこれから始まるに違い有りません。

 

 最初のゾンビから幾分、志が低くなった気がしますが、

 気にしないで行きましょう。


 続いて、エリザベスはニックの仕事場で、

 隠されていた日記を見つけます。

 誰の日記かといえば、この町の創始者であるニックのおじいちゃんの日記です。

 

 創始者は4人いまして、その子孫が街の有力者となっています。

 エリザベス、町長、神父、ニック、エリザベスのママが主な子孫らしいです。

 

 たぶん英語で書いてあると思うんですが、

 エリザベスは人に読めというばかりで、自分で読もうとしません。

 神父はいやだ読まないというし、ニックはちょっと読んだだけでやめちゃうし

 そろいもそろって、根気の無いヤツらです

 

 この日記からはなにも明らかになりません。

 なんなんだかさっぱり分かりません。

 

 でも、大丈夫です。

 こんな仕打ちは慣れっこですから。

 なんとも有りません。

 

 そして、ついに、霧が島全体を覆っていきます。

 何が引き金になって、

 何をしたくて来ているのかはまだ分かりません。

 

 最初の犠牲者は、気象観測所の職員です。

 1人だけなんですが、丸焼けになって吹っ飛ばされます。

 ゾンビの類は出てきません。

 いうなれば1人芝居です。

 つまんないです。

 


 次はDJママの母親です。

 皿洗いをしていると、排水口から手がニューと出てきて、

 ガシッとババアの手をつかむと

 そこから黒くなっていき、あっという間に真っ黒焦げです

 今回初めてのナイスなシーンです。(≧∇≦)b

 

 町にはまだたくさん人がいますから、

 この調子でどんどん行ってくれるものと期待します。

 

 次の獲物としてババアと一緒にいたDJママの息子を、

 霧が追いかけて行きます。

 さっきの手はもう出てきません。

 

 イヤ、ホントにゾンビとは言わないから、

 ぐちゃぐちゃ、ぬるぬるをもう少しお願いします。

 

 残念ながら、息子はニックに助けられます。

 逃げる途中に、霧が人型になるんですが、

 車であっさり霧散します。

 

 ニックは、同乗していたエリザベスがママを助けたいというので、

 街の中心部にある役所へ向かいます。

 その途中でDJママとも合流します。

 

 ここに至っても、霧が何のために来ているのか、

 なぜ霧なのかがはっきりしません。

 まあ、ホントのところ、それはどうでもいいんで、

 早く、ぐちゃぐちゃ、ぬるぬるが見たいです。

 

 と思ったら、

 誰の回想シーンだか分かりませんが、

 昔何が起きたかが少しずつ流れるようになりました。

 

 要約しますと、

 街の創始者4名は、プリンスウィリアム島から脱出してきた船を焼き討ちし、

 財産全てを強奪したそうです。

 その金で、今の繁栄の礎を築いたということだそうです。

 

 ウン、この街の創始者の子孫が恨まれる理由は分かりました。

 でも、なぜ今で、何で霧で、殺された連中は全員子孫なのかどうか、

 色々と問い詰めたいことが有ります。

 

 イヤ、そんなことより、恨み骨髄で甦って、

 全員でゾンビになって、島民全員をかじりまくるというのが、

 この手の映画の常識でしょうが!L(゚皿゚メ)」むきー

 それをなぜやらないのか、そこをまず問い詰めたいです。

 

 殺戮者の姿はまだきちんと出てきておりません。

 許しがたい行為です。

 ババア1人じゃないですか、香ばしい死に方をしたのは。

 


 それはとにかく、無事役所について、

 町長、エリザベスの母、神父と合流します。

 

 母は、霧に外に引っ張り出されます。

 よくわかんないんですが、どうにかされたんだと思います。

 

 神父は、体の周りを無数のガラス片が舞い、

 それが全身にグサグサグサッ!


 となればいいな~と思ってたら、

 破片が2つほど貫き通っておしまい。

 


 そろそろエンディングなんですが、

 ゾンビどころか、ぐちゃぐちゃ、ぬるぬるも出てこないです。

 

 続いて、町長が蹴り飛ばされます。

 あ、すいません、この時点で、

 ゾンビっぽい顔の精巧なCG幽霊が出てきて、蹴っています。

 焼き殺された人のようです。

 

 太った町長が、ころころ転がる姿はユーモラスでさえあるんですが、

 こっちは期待したシーンが全然出てこないことから、

 欲求不満気味です。

 

 町長が転がり終わると、墓地に着きました。

 すると、町長をCG幽霊が十重二十重に囲んでいます。

 

 ようやく、期待したシーンになりそうです。

 ここから、みんなで一斉に、
 
 かじったり、ひねったり、ちぎったりを

 心行くまで楽しむに違い有りません。

 

 ワクワクしながら見ていると、

 リーダーが火をつけて、

 火が消えるまで見ていて、

 それだけ。

 

 え?そのほかの皆さんは見てるだけなんですか?

 何しに出てきたんですか?

 

 ゾンビっぽいCG幽霊のくせして、

 やることをやってほしいです。

 

 金の使い方が間違っています。

 ここは安っぽいラバーマスクで、

 ブタの内臓を飛び散らせる場面です。

 

 こんなにCG幽霊出したら、

 ブタの内臓を買う金も残らないじゃないですか!

 


 この後どうなるかというと、

 エリザベスが、リーダーのところに自ら進んでいくと、

 キスされて、

 えっ?と思っていると、

 エリザベスもリーダーと同じような時代がかった衣装に変わり、

 リーダーも皆さんも、ゾンビ顔から普通の顔になり、

 消えてしまいます。

 エリザベスもです。

 


 場面が変わり、

 エリザベスとリーダーの結婚写真。

 そこには、例の懐中時計とヘアブラシが。

 

 おしまい。

 

 

 オチがいまいち飲み込めないんですが、

 エリザベスが奥さんの生まれ変わりということでしょうか?

 そんな前振りはなかったような気がしますが。

 

 なぜ今で、何で霧で、犠牲者の選択基準はとか、

 色々問い詰めたいことが有りますが、


 結局、ゾンビもぐちゃぐちゃぬるぬるも、

 出てこないという、こちらの気持ちを逆なでするような演出に、

 ちょっと怒りさえ覚えます。

 

 さっきは慣れっこなんて、いい子なこと言いましたが、

 やっぱ、許しません。

 

 ゾンビを最近見ていないと知っての仕打ちでしょうか?

 許しがたい振る舞いですが、

 美男美女ばかりだったんで、一等罪を減じてやります。

 

 ということで、★2つです。

 

そうだそうだ、ゾンビがもっと見たいぞというゾンビーズな方、ぽちぽちっとご賛同の一押しを。 (;^_^A

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/01/05 10:11|スリラーTB:0CM:10

地獄の変異

〇地獄の変異(原題THE CAVE)
本編97分 画面サイズ16:9
監督 ブルース・ハント
キャスト パイパー・ペラーボ、コール・ハウザー、レナ・へディ

変異

【レビュー】★☆☆(★1つ)
 今回もWOWOWでございます。

 本格的に寒くなりまして、道路は凍結、最高気温が氷点下です。

 フカシじゃないです。本当です。

 本州一寒い地域なもので。

 

 というワケで、南方生まれな管理人は、家の外には一歩もでたくありません。

 今日も明日もあさってもWOWOWになりそうな勢いです。

 

 さて、本作品でございますが、げに恐ろしきは女の嫉妬なんて感じのディセントと同じ、

 洞窟ものです。\(^▽^)/


 
 閉所恐怖症な上に、暗いところも得意ではないという性質のため、

 今まで敬遠してました。

 ジャケットはチープすぎて、かなり好みだったにも関わらずです。(´⊆`*)ゞテヘヘ

 


 でもまあWOWOWでやるってんで、見てみました。

 

 普通に面白かったですよ。

 あと何分我慢すればいいのかな~なんて、時計も見ないで、

 最後までハラハラドキドキしながら見れました

 


 B級脳だからかな?┐(´ー`)┌

 

 

 あらすじは、深い鍾乳洞を探検する、ダイバーと大学教授たちが閉じ込められ、そして現れる不気味な影、さあ無事に脱出できるのか?という感じです。

 

 
 時は30年前、所はルーマニアの山中。

 切り立った崖に囲まれた寺院へトレジャーハンター達がやってきます。

 

 何でも、この寺院の地下は鍾乳洞となっていて、お宝があるそうです。

 早速、寺院の床に爆薬を仕掛けて、穴を開けます。

 

 ちょっとした爆発だったにも関わらず、

 床が痛んでたんでしょう、床が全部落ちてしまいます。Σ(゚д゚;)

 おまけに、後ろの崖も崩落して、寺院を押しつぶしてしまいます。Σ(゚д゚;)

 

 哀れ、トレジャーハンター達は、鍾乳洞に閉じ込められてしまいました。

 

 いくらなんでも、アレくらいの爆発で、床が全部抜けて、

 しかも崖が崩落するなんてありえないと思うんで、

 何かの罠に違いないと、誰が何のためになんて考えもしないで、

 B級脳で、推測したんですが、

 

 

 そうゆう訳ではないようで、特に言及されませんでした。

 残念。(´、ゝ`)

 

 

 

 時は移り、現在。

 大学のチームが例の鍾乳洞を発掘しています。

 満々と水をたたえた鍾乳洞でしたんで、ダイバーチームに協力を要請します。

 

 ダイバーチームご一行と、教授と若い女博士がチームを組んで、

 泳ぎながら、奥へ奥へとすすみます。

 

 広い岸を見つけて、ベースキャンプを張ります。

 そこで、靴が落ちてたんで、先客がいたことを知ります。


 閉じ込められたトレジャーハンター達ですね。

 

 さて、ここで、入り口から引っ張ってきてたケーブルに不具合があるので、

 2人もぐって調べに行きます。

 ダイバーチームのリーダーであるジャックの弟タイラーと、ストロードです。

 

 タイラーは真面目に調べてるんですが、ストロードはその辺を探検してて

 小さな岸を見つけ、上がっていきます。

 そこで、上から降ってきた何かに襲われて、そのまま水の中に引きずり込まれます。

 

 恐慌状態に陥って暴れてると、

 何をどうしたか知りませんが、たぶん酸素ボンベなんでしょう、

 爆発を起こして、タイラーをベースキャンプまで吹き飛ばし、

 岩を崩落させ、来た道を完全にふさいでしまいます。

 

 

 とんでもないことをしてくれたもんですが、

 しょうがないんで、ジャックの強力なリーダーシップにより、

 出口を探して奥に進むことになります

 


 まず、ジャックとダイバーチームの一員であるトップが、

 先行して道を探しに行きます。

 潜って行っても行き止まりなのは分かってるんで、徒歩です。

 


 狭い隙間を這い進んでいると、

 先頭にいたジャックが何かに襲われます。

 しかし、ジャックは負けません。


 背中に大きなを負うものの、

 相手の手をちぎり取り、生還します。

 

 素手でやっちゃうんですからたいしたもんです。

 ちぎり取った手を見てみると、

 でっかくて、太くて、鋭い爪が付いてます。Σ(・ω・ノ)ノ!


 こんなもんで引っかかれて、よく無事に帰ってきたもんです。

 んで、その手を調べてみると、この鍾乳洞にいる生物全般に寄生している、

 寄生生物がおりました。

 ちなみに大きさは顕微鏡でないと見えないくらいです。

 

 ジャックはこのあと、時々発作が起こり、

 聴覚が異常に鋭くなります。

 寄生されたようですね

 

 ジャックは、とにかくリーダーシップと責任感が強いです。

 全員を無事に地上へ連れ戻すために、

 手負いにもかかわらず、常に先頭に立ち、

 ほとんど休みもしません。

 

 他の連中は、ただジャックについて歩いてるだけです。

 特に建設的な意見を述べることもなく、

 しかも、文句を垂れて、結束を引っ掻き回す始末です。

 


 まあ、とにかくこの場に留まってると、

 よく分からない生き物が襲ってくる可能性が高いことがはっきりしましたんで、

 前に進みます。

 


 登ったり、もぐったり、滑ったりしている内に

 教授が例の化け物にさらわれてしまいます。

 

 あわてて追いかける、ジャック。

 怪我してんだから元気なほかのヤツがいけよと思うんですが、

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは率先して飛び出していきます。

 

 このとき、みんな水の中に浸かってたんで泳いで追いかけます。

 水中を、でっかい羽を広げた人型の何かが博士をつかんですいすい泳いでます。

 羽は閉じておいたほうが泳ぎやすいのではないかと思いますが、

 薄暗かったんで見間違えたかもしれません。

 

 最近、薄暗いという言葉をいい訳にしてるんで、

 そろそろ別のフレーズを考えようと思うんですが、

 だって、本当に薄暗いんですよ。

 ド近眼だから見えなくても許してくださいね。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 


 結局、教授はそのまま連れ去られてしまいます。

 餌にでもなったんでしょう。

 


 女博士が、特に何もしないで助けてもらってるくせして、

 ジャックを責めます。

 やかましい、このビッチが!それじゃあお前が追いかけりゃいいじゃねーか!

 責任感の強いジャックは思いつめた顔をして、

 残って連中だけでも無事に帰すことを再び誓います

 

 ちょっと行くと、再び岸に出て、出口は上にしか無いということで、

 崖を登ることにします。

 

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは、

 タイラーと共に崖を登ることにします。

 

 さすがにばつが悪くなったダイバー一行の紅一点チャーリーが、

 先に登っていきます。

 あれだけあちこち泳いで、何十メートルもフリークライミングをやるなんて、

 どえらい体力をしている女です。

 


 無事に小さな通り穴を発見したところで、穴の向こうから例の生き物が飛び掛ってきました。

 ようやく全体が見えました。

 白いエイリアンという感じです。

 

 日の光りが当たらないと、黒い人も色素が抜けて白くなるんでしょう。

 

 でまあ、びっくりついでに穴から飛び降りちゃうんですが、

 ロープの止め具が外れて宙ぶらりんです。∑q|゚Д゚|p

 このままだと餌食になるのを待つばかりなんで、

 勢いをつけて隣の崖に飛び、へばりつきます。

 

 中の人も必死でしょうが、

 高所恐怖症のこっちも

 かなりドキドキしました。

 

 ふーやれやれと中も外も思ってると、

 白エイリアンが、羽でばっさばっさと飛んできました。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 ヤツら飛ぶわよ!

 そうですね、飛んでますね。

 

 なんていってる間に、

 チャーリーはがしっと捕まり、

 ぐっさぐっさとやられちゃいます。


 白エイリアンは持ってた即席火炎放射器で倒しました。

 何で出来てるかなんて知りません

 ダイバー一行のメカ担当トップの作製です。

 詳しくは彼に聞いてください。

 

 死体をそのままにしておけませんので、

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックが、

 ちゃんと死体を回収してきます。

 

 怪我してんだから、タイラーでも行ってこいよと思うんですが、

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは、

 誰にも止められません。

 こいつも凄い体力してます。


 
 どうやって回収したのかという疑問も残りますが。

 


 ここで、ジャックに逆らって別の道を行こうとする組と、

 ジャック組に分かれちゃいます

 

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは、

 反ジャック組に翻意を促すんですが、決意は固いようです。

 

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックですが、

 独裁者では有りませんので、仕方なく別行動をすることにします。

 

 反ジャック組は、女博士、カメラマンのキム、ブリッグスです。

 ジャック組は、ジャック、タイラー、トップです。

 

 ジャック組は再び崖を登り出口を探します。

 反ジャック組は水の流れに乗って出口を探します。

 

 ジャック組は、間抜けなタイラーがやったミスで

 うまいこと外に通ずる泉を発見します。

 メタンガスの噴出している、温泉のような鍾乳洞です。

 

 さっさと逃げるかと思いきや、

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは、

 反ジャック組を呼んで来るなんて言い出します。

 

 ここまで来ると、もう、凄いとしか言い様がありません。

 男と生まれたからには、ジャックのようなになってみたいものです。

 

 ジャックは寄生生物により、だいぶ弱ってきてますんで、

 さすがにタイラーが呼びに行く役目を立候補します。

 

 まあ、ここまで、ただジャックについてきただけで、

 特に何もせず、さっきは変なミスもやってんだから、

 ここで得点を稼いどきたいんでしょう。

 

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックですが、

 さすがに弱ってきてたようで、タイラーを行かせることにします。

 

 タイラーは何とか追いつくも、その直前に、

 反ジャック組は白エイリアンに襲われてしまいます。

 

 侠気を発揮したブリッグスが、女博士とキムを逃がすんですが、

 天井の鍾乳石にぐっさりと標本みたいに貼り付けられちゃいます。

 なかなか洒落たことをする白エイリアンです。

 百舌鳥の早贄のようなものですかね。(´m`)クスクス

 

 ブリッグスの殺害現場までは行ったタイラーでしたが、

 助け出せないので諦めるも、

 白エイリアンに挟み撃ちにされてしまいます。

 

 素手で、白エイリアンの手をちぎったジャックのなんですから、

 これくらいの危機はへでも無いだろと思ってたら、

 ものすごいビビリようです。

 

 こいつかなりへたれです。

 お兄ちゃんがいないと何も出来ない、典型的なダメ弟です。

 

 うちの様な愚兄賢弟とはまるで逆な関係です。

 


 まあ、それはいいですが、

 タイラー絶体絶命です。ところが白エイリアンが逃げていきます。

 なんと、女博士がソナーガンを持ってやってきました。

 

 鍾乳洞の生物は目が見えない代わりに、聴覚が鋭くなって、

 音の反響で物の位置を知るそうで、

 ソナーガンから発生する超音波が効くそうです。

 

 こんな便利なアイテムを黙って持っていくなんて、

 許しがたい行為ですが、若くて美人なんで許してやります。

 

 とにかく逃げて、ジャックのところへ戻らないといけません。

 キムはいないんですが、2人ともそんなことは全く気にしません。

 あちらの人はカラードがどうなろうと知ったこっちゃ無いというのが基本線のようなので、

 しょうがないですね。┐( -"-)┌

 


 ところが、ジャックの待つ温泉鍾乳洞の直前で、

 キムが現れます。

 

 一瞬、タイラーがチッて顔をしたのを見逃しませんでした。

 

 まあ、それはさておき、

 何事もなかったかのように、ジャックと合流します。

 


 白エイリアンがあちこちにいますが、

 温泉の蒸気で音波がかく乱されて、

 まだ見つかってないそうです。

 


 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックですが、

 運もかなり強いようです。


 さて、ジャックは、寄生がかなり進んで、青白い顔になってますが、

 まだ充分に正気を保っています。

 

 白エイリアンをかわし、泉にもぐって外に出るには、

 手元にある酸素ボンベだけだと心元ありません。

 そこで、さっき取られて、ちょっと高いところに持ってかれたボンベを取りに行くことにします。

 

 ここでも、生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックは、

 その役を買って出ます。

 誰も止めませんし、立候補もしません。

 

 ホントに冷たいヤツらです。

 タイラーもさっきの単独行動で懲りたのか、黙ってます。

 

 さらに、危険なしんがりは

 キムに押し付けました。

 やっぱカラードは見殺しにするつもりです。

 

 でも、黒人のトップは一緒に連れてこうとしてますから、

 単純に、キムが嫌いなんでしょう。

 

 こっそりこそこそ、音を立てないように進む一行。

 ところが、タイラーがまたミスをします。

 ホントにお兄ちゃんがそばにいないとダメなヤツです。

 

 ボンベを落として盛大な音を立ててしまいます。

 あっちこっちから白エイリアンが殺到してきます。

 3匹くらいですけど。

 

 もうこうなりゃ仕方ありません。

 泉までダッシュをかけます。

 1匹に追いつかれますが、何でか持ってた鉈で何とか倒します。

 

 キムはしんがりなんで、少し離れて追いかけたんですが、

 あっさり白エイリアンに捕まって、串刺し、絶命です

 ちょっと扱いがひどいですね。

 

 泉に到着した3人を無事に帰すため、

 生まれながらのリーダーにして、責任感の強いジャックになります。

 すばらしいです。

 

 他の方のレビューでも散々言われてましたが、

 漢です!

 男子たるものこう有りたいもんです。

 

 注意をひきつけて、即席爆弾を投げます。

 空気中のメタンに引火して、そこらじゅうで爆発が起きます

 さらに、飛んでくる白エイリアンに向かって、ダイブ!

 

 もろとも、落ちてきた巨大な鍾乳石の下になってしまいます。

 兄ちゃんと一緒に行きたかったタイラーはギリギリまで待ってましたが、

 やっぱり自分の命が一番ですんで、潜って脱出します。

 

 日光がさしているのが見えます。

 水面に出ると地上の湖です。

 助かりました。脱出できました。

 結局、女博士、タイラー、トップの3人しか助かりませんでした。

 


 町でお別れをする3人。

 トップは先に行き、女博士とお別れをするタイラー。

 ふと、女博士の目を見ると、寄生が進んだジャックと同じ目になってます!

 

 まさか、そんなと考えている内に、

 女博士は雑踏へと消えてしまいます。

 

 おしまい。

 

 洞窟が舞台なんですが、薄暗くしてごまかすことはしないで

 見せるところはちゃんと見せてくれます。


 
 難点としては、

 伏線的アイテムが色々出てきますが、どれも消化しません

 白エイリアンもはっきりと全体像がなかなか映りません。

 

 でも、いいんです。

 ジャックの無敵ぶりがものすごいですんで。

 ジャック1人で映画に活力を与えてます。


 ジャック・バウアー、ジャック・スパロウ、

 タフな男はみんなジャック。


 三流ホラーのような邦題とトレマーズのような80年代センスのジャケットが、

 もうちょっと、どうにかなってればもっと良かったんですが。

 

 ということで★1つです。

 

暗いよ、狭いよ、怖いよが分かる方、ポチぽちっとお願いします。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
2008/01/04 10:12|モンスターTB:1CM:10

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。