日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

バックラッシュ

〇バックラッシュ(原題BACKLASH)
本編88分 画面サイズ16:9LBビスタ
監督 デヴィッド・カメイデス
キャスト ダニエル・ブルジオ、ケヴィン・レブロン、ローレン・キム、バス・ルッテン、G・アンソニー・ジョセフ、ブリット・ジョージ

backlash1.jpg

【レビュー】★☆☆(★1つ)
 今回は今までと傾向が違い、珍しくアクションものです。レンタル屋で、B級臭い映画を物色していると、カミさんが、

 これ、つまらなそうじゃない?

 と持ってきたのが、この作品です。

 ほいほいとレンタルし、帰宅後プレーヤーにセットしようとレーベルを見ると

 アルバトロス!

 何か、もう、夫婦そろって、

 いい感じですね。(^○^)

 あらすじは、ある大仕事を終え、バカンスにきているCIAエージェントのカップル。何者かの襲撃にあいます。なぜ、誰が2人を襲うのか?果たして2人の運命や如何に?という感じです。

 何か普通のサスペンスアクションもののような感じですね。

 でも、安心してください!アルバトロスですから!

 ジャケットに描かれている、青色ビキニの金髪ねーちゃんがヘリから落ちながら、両手で銃を撃つシーンは、

 ありません。(゚∇^*) テヘ♪

 青色ビキニも出てきません

 金髪ねーちゃんも出てきません

 ヘリには乗りません

 ほとんど銃は使いません

 じゃあ、何をしていたかというと、これからご説明しますんで、しばしお付き合いください。

 いきなり、銃を突きつけあう、黒髪で精悍な顔立ちの微妙な美女と、ハゲのおっさん。二人を取り巻き、銃を突きつけあうそれぞれの仲間。

 戦いの火蓋が切って落とされ、銃撃と肉体を使ったテンポのいいアクション。

 ハゲが捕まります。微妙な美女たちはCIA、ハゲはマフィアのボスです。

 ハゲを連行しようとすると、物陰から出てくる影。

 反射的に銃で撃ち殺す、微妙な美女

 画面では確認できませんが、まだ若く、子供のようです。

 プギャーとハゲが騒ぎ出します。なんと、彼の息子だったようです。覚えてろと捨て台詞を残して連行されていきます。

 こんなところに子供をつれてくるのはどうかと思います。

 大仕事を終え、南の島にバカンスに来た、微妙な美女。彼氏も先の現場にいたCIAエージェントです。

 しばらく2人でいちゃいちゃ。彼氏は思わせぶりな行動をいくつかやってから、用足しに出かけます。

 夜になっても帰ってこず、1人で寝ている微妙な美女

 はっと気づくと、天井から覆面の男が銃を撃ちながら降ってきます!

 あわてて避けながら、撃ち返します。

 上空にはヘリが来ていて、そこからどんどん新手が送り込まれてきます

 どうにか外に出て、船で逃げ出します。

 追いかけてくるヘリ!

 大変です!上から狙われると、逃げ切るのは困難です。

 死んだふりをしました。(≧∇≦)b

 ヘリは任務完了と、止めも刺さずに帰っていきます。ヾ(--;)ぉぃぉぃ

 何とか助かった微妙な美女は、CIAの上司に連絡を取ります。

 彼女達のバカンス先は秘密にしてたそうですが、どこからか情報が漏れていて、ハゲが復讐のためにやっているのではと推測します。とりあえず、島内の海軍基地に行き、そこからCIAに帰ってこいと指示を出します。

 CIAから彼氏に連絡を入れ、待ち合わせる微妙な美女

 しかし彼氏が来ないため、一人で基地へ向かいます。

 しばらく行くと、彼氏の車が横転して炎上しています。傍らには真っ黒焦げの死体が。彼氏はやられてしまったようです。

 悲嘆にくれる微妙な美女。それを見つめる、シュワちゃんを細くしたような男とカンフーがうまそうな黒髪の女。

 微妙な美女を追いかけ、まず、カンフー女が襲い掛かります。

 なかなか勝負がつきません。

 微妙な美女、さっと隠れ、カンフー女が油断したところを後ろから角材で

 ウリャ!! ε=ε=ε=((( ゚皿゚)_/☆(*゚◇゚)ノノ ボカッ!!

 さすがに倒れるカンフー女。

 ゴミBOX(よくアメリカ映画に出てくる集積用の大きいやつ)に押し込みオラオラと蹴りをくれます

 これはやばいと細シュワちゃんが銃で加勢。

 多勢に無勢とε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(;-_-)/ゼンリョクダッシュする微妙な美女

 続いて、どちらも、スクラップ工場から海外に横流しされ、それから10年ぐらい使い込まれたような車をかっぱらって、カーチェイスを始めます。

 どうにか逃げ切り、基地に着く微妙な美女

 CIAの上司に連絡を取ると、ハゲは刑務所内で殺されていたそうです。彼氏が怪しいという上司。即座に否定する微妙な美女
 
 一気に、サスペンスの度合いが増してきませんか?

 細シュワちゃんとカンフー女は、基地にまでやってきました。

 この2人、強いです。バッタバッタと兵士をなぎ倒していきます。もしかして、ガンダムより強いんではないでしょうか。(管理人的には強さの単位はガンダムです。1ガンダム、2ガンダムと強さが増していき、一番強いのはGガンダムです。)

 微妙な美女に迫る二人。

 その時、死んだはずの彼氏が現れて、あっさりと細シュワちゃんを撃ち殺します。

 逃げる彼氏と微妙な美女。追う、1人になってしまったカンフー女。再びカーチェイスです。

 チェイス中に、誰が情報を漏らしたのかを考える2人。彼氏は上司が怪しいと言います

 彼氏にぞっこんの微妙な美女は、それもそうだと納得しました

 ついに追いつかれる2人。

 女同士、最後の対決の時です。もちろん、肉体と肉体のぶつかりあいです。

 カンフー女が、もうちょっと綺麗で、もうちょっとスタイルが良かったら、もっと楽しめるのですが。┐(´ー`)┌

 激闘の末、カンフー女を殴り殺し゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o コノヤロー!!、勝利をつかみました。

 彼氏の友人の別荘へ避難する二人。

 彼氏の言動のつじつまが合わないことに気づく微妙な美女

 上司にこっそり連絡し、彼氏こそが黒幕だと確信する微妙な美女

 問い詰めるとあっさり認めます。

 すでに即効性の毒を盛られていた微妙な美女は、全身に毒が回るのも気にせず、大立ち回りを演じ、彼氏を倒します。

 新しい男とバカンスをやり直す微妙な美女。

 おしまい。

 ほらね、金髪ねーちゃんが出てこないでしょ

 アクションシーンが中心のこの作品、

 アルバトロスにしては、サスペンスの見せ方がうまく、

 アルバトロスにしては、爆発炎上してもちっとも惜しく無いような車を使いながらも、傷つけないように細心の注意を払っているカーチェイスで、ぬきつぬかれつをテンポよく見せていて、

 アルバトロスにしては、アクションシーンにスローモーションをうまく使いテンポよく見せていて、

 アルバトロスにしては、アクションでの俳優の動きがよく、

 アルバトロスにしては、全体のテンポがよく、最後まで比較的飽きさせないように仕上がっています。

 ということで★1つです。


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト
2007/11/30 13:07|アクションTB:0CM:6

バイオハザード3077

〇バイオハザード3077(原題Millennium Crisis)
本編85分 画面サイズ4:3
監督 タマラ・ゴースキー
キャスト クレア・スティーヴンソン、テッド・ライミ、アトー・エッサンドー

TMSS_058.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 バイオハザードシリーズ好きな管理人としては、タイトルを見た瞬間に、YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!と感じました。(間違いなくB級であるという意味です。念のため。)

 しかも、3077。1000年と70年も未来のお話です。どんなぶっ飛んだことをやらかしてくれるのでしょう?o(*^▽^*)o~♪

 どのあたりがバイオハザードなんでしょうか?今タネ明かししますから待っててください。

 舞台はアルタイル第4惑星。

 ボンテージに網タイツのおばさん出てきました。画面が暗いのはシワをごまかすためでしょうか?

 そこにいた、7~8人を一気にやっちゃいます

 続いて、主人公である赤毛の女性が出てきます。生まれがちょっと分からないようですが、ジャケットどおり、赤毛以外はこれといって特徴のない女です。同僚2人と働いています。

 もしかして、フィフスエレメント登場時のミラ・ジョヴォヴィッチを意識してるんでしょうか?

 そりゃあんまりです。ミラさんに失礼です。ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!

 赤毛が見ていたテレビによると、ボンテージに網タイツのおばさんのターミネーターばりの大虐殺が、地球軍がやったことになっていて、地球とアルタイル第4惑星が戦争することになりました。

 同僚に促され、上司のモノマネをやる赤毛。

 上司に見つかってしまいました。目を吊り上げて、

 懲戒免職だ!すぐに出て行け!

 一生聞きたくない言葉です。それにしてもモノマネやっただけで懲戒免職とは。

 1000と70年未来でも、サラリーマンの労働環境は厳しさを増しただけのようです。(TmT)ウゥゥ・・・

 バーで落ち込む赤毛。

 黒人将校が来て、特殊能力の人材を探している。ぜひ、キミに手伝って欲しい、と口説きます。

 モノマネが特殊能力にあたるようです。気持ち悪いことを言う奴です。適当にごまかして逃げました。

 場面が変わって、のマッチョが出てきました。軍の大佐だそうです。今回の大虐殺に関わってアルタイル第4惑星に行くことを依頼されました。

 まだ、物語の方向性が見えてきません。

 早速アルタイルに飛んだ大佐は、誰かに、武器と、大虐殺は地球軍の仕業ではないとの情報をもらいます。

 アパートに戻った赤毛に、懲戒免職の原因となった、モノマネをやれといった同僚から、(^∧^) ゴメンゴメーン代わりといっては何だけど、割のいい仕事紹介してあげるから許してね~∑d(≧▽≦*)と、電話をもらいます。

 寛大にも許すΣ(゚д゚;) 赤毛。人間が出来ていますね。

 今度は先ほどの黒人将校が出てきました。ボンテージに網タイツのおばさんに、大佐を殺すようにと毒を渡します。

 誰と誰がどうゆう関係かはさっぱりですが、黒人将校と、ボンテージに網タイツのおばさんグルだということは解りました。

 赤毛が、紹介された仕事の現場に行くと、妖艶な美女がいます。

 赤毛の顔をなめて、地球人の味では無い、なんて言い放ちます。

 やってることが意味不明ですが、レズ?

 彼女がアルタイル第4惑星に着くまでの護衛が赤毛の仕事です。

 素人の女に護衛なんて無茶だと思いますが、特に疑問も持たず引き受けます。

 素直というのは美徳ですね。

 船に乗りました。

 私ロボットだから、あんたも一緒に貨物室よ

 ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

 何のフリも無くロボットというのも驚きですが、一緒に貨物室というのは驚きを超えて自殺行為です。

 特に疑問も表明せず、おとなしく一緒にいる赤毛。

 人間が出来ていますね。

 とにかく船が出ます。

 よしゃいいのに、船内をちょろちょろする赤毛。

 自分と瓜二つのすっぱだかのマネキンを発見する赤毛。

 さすがにびっくりして、じっくりと見る赤毛。

 ビービー。警報が鳴り始めました。

 バイオハザード、バイオハザードと警告が放送されます。

 やっと、タイトルに追いつきました。

 きっと、このそっくりなマネキンが重要なファクターなのです。

 もちろん、そんなことはありません。

 あっさり無視して、別の部屋に行きます。

 もちろん、このマネキンは以降、出てきません。

 今度は寝ているおっさんを発見しました。

 若い女の子ですから、おっさんには触りもせずに行ってしまいました。

 バイオハザードなんて警告は聞かなかったことにして、貨物室に戻ります。

 5人ほどやってきて、ニューロンゾンビを起動したのはお前かと、赤毛を問い詰めます。

 そんなこと急に言われても。あんた達は誰なんですか?

 彼らは地球軍特殊部隊のロボットだそうで、逃げようとすると、ニューロンゾンビが起動して、彼らをフルボッコにすると言うのです。

 でも、ようやくゾンビ!です。(≧ω≦)b

 バイオといえばゾンビというのがこの業界では黄金律のようなものです。ようやく、バイオハザードしてきました。

 めんどくさいので、ニューロンにはつっこみません。

 赤毛にはどこか遠くに逃げろといいます。アシモフさんの3原則が効いている様で、まず人間を守ろうとします。

 でも、ここは宇宙船の中です。遠くといっても、どこに逃げろというのでしょう

 とりあえず逃げます。

 あっさり見つかります

 ニューロンゾンビとはさっきのおっさんでした。彼はロボットでも人間でもOKのようです。

 赤毛に危機が訪れます。先ほどのロボットが1体だけ助けに来てくれました。

 おっさんの怖い顔のアップで、ガオーガオー。手をぶんぶん。

 ロボットがやられてしまいました

 貨物室に逃げる赤毛。他のロボットはどこに行ったのか出てきません

 絶体絶命。再び、おっさんの怖い顔のアップで、ガオーガオー。手をぶんぶん。

 すると、赤毛の目がピカーと光り、おっさんこと、ニューロンゾンビがおとなしくなります。

 その隙に妖艶美女が妙に長い管を突き刺して、おっさんをやっつけました。

 アルタイル第4惑星に着くと、テレビで大虐殺は地球軍の仕業で無いとわかったので、戦争は止めたとやってます。

 なぜ地球軍の仕業で無いとわかったか謎ですが、いいことです。ラブ&ピースです。

 急に、ボンテージに網タイツのおばさんと大佐が殺し合いを始めました。

 ボンテージに網タイツのおばさん、今回はトップレスと大サービスですマニアは大受けでしょう。

 大佐を追い詰めるも、なぜか返り討ちにあい、やられてしまいます。

 シワを隠すために画面が暗いので詳細は不明です。

 ホテルにチェックインする妖艶美女と赤毛。

 妖艶美女が説明を始めました。彼女はアルタイル第4惑星の先史文明に作られたロボットで、赤毛は今は滅んだ種族の最後の生き残りでカメレオンのように何にでも擬態する能力があるそうです。

 カメレオンが色が変わるだけだし今までの展開と何の関係も無い説明をされても困ってしまいます

 赤毛の出生がわかっただけで良しとしましょう。

 例の長い管で首を絞められる赤毛。

 はっと目が覚めると、首に咬み傷が!

 赤毛の後ろから、大佐が忍び寄ってきます。

 大佐の後ろから、懲戒免職の原因を作った同僚が銃を構えて忍び寄ってきます。

 ドリフのコントのようです

 同僚のほうが一歩早く、大佐は赤毛と絡むことなく、ビームで消滅してしまいます。赤毛は気絶させられます。

 大佐の存在意義は何だったんでしょうか?

 赤毛が気づくと、どこかに閉じ込められてて、妖艶美女と黒人将校が現れました。

 妖艶美女か黒人将校にかまれると下僕になってしまうそうです。

 ロボットに咬まれたからってどうなるとも思えませんが、吸血鬼のようなもののようです。 

 それで、彼らは戦争が大好きなので、もう一度戦争の火種を起こすために、赤毛に地球の大使を殺すよう命令します。

 ようやく、おぼろげながら物語の行く末が見えてきました。

 どうにか逃げ出す赤毛。

 外は見渡す限りの荒地です。

 なんだか、空にゴミのようなものが見えます。B級らしく、フィルムのゴミを取り忘れたのかな?

 ハエのように、動いています。でも、ゴミにしか見えません。

 ぷ~んと動いて、大きくなってきました。プラモです。( ´,_ゝ`)プッ

 あ~、小型の宇宙船ですね。中学生の作った合成フィルムのようです。

 敵だったら大変です。赤毛は隠れました。そのまま気絶しました。( ̄ー ̄?).....??アレ??

 隠れてたのに見つかってしまい、宇宙船の中に連れ込まれます。

 気が付くと、蝶ネクタイのおっさんがいます
 
 油断できません。ただのおっさんが、ニューロンゾンビになるくらいです。1000年と70年未来のくせして、21世紀でも、フジテレビの太ったアナウンサーしか着けないようなネクタイをしてるようなやつは信用できません。

 実は学者で調査に来ているだけなので、好きなところに送ってくれるそうです。

 あっさり信用する赤毛。

 やっぱり人間が出来ています。

 学者は、アルタイル第4惑星の先史文明が作った、最後の避難所に案内してくれました。そこで、先史文明は、吸血鬼に感染した者と彼らの作ったロボットによって引き起こされた戦争によって滅んでしまったと説明してくれました。

 何でこんな場所を知っていて、何でそんなことを知っているのか解りませんが、博識ぶりに感動したのかわかりませんが、学者にキスする赤毛。

 ガブリ、学者に咬みつきました。やはり赤毛も吸血鬼になっていたようです

 すると、超大きい頭に、細いひょろりとした足がくっついている、にこちゃん大王のような、かなりバランスの悪い、押せば転んで二度と立ち上がれないようなロボットがでてきました。

 不思議なことに、全体が写ってるとぴくりとも動かず、足だけとか、手だけだと活発に動いています。

 カメラワークの勝利ですね。

 吸血鬼を倒すためのロボットのようで、赤毛を追い詰めます。転ばせばいいのにと思うのですが、真剣に怖がっています。

 フィルムに傷をつけて作ったようなビームを出して、赤毛の動きを止め、高枝切りバサミで喉を切ろうとしてます。

 すると、赤毛の目がぴかーと光りロボットが止まりました。おっさんこと、ニューロンゾンビの時と同じです。

 妖艶美女に真意を聞きたいと学者の船をかっぱらってホテルに戻る赤毛。

 妖艶美女は黒人将校とグルで、戦争を起こそうとしているんじゃないでしょうか。真意も何もこれ以上何を聞こうと言うのでしょう?

 よくわかりません。

 ホテルに戻ると、受付係に銃で脅され、またもや監禁される赤毛。

 ジェダイナイトの様な紳士がいて、

 「吸血鬼に咬まれたのか?」

 「咬まれて無い!」

 「うそ言うな!」

 「ホントだってば!」

 「ア、そうなの?ごめんね監禁しちゃって。」

 嘘をつき通して、お互いの信用を確立すると、黒人将校の地球大使を殺して戦争起こしちゃおう計画を、ジェダイナイトに告げる赤毛。

 とりあえず、そのまま決行して、地球大使を犠牲にして、黒人将校を捕まえようということになりました。∑(=゚ω゚=;) マジ!?

 ところでこのジェダイナイトは何者なんでしょうか?さっぱり解りません。ここ以降出てきません。

 どうやってか知りませんが、アンドロメダ大使と入れ替わった赤毛。

 地球大使に近づき、バキューンと殺ります。逃げる赤毛。

 黒人将校が何でかいて、地球大使がロボットと入れ替わっていたことに即座に気づきます。

 小型宇宙船でうまく逃げ出せました。ふーやれやれ。

 ところが黒人将校が乗り込んでいました。さらにその後ろからロボットがやって来ます。

 今度こそ、絶体絶命!

 なぜか乗り込んでいて、なぜか天井裏に潜んでいた妖艶美女がロボットを倒します。

 アルタイル第4惑星の大気圏に突入し、ますます速度を上げる小型宇宙船。

 早く脱出しないと!(〃゚д゚;A アセアセ・・・

 そのまま地表にどーん!

 赤毛が目を覚ますと、先の最後の避難所にいて、置いてけぼりにした学者が介抱してくれてました。

 奇跡です。助かりました。大気圏外から一切減速せずにトップスピードで地表に激突して、大爆発を起こしたのに、助かりました。

 何で、最後の避難所にいるのかはつっこまないでおきましょう

 ということは・・・・

 黒人将校も生きていました!なぜか最後の避難所の奥から登場しました。

 やっぱり、どうやって来たのか気になります。

 妖艶美女がどうなったかも気になります。

 即座に喧嘩を始めます。

 赤毛が追い詰められました。またもや、目がピカーと光ると、黒人将校がヤベッという顔をして後ずさります。

 ようやく解りました。目がピカーが擬態なんですよ。姿形は変わらないし、色も変わらないのでなんのこっちゃだったんですが、きっとそうです。キャシャーンの様に、姿形は変わら無くても、鉄をも砕くこの腕さ、となってるんですよ。

 赤毛の怖い顔のアップで、ガオーガオー。手をぶんぶん。

 黒人将校、血だらけになってやられてしまいました。

 外に出て、荒地を歩く赤毛、上に引いてゆくカメラ。

 終わりました。

 え~と、この映画の特徴は、

 全編通してHi8にカビが生えたようなザラザラ感のある映像、

 ピントがいまいちあっていない映像、

 70年代の中学生がスターウォーズをリスペクトして手近にあるものでやってみた様な合成映像、

 ロボットらしい映像表現を完全に放棄しているロボット、

 どの辺りがヤマなのか首をひねりたくなるストーリーと、

 香ばしさ満点なトコロです。

 あ~そういえば、どの辺りがバイオハザードなのかという話でしたよね。それを忘れてもらうためにこんなに長文にしたんですけど、おっさんことニューロンゾンビと、バイオハザードって言う警告放送くらいですかね。

 どこがどうやってバイオハザードなんですかっていうことです。

 あっ、ちなみに3077でもなければ、Millenniumでも Crisisでもありませんでした。

 ということで、★3つです。


 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】


2007/11/29 18:22|SFTB:0CM:8

モンスターアイランド

〇モンスターアイランド(原題MONSTER ISLAND)
本編93分 劇場未公開 画面サイズ4:3
監督 ジャック・ペレス
キャスト カーメン・エレクトラ、ニック・カーター、ダニエル・リタール、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、アダム・ウェスト

monsterisland1.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 すいません、今回もアルバトロスです。しかも、テレビ放映用に撮影されたもののようです。

 あっ、お客さん帰らないで、見所満載ですから(*´∇`*)。

 あらすじは、無人島で開催されたライブに参加した主人公。突然現れ、セクシー女歌手をさらっていく巨大な昆虫。セクシー歌手を助けるために、主人公達は、巨大昆虫が飛んで行った先である島の中央にある山へ向かう。さあ、無事にセクシー歌手を助け出せるのか!?という感じ。

 主人公の妹が、主人公の名前で応募していたシークレットライブに当選。高校のクラス全員と妹が、無人島でのライブに招待される。

 セクシー歌手が、セクシーヴォイスとセクシーダンスを披露していると、巨大な羽アリが登場!ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

 会場は大パニックです。

 カメラ近くにアリのソフビ人形をセットし、遠くで観客が勝手にバク転をするという、すばらしい遠近法を駆使して、羽根アリの強さが演出されます。

 セクシー歌手のステージに迫る、遠近法を駆使した巨大羽アリ。

 立ちはだかるセクシー歌手の用心棒!

 みんな逃げ出す中、すばらしきプロ根性です。頑張れ!(≧∇≦)b

 がしっと、羽アリに咥えられセクシー歌手は前足に捕まり、そのまま飛び去ってしまいました。

 と思ったら、用心棒は森の上でポイッと捨てられました

 映画の中でもむさいおっさん冷たい扱いを受けるんですね。肝に銘じておきます。(;´Д`A ```

 遠近法を駆使する巨大羽アリが出ただけでも大騒ぎなのに、セクシー歌手が連れ去られてしまい、ますます大騒ぎです。

 さあ、主人公の出番です。

 ステージに上り、さあ、みんなで助けに行くんだとアジる主人公。Щ(`д´Щ)

 これがまたうまいです。次期大統領選用にと、スカウトが来そうなくらいみんなを盛り上げて、大フィーバーです。

 みんなその気になってきました。

 プロデューサーが登場して、少年少女たちよ、まあ、待てと。助けに行ってもいいけど、怪我しても俺達は責任を持たないからな、後、船の準備ができ次第帰るからな、君たちが戻ってこなければ置いてくぞ。と告げます。

 さっきまでのフィーバーはなかったことにして、皆さん船に向かいます。

 結局残ったのは、主人公、主人公の妹、主人公の親友のメガネとサル。主人公の元カノ、元カノの新彼です。

 ここに、救出劇を撮影して一儲けをたくらんだプロデューサーの差し金で、女リポーターとカメラマンが加わります。

 セクシー歌手を救出するため、いざ出発!

 しばらく行くと、ポイッと捨てられたはずの用心棒が、木の上から降ってきました。捨てられた後、木に引っかかってたそうです。

 捨てる神あれば拾う神ありです。

 ・・・違うような気がしますが、気にせず次にいきましょう

 元カノ、落ちていたペンダントに気づきます。泥だらけのそれを躊躇なく装着します。

 きっと何かの伏線に違いありません。期待して待ちましょう。

 ん・・・?何か前方にいるようです。暗くてよく見えません。近づいてみましょう。

 出ました!ついに2匹目の巨大昆虫です。

 カマキリ!私事ですが、管理人はカマキリがあまり得意でありません。出てきた瞬間ちょっとびびりました。)

 画面から推定するに、高さ15メートルくらいはありそうです。

 でかいです。

 こんなのにつかまったら、頭からぼりぼりどころか、丸呑みにされてしまいます。

 んなことは皆さん百も承知です。コントローラーのBボタンが壊れそうなほど、ダッシュをかけて逃げ出しました。

 おや?カマキリ君だけは結構いい感じのCGみたいなんですが、動きがカクカクしています。

 アルバトロスのHPで確認しましたら、ストップモーション風のCGだそうです。

 手間をかけるところはもっと別なところだと思いますが、気にせず次にいきましょう

 なにかに導かれるように、湖に誘導し、そこになぜかある船にみんなを乗せる元カノ。

 伏線のにおいぷんぷんデス。

 被害者も出ず、カマキリから逃げ出せた一行。湖岸で休憩します。腹が減ったので、魚を釣る新彼。

 アタリが来ました。ぐんぐん引っ張られる釣り糸。かなり大物のようです。

 もちろん巨大タガメとか巨大ミジンコを期待します。

 ざぱ~と釣り上げられたのは、

 着ぐるみばればれΣ(゚□゚(゚□゚*)の、半魚人!

 昆虫でもなければ、リアルな着ぐるみでもなければ、CGでもありません

 やっぱり、手間をかけるところが間違ってる気がします。
 
 とるものもとりあえず、一行に襲い掛かる半魚人!

 カマキリから逃げたと思ったら、今度はこれ!大パニックです!

 元カノに襲い掛かる半漁人!まだ未練たらたらの主人公、すわ一大事と頑張って撃退します。
 
 内股走りで、肘から曲げた手を左右に振る、女走り湖に逃げる半魚人。

 行きがけの駄賃にカメラマンを連れて行きガブリ。犠牲者第1号です。

 勢いをつけた半魚人、やっぱりもう1人くらいと振り返ります。

 ズダーン!肩を押さえてのけぞり、そのまま逃げていく半魚人。

 白衣を着たおっさんが銃をもって現れました。原子力局の博士だそうです。

 博士の話だと、この島は、未開の部族がいたけど、そいつらと王女を追い出して水爆実験をしたところ、巨大昆虫が跋扈する島になったそうです。博士と陸軍が調査のために島に来て、基地を築いたそうです。陸軍の皆さんは巨大昆虫にやられちゃって、1人残っているそうです。

 アリとカマキリの他は昆虫いなかったんでしょうか?

 それから、この島はもうすぐ沈んじゃうそうです。

 もう泣きっ面に蜂です。

 博士が話をしているというのに、妹が何かを頭に乗せて騒ぎ始めました。

 かじられたーw▼ ̄□ ̄;▼!ギャァー

 どうやら一人芝居では無いようです

 よく見ると、つぶらでかわいらしい瞳をした、ゴンタ君の頭のような形をした、作り物の生き物です。

 博士が作ったそうです。

 そうすると、さっきの半漁人もこいつが作ったんでしょうか?

 そういえば、半漁人のことを名前で呼んでました。

 もしや、ここはモンスターアイランドではなくて、ドクターモ〇ーの島?

 いいとこ取りをしようとして失敗してるような気がします。

 博士に、山への道を教えてもらい、山へ向かう一行。

 博士が、元カノをちょっと引き止め、ペンダントを見て、

 選ばれたんだね、と一言。ただ拾っただけなんですが、意味深です。

 やはり伏線です。これで伏線でなかったら何でしょう。

 ギャオー!例のカマキリが追いついてきたようです。

 あわてて物陰に隠れる一行。

 現れるカマキリ、さあどうする?

 木をなぎ倒しながら、カマキリがもう一匹現れました。

 大怪獣バトルが開始・・・・しません

 交尾を始めました。雄と雌だったようです。(*´ェ`*)ポッ

 でまあ、ご想像のとおり、コトが終われば、雄はガブリとやられちゃいました。

 その隙に逃げればいいのに、終わるまでちゃんと見ていて、見つかっちゃいました。

 めったに見られるものじゃないですからしょうがないですね。┐(´-`)┌

 でまあ、必死こいて逃げます。

 つり橋発見!向こう側に渡れば、カマキリは橋を渡れません。助かりそうです。

 用心棒がブルドーザーでカマキリに突進して、崖に押して行きます。

 これは、絶対、ミニチュアを使ったストップモーションです。教育テレビの児童番組レベルのストップモーションです。ストップモーション風のCGなんていうアルバトロスの説明はとても信用できません。“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 ところで、用心棒はどうなったでしょう?

 当然一緒に落ちました。

 ようやくカマキリをやっつけました。

 カマキリは飛べたような気がしますが、細かいことは気にしないで、次に行きましょう

 尊い犠牲を払いながら、ついに山の麓に到着しました。

 ことここに至って、もうごめんだとばかりにバックれるリポーターと新彼。

 やむを得ません。来るものは拒まず、去るものは追わずです。

 さあ、もう一息です。

 山肌を描いたベニヤ板に隠した階段を辛そうに上る一行。

 全く辛そうに見えません。

 すぐに手書き風の頂上に到着します。

 アップになると砂丘になります。

 (´ヘ`;) う~ん・・・ここはどこなんでしょうか?

 砂丘を歩いていると、巨大アリが登場!

 何とか撃退します。

 博士が再登場!気が変わって、手助けにきたそうです。

 以前に一度アリ退治に来たことのある博士の案内で、アリの巣に難なく到着します。

 中へ入っていくと、たくさんの人がいます。陸軍が追い出したはずの部族が残っていて、アリにこき使われていたようです。

 アリとカマキリは巨大化しても、人は巨大化しないようです

 つーか水爆実験があったのに、何で生きてるんでしょう?

 まあ、細かいことを気にしすぎると、顔の毛穴がますます開きますから、良しとしましょう。

 セクシー歌手を発見しました!

 セクシーヴォイスを披露しています。もうみんなのアイドルです。部族の皆さん大興奮で聞いております。

 娯楽が足りないのでさらってきたようです。何で、アリがさらうのかは理解の外ですが。

 これじゃダメだ、彼らの神は私だ。叫ぶ元カノ。

 ペンダントが光り、何かを叫ぶ元カノ。

 女王だ!女王だ!とフィーバーし始める部族の皆さん。そのまま、アリを攻撃し始めます。

 やはり、ペンダントは伏線だったんですね。部族の神が宿っているんですね。あれ?部族の皆さんは女王だと騒いでました。

 神はフカシこきすぎなような気がしますが、(´ヘ`;) う~ん・・・どっちなんでしょうか?

 細かいことを気にしてはいけません。この場は勢いです。次に行きましょう

 混乱に乗じて、セクシー歌手をうまく助け出す主人公。

 ついに、島が沈み始めました。

 当初の目的を達成した主人公一同は、抜け穴から外に出ます。

 皆さん、山肌を描いたベニヤ板に隠した滑り台で、一気に、海岸まで、滑り降ります。

 1人残った博士は、爆薬でアリと心中します。

 その様子は、発泡スチロールで作った山に爆竹を仕掛けて、パチンと火花を出すことで表現されました。

 なんか、ゴレンジャーとか昔の戦隊ものを見てる気分になってきました。

 乗ってきた船は、とっくの昔に出て行っています。

 この非常時に、主人公、元カノをもう一度口説きます。なんとOKが出ました!

 極限状態に置かれるとくっつきやすいといいますから、すぐに別れることでしょう。

 とにかく、船がありません。

 先に逃げ出していた新彼は、泳いで逃げ出していますが、主人公達はどうするのでしょう?

 今回ばかりは何の伏線もありません。絶体絶命です。

 あっ、おもちゃのヘリが写りました。この非常時に次から次へとふざけたことを・・・

 違いました。特撮です。

 ヘリが助けに来たということを言いたいようです

 ライブのスペシャルゲストとしてくる予定だったけど、計器の故障で今まで遭難してたそうです。(*´σー`)エヘヘ

 眩暈がしましたが、みんな助かったんですから、細かいことは水に流しましょう。

 説明台詞がとても多くてわかりやすいこと、子供番組並みの特撮、子供の好きな虫が出てくることから、細かいことは気にしないでムシキングだよ説得して、子供と一緒に見れば、何とかなるでしょう。

 ということで、★2つ。


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A 

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


 

2007/11/28 18:29|モンスターTB:0CM:3

アルマゲドン2007

〇アルマゲドン2007(原題EARTH STORM)
本編97分 画面サイズ 16:9LBビスタ
監督 テリー・カニンガム
キャスト スティーヴン・ボールドウィン、エイミー・プライス・フランシス、ダーク・ベネディクト、ジョン・ラルストン、アンナ・シルク、マット・ゴードン、ジェシカ・ヘイフィ

armagedon1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 ハイ、今回もアルバトロスです。タイトルからもお分かりでしょうが、超大作「アルマゲドン」のパクリです。

 あらすじは、本家「アルマゲドン」をなるべく忠実にパクろうとして、一度分解してから、よっく分析して、組み立てなおしたら、なぜか6まわりくらい小さく組み立てあがり、作業台の下を見たら、重要な部品が3つ、4つ落ちてた上に、ねじが5~6本余っていてガタピシしてる、という感じです。

 いつも通り、予告編から始まります。よし、ここで情報収集して、次のネタを仕入れるぞ、と早送りしないで見ます。見ます、見ます見ます・・・・・終わらない・・・長い、長いです。

 約23分、アニメなら一本見終わってます。

 本編に入る前にくじけそうになりました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 ようやく始まりました。

 大きめの隕石が、太陽系を突っ切るように飛んできます。構図を完全にパクっています。違うのはCGがペロンとしていて、リアリティがナッシングなトコロです。

 おおっと、月に衝突!オリジナル要素です!

 隕石の破片が地球に落ちてきたり、天文物理学者(女)が月の写真を見てハッとするなど深刻な事態になっていることを暗示します。

 場面変わって、ビルの爆破解体現場。どうやら主人公らしき爆破のプロを自認する男。

 自信満々でスイッチオン!

 大失敗!∑q|゚Д゚|pワオォ!!

 ビルは全然崩れ落ちません。うまく爆薬を設置できてない部分があったらしく、あわててもう一度ビルに突入!する爆破男。

 うまく設置できるも、ビル脱出前に、カウントダウンが終わってしまい、轟音と共に、ペロンとしたCGでグタグタと崩れ落ちるビル。

 爆破男はどうなったのか!

 なぜか、埃をかぶったくらいで助かっています。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

 ラッキーだったそうです。

 本家の主人公、髪の毛の少ない彼と同じくらいのタフネスぶりです。ここはオリジナルに忠実です

 ところで、大変なことが判明しました。隕石衝突の影響で月の軌道が変わり、地球には氷河期が訪れてしまうそうです

 そうこうしている内に、今度はアメリカの街に結構大きな隕石が落ちて来ました。

 ビルが2棟だけ半壊しました。

 ビルが2棟だけ半壊した大惨事を、ペロンとしたCGで何とかしようとしています

 ところで、またもや、大変なことが判明しました。今、降ってきている隕石は月の破片だそうです。隕石衝突のショックで、月に大きな亀裂が入り、地球の引力に引かれて、ぱっくり割れて、地球に激突するそうです

 地球は、氷河期が訪れたり、月がぶつかったりと災難続きです

 どっちにしても、大変なことです。どうしたらいいんでしょうか?

 安心してください、解決法も提示してくれました。さすがです。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

 亀裂を埋めて、月を元に戻せば万事OKだそうです。

 あ~良かった。で、タイムリミットは?ほら、よくあるでしょ?後、〇〇時間しかないからって緊迫感をあおるやつ。

 当然、そんなものはありません。

 まあ、こんなもんでしょう。 ┐(´ー`)┌

 なぜか、爆破男を呼びつける天文物理学者(女)。

 月に行けとは言わないから、月の亀裂の壁を爆破して、亀裂を埋めて欲しいそうです。そのために、爆破のプロを呼んだとのこと。

 月に行かなきゃ行けない雰囲気満載なのに、渋々とOKします

 月が割れるほど深い亀裂なのに、爆破なんかしたら余計に割れてしまいそうな気がしますが、まあ、良しとしましょう。

 天文物理学者(女)と対立している大統領アドバイザーが登場しました。

 先ほどの、亀裂を埋める案をけちょんけちょんにけなします。天文物理学者(女)の上司で爆破プロジェクトの責任者は黙って聞いています

 でも、とりあえず、亀裂を埋める案で準備を進めて、実行前に最終的な説明をおこないます。

 爆破男、爆破より、磁気を発生させて月の破片を全部くっつければいいんじゃないと突然、伏線も何も無しで、提案します。

 そんな無茶な、今までの準備はどうなるの?

 皆さん、当然のように賛成します。

 アドバイザー君、猛反対。爆破男の案を却下します。

 責任者の上司はここでも黙って聞いてます

 なんか命令系統に問題があるようです。いちいち違うことを言う上司がいると、下っ端は困るんですよね。(すいません、実生活の愚痴が出てしまいました。)

 磁気発生装置が都合よくあったので、やっぱり磁気発生計画にこっそり変更することにしました。

 磁気発生装置はプルトニウムを爆発させて・・・なんとかこうとかで、取扱いが難しいので爆破のプロの爆破男が、月に行くことになりました

 やっぱりね。

 突然現れたアドバイザー君。ばれちゃいました。

 んで、再び却下。責任者の上司はやっぱり黙って聞いています。、頼りにならないやつです

 ところが、上司くん、アドバイザー君がいなくなると、俺に任せとけ、お前らは磁気発生計画の準備を進めておけと急に大きなことを言い始めます。前言撤回、結構頼りなるやつです。部下に付くならこんな上司です。

 さあ、計画実行の時です。

 期待感をあおるようなBGMと共に、宇宙服を着たシャトル乗組員が、スローモーションでシャトルに向かいます。構図から、映像のつくりまで完全にパクってマス。違うのは3人しかいないことと、凄く安っぽいセットということだけです。

 新開発の核エンジン搭載のシャトル。発射のカウントダウン。迫るハリケーン。果たして無事に発射できるのか?

 ハリケーンがどんどん迫ってきます。カナリヤバイ雰囲気。

 管制員が独断で発射を中止しようとします。

 やはり、命令系統に問題があるような気がします。

 結局、無事、発射できました。

 月に近づくと、細かな破片が飛んできます、女操縦士が抜群の操船でうまく避けて行きます。テレビゲームのようなペロンとしたCGで、ここも完全にパクってます

 爆破男の仲間の女が管制室に現れます。爆破男と無線でなんてことのない会話をします。どうしても構図をパクリたいようです。

 ガコン!シャトルに何か起こったようです。アラートが真っ赤です。

 大変です、核爆弾の止め具が自然に外れてしまいました。

 その辺で爆発すると大変ですから、ちゃんと止めておきましょう。

 ちょっと待ってください!

 確か、こっそり磁気発生装置にするんじゃ・・・・

 また、あの上司にやられましたホントに頼りになりません。

 ここで、月は鉄やウランで出来ているので、とても硬くて、核爆弾では亀裂を埋めるほどの瓦礫を作れないことが明らかになりました。磁力発生装置でないと対処できないようです。

 何をいまさら。どーすんのよ。

 何と、今ある核爆弾と、シャトルの部品で磁気発生装置ができちゃうそうです

 指示を受けながら、さっさと組み立てる爆破男。

 デアゴスティーニの「週刊 磁気発生装置」のような手軽さです

 あんまりな展開に感動さえ覚えます。

 大変です。今度は磁気の出力が全然足りないそうです

 だから、どーすんの。

 次々と、事前のチェックしてんのかと言いたくなるトラブルばかり起こします

 大丈夫、こんなこともあろーかと、新開発の核エンジンを搭載してるんです。

 核エンジンと磁気発生装置を接続して、適当にその辺にセット。

 もちろん、船内だけで作業をします。

 本家のように、船外作業を見せ場にしたら、予算をオーバーしてしまいますからね

 脱出!

 みんなが早く押せと言ってるのに、充分に離れたところで、ためてためて、

 爆破男がスイッチオン。

 うまくいきました。次々と月の破片がくっついて、亀裂を埋めていきます。氷河期も地球激突も回避できました。

 強力な磁気嵐の中、電子装置の塊のシャトルが無事に飛んでいることや、つぎはぎ装置作ったり、スイッチオンするだけなら爆破男がわざわざ月まで行かなくてもよかったじゃ、と色々疑問はありますが、うまくいったのだから、水に流しましょう。

 さて、無事に任務を完了した爆破男、天文物理学者(女)とチューして(゚ロ゚;)エェッ!?、二人で仲良くバカンスの相談。

 いったいいつの間に、そんな仲に。

 最後まで疑問のつきない映画でした。

 と言うことで、★3つです。

2007/11/27 20:35|SFTB:0CM:10

言葉なき隣人

〇言葉なき隣人(原題Family)
【マスターズ・オブ・ホラー2 第12話】
監督 ジョン・ランディス
キャスト (すいませんよくわかりません)

【レビュー】今回は評価なし
 次のネタは今仕入中なのですが、今日はWOWOWで録画していたマスターズ・オブ・ホラー2の1作品を見たので、それについて。

 オムニバス形式の一話完結ホラーで、全部で13話放送されたのですが、いずれも上質のホラーでして、B級認定できませんでした。12月には全13話が再放送されますし、確かDVDにもなっていたので、ネタバレしない程度にレビューさせてもらいます。(これだけをレビューする理由は後述します。)

 ある家に引っ越してきた若い夫婦とその隣人(凄く太ったおっさん)で物語が展開されます。

 始まってすぐに、タイトルの理由が明らかになります

 あ~なるほどね、じゃあこれからどうやってオチをつけるんだろう?と引きこみます。

 ここから、おっさんの脳内(と思われる)映像と現実が交差しながら進んで行きます。

 B級にどっぷり浸かっている管理人は、なんとなく、そうかな~と思いながら、結局はラストのどんでん返しにうまく引っかかりました。(予想もしなかったどんでん返しもありました)

 ラストは邦題よりも、原題がしっくりくるものでした

 また、途中、展開がもたもたする部分もあったりしましたが、ラストでうまく収束された感のあるオチでした。

 このシリーズは1話が1時間程度とお手軽で、内容も面白いですので、WOWOW視聴環境のある方は12月の再放送で、ご覧になってみてください。

 ア、それでこれだけレビューした理由なんですが、通常、管理人は1人で部屋にこもって鑑賞してます。カミさんはまず一緒に見ることはありません。(TmT)ウゥゥ・・・

 ところが、今回、The Endとなった瞬間に、部屋に入ってきて、画面を見て、一言

 「あっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    気持ち悪~い」

 

と言って、すぐに出て行きました。

 ホラーについても他の映画と同じく、ストーリーの練り具合やオチの面白さと言う視点で見てるんですが、一般?の人には映像のグロさ(とはいっても、たいしたことはなかったんですが)だけで敬遠されてしまうものなんだな~と改めて痛感したんです。

 一般?の人のB級に対する視点がこんな感じなのかなと思ったので、所感を含めてレビューをした次第です。

 ちょっと全然管理人らしくなかったですね。

 次はちゃんとB級をレビューしますのでご容赦ください。

 


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


2007/11/26 19:47|サイコTB:0CM:4

「うまい棒めんたい味の如く映画を語る」さんにリンクを張らせていただきました

このたび、かからないエンジンさんの運営されているブログ、

「うまい棒めんたい味の如く映画を語る」にリンクを張らせていただきました。

ホラー映画への愛にあふれたレビューブログです。ぜひご覧になってください。

2007/11/26 13:36|未分類TB:0CM:1

ヴァンパイアVSゾンビ

ヴァンパイアVSゾンビ(原題VAMPIRES VS. ZOMBIES)
本編85分   画面サイズ4:3
監督ヴィンス・ダマト
キャスト ボニー・ジロー、マラタマ・カールソン、C・S・マンロー、ブリンク・スティーヴンス、ピーター・ラギニス

PCBE-51553.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 ジャケットは比較的大作の例の映画(エイリアンVS.プレデター&フレディVSジェイソンとまんま同じ。実は結構期待してレンタルしました。

 また、やっちゃいました予告編も無くいきなり始まった本編。感じるデジャブ

 すぐに思い出しました。こいつ見たことある!Σ(゚д゚;) しかもつまんなくて、早送りで見たやつだ!Σ(゚д゚;)

 でも、しょうがないので、B級を世に普及促進するという崇高な使命のために85分、早送りを我慢して見ました。

 あらすじは。。。。。。。。

 わかりません!

 数々のB級を見てきましたが、これほど難解なのは初めてです

 順を追って説明しますので、わかった方は、後で教えてください。お願いします。

 イヤ、ほんとに(m。_。)m オネガイシマス

 罹患すると人肉を食すようになる、狂犬病のような感染症が流行っている世界。

 車に乗って現れた、主人公らしき父娘。タールを顔に塗ったくった人をいきなりひき殺します(゚ロ゚;)。ひき殺された人は、それでも、もぞもぞと動いています。

 どうやらゾンビらしいです。1匹目登場

 しばらく行くと、娘二人を連れた母親が出てきました。次女が例の病気に感染したので、父娘に長女を遠くに連れて行ってほしいそうです。

 長女の名はカミラ!ヴァンパイアを連想させる名前です。彼女がゾンビと対決するんでしょうか?o(^-^)o ワクワクッ

 見知らぬ女性の、横柄な頼みを、なぜか快諾する父親。

 ガソリンスタンドによると、妙な女が現れます。実はこいつがヴァンパイアか?!

 残念、次のシーンでなぜか殺されています。違ったようです。

 場面変わって、白髭のおっさんが、タールを顔に塗ったくった人をひき殺します。ゾンビ2匹目登場

 先ほどのスタンドに、先の母親と次女が来ました。先ほど出てきたスタンドの店員はなぜか殺されています。

 白髭の親父も現れ、母親に俺の娘を返せ!こいつは預かっとくと次女を連れて行きます。実は次女がカミラだそうです。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

 ( ̄ω ̄;)エートォ...ワケが分からなくなりました。何かの伏線でしょうか?

 父娘に電話するおっさん。カミラを捕まえたと言うと、父親は、いやこっちにいるのがカミラだと言う。捕まえた次女の顔をまじまじと見つめ、だまされた!と言うおっさん。

 それはこっちのせりふです。

 次女は、実はどこからかさらわれてきた女で、すでにヴァンパイアになっていました。おっさんに襲い掛かる次女!どうにか撃退するおっさん。結構強いです。

 ところで、なんで皆さんカミラにこだわるんでしょう。さっぱり解りません。「(´へ`;ウーム

 車をもう一台手に入れた父娘。娘とカミラがもう一台に乗り出発します。

 いきなり始まるレズシーン。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?何で?どうして?

 夢オチでした。┐( ̄ヘ ̄)┌

 でも、娘は太股をかまれているのに気づきます。やはりカミラはヴァンパイアなんでしょうか?ここまできても分かりません。

 今度はいきなりどこかの病院です。すでにヴァンパイアに咬まれているらしい娘。変な緑色をした薬を注射されます。

 「きゃーーーー」

 当たり前です。あんな気持ち悪そうな液体を注射されれば、悲鳴も上げるってもんです。

 続いて、なぜかあの母親が出てきて、娘に風呂に行けと言います。ふらふらと風呂に行くと、先ほどの医者の死体が!

 またもや「きゃーーーー」

 はっと気が付く娘。また夢オチでした。┐( ̄ヘ ̄)┌

 どうなってるんでしょうか?監督は視聴者をどこに連れて行きたいんでしょう(?_?)

 ちなみにここで52分。ヴァンパイアとゾンビのからみは全くありません。

 また、どこかの建物のベッドでレズシーンですΣ(゚д゚;)。すると、病院の閉鎖病棟へ、なぜか場面転換。

 夢オチでした。┐( ̄ヘ ̄)┌

 なぜか、引き続きレズシーンΣ(゚д゚;)。

 夢でした。┐( ̄ヘ ̄)┌

 はっと気が付く娘。ゾンビが迫ってます。3匹目

 正拳突きでゾンビの顔を打ち抜き倒します。強い!

 部屋を出ると、ようやくゾンビの大群。危うし娘!

 そろそろ、ヴァンパイアが出てきて絡んでくるんでしょうか?

 残念、父がチェーンソーで助けに来ました。

 モタモタと倒して娘を助け出します。

 白髭のおっさんが来ました。父娘と仲間のようです。

 父の車のトランクから、胸に杭を刺されたおっさんの娘を見つけます。当然、何でつれて歩いてるのかなんて、説明はありません。

 逆上したおっさん、杭を引っこ抜き、父を刺します。

 すると、おっさんの娘がよみがえり、おっさんに咬み付きます。カミラに咬まれてヴァンパイアになってたのを杭を刺して活動停止させていたそうです。

 逆上したのも忘れ、おっさんも協力して、おっさんの娘の口に何かを入れると血を吹いて死にました。

 何か、イヤになってきました。

 おっさんと父娘はカミラを倒すために、カミラの棺を探していたそうです。

 ようやく目的が分かりました。今までのシーンからは想像も出来ませんでした修行が足りませんねε- (´ー`*) フッ

 棺を見つけると、なぜかカミラがいて父を殺します。なぜか娘はおっさんを殺します。

 そして二人でどっかに行ってしまいました。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったんです。ようやく解放されると思ったんです。

 続きがありました。∑('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!

 どっかの病院に場面が変わり、娘と看護婦が手に手をとって逃げ出したと騒いでいます。看護婦はカミラのようです。

 二人はどこかのモーテルでレズシーンを披露してくれますが、なぜか大量のゾンビが部屋の中に現れてΣ(゚д゚;)二人を食べちゃいます

 二人は死に、ようやくジ・エンド。。。

 

 

 

 今までのストーリーを反芻してみました・・・・・

 「(ーヘー;)え~と..、ヴァンパイアとゾンビはいつ対決したんだ?!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 マジンガーZ対デビルマンじゃねーんだぞ!

 ぐったりとした疲れが心地よい85分でした。

 ということで文句なく★3つです。(≧ω≦)b


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


2007/11/25 11:53|ヴァンパイアTB:0CM:21

DEATH WISHさんとリンクさせてもらいました。

 このたびはまちんさんの運営されているブログ

 DEATH WISH とリンクさせていただきました。

 B級映画に対する視点が当ブログと同じように感じて、毎日チェックさせてもらっています。

 ぜひご覧ください。

2007/11/25 10:40|未分類TB:0CM:1

ケルベロス

ケルベロス(原題CERUBERUS)
本編98分 劇場未公開作品 画面サイズ16:9
監督ジョン・ターレスキー
キャスト レッグ・エヴィガン、エマニュエル・ヴォージア、セバスチャン・スペンス、ブレント・フローレンス、マイケル・デイビス、ガレット・T・サトウ

keruberosu1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 管理人はDVDを見ながら、つっこみ所をノートにメモしています。分野が分野なので、通常はびっちりとメモしていって、5~6ページくらいになります。

 今回は大きめの字で1行おきにメモしていって、3ページ98分もあるのに3ページ。いつもどおりのメモの仕方だと2ページ。ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

 レビューです。

 配給がアルバトロス 以上! これ以上何も言うことはありません(≧∇≦)b


 


 


 というわけには行かないので、しばしお付き合いください。(アルバトロスは、管理人にはおなじみですが、B級ばっかりリリースしている神のような会社です。レンタルする時は配給会社までは確認しませんが、5本借りると5本ともアルバトロスということもあったりします。)

 あらすじは、手にすると世界を征服できるという剣をめぐって、テロリストとアメリカ国務省チームが争います。そこにケルベロスが絡んで、さあどうなる!という感じです。

 剣の隠し場所が書いてある鎧をテロリストがルーマニアの美術館から強奪します。すぐに場面転換し、ニューヨークの美術館。国務省の兄ちゃんが女考古学者に、鎧と剣を取り戻すために、協力を依頼します。

 ここらあたりまでは、といっても、5~6分ですが、展開がスピーディで、おっ、この先どうなるんだろうと思わせます。

 何といっても、開始10分でケルベロスがもう登場するんですありえないスピード展開ですw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!この先、フルCGの3つ首の犬を出し続けていたら予算がいくらあっても足りません

 安心してください。ほんの30秒ほど出たら、数十分は出てきません会計係が管理人のカミさんと同じくらい優秀なようです。

 鎧の現物はテロリストに取られたままですが、国務省チームには写真があります。何と、写真だけで、国務省チームと女考古学者は、すぐに、剣の隠してある古い城をルーマニアで発見します。

 テロリストさんたちも写真で充分だったんじゃないの?会計係がこんなに優秀な映画がホントにルーマニアで海外ロケを敢行するのか?という疑問は尽きませんが、とりあえずスルーしましょう。

 さあ、この城のどこに剣が?

 あっさり見つけますΣ(゚д゚;)

 おおっとテロリスト登場!この人たちも鎧の文字が解読できたんですね

 違いました。どうにかして、国務省チームに発信機をつけて、後をつけたようです。

 やっぱり、鎧の強奪はしなくてもよかったような気が。。。。眩暈がしてきました。

 剣を手に入れて、テロリストの皆さんは意気揚々と戻ろうとします・・・おおっと!

 ケルベロス登場!

 ついに本編が6割がた過ぎたところでタイトル名にもなっている彼が再登場です

 テロリストのリーダーは逃がしますが、1人は頭をぱっくり。体には手をつけません。好き嫌いせずに食べましょう。

 ケルベロスくん、国務省チームに気づきました。あわてて逃げます。ε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

 うまく逃げれました。

 ケルベロスくん、今回の出番は1分くらいでした
 
 外への出口を探す国務省チーム。「グルグル・・・」ケルベロスくん声だけで登場です。これならそんなにお金はかかりません。

 会計係がいい仕事しています

 外への出口目前でついにケルベロスに追いつかれる国務省チーム!1人が犠牲になってしまいました。今度は足だけしか食べません。出番は、まあ10秒というところでしょう。

 ケルベロス君、今度は外に出て、キャンプをしていた学生達を襲います。よっぽどお腹がすいていたのか、皆殺しです。でも、手や足を残しています。今回も出番は10秒くらいでした

 外に出た国務省チームは剣を奪ったテロリストを追いかけて、近くの村へ行きます。

 テロリスト発見!剣を取り戻すため、対決します。

 ケルベロスも村へ到着。ここからは正味3分程度と、長丁場の出演となります。

 ケルベロスが村人を食い散らかしている間に、国務省チームは、ようやく剣を取り戻しました

 ケルベロスは、意気消沈のテロリストを2つの口でガブッ!そのままバリッと真っ二つに引き裂きます。学生、村人とお腹いっぱいになったようで食べません

 国務省チーム、バリッとやられてはかないません。剣をケルベロスに向かってウリャ(*`ー´)ノ∝∝∝∝∝∝∝∝⇒》o ̄*)/グサッ!!倒せました!アゥオーンという遠吠えと共に消えていきます!

 国務省チームとテロリスト達の息詰まる攻防に、ちょい役のケルベロスくんがスパイスを効かせたいい映画でした。

あれっ?タイトルは・・・・・・

 ということで★3つです。
 


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


 

2007/11/24 20:32|モンスターTB:0CM:0

リージョン・オブ・ザ・デッド ~ミイラ再生~

〇リージョン・オブ・ザ・デッド ~ミイラ再生~(原題LEGION OF THE DEAD)
 本編83分 日本語字幕 画面サイズ16:9
 監督 ポール・バレス
 キャスト ザック・ギャリガン、ブルース・ボクスレイナー、アンディ・ラウアー、コートニー・クロンク

D111889602.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
 タイトルから、ゾンビとミイラが出てくる映画かな?と誰もが推測するでしょう。そして、ミイラとくればエジプト!この手の映画は経費節約のため、近くの公園なんかで撮影しちゃったりするのが常識なんですが、もしや、結構な大作?

 だって、ジャケットにはピラミッドとミイラの大群!

 おお~、再生ボタンを押す手が期待で震えています((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

 始まりました。期待通り砂漠(のような)場面!やった!賭けに勝った!ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

 バイクが2台ふっ飛んできます。レースをしている様子です。2台を追いかけるカメラ。よく見ると砂漠では無いようです。砂っぽい赤土です。なんかアメリカではよくありそうな荒地です。

 バイクが穴に落ち、周りを見ると、エジプト風の壁画とミイラ状の死体を発見!おおっ!やはり、エジプトだ!我勝てり!v(*'-^*)bぶいっ♪

 バイカー二人はこの後すぐに、グサッ、ブチッと殺されます。

 ようやく物語が動き始めます。

 主人公(若い女)が現れました。知的な風貌をした金髪美人です!やった!ますます楽しみが増しました。主人公が車を降りると男達が何やら口論しています。

 保安官と教授1です。なになに?「ここは連邦政府の土地で・・・」「州知事の・・・」( ̄ー ̄?).....??アレ??エジプトじゃナイノカナ

 どうやらここはアメリカのようです。やっぱり近くの公園で撮影したようです。残念。。。。o(TヘTo) クゥ

 いや、それでこそB級だ!

 気を取り直しました。

 バイカー二人が落ちた穴には古代エジプトの女神官のミイラと数体のミイラがあったので、アメリカの大学教授と学生が発掘をしているそうです。

 主人公は古代エジプト文字を読んで、話せるので、壁の象形文字を読み上げてしまい、時間差で、その夜に女神官ミイラがよみがえります

 ピカーと全身がオレンジ色に光りはじめ、徐々に包帯がほどけていきます。

 おや?妙にキレイな肌です。顔の包帯が解けました。若くて美人です!エキゾチックな美人です!しかもです!やった、また楽しみが増えました。

 よみがえってすぐに、近くにいた男の警備員をビリビリ~っと10万ボルトで焼き殺します

 発掘現場から出てきて、近くにいた教授1を速攻でビリビリ~っとやっちゃいます。

 問答無用、容赦なしです。色気で油断させるとかそんなん無しです。もう、目があった瞬間にビリビリ~です。男嫌いなんでしょうか?

 夜が明けると、主人公が泊まっているモーテルに現れる女神官。もう主人公が殺されちゃうんでしょうか?

 ところが、問答無用にはやっちゃいません。それどころか、裸だからタオルを巻けという主人公と主人公の妹の言うことを素直に聞く始末。男嫌い決定です。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 とにかく、女神官を教授2のいる発掘現場へ連れて行く主人公。車から降りた女神官。へそ出しで、超短いショートパンツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すいません。見入ってしまいました

 女神官はすたすたと発掘現場へ行き、そこにいた男子学生を速攻でビリビリ~。一緒にいた教授2は、学生全員を生贄にやるからと土下座して助けてもらいました。なんてやつだ。きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

 40分経過。ミイラは出てきません

 場面変わって、女神官、ついに色仕掛けで男子学生を誘い出します。今度はです!いえっ~!2~3分でビリビリ~真っ黒こげ。なかなかもちました

 次はどんな手でやっちゃうのか楽しみになってきました

 次に現れた時は、なんていうか、水着のような感じ、ビキニみたいな感じです。妙に表面積の少ない布を体につけています

 おおっ、後ろから不意打ち!何と、反撃を食らいます。逃げる男子学生、こいつは助かるのか?

 残念!回り込まれて、真っ黒こげです

 実は、配下のミイラをよみがえらせるために、男の魂が6つ必要だそうです。

 6人やっちゃったかどうか数えてませんが、やり遂げたようで、ミイラが6つよみがえります。

 開始後62分、ついにミイラが6体だけ出てきました。

 早速主人公のいるモーテルへ行き、そこにいる人たちを手当たり次第に襲います。

 背骨を引っこ抜きます。口に手を突っ込んで心臓を取り出します。包帯で首を絞めます。

 もうやりたい放題です。

 6つもこんなミイラがいれば阿鼻叫喚の地獄絵図です。ひーふーみー・・・アレ、3つか4つしか画面にいないな~管理人は超ド近眼です。乱視もひどいです。よっく目を凝らしてみました。やっぱり1シーンに3つ4つしか出てきません。これからミイラの大群が出てくるであろうに、ずいぶんケチな演出です。

 まあいいんですけど┐(´-`)┌

 ところで、何で主人公のモーテルまで、来たのかというと、主人公の妹をさらうためです。さらって何をするのかというと、血を抜くそうです。その血で女神官は不老不死を得るそうです。

 それで、なんで主人公の妹(17歳)じゃないといけないかというと、純潔の血でないとダメなんだそうです。いい年こいたおっさんがこんなこというのは何か恥ずかしいんですが、つまりですね、しょ、処女の血がほしいんだそうです。

 さらわれた妹は発掘現場で女神官にナイフでぶすっとやられそうです。女神官は神官らしい服装になってますが、相変わらず布の表面積は少なめです

 間一髪、主人公と主人公の元彼が現れて助け出します

 妹を外に逃がして主人公と元彼は女神官&ミイラと対決します

 大変です。ミイラが何体か外にワープして妹を追いかけます。主人公と元彼はとりあえず女神官を倒そうとくんずほぐれつします。

 女神官が元彼を捕まえて、「こいつ処女だ!」古代エジプト語でしゃべってるので英語字幕はvirgin!

 え?もしかして、こいつ女か?イヤ、どう見ても男だ。女神官、何言ってんだ?(実はvirginは童貞という意味もあるそうです。なので、純潔という意味ではあっている模様。)

 元彼は押さえつけられ、何の躊躇も無くグサッ!ここまできても男には容赦ありません。ドバドバと血が流れ出て、どうやら女神官は不老不死になったようです。

 元彼を殺され、怒りに燃える主人公。ナイフを奪い取り、女神官をグサッ!骨になって崩れ落ちる女神官。不老不死になったはずだったんですけど、あっさりとやられちゃいました

 この後、妹の血をちょっとだけもらい、なぜか知っていた復活の呪文で元彼を生き返らせ、めでたしめでたし。

 ここまで読んでいただいた方はお分かりになると思いますが、男嫌いの綺麗なお姉さんがお色気サービスをする映画です。

 


 あっ、ピラミッドもミイラの大群も、影も形も出てこなかったやられた~

 ということで、★2つです。

 


 

このたびモンスターAMさんの運営されているブログ

回転揺りイス固め!

リンクしていただけることになりました。

始めて間もないこのブログを評価していただきました。大変光栄です。

映画のほかにも、管理人も大好きなプロレス、Gガンダムのテイストがちりばめられた、味わい深い文章のブログです。ぜひ、ご覧になってください。


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


2007/11/23 21:13|ミイラTB:0CM:6

感染源 BIOHAZARD

感染源 BIOHAZARD(原題 DEEP EVIL)
本編93分 英語:DD(5.1chサラウンド)/日本語:DD(ステレオ) 画面  4:3
監督  パット・ウィリアムズ 
キャスト ロレンツォ・ラマス、オナ・グローア、アダム・ハリントン、ウィル・サンダーソン、レイチェル・ヘイワード

APS61_l.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ
 はい、ジャケット、レーベル面共に、バイオハザード(生物災害)のマークがでかでかとプリントされています。メガヒット映画のタイトルと雰囲気をパクッちゃえという商魂のたくましさに脱帽です。原題とのつながりをまったく意識していませんね。

 もうこれだけでB級です。以上終わりとやってもいいくらい、理想的なB級です

 ところが、やはり、中身も突っ込みどころ満載です\(^▽^)/

 あらすじは、何かが起こり隔離閉鎖された地下研究所へ、特殊部隊+研究の責任者(♂×1、♀×1)が潜入し、研究員を助け、何が起きたのかを解明するというもの。パクリ元とまあほぼ同じプロットでわかりやすいデス

 冒頭で、核爆発!!おお~すばらしいつかみ!と思いきや、ただ、核爆発がありましたとしゃべるだけ。こーゆう時は映画なんだから映像で表現しましょう「(´へ`;ウーム

 続いて、軍に追われる男。いつ捕まるんだろうと思わせる、カメラワークとカット割でワクワク"o(・ェ・o))((o・ェ・)o"ドキドキ。あえなく捕まり、拷問を受け、尋問されます。彼は、研究の責任者(♂×1)で国家機密に関わる研究をしていたそうです。以降は彼の回想という流れ。

 どこかの研究所のシーン。何かから注射で抜いた血液が虫に変わり、研究員の皮膚に侵入していきます。おお~、虫がキーワードか、きっとここから研究所内が大騒動w(゚o゚)w オオー!・・・・となりませんΣ(゚口゚;

 研究員はもだえ苦しみ、何かのチューブを引っこ抜いてしまいます。すると何かのガスがブシューと出てきます。おっ、もしかして、虫じゃなくて、新開発の毒ガスがキーワードw(゚o゚)w オオー!・・・・でもありませんΣ(゚口゚;

 なんと、このガスは放射能です!ええ、ええ、放射能です!寡聞にして知りませんでしたが、放射能はガス状なんです。

 何かを連発してますが、本当になんだか分からないんです(TmT)ウゥゥ・・・画面上でまったく説明がないんです。ここまでで唯一解ったのは放射能はガスだということ。

 この後、登場人物がそろって、地下研究所に突入となるんですが、長い!長すぎる\(*`∧´)/ ムッキー!!状況説明と登場人物紹介だけで、30分以上かかってます。地下研究所が舞台なのに、そこに行くまでこんなにかかってどうすんですか。先が思いやられます┐( -"-)┌ヤレヤレ...

 突入すると、粘液に包まれた歯とペースメーカーを発見!おお~なんかそれらしい展開になってきましたが、これらのアイテム、今後一切ストーリーに絡んできません。ただ出てきただけです。

 開始37分でクリーチャーらしきものの足音がしました((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

 開始41分で、生き残りの女性研究員を発見!!何かの病気に感染しているかのような皮膚のただれ。まさに、バイオハザード

 彼女は「自分の中に何かがいる。放射能ならこいつらを殺せる」といって、近くにたくさん置いてあるバイオハザードじるしのガスボンベをひねり始めます

 エ?放射能ですよね?バイオハザードのしるしがあるボンベなんですけど?やっぱりガス状なんですか?上記の放射能は、もしかして字幕が間違ってたのかなという淡い期待を抱いていたのですが、見事に打ち砕かれました

 あわててガスボンベを閉める突入チームの皆さん。研究員はピストルで殺します。でも何も彼女の体からは出てきません。さっき何かがいると言ったのは冗談のようです。

 どうやらただ事ではないと気づいた特殊部隊の皆さん。研究の責任者を問い詰めます。ようやく本当のことを白状する責任者。

 ソ連からもらったエイリアンを軍事転用するために研究していた。エイリアンビンに入るくらいの大きさで、その唾液は知性を持っているそうです。

 にわかには信じがたい話ですが、こんな与太話では国家機密となるのも無理ありません。でも、エイリアンが出てくるのはよくある話なので、良しとしましょう

 開始56分。2人目の生き残り研究員を発見。発砲してきたので、とりあえず撃ち殺します。すると、どばっと水状になり、手袋をはずしていた軍人のところにするする~と流れていき、肌から侵入します。

 すると、そこから皮膚がただれていくではありませんか大騒ぎです┐('~`;)┌軍人隊長さん、責任者にどうすればいいと聞くと、目の色を聞いてきます。この非常時にと思いながら、見ると、黒くなっています。

 黒いと手遅れだそうです。モンゴロイドはこの施設に入ったらすぐに手遅れといわれそうですが、とにかく隊長は納得して鉄砲で楽にしてやります。侵入した水は出てきませんでした

 どうやら、エイリアンの唾液が悪さをしているようです。そういえば、妙に水が動くシーンが多い気がしてましたが、眼の錯覚ではなかったようです。ということは、いまだ影すら見せてないエイリアンの本体がどこかにいて、ラスボスはそいつに違いないと期待は膨らみます((o(∇*)oドキドキo(∇)oワクワクo(*∇)o))

 身内から被害が出たので、とりあえず撤退を決意する皆さん。もう施設は爆破しましょうと上司を説得∑(=゚ω゚=;) し、核爆弾のタイマーをスイッチオン。唯一の出口であるエレベーターに行きました。

 例の唾液で出来た、小さな蜘蛛が大群で出てきたので、ピストルで応戦する皆さん。まあ、ピストルではどうすることも出来ず、何を思ったか一人が手榴弾を投げてしまいます。

 当然、エレベーターは粉々、蜘蛛は倒せず。どーすんですか・・・(゚_゚i)タラー・・・

 とりあえず、元の場所に戻って、上司に状況を無線で報告すると、核爆弾のカウントダウンをとめるから、お前らで起爆装置を再起動させて、予備の出口から逃げろとのこと。

 出口はひとつしかなかったんジャナイデスカ?

 さあ行くぞ、とした時に、責任者(♂×1)が急に苦しみ始めます。さっき、蜘蛛に侵入されたようです。あわてて、ワクチンを打ちます。さらにもだえ苦しみ始め、ゲボッと変な虫を吐き出しました

 おおっ、もしやエイリアンの本体?!虫はダッシュで排水溝に逃げ、ドロッと水になって流れていきました。本体ではありませんでした

 責任者(♂×1)はそのまま死んでしまいました。アレッ?じゃあ、最初に出てきてたのは誰?

 ここで、通常兵器ではエイリアンの唾液を倒せないことに気づいた特殊部隊の皆さんは、何か武器はないのかと騒ぎ始めます。

 そんな便利なものがあれば、普通、最初から出しますから・・・・えっ? あるそうです!

 先ほど打ったワクチンのようなもので、ガスでエイリアンの唾液を倒すそうです。(ちなみに放射能ではありません。)

 この武器をこねくり回していた一人が、中身(緑色の玉がつめてあります)をこぼしてしまいます。それを見た責任者(♀×1)が顔色を変えてダッシュで逃げたしました。周りの皆さんも一緒逃げます。

 何?何が起きるの?

 こぼした隊員、緑色の玉から漏れ出したガスを吸い込んで、苦しみ始め、皮膚がただれて死んでしまいました。

 エイリアンの唾液だけに効くようなものじゃないようです。こんなものをガス状にして噴出したら、こっちまでやられてしまうんじゃと、心配になってきました

 もう後には戻れないので、どんどん前に進んでると。人型のシルエットが襲ってきました。例の武器で応戦です。これがまた、音といい、出てくる白い煙?粉?ガス?といい、消火器そっくりです

 どうも杞憂のようでした。皆さん、武器が噴出する煙の近くにいても生きてます。でも、人型のシルエットにも煙幕程度にしか効いていません。人一人が即死するようなものが原料のくせしてどうしてでしょう

 ここで、73分、エイリアンの唾液の他は、クリーチャーは、いまだきちんと映像で確認できませんあと20分です

 75分。核爆弾をしまってある部屋に到着しました。ここまで来れたのは特殊部隊2人、責任者(♀×1)の3人だけ。

 ふーやれやれと思いながら、扉を開けると、ついに、半漁人のようなクリーチャーが、これこそ悪さをする唾液の製造元のエイリアンに違いない。ついに最後の対決が!

 半漁人は、6匹います。さあ、その消火器で倒すのだ!

 って、アレ、エイリアンは1匹だけでは・・・しかも、ビンに入るくらいではなかったんですか

 まあいいや

 どうやらみんな眠っています。今の内に起爆装置を再起動して・・・半漁人が起きないように静かに・・・

 3人は怒鳴りあいながらやってます。起きちゃうってば!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆コラーッ!

 案の定起きた半漁人たちは襲い掛かってきます。消火器ブシュー
 やっぱり煙幕程度にしか効きません。ブシューブシューとやってる内に、どうにか起爆装置がうまくセットできたようです。部屋から出て、扉を閉めて、さあ逃げるぞ!

 「待て、タイマーが壊れてる」今頃言うな~ もう手動でスイッチオンしか手がありません。

 隊長「よし、俺が残って起爆させる」かっこいい(゚∇^d) グッ!!男です。いや、です!

 後の二人が止めて、少し悶着があって・・・・ありません。2人とも止めません( ̄□ ̄;)!!じゃあ、任せたとばかりにさっさと行ってしまいます。

 隊長、もう一度部屋に戻り、消火器プシューとしながら、時間を稼ぎます。何と!半漁人を何体か倒しました。ようやく消火器が威力を発揮しました。

 ところが、隊長は首を噛み切られて殺されてしまいました。無線でその断末魔を聞いた2人は立ち止まり、1人残っていた特殊部隊が「よし今度は俺の番だ」と核爆弾をスイッチオンすべく戻っていきます。かっこいい(゚∇^d) グッ!!お前もやはりだ!さっきは悪口言って悪かったm(。≧Д≦。)m!!

 残った責任者(♀×1)は特に引きとめもせず( ̄□ ̄;)!!とりあえず逃げます

 後ろから迫る影!半漁人が襲ってきました。ピストルで応戦する♀×1。連射でダメージを受けた半漁人は、ドロッと唾液になりました。

 やっぱりこいつら、エイリアン本体ではなかったようです。ということは、あと10分くらいで本体が・・・ワクワクしてきました。マダカナ((o(= ̄¬ ̄=)o))マダカナ?

 核爆弾の部屋に戻った漢は、ランボーばりにウオォーと消火器プシュー!おお!何体か半漁人を倒しました。これならいける! 

 ボォギィ!片手をもぎ取られてしまいました!大変だ、このまま殺されてしまうのか!?

 そこはランボーばりにタフネスなです。片手をもぎ取られたはずなのに、両手を映したまま、スイッチオン!

 ♀×1は出口に間に合うのか!

 間に合いました!
 出口にあったエレベーターのドアを閉めたとたん、核爆発の炎が押し寄せ、追いかけてきてた半漁人を粉砕!彼女は助かりました。よかったよかった。

 ん?核爆発ですよね?多分かなり頑丈なんだろうけど、ドア一枚で防げるものなんデスカ?

 まあいいや。

 ところで、死んでしまったはずの責任者(♂×1)ですが、尋問されていたのは、ご想像のとおり、エイリアンの唾液です。地下研究所の地表部分の隙間からじょろじょろと出てきて、♂×1に擬態したのものでした。

 ついに、エイリアンの本体は出てきませんでした。字幕の読み間違いだったんでしょうか?もう一回見るのはイヤなので、真偽のほどはあえてこれを見たいという勇者がいましたら、後で教えてください。

 B級のつぼを押さえてる半面、けっこうドキドキする場面もあったので、★3つはあげれません。ということで、★2つです。

(管理人は、このDVDをゲオで手に取った時に、何か見たことあるような気がしました。そして、見終わってから気が付きました。yahooの無料動画で配信されていたのを早送りで見てました。半年くらい前に。よっぽど好きなんですね。)
 


良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】





2007/11/22 16:40|未分類TB:0CM:3

ウルトラヴァイオレット

ウルトラヴァイオレット(原題Ultraviolet)
本編88分 監督 カート・ウィマー
キャスト ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド

TSAI-36206.jpg

【レビュー】★☆☆(★1つ】
 
 え~と、最初に謝っておきます!ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

 何でかと言いますと、あのバイオハザードⅢの主人公、今をときめくミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大作映画をB級認定するなんて、一般の映画ファンに怒られそうな所業を行うからです。

 あらすじは、ミラ・ジョヴォヴィッチが華麗に戦います。そして、勝ちます。以上です。

 と言うわけで、見所は戦闘シーンなんですが、1年間もの歳月をかけてトレーニングを積んで「オリンピック選手に匹敵する厳しいトレーニングだった」と本人が語るだけあって、彼女のスタイルの良さも相まって、とても綺麗なシーンばかりです。ここだけを切り取ればA級です。ここの題材にはなりません。

 B級たらしめているのは、CGです。(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ~ってなるくらい、今のご時世にCGがいまいちなんです。

 実写とCGの区別がつかないのがいまどきの大作なのに、「トロン」を彷彿とさせる、ずれ具合というかなんというか、CGがとっても浮いてます。とっても違和感があります。

 物語のキーとなる少年がいるんですが、これがまた、おっさん顔。少年じゃなくて、おっさんでいいんじゃないですかと言う感じ。で、不細工でやることもかわいげないので、感情移入が出来ません。彼がどうなろうとどうでもイイやという気にさせてくれます。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

 ミラ・ジョヴォヴィッチ美しい演舞が見たいと言う方にはA級としてお勧めできます。

 と言うわけで、このブログ的には★1つです。

 


 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 



2007/11/21 19:32|SFTB:0CM:3

マザーヒート

〇マザーヒート(原題は分かりませんm(_ _)m)
本編81分 英語版(日本語字幕) 劇場未公開 アスペクト比4:3
監督・製作・製作総指揮ハルダー・ゴメス
キャスト アレックス・ヴァン・ヘイゲン、ジェイ・リチャードソン、J・J・ペリー、ローラ・プトニー、アンドレ・リマ

mother1.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
 まず、眼を引かれるのはジャケットですよね。(カラテの胴着で)胸元を思いっきりはだけさせている(というより半チチのワクワク((o(゚▽゚○)(○゚▽゚)o))ドキドキ)金髪女性が、スパッツで大きく足を広げている劇画調のイラスト。

 もうこれだけで、男性陣は手にとってしまいますねヾ(@⌒∇⌒@)ノ。でも良く見たら、子供を抱いてるじゃないですか。えっ、もしかして子持ちのおばさんの話?Σ(゚д゚;) ヌオォ!? 

 すっと棚に戻す貴方が眼に浮かぶようです。もちろん管理人も思わず棚に戻してしまいました。(^▽^)/

 ところが!このブログを書いていることを知っているカミさんから、これこそB級なんでしょ!見なきゃダメよ!とお叱りを受け、再度手にとった次第です。

 ということで、見てみました。配給元は管理人にはおなじみの「アルバトロス」。再生ボタンを押して、アルバトロスと出てきたら、今回はどれ位ガッカリさせてくれるだろうとワクワクしてしまいます。

 あらすじは、娘を誘拐された主人公(女性)が娘を取り戻すために奮闘するところに、別れた夫(マフィアのボス)の組織内部の抗争が絡んできて、主人公は娘を助け出せるのか、組織抗争の行方はいかに( ̄ー ̄)ニヤリッとハラハラドキドキさせたいな~という感じです。

 全編を通して、皆さん何がやりたいんですか?と3分ごとにつっこんでしまうほど、今何をしているのかが前の場面から分かりません。推測も出来ません。

 というのも、場面の切り替えが妙に早いから。あっち行って、こっち行って、戻らないでさらに違うところ映して、まだまだ戻りませんよ~とやっている内に、ワケが分からなくなるという寸法。

 始まってしばらくすると、主人公らしき女性が出てきます。

 ジャケットのイラストから主人公は金髪ナイスバディーをちょっと期待してたんですが、髪はぐしゃぐしゃ、日焼けしまくりの、シミ出まくりの、ガタイのイイ、ジャケットからはちょっと連想しにくいかろうじて金髪の女性。まあ、率直に言って美しくはない金髪の女性

 まさか主人公じゃないでしょうと思っていると、カラテの試合らしき回想シーンが挿入されて、あっ、主人公なんだと、ジャケットとのあまりの落差にエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?

 でもこの後、しばらく出てきません、次は病院で寝ているんですが、すぐに病院を抜け出します。どうやら元夫から逃げる様子(後で分かるのですが、友人を頼ってブラジルに逃げてた)。で、またしばらく出てきません。

 ここまで見ても、どのあたりがマザーなのか分かりません。まったくヒートしてません

 場面転換して、元夫が5~6歳くらいの女の子に「わが娘よお前は宝物だ」と言っているシーンがあって、ようやくマザーらしいことが分かります。

 こいつ(主人公)、娘を置いて逃げたのか!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!と思ってると、誰かに連れられてきた娘を空港まで迎えに行く主人公。え?、娘を連れてきたのは誰?元夫は何も言わないの?どうやって居場所を伝えたの?という疑問は完全にスルーされたまま物語は進みます

 そうこうしているうちに、元夫から追っ手がかかります。危うし主人公!ついにヒートするのか?

 逃げます。逃げまくりますどっかの兄ちゃんが来て助けてくれます。どっかの兄ちゃんがヒートしました。

 次のシーンで、いきなり、助けてくれた兄ちゃんと飲みながら身の上話を始める主人公。なんと、主人公は娘をベビーシッターに預けっぱなしでトレーニングを積み、空手のオリンピック優勝者となり、元夫の主催する地下格闘技の無敗チャンピオンで、試合中に人を殺してしまったために、空手をやめたらしい。

 そーか、そーか、人に歴史あり・・・・ ん?オリンピックに空手?オリンピック種目に空手はありません。主人公は、なにで優勝したんでしょうか?

 娘をベビーシッターに預けっぱなしで・・・と反省しながらも、今も娘を人に預けて男とお酒を飲んでますがな。

 それにしてもこの兄ちゃん、主人公が結構深刻な話をしているのに、飲むわ食うわ。こういうときは手をとめて、相手の目を見て話を聞きましょう(○`ε´○)プンプン!! 

 んで、よくある展開となり、翌朝兄ちゃんのベッドで目を覚ます主人公。兄ちゃんが出かけているのをいいことに、机をあさると、兄ちゃんは娘を誘拐するために自分に近づいたらしいことに気づく主人公。あわてて、娘のところに電話をすると、娘を預けていた友人もグルで、さらわれちゃったと嘘をついています。

 さあ、主人公はようやくヒートしてきます。兄ちゃんを追いかけて、フルボッコにしようと不意打ちをかまして、殴る蹴るしますが、兄ちゃんも強くなかなか倒せません。その内、誰かに、いやホントに誰か分からないんですけど、吹き矢!で二人とも眠らされます。

 ところがヒートしている主人公は、なぜか、いやホントになぜか車を運転してどこかに行こうとして、途中で眠ってしまいます。

 眼を覚まして、町に戻ると、兄ちゃんに泣いて助けを求めますが当然断られます。いきなり、殴る蹴るしてきた女を助ける人はいません。

 あきらめた主人公は、兄ちゃんのマンションの前で、元夫の手下を見つけ(何でここにいるかは監督以外分かりません)、後ろから!不意打ちをかけて!倒します。

 どうやら主人公は不意打ちできる状況でないとヒートしない模様です。

 んで、なぜか元夫と街はずれの廃工場で対峙しています。

 主人公「娘を返せ」元夫「俺のところに戻って来い」と、いまいちかみ合わない会話をしながら、ついにクライマックスを迎えます。

 さあ、主人公はここでヒートしないともう後がないぞ

 ピストルで元夫を脅します。チャンピオンになったほどの腕前の空手はどうするのでしょう?

 もちろん使いません娘は兄ちゃんがどこからか助け出して、連れてきます。そして、3人でどこかに行ってしまいます

 元夫と愛人で、はりまくっていた?伏線の説明を延々とやって、ようやくこの映画が終わりました。

 疲れました。貴重な81分(+予告編の時間)を返して欲しいです。眼を離すと話が分からなくなると思い、一生懸命見ました。

 結局、分かりませんでした。(あ、ちなみに、お分かりかと思いますが、ジャケットのような、子供を抱いてハイキックをかますシーンは当然ありませんでした。)

 と言うことで、★3つです

 


 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


2007/11/21 14:10|格闘技TB:0CM:3

スペースバンパイア

〇スペースバンパイア(原題 LIFE FORCE)
 本編116分 英語版5.1chサラウンド(日本語字幕)シネスコープサイズ
 監督トビー・フーバー 原作コリン・ウィルソン
 CAST スティーブ・レイルズパック、ピーター・ファース、フランク・ファンレイ、マチルダ・メイ

【レビュー】★☆☆(★1つ)
 タイトルが思いっきり意訳されているのがB級ぽくっていいですね。しかも、「ヴァンパイアじゃなくて、「バ」ンパイアだから、20世紀フォックスジャパンの担当の人にこだわりが全然なくて素敵(≧∇≦)キャー♪

 また、B級にありがちなジャケットは本編にはそんなシーンないだろうというイラストになってるのもダブルで素敵ですねキャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
 

 あらすじは、『宇宙からやってきた、吸精鬼3人組(♀×1♂×2)が、人間の精気をバリバリッ~と吸い取って、吸血鬼みたいに仲間を増やしていく(吸い取られた人間はミイラみたいになって他の人の精気を吸い取っていく)。

そして、全人類の脅威にまではならず、ロンドンを廃墟にしてから、主人公を連れ、宇宙に帰っていく。』という感じ。繁殖用のオスを取りにでも来たんですかね~∈(*´◇`*)∋
 

 マニアにポイントなのは、原作がコリン・ウィルソンなこと。アングラ好きには「世界不思議百科」「世界残酷物語」、クトゥルー神話好きには「賢者の石」「精神寄生体」、真面目な人だと「アウトサイダー」「夢見る力」などの著者として知られている奇才の持ち主。

 もちろん、どのあたりがコリン・ウィルソンなのか良く分かりませんヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ


 それから、吸精鬼3人組(♀×1♂×2)はもともとは人間の姿をしておらず、主人公の好みを読み取って、それぞれが変身した様子。ここで疑問なのは♀が出てくるのは主人公が男なので当たり前として、♂×2も出てくること。

♀×3でもよかったんジャナイデスカ?もしかして・・・オールラウンダー?(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク
 

 ところで、見所ですが、バリバリッ~と精気を吸い取るVFXはCG全盛の現在では珍しくもなんともありません。

一番の見所は♀×1の出てくるシーン全般です(*⌒∇⌒*)テヘ♪この♀は準主役といっていい程よく出てくる上に、サービス満点でほとんど服を着ません(*´ェ`*)ポッ 

映画の面白さに目覚めつつある思春期の中学生にはもう目が離せない内容となっております。
 

なんとなく普通のSF映画なのかな~と思っているうちに、♀×1に目を奪われて、2時間が過ぎてしまいます。なので、★1つです!

 


 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。

にほんブログ村 映画ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 


2007/11/18 16:05|ヴァンパイアTB:0CM:7

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。