日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ダイナソー・ファイター カンフーvs.巨大恐竜

〇ダイナソー・ファイター カンフーvs.巨大恐竜(原題FUTURE WAR)
本編82分 画面サイズ4:3 
監督 アンソニー・ダブリン
キャスト ダニエル・バーンハード、ロバート・ツダール、トラヴィス・ブルックス・スチュアート、レイ・アダッシュ

1130b.jpg

【レビュー】★★★(★3つ)
久しぶりに、トランスフォーマーです。

 

トランスフォーマーとは何か?

めんどくさいんで説明はしません。

過去ログ参照ということでよろしくね。

 


というワケで、

恒例ですけど、

解説文を転載します。

 

数世紀後の未来、地球人は凶悪なるサイボーグの奴隷となっていた。だが1人の男=ランナウェイが彼らの手を離れ、時を超え現代のアメリカ、ロサンゼルスに逃げ込む。それを知ったサイボーグは彼を抹殺するため古代ジュラ紀から凶暴な肉食恐竜たちを連れ帰り、殺人プログラムをインプット、そしてロサンゼルスの地に解き放った!!突如現れた無数の巨大恐竜に街は大パニック。国防省も特殊部隊を派遣するが苦戦を強いられる。次々と罪なき人間たちが餌食となる中、ついにランナウェイは戦いを決意。唯一の武器であるカンフーで勝負を挑む・・・。果たして彼に、そして人類に未来はあるのか!?

 

珍しく、まあ、こんな感じなんですが、

当然ながら、嘘がちりばめられております。

 

始まると、あんま無くていいような場面がしばらく流れて、

今後に悪い予感を持たせるような、

出来の悪い、最高の誉め言葉でも、出来の悪いソフビ人形のような、

ティラノサウルスが出てきます。

 


それが終わると、よくあるパターンで、

文章で背景説明とか、

映像にするのがめんどくさい流れなんかが、

手短に説明されます。

 

いわく、

サイボーグが、過去から恐竜と地球人をさらってきて、

地球人は奴隷として、

恐竜は人間が逃げ出したときに追跡者として、

それぞれ活用していました。

ところが、1人の男が逃げ出しました。

男は地球に逃げ込みました。

サイボーグは追っ手として恐竜を放ちました。

 


ということで、この男の逃避行が始まります。

最後まで名前を呼ばれることがが無いので、

便宜的にのび太と呼称します。

 

ところで、なんで地球人を奴隷としたかと言うと、

地球人に親指があったんで、

色々と細かいことをさせるために捕まえたんだそうです。

 

サイボーグには親指が無いそうです。

エンコしたんで無いんなら、

親指が無いなりの文明を築いているはずなんで、

かえって、親指が無いほうが奴隷として使いやすいと思うんですが、

そんな、些細な疑問は、あんまり本筋には影響しませんでした。

 

閑話休題

 

のび太が地球に到着して、

どっかの街に逃げ込みます。

どこの街かは明示されません。

 

サイボーグと恐竜が追いかけます。

サイボーグといっても、

なんかそれっぽい服を着た、

顔色の悪いデブなんですけどね。

 

ここで注目すべきは恐竜です。

ティラノなんですけど、

ちっちゃいです。

中型犬くらいの大きさしかありません。

うちの犬と同じくらいです。

 

こんなんで大丈夫かと思ってたら、

案の定あっさり、首を刺されてやられちゃいます。

 

人間を追跡するのなら、

せめてドーベルマンくらいの大きさじゃないと。

 

それはさておき、

次はサイボーグ対のび太です。

 

サイボーグは腕に強力な感じの銃をつけてますから、

生身の人間ぽいのび太に勝ち目は無いでしょう。

 


サイボーグ、どっかで頭を打ったんだか、

その辺に転がってた木の枝で攻撃します。

 

最初は細い鉄の棒かと思ったんですが、

ぽっきり折れたんで、

やっぱり木の枝のようでした。

 

んなもん効くはずも無く、

のび太にガッツンガッツン殴られます。

 

とはいえ、仮面ライダーを素手で殴っているようなもんですから、

効くはずが無いと思ってたんですが、

またもや裏切られます。

 

えらいこと効いて、

サイボーグふらふらです。

 

キックをかますと倒されちゃいます。

爆発まではしませんでしたけど。

 


ちなみに、のび太、妙に動きがいいです。

ヴァンダムみたいです。

空手系のプロのようです。

 

ということで、カンフーじゃございません。

大きな嘘が早速発覚しました。

タイトルはもう忘れてください。

 

ようやくというか、簡単にというか、

サイボーグを倒して、ふらふらと路地を出たところで、

車にがっつりはねられちゃいます。

 


意識不明の重態のようです。

大変だ、救急車、病院、医者を呼べー。

 

もちろん、そんな金のかかることはしません。

轢き倒した金髪女は、

友人宅に運び込みます。

 

自分ちにはこびゃーいいものを、

早速他人を巻き込みます。

 

心配して看病するかと思いきや、

しばらくタバコをふかしたり、

お茶を飲んだり、

世間話に興じたりして、

挙句の果てには、

友人に後は任せるわ、

私は出てくからと、

とんでもないことを言い出します。

 


でもまあ、そのままだと、何ぼなんでも、

お話が破綻しますんで、

ここまでで破綻してないかと言うと自信がありませんが、

すぐに仲良しこよしになります。

 


ここからは、しばらーく、

金髪女の過去とかなんとか、

カンフーはもう関係なくなってますけど、

さらにダイナソーもファイターも関係ないほうへ突っ走っていきます。

 

気が付いたら、

金髪女が昔の仲間を巻き込んで、

残りのティラノを倒すことになってました。

 

たくさんのティラノが送り込まれてるそうなんです。

 


ああ、そうだ、忘れてました。

そのティラノが町中で大暴れするんですよ。

 

ソフビのティラノがカメラのすぐ目の前でいくらか動かされて、

カメラから離れたところで、人がウワーって演技するんですよ。

 

そりゃあもう、遠近法が大活躍ですよ。


ア、もちろん、食べられるシーンを映すなんて面倒なことはしませんよ。

想像力をフルに使ってくださいと、要求されます。

 

のび太と金髪はなんでか知りませんけど

警察と一緒にティラノの一匹を退治することになります。

 

あ、また適当なことを言ってると思ってるでしょ。

ホントになんでか分からないんですよ。

 

歩いてたのび太達をパトカーにいきなり乗せて、

現場へ直行。

 

のび太なんだから逃げりゃあいいのに、

のび太のくせして、俺に任せろと立ち向かいます。

 

もちろん、空手とかじゃありません。

ナイフです。

 

しかも、ナイフで喉の辺りをちょっと傷つけたら、

ティラノ、あっさり死んじゃいます。


喉が弱点なんだそうですけど、

ドンだけ弱点なんだって位、

弱点な喉です。

 

 

というワケで、

皆で残ったティラノを倒しに行きます。

 


また、のび太が前に出て、

喉をチョコっとやって、

あっさりやるのかなと思ったら、

さにあらず、

 

落とし穴とか、

電気ネットとか、

罠でやっつけていきます。

 

家庭用電源とかで死ぬほうもどうかしていると思いますが、

ドンどこ倒していきます。

 

ついに、ファイターでさえなくなりました。

 

ダイナソーくらいですかね残ってるのは。

 

ア、そうそう、

大きさは牛よりちょっと大きいくらいなんで、

巨大恐竜でもありませんから、

やっぱりダイナソーくらいですね、残ってるのは。

 

ということで、のび太は、

自分の手を汚さず、ティラノを全部倒しちゃいます。

 

一件落着かと思いきや、

またもやサイボーグが現れます。

 

今度は手につけている銃を撃ちながらの登場です。

さすがにいくらか傷を負うことでしょう。

 

のび太と対峙すると、

銃を使いません。

 

ただただ、のび太にフルボッコにされています。

のび太がちょっと離れると、

あさっての方向に打ったりします。

 

てんでやる気がありません。

 

のび太が肉体美を見せながら、

今回も勝ちます。

 

よくわかんないけど、

のび太と金髪がさらに仲良しになって終わります。

 


解説文を検証してみますと、

のび太が逃げ出したこと、

恐竜が追ってとして放たれたこと、

人間が恐竜の餌食なったこと、

本当なのはそれくらいですかね。

 

よく見れば、今回も9割がた嘘でしたね。

さすが、トランスフォーマーです。

この調子でどんどんやってほしいものです。

 

ということで、★3つです。

 

 

多分、中身を早送りで見て、解説文をかいてるんでしょうね。敵ながら天晴れです。その根性。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ

 

 

スポンサーサイト
2008/05/12 16:38|怪獣TB:0CM:9

プテラノドン

〇プテラノドン(原題Pterodactyl)
本編92分 画面サイズ16:9
監督 マーク・L・レスターダッド、エミー・スローン、ジョージ・カリル
キャスト クーリオ、キャメロン・ダッド、エミー・スローン、ジョージ・カリル

プテラ

【レビュー】★★☆(★2つ)
今回はWOWOWでございます。

時々こんなタイトルをやるんですよね。

こんなって、別に誉めてるわけじゃないですよ。(*´σー`)エヘヘ

 

チョイス班の中に同じセンスの人が居るんでしょうね。

営利企業としてはどうかと思います。(*゚▽゚)ノ

 

プテラノドン!

これでときめく男子が果たしているんでしょうか?

 

恐竜といえば、恐竜キングからひそかなブームのような、

そんな気がしたりしなかったりする最近。

 


こんなマイナーな素材をどうして選んだんでしょう?

ジュウレンジャーでもアバレンジャーでも、

プテラは脇役ですよ。(*゚▽゚)ノ

 

メインはやっぱT-レックスですよね。

B級の恐竜ものといえば、

やっぱティラノが主人公じゃないんですか?

 


と、タイトルを見た瞬間に、

一瞬の内にここまで考えさせてしまう。

そんな貴方が嫌いじゃありません。( ´艸`)ムププ

 


まず、火山が噴火すると、

大きな卵がごろんごろんと出てきます。

あっというまに孵化して、

プテラの赤ちゃんが3-4匹出てきます。

 

まあ、別に良いんですけど。

どうして、卵が腐らずに何万年も保存されてたんですか?

 

 

 


やっぱよくねーや。(`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!

地下で繁殖していて、地殻変動で出てきたとかなら、

まだ納得がいくんですけどね。

 

何をドーやったら、

火山にそのまま保存されてるんですか?

瞬間冷凍とかで保存されていたんじゃなくて、

火山のような暖かい環境で、

今まで孵化しないなんてありえないでしょが。

 


とまあ、はじまって30秒で、

つっこみどころというか、

根本的に何か間違ってる感が、

風速50メートルくらいで吹き始めました。

 


とりあえず、

そうゆうものだということにして、

見守ります。

 

どうやら、主人公らしいカップルと、

食われるためだけに出て来た様な連中が登場します。

 


こりゃまたびっくりってくらい、

魅力的な人物が居ません。((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

美形でもなければ、味もありません。

 

ぺローンとしています。。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

 


案の定、フォースを感じろとかなんとか言ってた、

その辺の一般人のようなヤツは、

速攻で食われます。( *´艸)( 艸`*)ププッ

 

あ、ちなみに、

プテラは繁殖して群れを形成してます。

 


米軍の特殊部隊も出てきます。

この人たちを出す必然性を、

最後までいまいち感じ取れませんでした

 

修行が足りないですね。(*´σー`)エヘヘ

 


お色気担当のおっぱいは大きいけど、

顔はちょっとびみょーなねーちゃんは、

当然あっさりとやられます。

 

んで、主人公一行と特殊部隊が合流します。

んで、まあ、頑張っているんだけど、

浮き気味で遠近感が狂ってるCGプテラ達と、

あっちこっちします。

 

犠牲者がでまくるんで、

とりあえず逃げることにします。

 

ところが、主人公の友達以上恋人未満の、

まだキスもしていないという、

大人としてそれはどうかと思うけど、

顔の造詣にちょっと不自由している感じで、

キスしてないのもまーしょーがねーかなーって、

そんな感じのヒロインが・・・・

 

あんまり、ヒロインって感じじゃないんですけど、

とりあえずその位置づけにある女の人が、

プテラの巣にさらわれちゃうんですよ。

 


したら、巣のある火山へ助けに行くぞーって、

簡単に方針転換しちゃいます。∑(-x-;)ナ、ナニッ?!

 

他にもさらわれた人は居たんですけど、

それはガン無視してたのにですよ。

 

そんな魅力がある女には見えn・・・・

まあ、蓼食う虫も好きずきと言いますから、

人の好みには口を出さないでおきましょう。┐(´ー`)┌

 

それで、目視で軽く数km以上は離れていそうな、

巣のある火山へ向かいます。

 

10分位で山の頂上付近にある巣につきます。

 

えっと、どこでもドア?w(゚o゚*)w

何ぼなんでもそれはないんじゃないですか?

 

まあ、そんなことしながら、

色々策を練ります。

 

中の人が思いつきます。

そういえば、さっき、ふもとに羊がいた。

羊をうまく使って助け出すぞ!

 


頂上付近まで、羊一頭を背負って、

これまた10分かかりません。w(゚o゚*)w

 

ドンだけ体力あるんですか?

やっぱ、どこでもドア?

 

時代の最先端を行こうとしている映画ですから、

もちろん、羊もぼけぼけのフルCGです。

羊毛しか映しませんけどね。( *´艸`)クスクス

 

金をかけるところが間違ってます。

 


なんとかかんとか助け出し、

いつ仕込んだのかさっぱり分からない

ちょー強力な爆弾で、

巣と共にプテラの群れを一網打尽にします。

 

この時点で特殊部隊の皆さんは、

隊長さん1人になってます。

皆さん殉職?なさってます。

 

こんな事のために死んだんじゃ浮かばれないでしょうね。

 

ふーやれやれと、

5分くらいで元いた草原まで降りてきます。

やっぱり、どこでもドアしか説明がつきません。

 

プテラのボスが急襲して来ました。

生き残っていたようです。

 


隊長さんがなんでかわかんないけど、

あんまりな死に方で死にます。

 

主人公がプテラのボスをバズーカで、

ドーンとやって、おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違った!

ドーンとやってから、

火山にカメラが移動し始めて、

また、卵が出てきて、

今度はティラノの赤ちゃんが出て来て、

ようやくおしまい。

 

セオリーどおり、

次作につなげるエンディングでした。


こてこてすぎて、笑っちゃいました。

 


えっとですね、

この作品の最大の魅力は、

何といっても、切り株です。∑d(≧▽≦*)

 

殺される時にですね、

プテラが急降下して、

上半身だけとか、首だけとか、

もぎ取っていくんですよ。

 

残された部分をびみょーにリアルなCGで、

しばらく映したり、アップにしたりしてくれます。

 

いやいや、いい眺めでした。∑d(≧▽≦*)

 


あとは、まあ、特筆すべき点は特にはないですね。

 


ということで、★2つです。

 

 

 

なんとなくペースをつかみつつあります。そんな管理人に頑張れのポチをいただけると、感謝感激雨あられでございます。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/04/09 10:39|怪獣TB:0CM:14

キングスパイダーVSメカデストラクター

〇キングスパイダーVSメカデストラクター(原題CREEPIES2 LAS VEGAS ATTACK)
本編86分 画面サイズ4:3 劇場未公開←あたりまえだっつーの!
監督 ジェフ・リロイ
キャスト ウォーレン・マックロー、コービン・ティムブルック、スター・ハンセン、ランダル・マローン

king-meka1.jpgイメージ図です。本編とはあまり関係ありません。

【レビュー】★★★(★3つ)
これ、続編なんですって!

知らずにレンタルしちゃいました。

キングスパイダーというのが前作なんだそうです。

 

どうも、B級好きな割には分野が偏ってるんで、

しょっちゅうこんなことが起こります。

まあ、大目に見てやってください。

そのうちなんとかなるでしょうから。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

 

今回は珍しく、観る前に情報を仕入れました。

あ、これ、当然アルバトロスですんで、

アルバトロスのHPであらすじとかを読んだんです。(*゚▽゚)ノ

 

一部抜粋しますね。全部読むのはマニアにだけお勧めしときます。

 

メカデストラクターは明らかに身体のバランスがおかしく、ガンタンクばりの短足。さらにコクピットははりぼて状態。

 

すごいでしょ?

アルバトロスにこれだけ言われるってことは、

ドンだけひどいのよって、

もう、観るのがすっげー楽しみになりました。プププッ (*^m^)o==3

 

 

あらすじは、ラスベガスに現れたクモを米軍の皆さんがやっつけるというものです。

言わなくても分かりますよね。あのタイトルであらすじが違うはずありませんから。

 


まずは、前作のプレビューです。

遺伝子操作で誕生した、凶暴かつ利口なクモ。

ロサンゼルスで大繁殖して、何故か全長30メートルほどになって大暴れ、

たくさんの人がかじられちゃったので、

何事も大雑把なアメリカンなセンスで対策を立てたところ、

原爆で焼き払っちゃえということになり、∑(-x-;)ナ、ナニッ?!

本当に実行しちゃって、LAは壊滅、でも、クモは生き残りました。

ちゃんちゃん。

 

というところが前作だそうです。

ホントにそんな内容だったのかは非常に怪しいですが、

そうなんだそうです。┐(´-`)┌

 

で、壊滅したLAで生き残りのクモ、おっきいヤツも含めてですね、

をやっつける、米軍最強の兵器として、メカデストラクターが登場します。

 

始まってすぐに出てきます。

ラストにチラッと出てくるとばかり思ってたので意外でした。

 

昔、ソニーが発売したアイボ。その後にたっくさん出てきたアイボのパチモン。

そのパチモンを2足歩行形態にして無理やり立たせ、

口に牙をつけて、メカデストラクターの出来上がりです。( *´艸`)クスクス

 

ジャケットのメカゴジラ風の彼を、

100倍くらいチープにしてもらえば、

なんとなく雰囲気がつかめるかと思います。( ´,_ゝ`) プッ

 

アルバトロスの言うとおり、

妙に短足で、よくころばねーなというバランスの悪さ。( *´艸)( 艸`*)ププッ

 

歩く時は、ブリキのぜんまいロボットのように、

体を左右に傾けながらのったりのったり歩く。

決して走りません。というか走れるはずがありません。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

プラズマビームという名の何かちゃっちい合成で発射したような雰囲気を出すと、

巨大グモが爆発炎上します。

必殺技です。というより、これしかもってません。(*´σー`)エヘヘ

 

ア、それで、メカデストラクターというのは長ったらしいので、

以降は、パチモンと呼称します。!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

 

原題にあるとおり、今度の舞台はラスベガスです。

なんかすっげーありえない状況で、

クモが人為的にラスベガスに放たれます。

 

その後、

ギャンブルについての心構えだとか、

白熱するギャンブルシーンだとか、

ポーカー選手権だとか、

別に頼んだわけじゃないんですが、

ラスベガスの雰囲気を充分に味あわせてくれてから、

パチモンが出動します。

 

パチモンの出動シーンです。

70年代の特撮テレビ番組を想起させるミニチュアです。

具体的には、ガンバロンを思い出してしまいました。(≧∇≦)b

今が西暦何年かはあえて考えないようにしました。

 

びゅーんと空を飛んでいきます。

こちらも、70年代の特撮テレビ番組を想起させる合成加減です。

やっぱりガンバロンとそのロボットを思い出してしまいます。(≧∇≦)b

 

今度はメーサー戦車が出て来ました。

2台も出て来ました。

どうやら東宝特撮映画をパk・・・リスペクトしているようです。(≧∇≦)b

 

造詣は、やっぱり70年代の特撮テレビ番組を想起させます。

まあ、その頃のが好きでよく見てたということもありますが、

なんぼなんでもちょっとねー。

 

まあいいや。 ┐(´ー`)┌

 


戦闘機も2機ほど出動します。

当然先に到着します。

 

早速攻撃開始です。

出てきたときは小さいクモしかいませんでしたが、

なんでか全長30メートルのクモが出てきます。

 

LAに原爆を打ち込むくらいですから、

ここで民間人が何人死のうとも全く気にしません。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

ミサイル撃ちまくり、バルカン撃ちまくりです。

 

ホテルやカジノが5つぐらいになって、

ようやく1匹倒します。

 

ここで注目する点は、そんなジェノサイドぶりではありません。

ミニチュアと合成です。

 

クモが移動するシーンは、現実の風景に、

クモに見えないことも無い、多分CGだと思われる何かが合成されます。

 

なんたって全長30メートルですから、

ホテルの壁をあるいてれば、ちょー目立ちます。

なのに、現実の風景の人は全くそっちを見ようとしません。(゚c_,゚`。)プッ

 

ちょっとエキストラを集めて騒いでるシーンを入れるなんて、

お金がかかることは一切やりません。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

普通に観光している人たちの頭の上を、

巨大クモがかさかさ移動していきます。

アルバトロスクオリティです。

 

で、戦闘機がミサイル攻撃をすると、

いきなり、ミニチュアになります。

エキストラは集めなくても、建物のミニチュアは作ります。

 

あっ、そっか、ミニチュアに予算取られちゃったんですね。

それでパチモンもあんなことになっちゃってるんですね。(*'-')b

 

さらに、爆発炎上シーンでは努力もします。

ミニチュアが爆発するシーンに合わせて、

燃え盛るマネキンを数体、ぽーん、ポーンと放り投げます。

阿鼻叫喚の地獄絵図ってヤツですね。(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ

ちなみに、ここは、爆笑するポイントですね。

アルバトロスクオリティですから。

 

戦闘機はあっという間にやられます。

クモがでたらめに硬くて、でたらめに強いです。

 


それから、ようやく、パチモンの到着です。

いきなりプラズマビームという名の何かをびびび~。

リアリティの無いミニチュア建物が爆発炎上するも、クモは逃げます。

 

格闘戦に持ちこみます。

 

皆さんは小さい頃、超合金で遊んだことはありますか?

管理人は超合金のロボットが大好きで、よく遊んでいました。

昔の超合金は、関節が曲がらず手足がぴんと伸びた状態で、

それをぶつけ合うことで戦闘をしているつもりになってました。

 

まさか、それを、30ウン歳になってから、

アメリカ産の映画で見せられるとは思いませんでした。

クモとパチモンの戦闘という名のぶつかり合いで。(´、ゝ`) フッ

 


そういえば、今は、超合金魂という名で復刻されてますよね。

マジンガーゼットを以前買いました。

飾っておいたら、子供のおもちゃにされ、関節という関節を取り外され、

今では行方不明です。

近々、ゴッドマーズも出るとの情報を仕入れ、カミさんに交渉してみたんですが、

問答無用の却下をくらいました。取り付く島も無いとはまさにこのことです。

 

 

すいません、家庭の事情はどうでもいいことでした。

 


夕焼けになったり、青空になったり、

少しは撮影時間を考えてやれよって感じの、ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆

格闘とプラズマビームという名の何かを照射しながら、

クモとパチモンが延々とぶつかり稽古をします。

 

人間ドラマらしきものが間に少し挟まれます。

無くてもいいというか、何のためにあるのか分からないので、

はしょります。金より命が大事ということのようです。

 

そんなコンナやってると、メーサー戦車が2台到着しました。

出発する時は、現場まで120kmとか言ってましたけど、

10分くらいで着きました。

マッハですか?

 

メーサー強いです。たちまち、1匹倒します。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

パチモンが延々と同じヤツと格闘しているのに比べれば、

最強といっていいでしょう。

でたらめな強さです。

 

パチモンはどの辺りが最強なんでしょうか?┐(´-`)┌

 


バンバン、メーサーを撃ちます。

中の人はプラズマレーザーって言ってますけど、

あの形はメーサー以外の何者でもありません。

メーサーでオッケーです。(*`д´)b

 

バンバン撃ってると、何でか反射してきて、

自分に当たって爆発炎上しちゃいます。w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

同じ所を撃って、反射したり、反射しなかったりします。

照射角度の影響でしょうか?

あんまりなんで、JAROっちゃおうかと思います。

 

もう一台のメーサーは、

見境無しに撃ちすぎて、

バッテリーが上がっちゃいます。

 

まあ、2台とも、クモを倒すより、

建物を破壊するほうに一生懸命でしたから、

しょうがないですね。┐(´ー`)┌

さあ、ここで、出番が回って来ました。

われらが、胴長短足、70年代特撮テレビ番組並みのチープさで、

決して走らず走れず、メカゴジラを100倍くらいチープにした感じの、

パチモン君の出番です。

 

最後の1匹と思われる巨大クモがタワーに上っていきます。

そういえば、この巨大クモたちは何をしたいのかが全く伝わってきません

何もしないでうろちょろしているクモを退治するのは、

動物虐待だと思いマース。

学級会で先生にいいつけてやる。(`(エ)´)ノ_彡☆

 


まあ、それはいいですが、

タワーに上ったクモを追いかけなければなりません。

別に上に向かってプラズマビーム(仮称)を撃てばいいじゃん

なんて言ってはいけません。

 

パチモンは関節が動きませんから、

当然、首も回りません。

借金で首が回らない状況はよく分かりますが、

そうゆうことではなくて、上を向けないということです。

攻撃は正々堂々正面からという設計思想です。(≧ω≦)b

 


なので、70年代t・・・ガンバロンのような合成で、

空を飛び、クモの正面に回ります。

プラズマビーム(仮称)発射。

クモは無傷で落ちていきますけど、倒したようです。

ついにパチモンが勝利しました。(≧ω≦)b

 

小さいクモはどうするつもりでしょうか?

 


大変です。

小さいクモが合体して大きいクモになりました。

そんなことは不可能だと思いますが、

中の人がそう言ってたんで、たぶん、前作でもそうだったんでしょう。

 

じゃあ、原爆でも打ち込みますか?(*`▼´*)b

 


バッテリー上がりのメーサーがつっこんでいきます。

メーサーを自爆させて、もろとも木っ端微塵にするそうです。

これしかないそうです。

 

イヤ、パチモンがプラズマレーザー(仮称)を撃ち込んだほうが危険が少ない気がしますが。

なんて、突っ込んでいる間に、突っ込んで巨大クモごと木っ端微塵になりました。

ご冥福をお祈りします。

 


んで、当然のように、小さいクモが大量にどっかに逃げてくところでおしまいです。

 

もしかして、アルバトロスは、ちょっとロボット系は苦手なんですかね。

トランスフォーマーなら、VFXを駆使した巨大ロボットが世界の運命をかけて、

異星人の巨大モンスターと対決!とか、微妙にあってるんだけど、

基本的に嘘をついている解説をしれっと付けそうな気がします。

 

21世紀というのに、70年代の30分特撮番組同様、

むしろ負けてる、そんな感じでした。

 


ということで、★3つです。

 

うちにカミさんにゴッドマーズくらい買ってやれよと言ってもいいよという方、ポチポチとお願いします。ポチポチ分の賛成票があるということでお願いしてみますんで。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/02/16 10:00|怪獣TB:0CM:6

マンモス

〇マンモス(原題MAMMOTH)
本編93分 画面サイズ16:9
監督 ティム・コックス
キャスト ヴィンセント・ヴェントレスカ、トム・スケリット、レイラ・アルシーリ、マーカス・ライル・ブラウン

51WAYGD4H6L__AA240_.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
この前レビューしました「T-Rex」でちょっと懲りたので

しばらくモンスターパニック系は控えてたんですが、

あんまりにも直球ストレートなタイトルに、

ギブアップしてレンタルしてきました。テヘヘッ(*゚ー゚)>

 

舞台は、氷河期博物館、

主人公はそこの館長、ドクターフランク。

 

いつもと違い、大変アカデミックな雰囲気です。v(*'-^*)-☆

 

氷付けのマンモスの研究をしております。

 

特に冷凍設備は無いようですが、

四角い氷の中にマンモスが閉じ込められております。

5年間もこのままだそうですから、

永久凍土なんでしょう。きっと。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

 


で、氷の中から、青いカプセル取り出します。

なんだか分かりませんが、人工物です。

 

ドクターフランクの興味はマンモスだけですんで

そんなものはどうでもいいです。

とりあえずしまっときますが、

マンモス研究を再開します。

 


ところで、ドクターフランクにはもうひとつ大事なものがあります。

今年16歳になる一人娘ジャックです。

 

ホントに娘は大事です。

いつ一緒にお風呂に入ってくれなくなるのか、

いつ彼氏が出来ちゃうのか、

もうそんな心配ばかりしてしまいます。

 

息子は、叩かれても壊れない丈夫さがあればそれでいいのですが、

もう、娘については、ありとあらゆるコトが心配になります。

 


今回は、映画と現実をごっちゃにしてませんよ。

フランクの心の声を代弁しているんですよ。

フランクに息子は居ませんが。

 

で、本日、その大事な娘の誕生日だそうです。

娘の誕生日は1年の内で一番重要な日です。

自分の誕生日は忘れても、

カミんの誕生日は忘れても、

結婚記念日は忘れても

息子の誕生日は忘れても、

娘の誕生日だけは忘れません。

 

フランクもそう心に誓い、

あらゆるところにメモを貼り付けて置いたんですが、

うっかり忘れてました。(*゚▽゚)ノ

 

ダッシュで家に帰るんですけど、

かわいいかわいい一人娘のジャックは口をきいてくれません。

 

傷心のダディ、フランクは猛烈に反省します。

結婚記念日を1年目から忘れ、その後も毎年毎年忘れ、ついに今年は二人そろって忘れたことは反省しませんが、

目に入れても痛くない一人娘の誕生日を忘れたことを猛省します。

 

どうにか、ご機嫌を直してもらいたくて、

用意していたプレゼントを持って、

ジャックの部屋へ行きます。

 

プレゼントは、死んだ妻の形見のペンダントです。

 

コンコン、パパが悪かったよ、反省しているから開けておくれ。

 

なんか、静かです。

 

ヤバイです。相当怒っている感じです。

世界一カワイイ娘に嫌われるということは、

即この世の終わりを意味しますので、

ここはなんとしても機嫌を直してもらわなければなりません。

 

ごめんね、入るよ。

 

もぬけの殻です。

マリファナパーティーの案内状が落ちてました。

 

外に目をやると、車でどっかに行くのが見えました。

 

そういえば、最近彼氏が出来たらしいと、

爺ちゃんが言ってました。

 


ついにこのときが来てしまいました。

とおの昔に、一緒にお風呂に入ってくれなくなりましたし、

もう年頃だから、そろそろヤバイとは思ってたんです。

 

フランクは忙しくて、

なかなか家に帰れなかったので、

ジャックも寂しかったのかもしれません。

 

追いかけて、誤解を解けば、

あんな小僧のことはすぐに忘れてくれるに違いありません。

小さい頃は、大きくなったらパパと結婚するといってくれてましたから。(^▽^)/

 

とにかく追いかけましょう。

町中のウインナが敵です。(←ホントにこんなセリフです。)

 

出かけようとしたら、

メン・イン・ブラックがきました。

博物館に落ちた隕石のことを聞きたいそうです。

 

アーそういえば、

銀色の球体が落ちて、

マンモスが消えてなくなってました。

 

今はそんなことより、

ジャックです。

世の中で一番大事なのは娘です。

他のことは全部後回しです。

 

あんまりしつこいんで、

車の中で話しを聞いてやることにします。

 

まあ、適当に聞き流してると、

ふらふらと歩いている愛しい一人娘ジャックと、

にっくき彼氏を見つけます。

 

急いでかわいい一人娘ジャックの側に行くとなんだか呆けてます。

あっ、にっくき彼氏のやつマリファナ吸わせやがったな?

問い詰めてると、なんだかドスンドスン聞こえてきます。

 

おわ、マンモスが走ってきます。

ぼけぼけで浮き浮きのCGで、カクカクした動きですが、

なんとかマンモスと判別できます。( ´,_ゝ`)プッ

 

ダッシュでトウモロコシ畑に逃げ込みます。

大変です。

かわいい一粒種のジャックの方にマンモスが向かってます。

彼氏だけやられちゃえば言うことないんですが、

そうも行かないでしょう。

 

娘が一番大事なフランクは、

マンモスの注意をひきつけ、囮になります。

 

うまく行きました。

なんだか、明後日の方向に行っちゃったみたいです。

画面にぜんぜん映らないし、鳴き声も遠くなってきましたから。


ところで、MIBの片割れが殺されちゃいましたんで、

死体安置所にもっていきました。

 

そこで、今回の件はエイリアンの仕業であることが判明します。

で、凍らせるといいらしいことも分かり、

その方向で行くことで盛り上がるんですが、

MIBの生き残りのねーちゃんが殲滅すべしと強硬論を唱えます。

 

ちなみにこのねーちゃん、おっぱいが大きいです。

今回唯一のお色気担当です。(≧∇≦)b

 

MIBのくせしてジェノサイドな武器を持ってないので、

じゃーどーすんのと言うと黙っちゃいます。

 

ドクターフランクとすれば、

とにかく娘の気持ちを取り戻すことが最重要なので、

こんなことで時間を食うことは我慢なりません。

 

そこで、ちょっと、MIBのねーちゃんはほっといて、

世界で一番大切な娘のジャックとの仲直り大作戦を敢行します。

 

ジャック、お前は自慢の娘だ。

まずは誉めます。

でも、パパはちょっと過保護だったかもしれない。

続いて、自分の非もちゃんと認めていることも示します。

今日は本当にごめんよ。

とりあえず、謝ります。

いいの、パパ、マンモスとエイリアンで大変だったから帰れなかったんでしょ?

ホントは忘れてたんですが、そんなことを正直に言えば嫌われちゃいますから、

そうなんだよ、ごめんね、黙ってて、スイートハニー。

うまく行きました。続いて、とどめです。

プレゼントがあるんだよ。ママの形見のペンダントだよ。

パパありがとう。

涙を流して喜んでくれています。

 


もうばっちりです。がっちりとジャックのハートを手元に引き戻しました。

あとは邪魔な彼氏を亡き者にできればばっちりです

 

んで、とにかくマンモスを冷凍することになります。

その道中、爺さん、ジャック、にっくき彼氏の乗る車をマンモスが襲い、

にっくき彼氏を牙で刺し貫いて、死体も持ち去ってくれます。


決戦場である製鉄所みたいなところに着いた時に、

フランクは、にっきく彼氏が亡き者になったという、

うれしい知らせを聞きます。

フランクのプランとしては、

製鉄所で煮えたぎる釜の中に知らん振りして蹴り落とすことになってたんですが、

うれしい誤算です。

 

あとは、マンモスを冷凍して、かっこいい所を見せ、

かわいいかわいい娘のジャックの一番の地位を不動のものにし、

なおかつ、研究材料も取り戻すだけです。

完璧なプランです。

伊達に、アカデミックな施設の館長をしていません。

 

ちょっと大変でしたが、うまく冷凍できました。

爺さんが一緒に凍っちゃいましたけど、

うるさい爺さんが居なくなって、

宇宙1かわいい娘のジャックと水入らずで暮らすことができるので、

返って良かったです。

 

凍った爺さんはエイリアンが寄生しているそうなので、

MIBで預かってくれることになったし、

めでたし、めでたしです。

 

かわいい娘を持つ父親の、

ある忙しい一日の物語でした。

 

あ、そうそう、ジャケットのマンモスですけど、

あんなでたらめな大きさしてませんから。

せいぜい、インド象くらいの大きさです。

 

粗粗でお粗末なCGなんで、

今ひとつ大きさが一定してませんでしたが、

まあそんな感じです。

 

娘を持つ父親の気持ちをよく代弁してくれてましたんで、

★2つです。

 

ホントに代弁しただけですよ。映画と現実をごっちゃになんかしてませんよ。ホントですから、なんとかポチぽちっとお願いします。(;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/02/03 10:00|怪獣TB:0CM:2

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。