日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

エイリアン・レイダース 特別版

〇エイリアン・レイダース 特別版(原題Alien Raiders)
本編85分 製作国アメリカ
監督 ベン・ロック
出演 カルロス・バーナード、マシュー・セント・パトリック、ロックモンド・ダンバー


【レビュー】★★☆(★2つ)
ライダー、

じゃなくて、

レイダー、なんですよね。( (ミ´ω`ミ))




なんで、エイリアンに乗るんだ?

なんて、毎度アホなことで悩んでしまいました。<(´ロ`')o





まあ、もちろん、レイダー

なんて意味を知らないんですけどね。ヽ(´▽`)/

トゥームレイダーなら知ってるけど。






それはさておき、

ワーナーブラザーズです。




アレは、ブロスって読んでいいのかな?




メジャーレーベルです。

画質がいいので、

それだけで良作
の予感をさせます。



ちなみに24 -TWENTY FOUR-の方が出てるそうですが、

寡聞にして、ジャックバウアー以外知らないので

誰だかわかりませんでした。( ̄^ ̄) エッヘン




さて、人口2万数千人

地方都市にあるスーパーに強盗団

押し入るところから始まります。




ちなみに、管理人の住んでいる地域からすると

人口2万数千人といえば、

東京と同じ大都会です。<(゚ロ゚;)>





こいつら、チョコっと抵抗のそぶりを見せたら

即座に撃ち殺すんですが、投降した者については、

明らかにイっちゃってる目をしたヤツが




両手で頭を挟むようにして

超能力で頭の中をスキャンしているような

描写がされます。





そして、こいつは違う、

と言って、拘束させます。





スーパーの売上金には目もくれません。





ということで、

実は、強盗ではありません。




実は、こいつら、

地球外生命体、エイリアンですね、

寄生された人間を退治して回ってるんですよ。(・ロ・)ホ('ロ')ホ--ッッ!!!





最初の地で、

最後のエイリアン退治とは


皮肉なもんだなとかなんとか

言ってたんですが、






これまでの経緯は特に教えてもらえません。(≧∇≦)





さらに、エイリアンに寄生されてる

人間を判別するには、

ジャンキーが1人ずつスキャンしないとダメという

産業革命以前の家内工業並の効率の悪さ。(≧∇≦)






こんな効率の悪い索敵能力で、

このスーパーにエイリアンがいるなんて

どうして分かったんだろう。( ・◇・)?(・◇・ )








巣でもあるのか?

と思ってたんだけど、

そのときにたまたまいた客の中から

エイリアンを見つけて

殺そうとしてるだけなんですよね。





どこら辺が、「最後」何だ?







しかも、逆らったやつはスキャンする前に

撃ち殺してるから、


実際のところ、ボニーアンドクライドと

あんま変わらないです。







スーパーの中にいたヤツの半分くらいを

スキャンできたところで、

たまたまいた保安官にジャンキーが撃ち殺されちゃいます。






もちろん、保安官は撃ち殺しときます。

やっぱ、ただの人殺しとの区別がつきません。






もちろん、ここまで、

誰もエイリアンに寄生されてません。

ただの人殺しです。






さて、ジャンキーが死に、

万策尽きたかと思いきや、

もうひとふん張りするそうです。





ということで、

ジャンキーがスキャンできなかった

5-6人は拘束して、奥の倉庫につれてきます。







なんと、スキャンのほかに

寄生しているかどうか分かる

方法
があるそうです。







う~ん、

さっきまでばんばか撃ち殺してたんだから、

全員打ち殺して終わらせりゃあいいのに。





と思ったんですが、

皆さん急に慈悲深くなり、

なるべく傷つけず、負担を与えない方法へシフトします。







戦隊ものでよくある、

てこ入れってヤツですかね。





あんまり冷酷な描写だけだと、

客が逃げますからね。(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!





まあ、実際、見てるほうにとっては、

今までのところは、ただの強盗映画にしか

感じられませんからね。(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!





ちょっとおかしなジャンキーがいるところが

ちょっと違うだけで。







んで、まずは、

牛乳一気飲みです。∑(。・Д・。)アン?




1リットルパック一本です。

アメリカンなでっかいボトル

じゃなくて
良かったな、おい。(* ̄∀ ̄)"b"







1人、牛乳が嫌いらしく、

オエーッてやったやつがいたけど、

全員飲み干します。





寄生されてれば、

体のペーハーが変わって

死んじゃうそうです。





誰も死んでないところを見ると、

全員シロかと思うんですが、

次のテストを行うそうです。





なんで、牛乳を飲ませたのかよく分かりません。







次はデスね、

昔からよくある手法です。





別のものに意識を集中させてる間に、

指をナイフで、ズダーンと切断!(゚口゚;)うっ・・・






古代中国では、囲碁に夢中になってる間に、

腕を切断とかしてたそうなので、

まあ、一種の伝統芸でしょう。(・Д・)




ところが、やってるほうは

ただの強盗団





有無を言わさず、ズドン!

信条の皆さんですから、




意識を別のものに集中させるような

高等な意識操作術を持ってるわけがなく、





大暴れするのを押さえ込んで、

無理やり、エンコ詰め。d(ー.ー )ホラネ?






凄く痛そうです。






ちなみに、今回のテストは、

寄生されていると超速再生するので、

エンコ詰めて、確認するためだそうです。





それなら、物体Xのように、

ちょっと血を採るとか、

ちょっと傷をつけるだけでもいいんじゃねーの?





しかし、今回はかなりの荒療治が

幸を奏して、エイリアンを

一匹見つけるコトができます。(^ー'*)b






エンコ詰めたところ、

にょきにょきと指が生えてきたんです。






強盗団の皆さんは、

ちょっと暴れられたけど、手馴れた感じで

退治します。






全員がテストを終えて無いので、

次の方が御案内されます。





ここら辺でちょっとどたばたしてると、

エイリアンのキングが現れます。(≧∇≦)





撃ち殺された保安官に寄生してたんですが、

銃でばんばか撃たれてる上に、






エイリアンは冷やせば死ぬそうで、

ジャンキーがスキャンして無いから、

念のためにと冷凍庫にぶち込んであったのに、





スーパーサイヤ人に覚醒しました

位の勢いで皆さんを襲います。






ちなみにどうしてキングと分かったのか、

なにがどうキングなのか、

詳細な解説は省略されたんで、





管理人の中では、

外見的な特徴から

超人ハルクと位置づけされました。







何はともあれ、

キングというからには

ラスボスです。(゚ー゚)(。_。)ウンウン





たまたま居合わせた保安官に

たまたま寄生していたとはいえ、

当初の予定通り「最後」となるでしょう。





強盗団の皆さんは張り切ります。





ハルクのほうは、外見に似合わず、

臆病なんだか、慎重なんだか、






基本、相手が1人になった瞬間に

さらって、人目に付かない場所

ボコるという戦法できます。(○´ε`○)





ということで、

ちょっとかなわないかも・・・(゚∇゚ ;)

という判断になったようで、





強盗団の皆さん、

まだ生き残っている人質とともに

スーパーから脱出する方向で行動し始めます。





んで、いったん脱出するとなると、

よくあるパターンで、

どこのダンジョンですか?




と確認したくなるくらい、

いきなり通路が複雑かつ

長くなります。




いつまでたっても出入り口につきません。






うろうろしてると、

ちょっと前に、包囲している警察に頼んでた

切り札が到着します。ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃






死んじゃったジャンキーの前に使ってた

ジャンキーです。





スーパーに着く前から、

エイリアンの存在を感じ取ってたんで、


こりゃあ、切り札ダナと思ってたら、





いざ、やらせてみたら、

う~ん、なんかあっちにいるような気がする。

くらいの索敵能力。(≧▽≦;)アチャー





やっぱ役タタネー/(´ヘ`;)\




そんなもんだから、

結局不意をつかれて、

強盗団のリーダーが

ぼこられます。





幸い、警察の皆さんが

包囲して、気をそらしてくれたんで、

さらわれずに、死なない程度のぼこりになりました。





さらに、隙を付いて、

キングにナイフを突き立てることに成功!(>▽<)b





そして、そのまま、胸の部分を

切開して、寄生しているエイリアンを

摘出
することに成功!(>▽<)b





体長40センチくらいのミジンコでした。( ̄x ̄;)


エイリアン・レイダース 特別版 [DVD]
エイリアン・レイダース 特別版 [DVD]


そのまま床に叩きつければ

死ぬレベルの生き物だと思うんですが、






強盗団のリーダーさん、

オレごとこいつを貫けー!

的な
意味合いのセリフを絶叫し、





ピッコロさんのように

同時に息を引き取ります。





何はともあれ、

キングを倒したので

一件落着です。




なんといっても

「最後」だったんですから。





人質のなかで唯二生き残ってた

高校生カップル

疲れ切ってパトカーで休んでます。






そんな中、おまわりさん方は

死屍累々なので、色々と大忙しです。




ジャンキーは、

じっと、巨大ミジンコを見つめてます。




突然、絶叫します。

薬が切れたのではありません。




こいつキングじゃねー!(゚Д゚) ハア??





じゃあ、お前ら、何をもってして

キングだと認定したんだ?







ということで、

一回エンコつめてた男子高校生ではないほう、

どさくさにまぎれてエンコ詰めを回避した女子高生






実は寄生されてました~

というオチでした。

キングかどうかは知りませ~ん。┐('д')┌




ちゃんちゃん。



あ、男子高校生は

おいしくいただかれちゃった

雰囲気でした。







いろんな説明は省かれるけど、

画質が良くて、

テンポも良くて、

演技も上々、





理屈ぬきで楽しめる

日曜洋画劇場クラスかと思います。




ということで、★2つです。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
時々はぽちっとしてやってください。


スポンサーサイト
2012/03/16 19:35|エイリアンTB:0CM:7

アライバル ファイナル・コンタクト

〇アライバル ファイナル・コンタクト(原題ALIEN HUNTER)
本編92分 製作国パックスアメリカーナ
監督 ロン・クラウス
出演 ジェームズ・スペイダー、カール・ルイス、ジョン・リンチ、レスリー・ステファンソン

アライバル ファイナル・コンタクト [DVD]
アライバル ファイナル・コンタクト [DVD] カールルイスが出てたのは気が付かなかった( ´△`)
【レビュー】★☆☆(★1つ)
何も知らない、

純朴な管理人は( ´△`)

あの、膝が人類とは逆に曲がるエーリアンの出てくる





あの映画の続編かと思って

見たんですよ。ワクo(ミ゚ロ゚ミo )( oミ゚ロ゚ミ)oワク




じえんじぇん違いましたがな。(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!






しかも、一回見たヤツ。(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

正月早々何をやってんだカナ~ orz









膝が逆に曲がるエーリアン、

好きだったんで、

いろんな意味でがっくり来ました。(TmT)






内容は、まあ、よくあるパターンの(´、ゝ`)アソ

善意のエーリアンもの。

日曜洋画劇場レベルです。





管理人的には

あんまりいい男に見えないけど

モテまくりのインテリ、






天才かつ、すげーニッチな分野を研究している

大学教授が、昔の女、もちろん美人、(≧∇≦)b

とよりを戻しつつ、






ベタな、いやなやつが出てきて、

そいつは非業の死を遂げて、






善意の宇宙人が、

遭難した仲間を助けに来て、

ついでに主人公である大学教授と

美人の昔の女を一緒に連れて行くという






何?その80年代なべたな展開とオチは?(○゚ε゚○)プププー

って感じ。





なんて締めを考えてたら、

実は21世紀に製作されてて、 (゚ロ゚;)エェッ!?






なおかつ、膝が逆に曲がるアライバルよりも

後に製作されてて、





さらに、原題がアライバルとも、

内容ともじえんじぇん関係ない

という、それはそれでおいしい作品だったことに

気が付きましたとさ。






どんどはれ。





管理人的には

ちゃんと地上波でも

鑑賞に堪えうると思うので、







いつも通り、詳しく内容には触れません。

つーか、もっと右斜め上に飛んでけよ。

ということで★1つです。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↑できたら、クリックしていただければ・・・

2012/01/21 23:46|エイリアンTB:0CM:4

エイリアンEX

〇エイリアンEX(原題DEAD RAIL)
本編89分 画面サイズ4:3(だったと思う)
監督 チューリ・メイヤー
キャスト ルー・ダイアモンド・フィリップス、エイミー・ロケイン、バリー・コービン、スティーヴン・ブランド

エイリアンEX こんなやつが、着ぐるみばればれの四つんばいで、3秒ほど出てきます。

【レビュー】★★☆(★2つ)
ついに、我が地方にもBフレッツが開通しました。

そしたら、NTTの代理店を名乗る業者複数からひっきりなしに電話営業をかけられました。

もちろんNTTからも営業をかけられました。



開通したらすぐに契約するつもりではいたので、

一番最初に営業をかけてきた業者を通じて契約しました。



が、それでもしばらく電話営業が途切れることなく続きました。

契約したという情報がNTTにまで行って無いのか、

はたまた重複契約させようとしているのか、

しばらく断るのが大変でした。



さらに困ったのが、

無事開通後に、無線LANを繋ごうと思ったら、

これがまたうまく行きません。



ヤフーモデムを使ってたときは、

USBアダプタを挿しただけで認識してたのに、

マニュアルどおりにやっても接続が確立しませんでした。



有線接続している端末から色々と情報を収集して、

ようやく二日がかりでつなぐことができました。



ダイヤルアップの頃から全部自分で接続設定をやって来ましたが、

こんなに苦労したのは初めてでした。

安かろう悪かろうということですね。



さて、この作品ですが、

意外と面白く見れました。

というのも、主人公がルー・ダイアモンド・フィリップスだからです。



ヤングガンで初めて見かけて、

最近ではWOWOWでやってたバミューダなんとかに出演してます。



アジア系で精悍な顔つきをしていて、

演技がうまいというか味のある存在感で、

名前は今回初めて知りましたが、

出てくると、おっと思って見る割と好きな俳優です。



ということで、彼は頑張って、質の底上げを図っていて、

ある程度成功しているんですが、

それ以外全てがたいそうダメダメで、

彼の良さとの落差で、一層ダメダメ感が強くなっている始末です。




それはともあれ、こんな物語でした。



部隊は列車の中。

原題の通りです。



どんな列車かと言うと、

金持ちが大統領候補に寄付した豪華使用の列車です。

オリエント急行をイメージしていただくとちょうどいいかと思います。

スピードは時速200だか300だそうです。



一個人の列車を、鉄道会社の所有している線路を走らせることができるのかと、

まず疑問に思ったんですが、

あちらではそんなこともあるのかもしれないと思って、

とりあえず、いいことにしました。



列車には、大統領候補のほかに、

支援者、もちろん金持ち限定です。

寄付した金持ち夫婦、SP、

候補の部下、乗客係、運転士といったところです。



向かう先は、ラスベガスです。

そこには大勢の支持者が大統領候補の演説を待っているそうです。



さて、列車には主人公であるルー・ダイアモンド・フィリップスが乗ってません。



どうやって乗せるかと言うと、こうです。

ちょっと長くなるけどお付き合いください。



踏み切りで止まっていた車に隕石がぶち当たるのを、

列車の運転士が目撃して、緊急停車させます。



直径50センチはあろうかという大きさの隕石ですが、

車のボンネットに突き刺さり、車両火災を起こしただけです。



車は吹き飛び、巨大なクレーターができてもおかしくない大きさです。

あと、それが車に当たるって、演出としてドーなのよというのがすっげー疑問です。



それに、列車も止まんなくていいような気がするんですが、

それはあまりにも冷たいんで、良しとしましょう。



とりあえず、警察に通報して、隕石を眺めてると、

お察しの通り、隕石にはエイリアンが入ってまして、

運転士2人のうち、1人がやられちゃいます。



残り1人は気付かずに警察を待っています。



そこにやってきたのが、主人公です。

相棒はヘリでやって来ました。



まだ、列車には乗りません。

食われちゃった運転士を草むらで見つけたんで、

殺人事件だ、列車を動かすことはまかりならんと頑張りますが、

そこはそれ、大統領候補に逆らうのは出世に響くということで、

上司がオッケーしちゃって、列車は運行再開です。



まだ列車には乗りません。



主人公は殺人鬼が列車にいるかもしれないと推測してます。

そして、大統領候補の部下として2年も前に分かれた元妻が列車に乗っていることをなぜか知ってます。



ここで活躍することになるのが、

相棒の乗ってきたヘリです。

ヘリと言っても二人乗りの小さなヘリです。



これで時速200キロに追いつこうというのだから、

そりゃ何ぼなんでも無理でしょ?

としかつっこめません。



とはいえ、追いつくんですが、

なんと、すっかり夜になってます。



小型ヘリの燃料って何時間も持つものなんでしょうか?



しかも、ヘリから飛び移ります。

さらに、ヘリは山に激突炎上して、相棒は死んじゃいます。



ここで、彼を殺す必然性とか流れとかはなんなんだろう?



という、経緯を経て、ようやく主人公が列車に乗ります。



この間に、列車でも騒動がおきてまして、

まず、自動停止装置が特にこれといった描写もなく壊れちゃいます。


列車が舞台となってるんで、暴走するというのはアリだし、

盛り上げるための結構重要なファクターになるんですが、

それがゆえに、段取りを踏んで壊していただかないと、

なんでやねんってだけです。



次は、列車に乗ってたエイリアンが運転士を殺しちゃいます。



続いて、大統領候補がテロリストに捕まっちゃいます。

テロリストと行っても単独犯です。

昔ながらの爆弾腹巻タイプです。

いうこときかないと列車ごと爆発だぞ、ってやつです。



で、大統領候補と客室係のボスを連れて、

運転室へ行きます。

運転士は殺され、自動停止装置は壊れてるんで、

運転室に誰か行かないと止められないということのようです。



こんな荒野のど真ん中で降りても、

どこにも逃げられないと思いますが、

ちょっとアレな人のようで、そこまで気が回らないようです。



運転室は内部からしか開けられないということで、

客室係ボスが天井裏を伝っていくことになります。



待っている間に、テロリストが何故こんなことしたのか語ります。

オレは100通もお前に手紙を書いた。メールも何回も送った。

だのに、お前は返事をしないし、俺の言うことを聞かない。



いや、大統領候補ともなれば一日何百通も手紙もメールも来るでしょ。



今回唯一まともな演出で、大統領候補が、

手紙は一日千通以上来るんだと反論します。



まあ、アレな人によくある理由なコトが判明しました。

お前の政策はアメリカの自然を破壊する、

今すぐ政策を取りやめろ、でないと殺すぞ。



といったところで、ボスが血だるまでもどって来ました。

そして、エイリアン登場です。

なんか、犬みたいです。大きさもそれくらいのようです。



動きがすばやいということで、

ほとんど移動中の影しか映りません。

ドラゴンボールで戦闘中の高速移動を線だけで描写してるのと同じ感じです。

手抜きにしか見えません。



大統領候補はガブッとやられちゃいます。

テロリストは候補がやられているうちに、

近くにあった木箱に入って隠れます。



で、その頃、主人公がその他の皆さんのいる車両へ現れます。

そこへ、死んだと思ってた客室係ボスがやってきて、

エイリアンがいる、大変だ大変だと大騒ぎします。

虫の息ですけど。



まあ、確かに車両を2つ歩いただけで、

皆さんのいるところにエイリアンが来ますから、こりゃ大変なことです。



エイリアンがいるという与太話を真に受けて、

主人公以下何人かが銃を持って、エイリアンのいる車両へ向かいます。



到着すると、まだいました。

大統領候補を食ってます。

みんな一斉射撃を行います。



ところが、異常に動きがすばやいもんで、

ひとつも当たりません。

それなのに、撃ちまくります。

あっという間に弾が無くなります。



とにかくいったん退却します。



エイリアンは、運転室のドアを開けることさえできない位なので、

ドアを閉めとけば追いかけて来れないようです。



とりあえず、皆さんを最後尾の車両に集めます。



相談の結果、エイリアンを全部やっつけないとだめだ。

列車を止めると、エイリアンが野に放たれて人類はおしまいだ。

ということになります。



いやいや、まずは列車を止めて、

皆を安全圏に逃がしてから、

ゆっくり退治すればいいじゃないか。



どうせ、ドアを開ける知能も無いエイリアンなんだから、

後者の方が正論に思えるんですが、

言ったのが、嫌味なキャラ決定の方だったんで、

一顧だにされず、つまはじきにされます。



普段から、自分の利益だけ考えて動いているとこうなるんですね。

肝に銘じときます。



主人公が管制センターへ連絡すると、

そのまま暴走していると、前を走ってる列車に激突しちゃうよと教えてもらえました。

ポイントの切り替えもできないそうです。



さあ、大変です。

このままではエイリアンを退治どころか、

命が危ないです。



でも、エイリアンを倒すことを優先します。



ここら辺でエイリアンの弱点が披露されます。

なんと、構成物質ががガソリンのようなもので、引火性だそうです。

だから、熱を加えると、ぼんっ!って爆発して、

消滅しちゃいます。



ていうか、表現的には、ただの蒸発なんですけどね。

シュワって感じです。

ちなみに、爆発の際の衝撃波とか炎は、

そんなものは存在しないって感じで無視されてます。



弱点判明以降は銃はやたらと当たるようになるし、

弾切れ後は、発炎筒をくくりつけた棒でエイヤッて突くと当たっちゃうし、

地球人万歳な展開になります。

挙句の果てには、素手で捕まえちゃったりします。



基本設定を無視するなら、

最初からそんな設定にしなきゃいいのに。




とりあえず、退治の目途は立ったんで、

もっかい管制センターへ連絡すると、

またもや衝撃的な事実を告げられます。



その列車には放射性廃棄物がつんであるから、

むやみに爆破しないでね。



なんで、そんなものを大統領候補の乗ってる列車に積んでんですか。

しかも、一介のオペレーターごときが、なんでそんな重要事項を知ってんだか。


でもまあ、エイリアンがどーしたこーしたなんて与太話を即座に信じるくらいなんで、

放射能がどーしたこーしたはもう常識レベルです。

即座に信じます。



そうそう、環境保護大好きのガイキチさんは、

何を思ったんだか近くにいたエイリアンを巻沿いにして自爆しました。

そんなたいそうな爆弾ではなく、車両に穴が開いた程度でした。

行動原理がいまいち読めないのは、仕方ないことなので諦めました。




それにしても困りました。

エイリアンに加え放射能です。



主人公一大決心をします。

ポイントを切り替えてくれ。

切り替えるとその先は崖になってるよ。

いいからやってくれ、俺を信じてくれ。



分かった切り替える。

でも、切り替え後は5分で崖だからね。



ポイント切り替えできないっていう設定を無視するくらいなら、

最初から・・・・・



崖に向かって一直線です。

作戦はこうです。

5分以内にエイリアンを全滅させ、

最終車両を切り離して、全員助かる。



放射能をどうするつもりなのか知りませんが、

作戦は結構うまく行きます。

最後の一匹を倒して、切り離して少しずつ離れていく最終車両へジャーンプ!



放射能ごと列車は崖にまっさかさま、大爆発。

最終車両はお約束でギリギリでなんとか止まります。



だから、自分で作った設定無視するなら、

最初から・・・・・ぶつぶつぶつ。




そして、B級のお約束。

エイリアン入りの隕石が続々と降ってきて、おしまい。



ルーがいて、そこだけはなんとかなってるんで、

すっごくおまけして★2つです。






イヤー、ずいぶんと間が空いてしまいました。おかげで、ストーリーがうろ覚えです。記憶にあるところをつなげてみました。キモは設定を無視するというところなので、あまり細かいことは気にしないでください。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/12/24 19:17|エイリアンTB:1CM:4

エイリアンVSエイリアン

〇エイリアンVSエイリアン(原題 たぶん同じ)
本編90分くらい  画面サイズ16:9
監督 わかんない
キャスト 有象無象



【レビュー】★★★(★3つ)
ようやく見ることができました。

リリース当初にレンタル屋で見かけて、

見たいなーとずっと思ってたんですよ。



レンタル屋ではいつもレンタル中で、

あー騙されている人がたくさんいるなー、

でも実は面白いかもと、

いろいろ想像してました。



始まると、ワイド画面です。

画質もそこそこ良いです。

これは期待できそうです。



ストーリーに期待するという発想が出てこないのは、

無意識での自己防衛本能かと思われます。




ひとけの無い道路でランニングをする白髪のおっさん。

保安官の車が近づきます。



おーい、この先のトレーラーハウスのところに、

隕石が落ちたって通報があったんだ、行こうぜ。



やだね。



おいおい、新聞記者がそんなことでいいのかい?

HAHAHA!



さりげなく人物描写が行われました。

もしかして、シナリオに期待が持てるかも。




とりあえず、一緒に行きます。



着いた先で見たのは、

船体の半分を地中にめり込ませて、

煙を上げている巨大なユーフォーです。



多分。




というのは、チラっとしか見せてくれないもんで、

目を凝らすんですけどよく見えないんですよ。

多分、3秒程度しか映してません。



こりゃ大変だということで、

2人がいろんな人に連絡を取ろうと、

パトカーに向かおうとすると。



さっそく現れました。

エイリアンです。

保安官が食われちゃいます。



犠牲者視点に徹してるんだか、

エイリアンがちゃんと写るんですが、

ぶれてぶれて、そりゃあもう大変です。

輪郭がかろうじて識別できるだけです。



それでも、なんとか判別したところによると、

仮面ライダーブレイドの敵のような造形です。

ぶっちゃけ、エイリアンのできの悪いパクリです。



白髪おっさんは車に乗って逃げようとしますが、

エイリアンがドーンとぶつかってくるんで、

運転席に体を沈めて耐えます。

耐えます、耐えます、たえm。。。。



いつの間にか寝たんだか気を失ったんだか、

はっと目を覚ます白髪おっさん。

何ぼなんでもそんなに神経が細いと男としてどうかと思いますが。



車の窓を叩く黒人の娘。

助けて~!



おわっ、なんだよ、びっくりさせんなよ!

このびっち!




こんな感じのファーストコンタクトを迎え、

でも、どこにあるか知りませんが、

白髪おっさんの家へつれて帰ってやります。



道中なだめなかったのか、

まだ半狂乱の黒人娘。



そこで目にしたのが、

懸賞小説の落選通知。



あんた、私のコトを本にしようとしてるのね!

このデブ、チビ、イ〇ぽ、アホ、バカ、マヌケ、

おまえのカーちゃんでべそ!


あらんばかりの罵詈雑言を浴びせます。



せっかく助けてくれたのにあんまりな態度です。

それに、自意識過剰に過ぎます。

なんで、そこに発想が飛ぶかなー。



言い忘れてましたが、黒人娘の母がユーフォーの付近で行方不明です。



私1人でママを助けに行くわ。

まあ、ちょっと待てって。

危ないから。



結局ついていく白髪。



どことも知れぬ森の中を歩きます。

どこに行こうとしているのか知りませんが、

墜落現場に行くのなら車でなければとても行けません。



てくてく歩きます。

てくてく歩いてると、

何かが見えたようです。



おーい、マイク(仮名)そっちは危ないぞー。

車に向かって叫びます。



ドーン!



道路わきから飛び出してきた、

巨大なクモ型エイリアンに車が吹き飛ばされます。

くもの頭の部分に人の上半身がくっついた感じです。



どうやらエイリアンは2匹いるようです。



あわくって逃げ出す白髪と黒人娘。



どこをどうやって来たんだか、

小さな部屋に5-6人が集まってます。



白髪と黒人娘がエイリアンの存在を主張してますが、

誰1人聞き入れてくれません。



まあ、そんなもんでしょう。


ところで、こいつらなんなんでしょうか。



セリフから察するに、白髪の勤める新聞社の連中のようです。

5-6人なんで、地方のミニコミ誌のようなもんでしょう。


よーし、じゃあ皆に証拠を見せてやる。



皆でてくてく歩きます。

どことも知れぬ森を歩きます。




そろそろ話についていくのがつらくなって来ました。



皆でてくてく歩いていると、

エイリアンに1人さらわれて大恐慌です。



てんでバラバラ逃げてると、

プレデター的位置づけらしいパワードスーツが出て来ました。

シルエットはゼイラムです。



特に何かををするわけではないんですが、

とりあえずヤバそうなんで、

皆さんさらに逃げます。



すると、先ほど吹き飛ばされた車に乗ってた人を見つけます。

車はありません。

さきほどのマイク(仮名)です。



仮名なのは名前を忘れたからです。




生き残った面々で先ほどの部屋に戻ります。



マイクは、

妻に会わなければ、

俺は外には絶対出ないぞ、

そうだ地下室にこもろう。



ナニがしたいのか分からなくなることを延々と主張し続けます。



知り合いのハンターに倒してもらおう、

早く山を降りましょう、

主にこの二つの主張をしばらくループします。



そうだ、ハンターの家に行くには地下水路を通るといいんだ!



モンスターハンターをやってみたいんですが、

面白いんですか?

おっさんの反射神経で対応できますか?



なんとなくハンターの家に行くことになります。



どっから入っていったのか知りませんが、

地下水路をうろうろします。



どうやって入ったのか知りませんが、

エイリアンが登場します。



ご丁寧に、天井から水あめ状のよだれをたらしてから、

ひょいと1人を咥えていきます。



どうにかこうにか、ハンターの家に着きます。



ハンターと白髪と愉快な仲間達のうちの1人の女とは、

何か過去に因縁があるような会話を交わしますが、

これ以降触れられませんでした。



夜になると、何かが来ました。

さあ、ハンターの出番です。

白髪と愉快な仲間達も屋外に出ます。



ハンターは銃を構えます。

白髪と愉快な仲間達は物陰に隠れます。

何もしないんだったら、家の中にいなさい。



エイリアンとゼイラムが出て来ました。

まったく銃が効きません。



白髪と愉快な仲間達は、

こりゃあヤバイということで、

また地下水路に逃げ込んで、そのまま逃げます。



ハンターの娘も連れてくんですが、

パパはという娘に、

まあまあといいながらつれて来ました。

ちょっとひどいです。



うろちょろしている内に、

マイクがエイリアンに喰われちゃいます。



あるところで、愉快な仲間達には逃げるんだといい、

白髪とハンターは地上に出て、

エイリアンとゼイラムとに決着をつけようとします。



ハンターはハンターとしての意地があると思いますが、

白髪はなんでか分かりません。



いろいろとあったんですが、

ハンターはエイリアンにあっさりやられます。

ハンターの友達も来たんですが、

1人を残して簡単にエイリアンにやられます。

ゼイラムも出てきます。



愉快な仲間達は水路をうろちょろしていると、

墜落したユーフォーの中に迷い込みます。

なんでかは分かりません。聞かないでください。




そこで、ゼイラムが持っている銃を手に入れます。



どうにかして外に出ました。

そこで白髪とハンターの友達に会います。



なんでやねん。



今後どうするか相談します。

エイリアンは木に登って襲ってくるから、

木の無いあっちの広場で最終決戦だ!



車の2倍はあろうかという巨体が、

木に登るというのは信じがたいんですが、

中の人はそう言ってました。



そうそう、ここら辺になってようやく分かってきたんですが、

クモ型と人型の二匹いると思って居たエイリアンですが、

どうやら1匹のようです。

2匹に見えたのは撮影技術というか、

AとBの乗り越えられない壁のせいのようです。





やーだよという白髪の意見がいつの間にか皆に浸透しまして、

逃げることになりました。



どことも知れぬ森の中をてくてく歩いていると、

ゼイラムに1人殺されます。



ゼイラム使用の銃を持って居た白髪ですが、

ダッシュで逃げ出します。



逃げて逃げて逃げまくってると、

同僚の女が白髪を助けようと、

エイリアンを挑発します。



エイリアンは女のほうに行きます。



さすがにばつが悪くなった白髪は、

ようやく手に持った銃を撃ちます。



エイリアンは爆発四散。



イヤー、オーイエー!

白髪が吼えます。



ゼイラムはプレデター2のように、

あっさりと消えます。



大団円です。



おまけとして、

ゼイラムの正体が出ます。



やっぱりパワードスーツだったようで、

脱ぎます。



中身はただの人間でした。

地球人はとろくて獲物にならないとのコトでした。

あくまでプレデターを意識しているようでした。




いやー、あの大作が発表されてから、

あわててパクリましたという、

臭い満載のたいへんアレな良作でした。



ということで、★3つのまぎれもないB級でした。




しらふの振りしてましたが、記憶が怪しい上に、酔っ払ってます。ごうめんなさいよ。ということで、いくらか嘘が混ざってるかもしれませんが、諸事情をご賢察の上、ご容赦いただければと思います。(;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ
2008/09/25 21:20|エイリアンTB:0CM:5

エイリアンアタック!

〇エイリアンアタック!(原題PSYCHON INVADERS)
本編84分 画面サイズ4:3
監督 ジェフ・リロイ
キャスト ヴィクトリア・デ・マレ、ランダル・マローン、マイケル・コヴァ、ヴィンセント・ビランチオ

エイリアンアタック

【レビュー】★★★(★3つ)
なんかねー、ジャケットのねーちゃんが全然綺麗じゃないんで、

二の足を踏んでたんですけど、

酔った勢いで、レンタルリストに入れたら、

早速きちゃいましたよ。

 

まあ、来るものは拒まずなんで、

見ちゃいました。

 


そしたら、いきなり、

おっぱいの大きいねーちゃんが、

丸出しで出てくるじゃありませんか。

 


いつもながら、見事に、

つかまれちゃいました。

 

しかも、しばらく出てるんですよ。

最後はエイリアンに切り刻まれて、

おっぱいが血まみれになっちゃいました。

 


結構かわいかったんで、

いきなり、幸せな気持ちになりました。

 

幸せな気分に浸っていると、

馬面の女が出てきたんですよ。

 

メガネかけて、白衣を着て、

知的な女性を演出しているカンジでしたけど、

騙されません。

 

馬面です。

赤毛でソバージュの馬面です。

 


なんだよこいつと思ってると、

あれよあれよと言う間に、

メガネを外して、

電磁波発生銃を持って、

エイリアンとUFOを倒していくじゃありませんか。

 


よっく見てみると、

ジャケットのねーちゃんでした。

 

モチベーションがドーンと下がりましたよ。

 

で、どうでもよくなってきたんで、

ビールを飲みながら見ることにしました。

 

ちなみにエイリアンは、

ジャケットに出てるヤツで、

グレイがしわくちゃになって、

大人になった感じです。

 


後ですね、特撮がデスね、

言い古した表現で申し訳ないんですが、

70年代の子供向け特撮番組レベルです。

 

 


あの雰囲気はすきなんで、

これはこれでオッケーなんですけどね。

 


だけど、CGがプレステ2レベルです。

ちなみに、今回はけなしております。

 


ところで、電磁波発生銃が凄いです。

電気を使っているものであれば、

なんでも爆発させてしまうんです。

 

エイリアンもびっくりのオーバーテクノロジー、

だそうです。

とてもそうは思えませんが。

 

電磁レンジくらい、エイリアンだって持ってるでしょうに。

 

すいません、電子レンジは水を沸騰させるんでしたね。

 

やっぱ、オーバーテクノロジーですね。

よくわかんないけど。

まあ、中の人もよく分かってないから良しとしましょう。

 

んで、そのオーバーテクノロジーで、

エイリアンとUFOを倒していくんですが、

さすがに疲れたということで、

モーテルで休んでいるところに踏み込まれてしまいます。

 


おっとピンチです、というトコロですが、

さすがです。

美女3人が助けに来ます。

 

何で助けに来たかというと、

色々と込み入った事情があるんですよ。

 

要するにエイリアンビリーバーの皆さんです。

この手の映画には登場させなきゃダメなキャラなんです。

 

馬面には辟易してましたし、

あんまり触れたくなかったんですが、

デブでホモっぽい男も出てきてて、

投げやりな気分が倍増していたところなんで、

色々な事情はさておき、

一気に引き戻されました。

 

3人のうち、一番おっぱいの大きいパツキンねーちゃんは、

下着姿で大奮闘してくれます。

 

まあ、なんてゆうか、

いい感じでしたね。

 


馬面プラス美女3人と、ホモで、

エイリアンのアジトへ乗り込みます。

 

ホモは特に何もしないし、

気持ち悪いんで、

以降は無視することにします。

 

このエイリアンたちは、

ハイテクを使って人間に化けて、

人間として生活しているので、

アジトといってもちょっと豪華なお屋敷です。

 

乗り込んで、いきなり手榴弾です。

ひるんだところを撃ちまくり、

協力していた地球人ごと、

ぶち倒していきます。

 


地球を支配しようと、

何世紀も前から、

色々とやってた割には、

人数が少なくて、

あっという間に全滅です

 

すいません、ボスは残ってました。

 

このボスがデスね、美人なんですよ。

エイリアンに戻れば気持ち悪いんで、

人間体のことなんですけどね。

 

なんで、あんな馬面が主人公なのか理解に苦しむところです。

 

もう大人なんで、

大人の事情ってヤツは理解してますけどね。

 

とどめに、手榴弾を2発ほど爆発させると、

なんでか、お屋敷が爆発炎上して、

木っ端微塵になります。

 

そこから、UFOに足が生えたような、

最終兵器が現れます。

 

びびび~とビームを発射すると、

美女3人の内、2人までが消えてしまいます。

人類の損失です。

どうせなら馬面を消せばいいのに。ぶつぶつぶつ。

 

もちろん、無敵の電磁波発生銃であっという間に倒します。

 

ボスを倒したんで、一件落着、ジエンドです。

 

B級的には楽しませていただきました。

普通の人には拷問でしかないと思います。

ということで、★3つです。

 

 

良かったら、どれかポチッとしてやってください。明日への活力となりますので。 (;^_^A

 

にほんブログ村 映画ブログへ

 

 

2008/05/09 20:26|エイリアンTB:0CM:7

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。