日本で劇場未公開、ビッグタイトルのパクリ、思わず脱力するストーリー展開etc...そんなB級映画大好きな管理人が、B級映画を広めるべく、独断と偏見でチョイス&レビューしてます。(リンクフリーです!コメントなんかも大歓迎です!)

スポンサードリンク 

スポンサードリンク 

B級映画ってなに? 

B級映画大好き!

Author:B級映画大好き!
超大作公開前後に乱発されるパクリタイトル、起承転結って知ってる?と言いたくなるような、よく分からないストーリーetc...そんな金返せ!って感じのB級映画が大好きな、最近毛穴の開きが気になってきたおっさんです。

〇B級映画とは
 見終わった後に金返せって言いたくなるような、つまんない映画のこと。一般的に低予算、少人数で撮られた映画。でも、超大作でもB級はB級。(もちろん、チョイスは独断と偏見)

〇評価基準(こちらも、もちろん独断と偏見)
★★★(★3つ)
 見終わった後の、金をドブに捨てた~、金と俺の2時間を返せ~という悔悟の念、脱力感は、まさにB級映画!キングオブB級かも?一見の価値アリ!
★★☆(★2つ)
 アレ?起承転結があるかも?失敗したかも?これB級とは違って、払った分くらいは楽しめたかな?B級映画の中級者向け。
★☆☆(★1つ)
 もっと精進してB級を目指してください。一般の人でも2時間我慢できます。B級映画初心者向けかな?
☆☆☆(★なし)
 あの~普通の人でも充分楽しめます。もっと金を払わせてください。

コメントでーす 

トラバでーす 

最近のレビューでーす 

FC2カウンター 

リンク 

このブログをリンクに追加する

B級的な分類 

毎月分別してます 

ア・マ・ゾ~ン 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ブレイザウェイ

○ブレイザウェイ(原題LETHAL)
本編89分 製作国アメリカン
監督 ダスティン・リカート
出演 ヘザー・メアリー・マースデン、フランク・ザカリーノ、ロレンツォ・ラマス、マーク・モーティマー


【レビュー】★★☆(★2つ)
レビューを書くために

ジャケをはじめてっツーか、

ちゃんと見たんですけど、




ブレイザウェイ [DVD]
ブレイザウェイ [DVD]

かっこいいですよね。(〃^▽^〃)

微妙にマトリックス風というか。





しかも、こんな格好をした

こんな感じの金髪ねーチャンが

ご出演
なさっているという、




ジャケ詐欺をやっていないという

親切設計です。(>▽<)b






さすが、アルバトロスです。(>▽<)b






いやいや、アルバトロスなら

ジャケ詐欺
でしょう、

というご意見もあろうかと思います。





その辺もご安心ください、

さすがアルバクオリティで、

見るからにアクション映画なジャケなのに






まるっと、さっぱり、これっぽっちも

アクションになっていないという

ダメダメっぷり!(*`▼´*)b





まず、格闘シーン。

棒立ちでもったもた。(´-`)




カメラ寄りすぎで

何やってんかわかんない。




多分、派手な格闘は

ダブル使ってるから、

顔写せなくて、妙なアングルになってんだとおもう。





ガンアクションシーン、

これは特にひどい。(´-`)




こっちも棒立ち、(´-`)

遮蔽物に隠れることなく

撃つもんだから、

すぐに撃ち殺される。(´-`)





撃たれて、プールに落ちたのに

血が水に浮いてこない。




落ちた奴がいつの間にか消えてる。





血糊ぐらい、がんばろうよ。




と、まあ、つまり、

フィクションの中の

リアリティがないってことですかね。









なのに、アクションシーンに入る前の

サスペンスというか、

会話シーンは、皆さんお上手なんですよ。




脇役はいまいちだけど。







丁々発止のやり取りとか、

探りあいの会話とか、

だましあいとか、

ウイットに富んだジョークとか、





表情もいいし、

やり取りもいいし、

演技うまいなーという感じがするんですよ。




特に、敵のボスの人

いかにも悪人な感じで、

悪人な行動をしてるんで、いい感じです。






とまあ、アクションシーンをのぞけば、

B級としては十分に及第点ですな。(≧∇≦)b




ということで、★2つです。








最近短めなんですが、ぶっ飛んだのに遭遇してないせいかな~?


スポンサーサイト
2012/12/13 19:44|アクションTB:0CM:3

死神ランボー 皆殺しの戦場

〇死神ランボー 皆殺しの戦場(原題COMBAT SHOCK)
本編97分 製作国アメリカ
監督 バディ・ジョヴィナッツォ
出演 リック・ジョヴィナッツォ、ヴェロニカ・ストーク、ミッチ・マグリオ、アサフ・リヴィニ



【レビュー】★★★(★3つ)
なんだよ、アスペクト比4:3って(=`(∞)´=)

一体いつの時代の映画だよ!





ってぷりぷりしてたら80年代の映画でした。

アタリマエですね、すみませんでした。m(。≧Д≦。)mスマーン!!





まあ、それはとにかく、

プロデューサーが、ロイドカウフマン

製作がトロマ







なんか、やな予感がする。

確か、この組合せはマニアには大うけ。

しかし、管理人的には鬼門






ある意味面白い、

を求めているけれども

ちっとも面白くないこの組合せ。






がんばって見ました。





残念ながら、予想通り、

ちーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとも

面白くなかったです。(*´σー`)エヘヘ







結構何でもいける口のつもりなんですが、

じぇんじぇんダメでした。

不快なだけでした。(*⌒∇⌒*)テヘ♪





中身としては、ベトナム帰還兵が

社会復帰できなくて、

自滅してく。ただそれだけの話なんですが。





ということで、邦題は

まるっと、すっかりなんですけどね。



死神ランボー 皆殺しの戦場 [DVD]
死神ランボー 皆殺しの戦場 [DVD]

ジャケのオッちゃんが

主人公なんですが、





どうも、ベトナム帰りで

PTSDのためにまともな生活が

送れなくなった男という設定のようです。






その割には、結婚してるし、

赤ちゃんがいるし、

2人目が腹の中にいるし





なんだよ、それ。

そんな当たり前の家族さえ作れなくなるから

帰還兵が社会問題になったんじゃねーのか?






とはいえ、妻子がいるんだから、

男の務めとして、妻子を食わすために

働かなきゃなりません。






ところが、空前の大不況で

単純労働の仕事さえ

なかなか見つかりません。





すっかり顔見知りになった

職安の職員から、

職業訓練や資格取得を勧められるも






妻子が待ってる、そんな暇は無い!ヾ(*`Д´*)ノ"

なんて逆切れするも、




一日中、不況を言い訳にぷらぷらしてます。






典型的な、自分では何も努力をしないで、

ただただ社会が悪いといい続けて、

どんどん悪い状況に陥ってくパターンです。






まずは、とにかく足掻きましょうよ。




こんな人の周りには、

無職でヤク中、チンピラ、

その他あまり筋のよくない方しか集まってきません。





自分で自分を悪い状況に追い込むほか、

周りの皆さんも全身全霊でもって

悪い方向へ追い込んでくれます。





そして、ついには、

偶然手に入れたピストルで、





妻をおなかの子供ごと撃ち殺し、

赤ちゃんは撃ち殺した上にオーブンに入れ、


最後に、自分の頭を撃ち抜き自殺します。






結末としては、

銃は規制すべきですね、(*^▽^*)ノ

という教訓が得られたわけですが、





主人公の、自分に言い訳をして

何にもしないというのが、



時々実例をみてるわけでして、

なんか、現実をわざわざスクリーンで見せられて

いや~な気分になるのと、(´_`。)






男なら、妻子を食わせるために

なんでもしろよ!言い訳スンナ!

とイラっとしたのとで、(o(-゛-;)





ちーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとも

どんな意味でも面白くなかったです。




ということで、★3つです。


下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2012/04/28 14:23|アクションTB:0CM:8

B.C. -紀元前X年-

○B.C. -紀元前X年-(原題HOMO SAPIENS)
本編94分
監督 ジャック・マラテール
出演 フィリップ・トレトン


【レビュー】★★☆(★2つ)
えー、いまさらデスが、

いつもですね、

★の数で評価しているわけです。




アッチョンブリケなのが★3つ、

ちょっとアッチョンブリケが★2つ、

あんまりアッチョンブリケでないのが★1つと。





すいません、テキトーです。(・・。)ゞ テヘ





まさか、星の数を参考にしている人は

いないと思いますが、

最近めんどくさいんで、

相当でないと★2つにしてます。<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!




だって、まともなのをほとんど見ないから、

基準が融解してきちゃったんだもん。・(´、`;)







ということで、

本作ですが、

ポスレンの解説では、

アクションアドベンチャーとあります。





ウソです。 σ゚ロ゚)σ





子供手当て3万円と言って政権とっといてからに、

今年だけ半額にして、

来年は満額ですよとフカシこいてる

どっかの国の政府並みのうそつきです。






じゃあ何かというと、

後半にいくに連れて

外人らしく手を抜き始めて、

テキトーになって行くNHKスペシャルです。



紀元前
ジャケからは

ハングリー?かっぷぬーどー!日清!ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!


を想像し、





タイトルからは、

あのメジャーなヤツを想像しますが、

どっちとも違います。




なんといってもNHKスペシャルですから、

きちんと学術研究の結果に基づき、

製作している感じがします。





猿人から、類人猿、

現生人類への進化。




狩猟採取から農耕への

変化の経過を丁寧に見せてくれます。






ほんとにこうだったのかどうかは

ちょー怪しいと思いますが。






というのも、

紀元前○○年ごろに徐々に広まって云々

ではなくて、

ほとんど個人というか個猿にフォーカスして、

効率的な狩猟の発明、

絵画の作成、異なる種との交流、

農耕の開始、このころには現生人類ですが、

を見せてるんで。






要するに、隣の佐藤さん

マンモス狩りを思いつきましたとか、

隣町の高橋さんが人類で初めて絵を描きましたとか、

そんな風に言ってるんですよ。






ミクロ的に言うとソウかも知れませんが、

特に根拠とかが示されないので、

テキトー感が非常に漂うんですよ。





あとはですねー、

アジア方面ではホモサピエンスとネアンデルタール

との混交が進んでいろんな人種が増えたと言ってるのに、

ヨーロッパ方面では種が異なるのでネアンデルタールの血は

絶えたってんですよね。




俺らは猿との混血かい!




まあ、それはさておいて、

おかしなおかしな石器人的なのを

期待してたのに、NHKスペシャルでガックリきたんで、

★2つということで。


2010/12/31 17:19|アクションTB:0CM:1

ドラゴンボール EVOLUTION

ドラゴンボール EVOLUTION(原題DRAGONBALL EVOLUTION)
監督 なんか大陸系の名前の人
キャスト 田村英理子が谷間強調して出てるよー

2_20100515182817.jpg

【レビュー】★★☆(★2つ)
いやー、ついに見ちゃった。 ┐(´ー`)┌



ぜってー原作とはかけ離れてるし、

かめはめはー!

を、かたことの日本語で聞くなんて

耐えられねーと思ってたんで、

見ないようにしてたんです。




で、ミクシィのコミュニティで

クソ映画を率先してみる人たち

というのがあるんですよ。




まあ、客観的に見た管理人のような人が

寄り集まってるようなんですけどね。




そこのトップページには

この映画の画像が使われてるんですよ。





そこを久しぶりに覗いたときに、

やっぱ、クソ映画を見るのが

管理人の使命なのであることだなあ


と改めて自覚しまして、

例によっていいタイミングで

WOWOWで吹き替え

やってくれるということで、

ダメージの少ない吹き替え版で

見ました。






僕、ホントは強いんだぞー

っていういじめられっこが、

高校のボス格の彼女にあこがれていて、

強いところを見せて、

仲良しになるよという物語です。







トランスフォーマーの

彼と同じ構成ですね。




彼の場合、

強いのは自分じゃなくて、

コンボイ司令官ですけど。





あとは、緑色じゃないピッコロが出てきて、

一部だけ髪の毛が青いブルマが出てきて、

イケメンじゃないヤムチャが出てきて、

微妙に
スケベなんですけどいまいちスケベじゃない亀仙人が出てきて、





ぽんっ!ってならないポイポイカプセルが出てきて、

かめはめはを撃つ時にジャンプして敵に近づいてったり、

微妙に元の設定にかするような、

ぜんぜん違うような・・・・・





あとねー、スーパーサイヤジンにならないんですよ。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!

やっぱ、ドラゴンボールといったら

スーパーサイヤジンでしょう。



大猿の力が

ゴクウの秘められた真の力

という点は原作初期の設定を生かしてましたけど。



それからねー、ゴクウの気が

青色なんですよねー。

やっぱ、黄色もしくは金色でしょう。





そろそろ大人になる少年の

彼女獲得物語
としては

まあ、現実世界ではもてないジージャンズの妄想どおりで、

そんなもんかなと。




すくなくともドラゴンボールではないですね。(≧∇≦)b




ドラゴンボールを知らないという人に見せれば、

CGが駆使されてるんで、

まあ楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。





ということで、大半の日本人には楽しめない出来になっております。





ここまでやっちゃった意気込みに免じ、★2つということで。





菊池秀行のエイリアンシリーズの短編集が書き下ろしつきで出てたんで、早速読んでみました。ソノラマ文庫の制限から離れて、ゆきが大人の行為をやっているような感じに戸惑ったし、大の底に熱くたぎる正義感が軽くなってるような気がして、短編ということもあるのか、違和感なのか、いまいち昔のように楽しめなかったです。でも、長編を書きたいようなことをあとがきでいってたので、ぜひお願いしたいです。菊池先生よろしくお願いします!

2010/05/15 18:34|アクションTB:0CM:8

グリズリー・プラネット

○グリズリー・プラネット(原題Savage Planet)
本編87分
監督 ポール・リンチ
キャスト ショーン・パトリック・フラナリー、リーガン・パスターナク、ロマン・ポドーラ

グリズリー 逃げてる人が裸に見えるのは管理人だけ?
【レビュー】★★☆(★2つ)
熊ですよ、クマ!(>▽<)b

好きなんですよね~

グリズリーを子供のころに見てから、

もう、トラウマのようにクマものは

目に付いたものはすべて見るようにしてます。





秋田のクマ牧場に行ったときも、

クマしかいないのに

結構楽しかったし。





でも、自宅の敷地内に

ツキノワグマが出没
したときは

さすがに青ざめましたけどね。




さて、

地球によく似た惑星、

そこを探検中の一団、

といっても5人ほどですが。






もちろん、人の手のはいっていない

山の中を歩くので、

鉈で藪を切り開きながら歩いてます。



ジャングルで案内人がよくやってますよね。





ぶんぶんと振り回してたら、

前を歩いてるやつの腕を切り落としちゃいました。Σ(・ω・ノ)ノ!






切り落とされたほうは

暴れてたら、

落とし穴に落ちちゃいます。(゚∇゚ ;)エッ!?





さらに、落ちた先で、

緑色の液体に切り口を漬けちゃって、

えらいことな悲鳴を上げます。(゚ロ゚;)エェッ!?





ドリフ並のどたばたコントを繰り広げてくれます。





したら、切られた腕が再生します。( ̄O ̄;) ウォッ!





したら、クマが現れます。(● ̄(エ) ̄●)ゞテレテレ



どたばたコントはまだ終わってなかったようです。





何はともあれ、

クマちゃんが早々に登場です。

良かったよかった。






知的生命体が居ない惑星のはずですが、

落とし穴を作るやつが居たり、

落ちた先もどう見ても人工的な部屋で、

いきなり設定の甘さが見えますが、

クマちゃんがいきなり出たのに免じて許してあげましょう。






一転して、地球です。

21世紀半ばくらいのようです。

ブレードランナー的な

サイバーパンクシティ的な

未来都市となっております。





とにかく大気汚染がひどくて、

マスクなしでは外出できないそうです。




要するに、地球は滅亡の一歩手前だよと、

それを言いたいみたいです。




ヤマトの最後に必ず出てた、

地球滅亡の日まで後○○日という状況だそうです。




ちなみに、コスモクリーナーを無償提供してくれる、

細身でまつげの長い、

基本的にヌードな美人
は居ないようです。





で、しゃーないんで

自分たちで何とかすることにします。





そこで、開発したのが、

DSTです。




ディープ・スペース・

Tで始まるなんとかって英語です。




つまりですね、数万年光年単位限定の

ワープ装置を開発したのです。




しかも、レシーバーの必要な技術です。(*`▼´*)b




はい、そこのあなた! σ゚ロ゚)σ

突っ込みどころがどこかは分かりますね!アンタ!! σ゚ロ゚)σ




ただ、ちょっとお待ちください。

ちょっと郊外にある山の

ハイキングコースでの撮影を

不自然に見せないための

ちょっとしたスパイスです。




かわいそうだから、

見てみない振りをしてあげることにします。




世の中、あんまり追い詰めても

ろくなことは無いですから。





冒頭のどたばたコント組は、

この技術で送り込まれた先遣隊のようです。






で、何をしようとしているかというと、

コスモクリーナーの代替品として、

酸素をたくさん出す植物を

例の地球によく似た惑星から持って帰って、

地球の大気を元通りにして、

ビジネス的にも勝ち組になるぞー

エイエイオー!く( ̄Д ̄)ノ

ということだそうです。






大気の浄化と

酸素の増大を結ぶラインが

見えない
のは管理人が文系で

さらにアルコールが入っているせいだと思うんで、

とりあえず、ここでは、

がんばれ!と応援だけしときます。




先遣隊は無かったことになってるようで、

仕切りなおしとして、

スターゲイトよろしく、

戦闘のプロと学者と

今回のプロジェクトを立ち上げた会社の社長

例の地球によく似た惑星に乗り込みます。





ついた早々、

先に送り込んどいたはずの

荷物が見当たらないと騒動になります。




探したら、数キロ先に転送されてたそうです。



レシーバーで受け取るはずなのに

何でそんなことになるんだろな~

とは思うんですが、

アレだ、スパイスだから!






で、何しにきたんだっけ?




アーそうそう、植物を見つけなくっちゃね。




いやいやその前に荷物を探しに行かなきゃ。





ともなんとも相談もしないで、

なんとなく皆で前進し始めます。





あっと!前方の藪ががさがさ言い始めました。




クマちゃんが出てきました。⊂( ̄(エ) ̄)⊃y-゚゚゚





絶妙のカメラワークで、

クマちゃんと人は同じフレームに入りません。





ガオー!とクマちゃんのアップ。




それにびびる人のアップ。




3-4回、アップアップが繰り返されます。





別撮りしてるのばれば・・・・・

いやー、緊迫感を出すための

アップの多用が天晴れですな。(T-T(_ _(T-T(_ _ウンウン







特に何か危害を加えられたわけではありませんが、

とりあえず撃ち殺します。

白人たるもの、用がなくても動物を絶滅に追い込んで

何ぼですからね。






大変だ!

こんな危険な猛獣が居るなんて!

さあ、皆、地球に帰るぞ!ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

というのが戦闘のプロの意見です。





投下した資金をまったく回収できてないんで、

当然、社長は大反対です。





でも、とりあえず、帰るために必要なレシーバーを

取りに行くことにします。




先に転送しといたんだけど

とんでもなく離れたところにあるんで

とりあえず皆でそこに行くことになります。





一人、どっかに行っちゃいます。

武器を持たずに

でっかいクマがうろちょろしてるところを

一人でうろちょろするなんて、

なんて勇気のある人でしょう。






残された皆は裏切り者と憤っておりますが。






続いて、社長の腹心の部下が、

小さな銃だけを持って、

一人だけで先行しようとします。





そんな銃じゃあ

毛皮に阻まれて傷ひとつつけられませんよ、

なんて思うんですが、

それでも一人で行っちゃうなんて、

なんて勇気のある人でしょう。






でも、あっさり、

クマちゃんにばっこりやられて

首ちょんぱとなります。





ガオガイガーは勇気だけで何とかやってましたが、

勇気だけではなんともならないものがあるんですね。






とりあえず、一人になると危険だということは

皆さん認識したようです。






次の日は集団で行動します。




でも、デブがあんまりにもとろいんで

置いてったら、速攻で

クマちゃんの餌食なっちゃいました。






死んじゃったもんは仕方ないんで、

先を急ぎます。





単独行動は危ない、

できるだけ集団で移動しよう、

といってた矢先に一人やられたというのに、

わざわざ二手に分かれて進むことにします。





戦力分散は非常にやばいですよ。

と突っ込んだ矢先に、

片方の部隊に

クマちゃんが2体現れた!




しかも、社長はこの状況をやばいとふんだんだか、

さくっと逃げ出すし、

さあ、大変です。




とりあえず、気迫で負けたらやられますんで、

ガンの飛ばしあいです。






あーっと、地震です。

クマちゃんが退散しました。





助かりました。

さすがに懲りて

合流することにします。




一息ついて、さあ出発だ!




ちょっとした斜面で、

女の人が転がり落ちて、

体を強打したらしく、

血を吐いて動かなくなります。




アーこりゃ死んだなと思ったら、

次のシーンではちょっと腰を打ちましたみたいな顔して

テントで寝てます。




ずいぶんと丈夫な人です。




キャーと、この女の悲鳴が響きます。



テントの裏のほうからクマが引っ張ってます。




あわてて銃を撃ち出す男性陣。




彼女に当たるわと止める金髪ねーチャン。




あわてて追いかけようとする、

丈夫な女といい中になりそうなところだった男




もう無駄だよせ。

と止める隊長。




いやー、相手は一匹だし、

まだ女の悲鳴が聞こえるから、

皆で銃を持って追いかけたら何とかなるんじゃないの?





ということで、止める皆を振り切って、

もう少しで落とせそうな丈夫な女を追いかけます。

一人で。






見つけました。

下半身を地面に埋められて、

血だらけだけど息があるようです。




よかったよかったと、

引き上げると、

下半身がついてきません。




つーか、ありません。
Σ(・ω・ノ)ノ!




男はここで死んだと判断したようですが、

まだ息してますよー、胸が上下してますよー

といらん突込みをしてみました。




とりあえず、死んだことになったんで、

次は敵討ちをしなければなりません。




クマちゃんが来たんで、⊂(▼(工)▼メ)⊃オラオラ

ナイフを手にします。



銃を持たずにきたようです。

なんて勇気のある。

お前こそ真の勇者だ!





今度こそ勇気で何とかしてくれると、

勇者シリーズ好きの管理人としては期待したんですが、

あっさり首をかじられておしまいです。




やっぱ、勇気だけではいかんともしがたいことがあるようです。





まあ、起きたことは仕方ないんで、

残った人だけで前進します。




黒人、隊長、金髪ねーチャンだけになってます。




あっ、最初に行方をくらましたやつを発見しました。




とりあえず、詰問します。

つーか、何も武器を持ってないのに

今まで生き残ってるんだから、

お前こそ真の勇者だ!




勇気だけで何とかするすべを知っているに違いありません。




そこを聞いて欲しいんですが、

お前ら何をたくらんでると、

詰問してます。




酸素を出す植物を探すというのは大嘘で、

冒頭のコントで出てきた

腕を再生した緑色の液体を探しに来たそうです。



それで、どうやらその辺を隠すために

機材をわざと離れたところに転送したらしいです。




うーん、社長がじきじきに乗り込んでて、

後は皆部下なんだから、

目的を隠す理由がさっぱり分かりません。




まして、機材を遠くに飛ばすなんて

自分の首を絞めるだけで

ますます何がしたいんだかさっぱりです。





で、とりあえず、社長をぶっ殺してやる

ということで意見の一致
を見たので、

探します。




いました、いました。

ついでに地球に戻るための転送装置も見つけたんですが、

必要な部品を社長がどっかに隠してるそうです。




そんな危険なことどーしてやるかな~





さくっと脅かして、

在り処を吐かせるんですが、

社長には逃げられちゃいます。





追いかけます。ニガサン!!≡≡≡ヘ(;- -)ノ




逃げます。。。。。゛(ノ;><)ノ ゛




逃げた先が、

コントの落とし穴だったんで、

クマちゃんが居て、

社長は首ちょんぱです。






懐に入れてた部品はいただいていきます。





隊長は、社長がすでに回収してた

腕再生緑色液体とともに金髪ねーチャンを

まず地球に返します。




最初に行方をくらましたやつと黒人は、

クマちゃんにやられちゃってます。



やっぱ、勇気だけではどうしようもないことがあるようです。




隊長は足首を引きちぎられながらも

何とか地球に帰ることができました。








金髪ねーチャンが、

腕再生緑色液体を製品化して、

隊長とともにマスコミの取材を受けております。




手段はどうあれ、

ビジネス的に勝ち組になるという目的は

達せられたようです。





日曜洋画劇場であれば

放送できるレベルかと思いますので、

★2つですね。
2010/02/14 13:09|アクションTB:0CM:7

スポンサードリンク 

便利なネットレンタル! 

AからZまで各種取り揃えております

あなたとわたしの掲示板 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。